FC2ブログ

まだ間に合った 氷瀑と雲竜渓谷

20190216220639a2b.jpg
雲竜渓谷は、栃木県日光市の女峰山の中腹にある渓谷。日光東照宮の東を流れる稲荷川の源流部である。日照時間が一日数時間と限られており、幅100mの氷壁や高さ10m以上の氷柱など、渓谷が作り出す氷の造形美はとてもダイナミック
201902162206413b3.jpg
08:37瀧尾神社駐車場→11:11雲竜渓谷入口→11:53雲竜滝→14:27瀧尾神社駐車場→14:51もう一度瀧尾神社駐車場 歩行時間6時間24分 歩行距離13.2㌔
20190216225347ea9.jpg
08:37 瀧尾神社駐車場に駐車させていただきます 駐車場内の瀧尾高徳水神社にて安全祈願してからスタート
20190216230632ee1.jpg
瀧尾神社の駐車場はこんな感じ 駐車スペースは20台程 氷瀑のトレッキングツアーは終了しているのでピークは過ぎている 早くなくても駐車場には余裕があるだろうと遅めの出発 10台程駐車されていた
201902162306339be.jpg
08:51 ハイキングコースは道不詳との事なので車道を進む 実はこの先のゲートまで車で向かったが前方の車が立ち往生して身動きが取れない その前の車はバックで下がってくる すれ違いが出来ないので 瀧尾神社まで戻る事になった
20190216230635407.jpg
09:12 ゲート手前より多数の路駐あり 赤城山が上れればゲートまでは来れそうだ 立ち往生していた車はノーマルタイヤだったのではないかと思う
201902162306380ea.jpg
09:13 車道ゲート 工事用道路につき立入禁止だ
小心者 立入禁止の看板があると入れない
2019021623063606c.jpg
ハイキングコースは十分注意して通行して下さいとある 左は立入禁止 右は十分注意 普通の人は立入禁止には行かないでしょう (ここで下調べしたハイキングコースは道不詳を忘れている)
20190217002513062.jpg
09:14 登山ポストも有るし 登山口なんでしょ(提出してないけど)
201902170025144c0.jpg
09:18 前行く人もいるし 間違いないでしょう
201902170025155e7.jpg
09:20 今度は通行止め だが入って行く人もいる だが俺の行きたいのは工事用道路コース 川を渡らないはず川沿いを進む人の方向へ右岸を進む
20190217002517d94.jpg
09:27 が!今度は行き止まりだ 柵でトレースはなくなり先はとても入れる状態ではない ここでは下調べした情報が仇となっている
20190217002518b4f.jpg
09:36 戻って左岸に渡り 前の人に追いつく 追い越ししているとき 去年は土砂崩れはなかった と言っている ハイキングコースの通行止めは土砂崩れの為みたいだ
201902170025205de.jpg
09:48 砂防ダムまで来るとまた道がなくなり 数人が戻ってくる 右側の方に赤テープが見えるので横切って砂防ダム上部に出る 奥に見えるのが女峰山らしい
20190217110927c99.jpg
09:54 工事用道路に出た 本日二ヵ所目の雲竜渓谷→の道標 分岐はたくさんあるが非常に少ない道標 結果二ヵ所しか見あたらなかった道標
20190217110929dcf.jpg
10:16 分岐で迷っているのか?
20190217110930f25.jpg
洞門岩 川沿いに氷柱群が見えている
20190217110932fa1.jpg
10:18 工事中の砂防ダム もう前の人に着いていくしかない
2019021711093313c.jpg
10:27 😨ガーン 又又行き止まり 左岸には行かないと頭の片隅で思っているので直進した結果だ ここでも数人が戻ってくる
20190217110935939.jpg
10:30 渡渉したグループも 行き場を見失っている 結果工事現場入口まで戻り工事用道路を進む
20190217110936093.jpg
11:11 で どうにかたどり着いた 雲竜渓谷取りつき
分岐をトレースの少ない方へいくと 行き止まり 多い方へいくとショートカットの失敗 なかなか上手くいかないものだ
下山してから分かった事だが最初の車止めゲートの関係者以外立入禁止を入ってくれば ここまで工事用道路で来れた 「百聞は一見にしかず」 だ 何度見ようが 聞こうが 一度見るのが確かだ
20190217114402787.jpg
11:13 渓谷へ入って行く
20190217114403ef2.jpg
11:20 氷柱群 アイスショーの始まり
201902171144055f2.jpg
11:21
20190217114406e4e.jpg
11:23
20190217114408ca3.jpg
11:24
201902171144098e7.jpg
11:26
201902171144112c9.jpg
11:27
20190217114412f5a.jpg
11:34 少なくなっているが 見応え十分
2019021711441480e.jpg
11:37
2019021711441519b.jpg
11:38 氷柱の内側に回り込む
201902171218413b3.jpg
11:39 奥に見えるのが雲竜瀑
201902171218439ad.jpg
11:40 ツアーでは⛑️着用が義務付けられているみたいだが この氷柱が崩れたら どうにもならないだろう 半数以上の方が着用している ⛑️お持ちのかたは忘れずに
20190217121844b39.jpg
11:41 雲竜瀑が見えてきた所で右側から回り込んでいく ここから滝下までが最大の難所になる 凍りついた斜面を登り降りる 帰りも同じだ
6本爪で大丈夫ですか?の質問に12本爪が必要です の回答がある 完全凍結した急斜面 前後の爪がある方が安定感が違う 危険を感じたらここまでで止めた方が良い
20190217121845394.jpg
11:53 氷瀑
201902171218477a5.jpg
11:54 滝下までくると圧巻の一言
20190217121848ff8.jpg
地図上にルートが無いので何度コースアウトしたのか? それと沢山のトレースがあちこちにあるので疑わず進んでしまう 途中で聞いてもルートミスの方多数です 皆さん苦労しながら進んでいました
20190217121850aae.jpg
11:58 黒岩滝方面 雪も氷柱も少ない 登山道もここが最終
20190217163330d9e.jpg
11:59 いつ崩れ落ちるか分からない氷瀑 アイスクライミングをしている方はいない 氷瀑の内側で水が流れ落ちているのが分かる
20190217163331bcd.jpg
記念撮影の人と比較すると大きさが想像できる 全高は100㍍を超える3段の大滝との事
2019021716333308f.jpg
12:11 陽射しで暖かい ドサッバサバサと氷柱が崩れ落ちる音が時々する セブンの おにぎりとカフェオレで氷柱の崩れ落ちる音を聞きながら昼食
20190217163334b43.jpg
12:21 凍結箇所が下りれず引き返す人もいた
2019021716333625a.jpg
12:29 滝下までこれなかった方々だろう 渓谷に降りられず渋滞になっている
201902171633373a8.jpg
12:34 無事渓谷にたどり着く
途中急坂で 無言の10㌢程の落石が1㍍位前を跳び跳ねながら通過 人と人の間を通ったので何事もなかった がもしもを考えるとゾッとする
20190217225109e56.jpg
12:54 汚れたアイゼンを沢水で洗う
下山は登るときに通っていないハイキングコース半分と工事用道路コース半分 これで登り下り違うコースになる 次回は道迷いしないだろう そう今回は下見を兼ねての訪問
2019021722511163d.jpg
13:01 そして出てきた工事中の砂防ダム
201902172251127dd.jpg
13:19 工事現場から出て工事用道路を進む 前の人はハイキングコースに向かった
20190217225114951.jpg
13:26 稲荷川展望台
20190217225115e22.jpg
展望台から女峰山と赤薙山 砂防ダム上部にハイキングコースも見える (左側の無料望遠鏡で良く見えた)
2019021722511750d.jpg
14:27 瀧尾神社駐車場着 駐車場の看板を見ると「参拝以外の駐車を固くお断りします」と記されている では 遠回りしてから参拝という事にして 瀧尾神社にそのまま向かう
201902172309357aa.jpg
14:28 日光二荒山神社別宮瀧尾神社
20190217230936d61.jpg
14:31 美しい女神が現れた と伝えられている
201902172309387cc.jpg
14:33 運試しの鳥居 丸い穴に小石を三ツ投げ 穴を通った数で運を試す
20190217230939228.jpg
では 一投げ目 穴の50㌢程下でかすりもしない
二投げ目 近づいたが30㌢位下だ まだほど遠い
三投げ目 高さはバッチリだが横へずれ穴の左横の四角いスペースを通り抜けた
運は無かった と言う結果に終わる 重いリュックを背負っていたので入らなかった事にしておこう

そもそも 星 飛雄馬じゃないんだから あんな小さな穴に三ツ投げたくらいで入る訳がないと思う せめてイッテQみたいに できるまで投げさせてもらえればそのうち通るでしょう ここで無理に運を使わなかった事にしておく
20190218001213d94.jpg
14:35 桜門
2019021800121438c.jpg
14:36 二礼 一柏手 願い事 一礼 本殿で 参拝をすます
20190218122332d74.jpg
14:38 縁結びの笹
20190218122333ca7.jpg
14:41 瀧尾稲荷神社の狛狐が咥えているのは お稲荷かな?
201902181223346a5.jpg
願い橋 己の歳の歩数で橋を渡ると 女峰山奥宮まで健脚で登った事になり 願い事が叶うとされている さっそく実戦 左横の小さな太鼓橋 普通に渡れば2歩 のところを 61歩で渡りきるのは難しい

他に 酒の神あり 三本杉あり 安産祈願あり 順路どうりに歩くと 最初に 美しい女神が現れ 最奥までいくと 子宝に恵まれるようだ
駐車場を利用した方 是非試してみては いかがでしょうか
20190218125230e12.jpg
14:51 無事参拝を終え 駐車場着
201902181252315ac.jpg
15:39 やしおの湯で ゆっくり浸かってから帰宅

2019年02月16日 (土) 晴れ

駐車場が少ない為 ピーク時は駐車困難 7時には満車 という情報もある 瀧尾神社の駐車場(駐車禁止の看板あり)も含めて40台強かな? 路駐がどのくらい出るかは不明 タクシーは頻繁に往復していた
黒檜山の登山口に立てる方なら 林道ゲートまで問題ないと思う 退避所以外ではすれ違い出来ないので注意(退避所は沢山在ります)

ハイキングコースは道標が無い トレースは至るところにあり 迷うこと多数
雲竜渓谷だけが目的なら工事用道路をお勧め 登山気分も味わうならハイキングコースがお勧め

雲竜瀑に回り込む斜面がノッペリした凍りついた斜面6本爪で行けない事はないが 12本爪が理想だ
恐くて凍りついた斜面に立てない方がいた アイゼンが信用出来ないのだろう 登り下りに大変苦労していた

⛑️有るに越した事はない 自動二輪をノーヘルみたいなもの 気持ち良いけど危ない
⛏️ うーん 使い方良く分からないので 要らない

一年間で三週間しか見ることの出来ない絶景 一週遅れでも十分堪能できた 今回は下見を兼ねてなので来年はピーク時に訪問したい

自然相手なのでその時の状況で色々と変わる 今日アイゼン着けたのは雲竜渓谷入ってからだが ピーク時は瀧尾神社からアイゼンというレコもある

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

6本爪アイゼンでは無理そうですね、
来年は10~12本アイゼンを用意します^^
道はかなり苦戦のようでしたね(><)
やはり下見は重要ですね。
でも運試しの投げ石やら、
願い橋は面白そうですね^^

なるほど

「百聞は一見にしかず」ですね
あとは理解力の問題もありますけどね 林道と工事用道路がイコールだとは思わなかったので 混乱した部分もあります
林道を歩いてる時に朱色の社寺仏閣が見えたので せっかく東照宮の近くまで来たのだから と思って行って見ました 時間があれば行ってみる価値あり だと思います(眠り猫はいませんが)
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR