FC2ブログ

浅草岳 ヒメサユリ ロード

20180630230047bb8.jpg
浅草岳は、越後山脈に位置し、新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる第四紀火山である。標高1,585.5m。一等三角点「浅草岳」設置。越後三山只見国定公園に属する。 ウィキペディアより
20180630230049aa9.jpg
5:53六十里登山口→10:11浅草岳→13:02只見沢登山口→14:24六十里登山口 総行動時間8時間31分 移動距離16.6㌔
20180701081425670.jpg
05:53 国道252 新潟県側六十里越トンネル手前 駐車場よりスタート
20180701093609fcb.jpg
05:55国道を少し戻った右側に登山口 登山ポストあり
浅草岳へのルートは いくつかあり 六十里登山口ルートは他のルートに比べ距離は長くアップダウンがあるがヒメサユリ群生が一番素晴らしい との事でこのルートを選んだ そして埼玉県から一番近い登山口になる 近いと言っても自宅から220㌔ 北アルプス並みだ
201807010936102a2.jpg
06:35 木々の隙間から見える雲海 時間と共に消えていく雲海を稜線から見るため先を急ぐ
2018070109361119b.jpg
06:43 大きな反射板 平地が広くここからの展望は望めない
20180701093613fb7.jpg
極普通の登山道を山野草観賞しながら登って行く
20180701093614564.jpg

201807010936161ea.jpg

20180701093617a1f.jpg

201807010936191ab.jpg

2018070109362066f.jpg

20180701093622e58.jpg
07:29 展望が開けて雲海が広がる
20180701102136b60.jpg

20180701102138417.jpg
07:31 南岳からの浅草岳
20180701105429c7e.jpg
07:39 稜線に出ると田子倉湖上空の雲海は消えてきた
20180701105431116.jpg
07:43 ヒメサユリと浅草岳
ヒメサユリについてちょっとググってみた
「ひめさゆり」、「ヒメサユリ」は「オトメユリ」とも呼ばれ、宮城県南部及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳周辺等にだけ分布する貴重な植物で、野生種は環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。 そうです

北アルプス烏帽子岳を予定していたが 木曜日にヒメサユリという花を知り浅草岳が候補になった おそらく今週末が最後らしいので急遽浅草岳にした
20180701105432101.jpg
07:43 こっちはアザミと浅草岳
201807011146290ae.jpg
08:02 ヒメサユリと青空
関東甲信越6月29日梅雨明け 6月中に梅雨明けなんて長い人生の中でも記憶に無い 梅雨明け後本格的な夏山が始まると思うと夏山期間は長くなりそうだ
梅雨明けしたこの青空 とにかく暑い 熱中登山になっている
20180701114630f01.jpg
08:10 登山道沿いに咲くヒメサユリ観賞しながらゆっくりと登って行く
2018070111463239e.jpg
08:11 鬼ガ面山頂 後で名前に納得
20180701114633655.jpg
08:16
20180701114635d09.jpg
08:19
20180701114636d9e.jpg
08:23 鬼ガ面山頂を過ぎても続くヒメサユリ群生
201807011146380d6.jpg
08:24 時々こういうのも咲いている
20180701120521a89.jpg
08:25 浅草岳が近くなってきた
20180701120522209.jpg
08:26 まさにヒメサユリロード ずっと続いている
201807011205232f8.jpg
08:40 鬼ガ面山頂の由来は荒々しい絶壁から付いたのだと思う
201807011205251c8.jpg

20180701120527cad.jpg
09:01 山ツツジ越しに田子倉湖
201807011205287e3.jpg

20180701120529e52.jpg

20180701120531cd0.jpg
09:08 守門岳
20180701140420cd0.jpg
09:14 蕾はほんの少しだけ ほとんど開花済
20180701140422a03.jpg
09:21 斜面にニッコウキスゲの群落
2018070114042338d.jpg
09:23 登山道沿いにも表れだしたニッコウキスゲ
20180701140424893.jpg
09:24 ヒメサユリとコラボのニッコウキスゲ ヒメサユリは終盤 ニッコウキスゲは咲き始め
201807011404260d1.jpg
09:25 一緒に見れてラッキー
20180701140427335.jpg
09:27 咲き始めのニッコウキスゲ
20180701140429a6a.jpg

20180701140430372.jpg

2018070114043291d.jpg
09:52 前岳を登り返すと草原の中に木道
20180701140433dbb.jpg
09:53 イワカガミ
201807011419115db.jpg
09:58 雪渓を渡って
20180701141913eb2.jpg

20180701141914050.jpg

201807011419157f1.jpg
10:04 ワタスゲ 高山らしい植物が増えてきた
20180701141917c2a.jpg
10:12 浅草岳山頂
20180701144254759.jpg

360度の大展望 燧ヶ岳から平ヶ岳 その右に越後三山
20180701141920e1c.jpg
山頂でも咲いているヒメサユリ
20180701141921731.jpg
10:47 ヒメサユリ越しに田子倉湖
20180701141923535.jpg
11:09 ニッコウキスゲも
20180701145213c0f.jpg
11:38 鬼ガ面眺めより 南岳から続くヒメサユリ咲く稜線
201807011456007c5.jpg
12:01 田子倉眺めからの浅草岳
20180701150156063.jpg
12:29 大久保沢水場 浅草岳への最後の水場 ということは 浅草岳からの最初の水場 冷たい沢水で手 顔 頭を洗ってさっぱり
20180701150158812.jpg
13:02 福島県側 只見沢登山口着 決して下山箇所を間違えた訳ではない
201807011501590c8.jpg
13:07 田子倉休憩所にデポしていた自転車で高低差200㍍を登って行く
20180701150200783.jpg
13:57 六十里越峠開通記念碑にて休憩所 六十里登山口からなら漕がずに行けるが只見沢登山口からでは非常に辛い
この道も田中角栄がいなかったら開通しなかったのかなあ?
リュックを背負い自転車で只見沢登山口に向かう人が快適に下って行く なんとなく微笑んでいるように見える 私だってヒメサユリが無かったら左回りにしますよ どうしても前方に浅草岳を見ながらヒメサユリ観賞がしたかったので右回りにした訳です と言ってやりたかった
20180701150202a63.jpg
14:18 六十里越トンネル通過 個々だけは自然のクーラーで快適に通行
20180701150203539.jpg
14:24 トンネルを抜けると落雷 急いで自転車を積み込み温泉に向かう 何とか濡れずに済んだ
201807011502055d0.jpg
16:45 駒子の湯 小説「雪国」の駒子にちなんだ温泉 館内に「雪国」の展示コーナーあり

2018年06月30日 (土) 晴れ 日焼け防止で長袖を着ていたので体感温度は35℃ とにかく暑かった
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

自転車があるのになぜ左回りにしなかったのかな~?と
記事の最初では思いました、そういう訳ですね^^
あ~ここ!ここ!田子倉只見沢登山口の無料休憩所!
トイレで立ち寄り「燧ケ岳への道はここで合っているのか?」と
尋ねた大バカ者です(^^;)
ヒメサユリが咲いているという情報を持っていなかったので
「なんでこんなに混んでいるのかな~」くらいに思って通り過ぎました(^^;)
知っていたら浅草岳にしたのにな~と・・・
帰宅後に思いました・・・

悩みました

標高差200㍍ 最悪 田子倉湖に自転車を沈めて歩いて戻ればいいや くらいの考えでデポしに行きました

それは 永井食堂で もつ煮を目前にしながら 焼肉「あおぞら」に行くのはこの道ですか?って聞いているようなもんですね 残念でした。

山頂まで4時間30分なので ハードだと思う方は 六十里登山口から北岳ピストンで戻られる方が多いようです おそらく ヒメサユリ八割くらいは北岳までの稜線で見れたような感じでした ピークハントにこだわらなければ展望もヒメサユリも十分に楽しめますよ🎵
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR