FC2ブログ

上州武尊山


鎖の武尊か高山植物の咲き始める燧ヶ岳か?
高山植物は後日、鎖にしよう と 武尊に決まり。DSC_0478.jpg

05:57藤原湖手前で猿とご対面 おはよー!!DSC_0479.jpg

06:31「これより先通行出来ません」のゲートがあったので武尊神社の隣の駐車場、詰めて7台位?ガイドブックには、50台と記載 随分違うなぁー思う。
帰りに気付いた。手前に大型駐車場完備。
さて、準備 あれ?ザックが濡れている??水筒の口栓が完全に閉まっていない(T-T) &ザックが倒れてた。で 1.5㍑が0.5㍑になっている。おかげでザックがビショビショ。ペットボトル1本追加して,歩いていれば 乾くだろうと、気楽に出発。
ザックは立てて置く、口栓はきちんと閉める。当たりまえの事だけど良い勉強になった。DSC_0480.jpg

06:32武尊神社で 無事帰れます様安全祈願DSC_0481.jpg

06:33林道入口 に 「これより先通行出来ません」のゲート
縦看板をよーく:(@_@)見ると、
この先路肩崩落落石等危険の為一般車両通行規制、なお通行の際は いかなる事故も自己責任により通行願います。 との事 じゃ…通って良いんだ。で 靴を履き替えて車で林道終点へDSC_0482.jpg

06:49林道終点。先行車両3台 雲り空DSC_0483.jpg

07:03沢を何度か渡ってDSC_0484.jpg

07:05手小屋沢避難小屋経由武尊山頂3.7㌔剣ヶ峰2.2㌔の分岐、避難小屋方面へDSC_0487.jpg

07:47上の原登山口 分岐DSC_0488.jpg

07:51手小屋沢避難小屋への道標。DSC_0492.jpg

07:54少し降りて…避難小屋の中をちょっと見学。雨になって来た。 DSC_0493.jpg

08:34最初の鎖 雨で滑りやすいDSC_0494.jpg

08:54左右ともロープ 雨でビショビショDSC_0496.jpg

09:01 2本目の鎖DSC_0497.jpg

09:03 すぐ3本目DSC_0499.jpg

09:11前方に山頂があるのかなぁ?ガスで視界不良 DSC_0500.jpg

09:15キバナシャクナゲ?DSC_0501.jpg
09:24武尊山 山頂DSC_0504.jpg
09:26 山頂360゜ガスで視界不良。寒いので上着 着用DSC_0505.jpg
DSC_0506.jpg
10:35剣ヶ峰に向かう稜線上でDSC_0507.jpg

10:47剣ヶ峰分岐DSC_0508.jpg

10:55剣ヶ峰山頂 360゜ガスしか見えない(..)
ガスが抜けるのを期待して…昼食 カップメン
30分待ったが視界不良の為下山開始DSC_0510.jpg

11:27 「ガシッ」Σ(゜Д゜) 足元が泥濘の為足元注意して、風に帽子が飛ばされない様深くかぶっていたため、横たわっていた木に頭を強打 星3つ 痛かった!!
そういえば、剣ヶ峰の分岐の道標にきずかないほど注意力が散漫している自分にがっかり。
DSC_0511.jpg

12:19最初の沢で山旅ロガー 確認
武尊沢徒渉点 間違いない事を確信してから前進。
DSC_0512.jpg

12:52手小屋沢避難小屋分岐 朝来た道に戻る。DSC_0513.jpg

13:02駐車場に戻る。DSC_0515.jpg

13:42藤原ダムをちょっと見学DSC_0520.jpg

14:27 みなかみ町営センター三峰の湯(^-^)v
プレハブの建物みたいな素朴な温泉施設 2時間350円とリーズナブル
内湯が熱かったので常連さんに尋ねると,今日は43゜位ですね。
普段は45゜設定らしいです。夏なので下げているのかな?でも熱かった。
露天は丁度良かったのでゆっくり浸かれた。
常連さんは,アブの襲撃を避けて露天は敬遠していたそうだ。
おかげ様でアブの襲撃も受けず、ずーと貸切状態,林の中の静かな露天風呂でした。
DSC_0523.jpg
16:11入浴後武尊山方面 山頂は雲がかかっている様だ。
でも下は暑い、30゜位かなぁ
DSC_0525.jpg
17:22食事する所が見つからず、前橋市あいのやまの湯で蕎麦食べて、隣の道の駅赤城の恵で桃とトマトを買って帰る。今日も往復下道
20130722_005344.jpg
2013.07.19 (金) 総行動時間 6時間31分
中腹以上雨とガス下は暑い位の晴れ。数年前の山渓での鎖の武尊特集を参考に行ったが、少し期待外れ。次回は反対側から挑戦してみよう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

やあ、お猿や、鎖や!

昔の記事は、懐かしいですね、
ちょいちょいこうして、拝見しています。

otuu さんへ

おはようございます
過去の記事まで訪問していただき ありがとうございます。
自分で読み返すと ブログの書き方や山登りの思考まで変わった事を実感します
だから 二度でも三度でも同じ山に行けるみたいですね

寒さの峠は乗り越えたようですが お身体に気をつけてお過ごし下さい。

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR