FC2ブログ

大幽洞窟にて氷筍観賞

20190202210217fe6.jpg
氷筍(ひょうじゅん)とは洞窟に発生する逆さの氷柱である。−3℃程度の洞窟内で発生する。
上から滴り落ちた雫が瞬時に凍りついたもので、タケノコ(筍)のような形状をしていることからこの名で呼ばれ 数千本単位で発生する。
形成過程は鍾乳洞の石筍と似ている。
201902022102182c2.jpg
09:16駐車場らしき所→10:44大幽洞窟→12:40駐車場らしき所 歩行時間3時間24分 歩行距離4.2㌔
20190202220515499.jpg
09:05 宝台樹スキー場を過ぎて除雪された どん突きの駐車場らしき所にて出発準備 近くの民家に声をかけたが不在だった で09:16順調にスタート
20190202220517c17.jpg
09:24 武尊山登山口駐車場 昨年はここまで除雪されていたらしい 今年は雪が多いのか除雪費がないのかは不明
山と高原地図に大幽洞窟は表記されていない為行き方が分からない 今回Yさん に案内をお願いすると快く引き受けてくれた 貴重な休みを有難うございます
201902022205182d9.jpg
大幽遊歩道があるようだ 簡素な地図の為 ひとりではたどり着け無いだろう この地図頼りに行きたくは無い
20190202220519646.jpg
車道は雪に埋もれ 道路標識も 何かは確認できない 近づいて見ると 退避所の標識だ
2019020223573565a.jpg
09:32 右側に宝台樹尾根のスキー場リフトが確認できる
20190202235736b84.jpg
09:32 トレースがしっかり着いている 出発が早すぎてトレースがないと不安だ 遅いと駐車場が確保出来なくなるかもしれない 丁度良い時間が9時30分頃だろうと計画 順調に進行中
2019020223573803a.jpg
09:54 武尊山の登山道からそれて大幽沢の道標に従って左折
20190202235740003.jpg
10:24 桂の木 目印になるみたいだ
2019020223574118d.jpg
10:29 トトロの木 良く見ないと分からないが 木の内部に入って中を見ている アニメのトトロに出てくる木に似ているので 誰かが勝手に名前を付けたのかもしれない 標識などは無い
20190203103055f04.jpg
10:42 大幽洞窟 着
2019020310305782f.jpg
洞窟の入口は 屈まないと入れない 五人程の先客が中に居るので 入口付近にて ちょっと早目の昼食
20190203103058adf.jpg

20190203103059e1f.jpg
入口付近の氷柱
2019020310310119c.jpg
内側からは氷柱の壁になっている
20190203103102f6f.jpg
さて 大幽洞窟 内部へ
20190203103104289.jpg
氷筍
20190203103105a60.jpg
上からの氷柱は無い 不思議だ
20190203103107664.jpg
このように上下から成長するものだと思っていた
2019020310490690d.jpg
だが 上側には無い
20190203110027ab9.jpg
有るのは 成長過程は違うが海老の尻尾のような氷
201902031100294ae.jpg
入口付近のみで 奥には氷筍保護のため入れない
201902031100302af.jpg
氷筍 撮影中のYさんOさん
201902031100325b3.jpg
で 外気温は手持ちの温度計で-5℃ 陽はあたらないが風が無いので 寒くは無い
20190203110033e3b.jpg
11:37 正面に宝台樹尾根のリフト降り場があるので リフト終点と同じくらいの標高だと思う
20190203110035f95.jpg
11:37 さて 下山開始
20190203110036e46.jpg
11:38 転んでいる訳ではない 旦那にヒップソリは危険だからと持たせてもらえなかったので 強引に尻で急坂を滑り降りるYさん 「たくましい」の一言 後の人は続きません 一歩一歩着実に下山
20190203110038734.jpg
11:20 若干青空も出てきていい感じ
20190203110039359.jpg
12:21 使い馴れないスマホで山座同定中
20190203110040b83.jpg
雲の中に谷川岳があるらしい
201902031213439e0.jpg
12:29 蔓漆の実 スマホではピント合わせが大変 大きくすると瓜模様が確認できる

12:40 駐車場らしきスペースに無事着 お疲れ様でした
20190203121345847.jpg
13:03 さて下山完了後 宝台樹スキー場へ 若い頃 よく通っていたスキー場だ 支柱を通過するとき 振り落とされそうなシングルリフトはペアリフトに なっていた リフト乗るのに20分待ちは普通だったが 空いている 一番の違いは スキーヤーは殆ど見かけない ほぼボーダーだ
スキー場に寄った目的はバイト先の若者が レンタルショップでバイトをしている(普段のバイトを休んでスキー場で住込バイト中)なんと理解のあるバイト先だ そうでもしないと若者が入らないのかもしれない
その若者に差し入れを 持って来た ついでにリーダーからの「雪が溶けるまで帰って来るな‼️」と書かれていた手紙も同封 リーダーさんへ 元気にバイト中でしたよ
20190203121346100.jpg
13:44 みなかみ水紀行館で解散
へ〜ボルダリングが有るんだ やってみて〜
20190203121348bcf.jpg
15:02 内湯ひとつ 飾りっけなし の諏訪の湯 ちょっとぬるめの温泉でゆっくり温まる 夕方前のためか県外ナンバーの車ばかりだった

2018年02月02日 (土) ほぼ曇り空

Oさん撮影
20190203225410a8c.jpg
10:44 大幽洞窟着
20190203225412292.jpg
先客が下山したので 氷柱や氷筍撮影中

Yさん撮影
20190215125128c8b.jpg
11:30頃 下山準備中
201902151251291cb.jpg
12:45頃 下山完了 後片付け中
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

色々と大変お世話になりました。
やっぱり男の人がいると頼りになりますね!
壊れたスノーシューにしろ
硬いスノーシューのバンドにしろ
女性陣だけでは大変でした。
本当に助かりました!
ホッカイロケースはお手製ですよね!?
お裁縫得意なんですか?
大事に使わせて頂きます^^
ではまた次の機会を楽しみにしています^^

お疲れ様でした!

こちらこそ 休みを合わせていただきありがとうございました おかげさまで珍しいものを見せていただきました

得意? 生きて行くうえでの必要最小限の事しかできません
では またの機会に

あ!旦那より早くチョコありがとうございます。

おつかれさまでした

無事に差し入れが渡せて良かったです
仕事中に一生懸命小ネタを仕込んだ甲斐がありましたね
でも手紙の代筆はもうしませんよ

おつかれさまでした

コープ熊谷店 三代目リーダー iさんが言ってました 「仕事は楽しくやりましょう❤️」

氷筍溶けない内のしぶしぶの訪問 コメントありがとうございました。
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR