FC2ブログ

両神山 八丁尾根


山登りをしていると、よく会話に出てくる両神山、八丁尾根コース、鎖場が多い事で有名だ
日向大谷登山口しか登った事が無いので、八丁尾根コースってどんなものか?を見届けるため秋晴れの下挑戦する事が出来た。DSC_1372.jpg06:10 八丁トンネル手前右側駐車場着。
まだ一台も駐車されていません。
快晴です。暑くなりそうです。DSC_1373.jpg6:16 登山口入口でカウンターを押していざ!!出発。
5分程登って いけね!!地図忘れた、すぐに戻って最出発。DSC_1377.jpg6:33 もう鎖、
そしてすぐ二本目の鎖。DSC_1378.jpg07:02 危険箇所あり、注意 の標識DSC_1382.jpg
DSC_1383.jpg07:15 八丁峠。
展望台の標識の向こうにベンチが設置。
林の中の為展望は……DSC_1385.jpg07:17 注意、
このコースは、八丁峠、行蔵峠、西岳、東岳を経て両神山頂に至る八丁尾根縦走路です。八丁峠から先は急峻な岩場が多く、鎖場の続く難コースです。初心者向きではありません。落石や足元に十分注意して余裕のある日程で登山して下さい。
との事です。DSC_1388.jpg07:20 櫓の跡 ワイヤーや滑車が放置されています。DSC_1389.jpg
DSC_1390.jpg
DSC_1391.jpg07:26 鎖場の始まりです。DSC_1393.jpg
DSC_1392.jpg07:33 展望が開けてきました。遠くの山々を見ながら登って行きます。DSC_1397.jpg07:43 又鎖です。DSC_1400.jpg
DSC_1401.jpg07:52 根っこを掴みながら登って行くと行蔵峠着。DSC_1403.jpg07:56 又すぐに鎖DSC_1405.jpg08:00 西岳DSC_1406.jpg08:09 雨宿りできそうな大岩です。
本日快晴の為、御世話にならなくて大丈夫です。DSC_1407.jpg
DSC_1408.jpg08:13 ………DSC_1409.jpg08:18 祠が祭られている、龍頭神社奥宮に到着。DSC_1411.jpg
DSC_1412.jpg
DSC_1413.jpg08:30 ………DSC_1414.jpg08:42 東岳 テーブルが設置されていますが、暑いので直射日光を避けて岩影で小休止。DSC_1416.jpg09:16 最後の一登り。DSC_1421.jpg
DSC_1422.jpg09:20 両神山頂到着です。DSC_1427.jpg
DSC_1430.jpg
DSC_1431.jpg

快晴です。
展望方向盤を見ながら、ゆっくり展望を楽しみます。富士山、八ヶ岳連峰等々見渡せます。DSC_1425.jpg09:26 今日初めて人に会いました。白井差コースから登られた男性の方でした。記念写真を頼まれ、御返しに撮っていただきました。
白井差コースは最短で山頂に立てて、危険箇所も無いそうです。私有地の為下山時1000円支払うそうです。入山時にケース入りのマップを貸してくれ下山時にマップを返すと記念品がいただけるそうです。なんだか聞いたけど忘れた。
09:57 下山開始です。DSC_1433.jpg10:20 下山途中、二子山が良く見えます。
10:38 龍頭神社奥宮。DSC_1435.jpg10:42 谷間から涼しい風が吹き上げてきているので、立ち止まって小休止。
10:55 西岳まで戻る。
11:02 行蔵峠
11:36 八丁峠
12:02 駐車場着、自分の車の他に一台だけ駐車中DSC_1443.jpg駐車場から二子山が良く見えます。
下山途中、二子山が良く見えていたので、時間があれば二子山の上級コースに、と思い食事休憩しないで下山してきた。
西岳の上級コースだけなら、たしか4時間、1時から登っても5時には下山できる。と思い、靴だけ履き替えて二子山登山口へScreenshot_2013-09-22-15-58-59.png
2013.09.20 (金) 秋晴れ 総行動時間5時間46分
午前の部終わり。
























スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR