FC2ブログ

大源太山 シシゴヤノ頭 周回

DSC_1308.jpg
DSC_1360.jpg東洋のマッターホルンとも呼ばれている大源太山を旭原林道終点登山口から大源太山、七ツ小屋山、シシゴヤノ頭謙信ゆかりの道の周回コースです。DSC_1370.jpg30数年ぶりの三国トンネルからの新潟入りです。
トンネルの天井が丸い為トラックの荷台パネルを擦りながら走行しているトラックを見て、流石プロドライバーっと衝撃を受けた三国トンネルでした。その丸さをがまだ残っています。DSC_1249.jpg05:33 大源太山登山口出発。(旭原林道終点)DSC_1251.jpg05:41 歩き安い林の中を進みます、DSC_1257.jpg05:47 地図には丸木橋と書かれていますが橋の欠片もありません、トラロープだけです。
水量が少ないので石の上を渡ります。DSC_1258.jpg05:50 謙信ゆかりの道入口分岐。
大源太山方面へ直進です。DSC_1260.jpgアルミ製の梯子を登ります。
梯子が流され無い様にロープで繋いでありました。DSC_1264.jpg
DSC_1263.jpg06:05 渡渉点、ここも水量が少ないので、何の苦労も無く渡れました。DSC_1266.jpg
DSC_1268.jpg06:11 トラロープが下がっている急勾配が連続します。DSC_1271.jpg
DSC_1270.jpg06:37 赤い実に癒されながら、これから周回する向こう側の山がいい感じで見えてきました。DSC_1272.jpg
DSC_1273.jpg06:46 岩だったり、根っこだったり、急勾配が続きます。DSC_1275.jpg07:00 左側谷川連峰雲が出てます。DSC_1276.jpg07:02 尾根に出るとシシゴヤノ頭良く見えてきました。DSC_1280.jpg07:20 樹林帯を抜けて尾根の急登です。DSC_1282.jpg
DSC_1283.jpg07:25 振り替えると湯沢の街が見渡せます。DSC_1284.jpg07:29 痩せ尾根上です。風が涼しくて気持ち良く感じます。DSC_1288.jpg
DSC_1289.jpg08:00 本日、始めての鎖です。足場がしっかり取れるので鎖が無くても登れそうです。DSC_1290.jpg08:00 群馬県側の天気はいまいちの様です。DSC_1291.jpg
DSC_1294.jpg08:11 大源太山 山頂、風が冷たくて気持ち良いが小さい虫が沢山飛んでたり、はっていたりしているので長居は出来ませんでした。DSC_1296.jpg
08:14 七ツ小屋山に向かって下山開始です。DSC_1298.jpg
DSC_1300.jpg
DSC_1301.jpg08:22 濡れて無いので難易度は高く無いと思います。
鎖の無い所は慎重に…DSC_1303.jpg08:33 ちょっと歪な大源太山山頂。
DSC_1306.jpg
DSC_1308.jpg08:42 大源太山、ここからが一番格好よいですね!!DSC_1307.jpg
DSC_1309.jpg
DSC_1310.jpg09:06 七ツ小屋山に向かう、笹の中の稜線歩きになります。DSC_1314.jpg09:20 清水峠分岐。七ツ小屋山まで後少し。
何時かは挑戦したい、谷川連峰馬蹄形のほんの一部分を蓬ヒュッテに向かって進みます。DSC_1318.jpg09:26 七ツ小屋山 山頂です。
谷川連峰雲に覆われています。DSC_1319.jpg09:26 新潟からお越しの鎖場大好き、元気いっぱい山ガールさん。10日程前に富士山登頂してきたそうです。ソロで大源太山、左回りの周回コースでした。
途中何処を歩いているのか、わからない程の笹藪には苦労してきたそうです。
掲載許可、気持ち良く了解していただきました。。
大源太山周回で、会った人は彼女1人でした。
後は周回を外れて蓬ヒュッテで3人の静かな山歩きでした。DSC_1320.jpg
DSC_1322.jpg09:49 木道沿いに小さな池塘がある稜線歩きです。DSC_1325.jpg
DSC_1326.jpg09:56 晴れていれば谷川岳のビューポイントですが、今日は残念です。
振り返ると、大源太山 良く見えます。DSC_1327.jpg10:06 シシゴヤノ頭分岐。
時間があるので蓬ヒュッテまで行ってみます。DSC_1329.jpg10:06 蓬ヒュッテが見えてきました。DSC_1332.jpg10:21 今日もヒュッテ前で昼食です。
小屋の外の温度計は17℃です。風が吹いているので涼しいです。
昼食中、トレランの方が走り去って行きます。その後2名で馬蹄形実行中の方がきました、1人は谷川岳 初で馬蹄形挑戦中との事です、若いって素晴らしいですね。でも先程のトレランの方は6時間から7時間で完走するそうです。もっと驚きですね!!DSC_1336.jpg11:05 謙信ゆかりの道、シシゴヤノ頭分岐に戻って来ました。DSC_1340.jpg
DSC_1337.jpg11:06 謙信ゆかりの道に入るとすぐに藪こぎです。全く登山道が見えません、微かに笹藪が低くなっている所を目指して前進です。DSC_1342.jpg11:11 先程通過してきた大源太山を見ながら下山です。DSC_1345.jpg11:42 シシゴヤノ頭、藪こぎ終了です。
下山の藪こぎは、どんどん進めるけど登りはなかなか進め無い為精神的に大変な思いをしただろうと、先程の山ガールさんの苦労が分かります。DSC_1346.jpg11:44 三角点にタッチしてから下山開始です。DSC_1349.jpg11:50 笹は刈られて整備された、謙信ゆかりの道です。DSC_1350.jpg12:06 ジグザグ道だけど歩きやすいです。DSC_1351.jpg12:29 水場まで下がってきました。冷たく美味しい水です。DSC_1352.jpg12:46 謙信ゆかりの道入口分岐に戻って来ました。DSC_1353.jpg12:47 渡渉点に戻ってきました。
裸足になって渡る覚悟でタオルを用意してきたが不要です。DSC_1359.jpg 12:58 登山口入口到着です。
秋の気配のススキが元気です。DSC_1356.jpg駐車場は3台駐車中です。DSC_1362.jpg日帰り温泉に向かう途中コスモスが咲いています。もう秋です。DSC_1365.jpg
DSC_1366.jpg13:52 外湯巡りのひとつ、土樽共同浴場 岩の湯
まだ時間が早いので空いています、外の河原を眺めながら、ゆっくり入浴する事が出来ました。
内湯ひとつでしたが入浴料金400円ですので大満足です。fc2_2013-09-14_13-02-12-004.png 2013.09.23 (金)晴れ。総行動時間7時間25分
















































スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR