FC2ブログ

氷筍 大幽洞窟 2020

20200113140423f64.jpg
神秘の大洞窟「大幽」「大幽」は、その昔「ヤツカハギ(神獣)」の住処だったという神話が残る洞窟。そんな伝説を信じてしまう程の神秘的な光景(下から伸びる氷柱・天井の雪の結晶など)を見ることが出来ます。
2020011314042993c.jpg
09:49 最終民家前駐車スペース→10:58大幽洞窟→12:17駐車スペース 歩行時間2時間27分

09:49 最終民家前まで路面に雪はない 駐車スペースに5㌢程の積雪 先の武尊山登山口まで200㍍くらいは20㌢くらいの積雪あり 駐車スペースが空いていたので駐車スペースよりスタート
2020011318424318e.jpg
09:55 武尊山登山口駐車場 登山ポストあり 進行方向の武尊山は天気が良さそうだ 2020㍍の剣ヶ峰は沢山の方が登られていることだろう
20200113184244155.jpg
10:08 道路標識がほとんど出ていて 雪が少ないのが分かる
20200113184247f4c.jpg
10:16 散歩中の御夫婦と賢そうな犬 雪の中靴下履いてはしゃぎ回っていた(掲載許可済み)
20200113184245d7e.jpg
10:16 大幽洞窟分岐
2020011318424863e.jpg
10:21 スノーシューのトレースがしっかり付いている
20200113184250cc1.jpg
10:27 霧氷ではなく 着雪みたいだ 暖かい気温でボタボタと落ちてくる
20200113184253bf6.jpg
10:37 突如トレースが消える 夏道は沢を渡るがトレースがない 良くみると手前で左に巻いて登っている トレースを信じて跡を追う
20200113184251c1d.jpg
10:58 最後の急登をジグザグに登って大幽洞窟到着
20200113191429cdd.jpg
奥の氷旬は数が少なく小さい
20200113191430423.jpg
入口付近が大きく育っていた
20200113191432177.jpg
こんな感じで徐々に育っていく
20200113191433bca.jpg

2020011319143547c.jpg

20200113191436a7a.jpg

20200113191438a56.jpg
入口の氷柱は立派に育っている
202001131914405f2.jpg
暖かいので氷柱も融け出している
20200113191441c14.jpg

20200113192558c46.jpg
恒例雪達磨で訪問の爪痕残す
20200113192559feb.jpg
最後に岩壁に奉納
20200113192601075.jpg
11:45 下山開始
20200113192602664.jpg
12:11 良い天気だ 谷川岳が気になる
12:17 最終民家駐車スペース着

2020年01月11日 (土) 晴れ
時間があるので戸神山へ今年の干支探しに向かう
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年は新たな場所に氷筍を見に行こうと思っていますが
大幽がこれでは、まだまだですね~
雲竜渓谷は大丈夫でしょうかね~
昨日赤城山の小滝に行きましたが
凍っているのは半分、いや3分の1くらいでした。
冬の風物詩を見ないうちに春になってしまいそうです
(^^;)

明けましておめでとうございます!

さすが 開拓魂旺盛ですよね そのパワーはどこからくるのでしょう?
大幽は始まったばかりなのでこれからでしょう
雲竜渓谷も徐々に凍り始めているらしいですよ
戸神山 時間の空いた時には手頃ですよね 野鳥の餌を持っている方がいましたよ 声は掛けませんでした

No title

氷筍もツララも、便利グッズも100円引きも
見応え読み応えありました。

でも
冷やかしたら、ご機嫌斜めにならないで。

Re: 氷筍

明けましておめでとうございます
いつも訪問していただき ありがとうございます
今年は関東地方 暖冬のようですが 冬の風物詩これからもお届けしますので宜しくお願いします

No title

そうそう、
フキノトウ、早いでしょ、

今に、レンテンさんのお山ブログにも
ふきのとうが登場するでしょうね。
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR