FC2ブログ

快晴の仙ノ倉山

201709101313136c1.jpg
仙ノ倉山は谷川連峰の最高峰で、東に万太郎山(1954m)、西に平標山を控え、平標山との間は、谷川連峰でも唯一の美しい高原 群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町にまたがる山。標高2,026mで二等三角点が置かれている。
20170910131315f19.jpg
05:28吾策新道登山口手前駐車場→10:24平標山→11:21仙ノ倉山→14:24万太郎山→16:52駐車場 総行動時間11時間24分 (CT 14時間50分) 距離およそ24.4㌔
20170910135610dac.jpg
04:38 5時に登り始めたかったが出遅れたので関越トンネル通過 深夜の関越トンネルは通行量が少なかった
20170910135612dbd.jpg
05:28 予定より30分遅れで万太郎山 吾策新道登山口手前駐車場よりスタート 早朝の万太郎山は雲に覆われています
2017091013561315d.jpg
05:45 541号線 毛渡橋を渡って左折 高速道下に自転車デポ 出遅れた30分程は自転車にて取り戻し順調なスタート
201709101356153ca.jpg
05:48 上越線をくぐって通過
20170910135616176.jpg
05:51 平標新道へ
平標新道は地図には「登山者少ないハードなコース」と書かれています 鎖場も岩場も危険箇所もありません なぜハードなコースなのか自分の足で確かめてみます
2017091013561824b.jpg
06:17 林道ゲート 手前に10台程の駐車場があります 登山者少ないと言われている割には4台程駐車されていました
201709101456177c3.jpg
06:37 平標新道入口
登山口では一名の方がちょうど登って行く所でした
登山口を覗き込むと草に覆われて濡れているので ヤッケのズボンとスパッツ装着 濡れ対策してから登ります
数台車が止まっていたのは渓流釣りや渓流登りの方が多いようです 平標山まで見かけた方は先程の方一名です
2017091014561919e.jpg
06:54 濡れた草藪の登山道がしばらく続きます 登山道が分かりにくい 足元が見えない 石の苔で滑る 等々 登山者が少ないのが分かります
2017091014562089e.jpg
07:01 対岸の赤テープを確認してから渡渉
20170910145621018.jpg

20170910145623c95.jpg
登山道にて
20170910145624f2f.jpg
07:34 最後の渡渉点 トラロープが有るだけでも安心
2017091014562635e.jpg
07:37 仙ノ倉谷
道標を兼ねた遭難碑(昭和36年)には平標山→3時間 現在の高原地図では3時間50分になってます。昔の人の方が健脚だったのでしょうか
20170910152539386.jpg
09:00 矢場の頭にでると展望が開けて快晴の仙ノ倉山が現れます
2017091015254038a.jpg
09:09 西ゼンの沢 すぐ上が稜線なのにどこから流れ込んでくるのか枯れることなく沢水が流れています
20170910152542d91.jpg
09:19 9月に入っても咲いている花 何なのでしょうか?
20170910171706251.jpg
09:09 西ゼンの沢と仙ノ倉山への稜線
20170910171708a02.jpg
09:59 池塘に生えているのはミヤマホタルイでいいのかな?
20170910233144eb1.jpg
スマホではピンぼけです
20170910233146f76.jpg
10:08 池塘沿いの木道を平標山へ
20170910233147805.jpg
10:10 快晴の谷川連峰 
201709102331486fc.jpg
10:24 平標山頂 中央に苗場山 北アルプスは雲がかかっているみたいです
2017091023315022b.jpg
山頂では十数名の方が休憩中
201709102331514b2.jpg
10:26 仙ノ倉山への稜線を下りたところで
201709102331539e2.jpg
平標山頂を過ぎると登山道は整備されているので、濡れたスパッツとヤッケ下を脱いでちょっと休憩
20170910233154d3d.jpg
10:47 お花畑の稜線を仙ノ倉山へ
20170910233156ac7.jpg
10:50 お花畑は時期外れの為リンドウくらいしか咲いていません
20170910233157703.jpg
10:55 振り返って形の良い平標山
201709111548007bf.jpg
11:08 眼下に苗場スキー場
昔スキー場で滑っている頃は大きなスキー場だと思っていましたが全体を見渡すとそれ程でもない感じです
2017091115480272e.jpg
11:10 赤城山は雲がかかってます
201709111548036a1.jpg
11:14 仙ノ倉山は快晴
2017091115480505d.jpg
11:19 山頂直下の階段を空に向かって登る感じです
20170911154806c8e.jpg

201709111548071fe.jpg
11:21 仙ノ倉山頂
20170911154809588.jpg
山頂山座同定板
201709111548114da.jpg
山座同定板を見ながら 赤城山
20170911154812dd6.jpg
同じく榛名山
20170911154814332.jpg
苗場山 360°の大展望が広がってます
苗場スキー場の山頂は筍山 苗場山とは離れています
2017091116100387e.jpg
山頂にて谷川連峰を見ながら 一枚撮っていただきます
20170911161005178.jpg
名文句Tシャツ 承諾無しで撮らさせていただきます 後ろ姿だから大丈夫でしょう…
201709111610061f2.jpg
11:47 万太郎山で休憩と思って仙ノ倉山は写真を撮ってすぐに下山 頂上直下にて三脚立てて凄いレンズのカメラで写真を撮っている方がいたので ちょっとお話をお伺いします
風景と動植物を撮っているそうです 仙ノ倉を過ぎると登山者が少ないので静かな撮影が出来るんですよね との事でした
お隣さんに山に出かけると言ったら じゃあ山で食べな!と重たいキュウリを持たされたので食べませんか? ちょっと辛めの特製味噌を付けて美味しくいただきます 20分程お話をさせていただきました
静かに撮っていたところお邪魔しました
2017091116100827b.jpg
11:50 スマホではこんなもんですね… でもスマホで見る程度なので十分です 自己満足してます
万太郎山に雲がでてきました
2017091117075123a.jpg
11:52 どこにでもあるトリカブト
トリカブトと聞いて思い出すのがトリカブト保険金殺人事件 山野草園で大量に購入と載っていたけど同じ種類なのでしょうか?
20170911170752bce.jpg
11:59 エビス大黒避難小屋 こういう所に泊まれれば朝夕の素晴らしい景色が堪能できるのでしょう まだ泊まる勇気がありません
20170911170753232.jpg
12:01 振り返って仙ノ倉山
20170911170755ebe.jpg
12:24 エビス大黒ノ頭
2017091117075601b.jpg
山頂からの仙ノ倉山
20170911170758bd7.jpg
湯沢
20170911170759741.jpg
12:37 最終目的地 万太郎山へ
20170911202000f29.jpg
13:04 振り返ると仙ノ倉山にも雲がかかってきました
201709112020024d8.jpg
13:09 毛渡乗越 最低鞍部(1568㍍)
201709112020044a5.jpg

20170911202922904.jpg

20170911202924d64.jpg
14:24 三度目の万太郎山は快晴です
20170911202925dad.jpg
谷川岳も近くなりました
20170911202927964.jpg
谷川岳を見ながら今日もセブンイレブンのおにぎりで休憩
20170911204006d14.jpg
14:38 腹ごしらえが済んで湯沢の町方面へ吾策新道を下山 駐車場まで一気に下ります
20170911204008230.jpg
14:49 今日の吾策新道は草刈りおよび笹狩りが実施済みなので快適に下山できます
前回の吾策新道は草と笹に悩まされた記憶があります
2016.07.30 万太郎山から西黒尾根下山 ←ポチッと
20170911204009cff.jpg
14:58 谷川連峰
2017091120401042e.jpg
14:58 吾策新道の尾根
20170911204012b9c.jpg

201709112040132ec.jpg
吾策新道にて
20170911204015996.jpg
15:50 そろそろ最後の展望です 茂倉岳 
201709112040161c9.jpg
16:13 滑りやすい登山道ではトラロープが助かります
20170911204018922.jpg
16:46 吾策新道入口で林道に出ます
20170911204019bf8.jpg
16:52 駐車場着 後はデポした自転車回収して終了です
20170911215617bc6.jpg
16:52 素朴な入浴施設 猿ヶ京温泉 「いこいの湯」
20170911215619f11.jpg
今日は何を聞いても おーおーしか言わない番台のおじさんは不在でした おじさんの代わりに入浴券入れ箱が置いてあります
内湯ひとつですが料金300円は魅力です
201709112156201fe.jpg
19:26 天下の国道17号線 沼田バイパスを通行止めにして沼田市の花火大会実施中です
20170911215622f3e.jpg
291号線に迂回です 渋滞することなくスムーズに通過できて花火も少しだけ見れたのでラッキーでした

2017年09月09日 (土) 秋晴れの一日 登山開始気温16℃
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レンテンさん!
最初の白い花が「別名:ジイソブ」(ツルニンジン)ですよ!いいな~見つけたんですね^^
これより少し小さい花で紫色のバアソブっていう花もあるんですよ、ソブはそばかすの事で爺さんと婆さんのそばかすという意味です。
9月に咲いている白い花はウメバチソウ。
ピンボケしてしまったのはイワショウブの実です。
「吾策新道にて」の花がイワショウブです。
沼田の花火大会を見る事が出来たのですね、
家で夕食を食べながら音だけ聞いていました^^

歩く山野草図鑑 さんへ

解説ありがとうございます
見て写真で判断するのも難しいのに凄いですね🎵感心します

花火を見ながら 沼田じゃあ 歩く植物図鑑さんは 山の上から花火を高みの見物しているのかな?と思いましたが食事中でしたか 涼しくなっての花火もいい感じですね

いよいよ天候が安定する秋山シーズンですね お互い安全登山を心がけて頑張りましょう✨

No title

先日の茂倉新道から万太郎山の吾策新道の方を見ましたが、あれを下山してきたんですね、やっぱレンテンさん凄い健脚の持ち主のようで^^
弟から、レンテンさんの逆回りコースを行った話を聞いたのですが吾策新道を下るのは相当大変だと言っていました。いやいや、本当に恐れ入りました。

歩く山野草図鑑 さんへ

話し相手がいないので ひたすら歩いているだけですって

単独で茂倉新道を下山出来れば「ぐんま県境稜線トレイル」も夢ではありませんね

これから紅葉シーズン お薦めコース 教えていただけます?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お薦めのコースと言っても、私よりレンテンさんの方が数多く山を制覇しているので、私が思いつくような場所はほとんど行かれているようです(^^;)
東洋のマッターホルン大源太山が気になっているところですが、すでに行かれているようですし、地元だと迦葉山をお薦めしようと思ったら、そこもすでに行ってるんですね(^^;)
ただ、折角レンテンさん自転車を持っているので
玉原ラベンダーパークの駐車場辺りに自転車をデポしてから迦葉山~尼ヶ禿山~鹿俣山の縦走がいいのでは?はちょっと思いました^^
県境稜線トレイルコースは徐々に行ってみたいですね~

No title

レンテンさん、
前から思っていたの、
「ほっとけ、俺の人生だ」、いいですねえ、

私もこのTシャツ、着たいくらい、
この文言、まったく同感、 感想、遅くなりました。

うちは台風、冠水しましたよ。あと乾燥させるの大変だったけど、
頑張りました。

お山、まいど頑張って!

歩く山野草図鑑 さんへ

コメントありがとうございます。
検討してみます
渓谷を絡めた山登りコースがあれば良いんですけどね🎵

目標を持てば計画立てやすいですよね、頑張ってください。

otuu さんへ

コメントありがとうございます。
西日本 災害が多くて大変ですね 大きな被害がでなくてなによりです
何かあれば直ぐに駆けつける武蔵さんがおられるので安心でしょう

私の場合「ほっとかれてる 私の人生」ですけどね🎵

「泣きたくなったら 山に 来い」Tシャツを着ていた方もいました 名文句ですが そうすると山登り回数減ってしまいそうです
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR