FC2ブログ

青空と霧氷の黒檜山

20171209195602b22.jpg
標高:1,828 m 最新の噴火:1251年 赤城山は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置する山。太平洋プレートがオホーツクプレートに沈み込んでできた島弧型火山である。また、赤城山は、カルデラ湖を伴うカルデラを持つ、関東地方で有数の複成火山である。ウィキペディアより
霧氷(むひょう)は着氷現象の一種で、氷点下の環境で樹木に付着して発達する、白色や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称である。
20171209195604a3d.jpg
09:37おのこ駐車場→11:08黒檜山絶景スポット→12:30鳥居峠→12:58おのこ駐車場 総行動時間3時間21分 歩行距離およそ7,0㌔
201712092035424b5.jpg
09:37 おのこ駐車場 駒ヶ岳周回予定でスタート、出だしから好天気 黒檜山に青空が広がっています 今日は冬型の気圧配置なのですっきりした青空です
十二ケ岳でシモバシラの花 それとも霧氷の黒檜か朝まで決まらず上武国道を走りながら決める事にして 家を出ました 青空と白い赤城山を見てシモバシラの花は来週に持越です
姫百合駐車場手前から坂道を登れない車で立ち往生渋滞が出来ていました 姫百合駐車場を過ぎてからは完全な雪道で圧雪され凍結しています
古いスタッドレスタイヤの為安全運転にてなんとか大沼へ到着
2017120920354424e.jpg
09:41 大沼の赤城神社に渡る朱色の橋が目立ちます 大沼はまだ凍る気配無し
20171209203546a89.jpg
09:51 黒檜山登山口より登り始めます 黒檜山登山口駐車場には5台程 登山口駐車スペースには3台程 おのこ駐車場は10台程でした 空いてます
2017120921562616b.jpg
10:04 最初の見晴らしポイント 猫岩からの大沼と地蔵岳
20171209215628868.jpg
10:17 登山道の積雪は5㌢程 アイゼン着けると岩で歩き辛そうなのでそのまま登っていきます
20171209215629d13.jpg
10:21 地蔵岳の左側に富士山の見えるポイント 140㌔先の富士山が確認できます 空気が澄んでる証拠ですね
20171209215630619.jpg
10:23 そろそろ霧氷ゾーンになってきます
20171209221118c1a.jpg
10:41 霧氷 その1
20171209221120b04.jpg
10:44 霧氷 その2
20171209221121b3d.jpg
10:45 霧氷 その3
20171209221122d45.jpg
10:46 ずっと見上げぱなしで登っていきます
20171209221800d4d.jpg
10:46 正面からだとこんな感じ
2017120922180280c.jpg
10:48 まだまだ続く霧氷畑
20171209221803821.jpg
10:50 霧氷 その4
2017120922180510e.jpg
10:53 霧氷 その5
20171209221806282.jpg
10:56 そして 稜線
20171209232439ba8.jpg
11:02 山頂はスルーして絶景スポットへ
浅間山と四阿山
20171209232440341.jpg
11:08 谷川岳と武尊山 谷川岳上空は先週同様雲がかかっています
強風吹き荒れる絶景スポットは風もなく穏やかな天気
20171209232441e79.jpg
11:17 展望を楽しんだのち 黒檜大神へ
20171209232443260.jpg
11:19 大神前で富士山見ながら休憩
2017120923244461d.jpg
11:24 関東平野の絶景スポットには寄りません
20171209232446356.jpg
11:26 駒ヶ岳に直行
20171209232447041.jpg
11:34 大タルミはベチャベチャ雪
201712100008300e2.jpg
11:45 駒ヶ岳
2017121000083241a.jpg
11:46 山頂からの関東平野
20171210000834405.jpg
11:49 山頂からの融けかけた霧氷と大沼
201712101213413d9.jpg
11:57 大洞 大沼には下りないで
20171210121343d7e.jpg
11:59 直接 鳥居峠へ
201712101213440dd.jpg
12:01 トレース無し 下り坂の為 軽アイゼン装着
20171210121346c26.jpg
12:17 小心者 時々現れる獣の🐾足跡に ビビりながら下山
20171210122334aa3.jpg
12:20 分岐から初めての道標 鳥居峠まで150㍍ ここまでは登山道らしき道を頼りになんとか来たが
20171210122335d4b.jpg
12:22 岩と雪の登山道 完全に登山道を見失い、岩場を 右往左往 鳥居峠目指して無理矢理 進みます
20171210122337cbc.jpg
12:30 どうにか鳥居峠着
20171210122338207.jpg
12:33 ケーブル跡の長い階段
20171210122340a89.jpg
12:34 まさか これがケーブルカーでは無いでしょう
調べて驚き❗赤城登山鉄道開業 二日後に生まれました 私と同様 山頂駅もボロボロでした
20171210122341d37.jpg
12:36 閑散としている鳥居峠
20171210122343216.jpg
12:37 覚満淵へ
201712101633471b1.jpg
12:48 冬の覚満淵 なんにもないですね~
2017121016334809f.jpg
12:50 覚満淵にて 今日もいい天気☀️
201712101633502be.jpg
12:58 おのこ駐車場着
20171210163351e09.jpg
14:00 富士見温泉 見晴らしの湯 ふれあい館にて温まってから帰ります。

2017年12月09日 (土) 晴れ
白樺牧場での温度計 -8℃ え!まさかと思い ビジターセンターの温度計で確認 -3℃ そう そのくらいですよね 見間違えたようです 下山してくると+2℃ ペットボトルはシャーベットにならない程度の穏やかな1日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケーブルカー誕生年にレンテンが生まれ
廃止年に私が生まれています^^
あれが当時使用されていたケーブルカーなのか
謎ですね~
谷川岳に黒檜山の霧氷に、充実されているようねすね^^

もうすぐ卒業?ひとりAKB48さんへ

裾野が長い山
ケーブルカーにロープウェイ
スキー場にスケート場
湖に温泉
そして百名山
いろいろと日本一の山と同じなのに 何故? 栄えなかったのでしょうか? 謎です
あ!五十音順では負けないですね❗

後は シモバシラの花を残すのみになってしまいました。

No title

レンテンさん、
お見舞いありがとうございました。

もうもう、武蔵さん、死んでしまうかと思いましたよぅ。
またまた、サイボーグみたいに蘇りました。

今回は流石に堪えたようで
わりあいに、大人しくしていますが、しっかり見守って快癒に向けてがんばろうと思っています。

レンテンさんも、しっかりね!
重ねて、
お見舞いコメント、ありがとうございました。
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR