FC2ブログ

ウルップソウ咲く八ヶ岳

20170709100813fab.jpg
ウルップソウは,高山の礫地に生える多年草。
はじめに千島のウルップ島で採集されたのでこの名がある。日本での分布は隔離的で,北アルプス北部,八ケ岳,そして北海道の礼文島にわずかに自生する。
201707091025314ab.jpg
04:30八ヶ岳山荘駐車場→07:48阿弥陀岳→09:16赤岳→11:23横岳→12:35硫黄岳→八ヶ岳山荘駐車場 総行動時間 11時間47分(CT 12時間55分) 歩行距離22.7㌔
201707091056499b3.jpg
04:10 美濃戸口 八ヶ岳山荘到着 ツクモグサ観賞の時は5時前にはまだ開いてなかったが今日はもう営業してます 山の朝って早起きですね
速やかに駐車料金を支払います。上の駐車場はほぼ満車 いつになく混んでいます 準備をしていると夜行バスが到着してハイカーさん続々とバスを下車しています
20170709105651866.jpg
04:30 美濃戸口 八ヶ岳山荘出発 予定通りの出発ができました 5時前に出発出来たので今回は右側別荘地方面より阿弥陀岳から登って行く事にします

出発が5時前なら美濃戸口から 5時以降なら美濃戸の赤岳山荘まで車で行って赤岳から登る予定でした
深夜1時に起きてナビを一般道でセット到着予定時刻6時でした 深夜なのでスムーズに行けたとしても5時位かな? それでは少し遅いので久しぶりに高速道を使用して順調なスタートです 目標12時間 5時前には下山してゆっくり温泉に入りたい気分
20170709105652de6.jpg
美濃戸高原別荘地内を通過
201707091056539a7.jpg
いいな~別荘
201707091056559b7.jpg
御小屋尾根登山口へ舗装路を歩いて行きます
2017070910565629b.jpg
樹林帯は陽が入らないのでちょっとジメジメ そういうところに生えているギンリョウソウ
20170710223650123.jpg
05:46 御小屋山 展望無し
201707102236522a9.jpg
05:59 まだツツジが咲いてます
20170710223653fc1.jpg
シャクナゲはまだ蕾
2017071022365510d.jpg
06:36 単調な登山道 何を勘違いしたか深夜バスを降りて南沢と間違えて御小屋尾根を登って来たという女子ソロハイカーさんとトレランの方一名しか阿弥陀岳まで会わなかった静かな登山道でした、ソロハイカーさん初八ヶ岳で日帰りで硫黄岳まで行くそうです 帰りはバスと電車で都内まで帰るそうですが大丈夫なのでしょうか?
2017071112282126e.jpg
07:14 樹林帯を抜けて展望が開けてきました 双耳峰の天狗岳と硫黄岳
20170711122824eb6.jpg
花観賞しながらの御小屋尾根歩き
2017071112282443d.jpg

201707111228262e6.jpg
マクロレンズにて
2017071112282705b.jpg

201707111228296d9.jpg
こちらのシャクナゲは咲いてます
20170711150800861.jpg
07:38
20170711150802eef.jpg
07:40 阿弥陀岳手前のピークより望む権現岳
201707111515254b4.jpg
07:44 ハシゴを降りて阿弥陀岳へ
20170711201146d0f.jpg
07:54 阿弥陀岳山頂では沢山の方が休憩中水分補給して中岳へ
中岳への稜線が綺麗
201707112011473fe.jpg

2017071120114831d.jpg
08:00 阿弥陀岳下山は渋滞中
201707112011514b4.jpg
08:14 振り返って阿弥陀岳
20170711201152540.jpg
08:15 硫黄岳上空をヘリコプターが通過中
20170711201154660.jpg
08:17 横岳から硫黄岳への稜線
本日最後のピークが奥の硫黄岳、谷川岳から朝日岳を見ると馬蹄形…遠いな~と感じるけど ここからの硫黄岳 馬蹄形と比べたら大したことないなって感じ
中央に見えるのは行者小屋 今日は寄りません
2017071120364378f.jpg
08:29 赤岳展望荘に荷下ろし中のヘリコプター
20170711203645ef6.jpg
08:34 中岳下りた砂礫地にコマクサ
20170711203647b20.jpg
08:51 文三郎尾根分岐
20170711204501825.jpg
09:02 岩場を登りきれば赤岳山頂
20170710214714ffc.jpg
09:10 でも赤岳頂上直下の岩場渋滞中でした
201707102147168e6.jpg
09:17 赤岳山頂 左側は新設された標柱
20170710214717e9c.jpg
先ほどの阿弥陀岳
20170710214718ef9.jpg
山頂祠
20170710214720318.jpg
山頂ではたくさんの方が休憩中 写真を撮ってすぐ下山 
2017071021330367e.jpg
09:23 赤岳頂上山荘
20170710213305fd6.jpg
09:24 横岳へ向けて高度を下げていきます
20170710213307370.jpg
09:33 横岳に続く稜線 雲の動きが活発
20170710213308aca.jpg
09:40 ハクサンイチゲがいっぱい
201707102133099e3.jpg
なかなか綺麗ですね、花名 不明
20170710205803038.jpg
09:46 赤岳展望荘に荷下ろし中のヘリコプター 地上の方との連携プレー見事ですね
201707102058021e9.jpg
09:50 地蔵尾根のお地蔵さん 今日はくまモンのタオルを掛けていました
2017071021044265e.jpg
地蔵尾根より中岳と阿弥陀岳
2017071020592802e.jpg
10:04 振り返って赤岳 雲に包まれてきました
2017071021044184f.jpg
いろいろな植物が現れてきました
20170710125523ecf.jpg
 あれ?予想外のツクモグサ発見 開花はしていませんでしたが見れただけラッキー
20170710125524ae4.jpg

2017071012552615e.jpg
陽当たりの良いところでは影も形も無かったけど登山道脇の日陰にツクモグサ健在
20170710125527a02.jpg
10:23 いよいよお花畑へ突入
20170710125528c45.jpg

201707101234053a6.jpg
10:37 斜面にはいろんな花がいっぱい咲いてます
20170710123406223.jpg

2017071012340759d.jpg

20170710123409a33.jpg

20170710123410bf9.jpg
今回の目的ウルップソウ
20170710123411b89.jpg
いっぱい咲いてます
201707101234132ee.jpg
時期的に咲き始めかなと思って来ましたが十分咲いてます
2017071012341598a.jpg
下から徐々に咲いて行きます
20170710123416f3b.jpg
真上から
20170710000807282.jpg

20170710000809efd.jpg
ハクサンイチゲ
201707100008102bb.jpg
11:16 まさにお花畑です
20170710000811250.jpg
コマクサも開花中 横岳南側のお花畑観賞もそろそろ終了
20170709234101a20.jpg
11:23 横岳 雲が出てきて展望が無くなっています
20170709234102df2.jpg
11:39 冬季のハシゴを降りて
20170709234104345.jpg
11:39 大同心かな?
201707092341056e0.jpg
11:45 台座ノ頭 奥に硫黄岳
201707092341079be.jpg
横岳北側のウルップソウ畑
20170709234108a89.jpg

20170709234110f3a.jpg
11:57 振り返ると横岳は雲の中
201707092341113f8.jpg
11:15 硫黄岳へ
20170709164615e33.jpg
キバナシャクナゲは終盤かな?
20170709164617a71.jpg
コマクサはこれからが見頃
2017070916461921b.jpg

20170709164617843.jpg
開花している方がまだ少ない
20170709145219ee1.jpg
12:11 営業中の硫黄岳山荘
20170709145221994.jpg
高山植物保護の為登山道以外立ち入り禁止になっています
20170709145222cab.jpg
12:20 ガスが発生し易い登山道 ケルンがあります
20170709145224e13.jpg
12:34 ガスで迫力の伝わらない硫黄岳爆裂火口

20170709142141a11.jpg
12:36 硫黄岳にて
20170709142142308.jpg
12:38 ガス発生の山頂 展望無いけど涼しくてちょうど良いかな
20170709142143235.jpg
12:48 展望無しのため名残惜しさも無し 下山開始
20170709142145161.jpg
12:52 赤岩の頭分岐
20170709142147963.jpg
13:36 ジョウゴ沢を渡って
201707091421481c6.jpg
13:49 赤岳鉱泉のテント場 いつかはテント泊をと思っている今日この頃
201707091421493d6.jpg
13:57 赤岳鉱泉にて小休止 後方に赤岳から横岳の稜線
20170709142151426.jpg
14:14 マイナスイオンを浴びながら北沢沿いを下山
20170709142153052.jpg
登山道にてクリンソウ
2017070914215441d.jpg
上から1・2・3・4…9輪じゃない 
で調べました 花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。そうです
2017070913301419c.jpg
15:07 ツクモグサが見れたのでどうしても気になるホテイラン 南沢から行者小屋方面へ
2017070913301532b.jpg
ホテイラン群生地 登山口から10分程で到着
20170709133017a26.jpg
ホテイラン撮影地
20170709133018147.jpg
個体番号が振ってあります
201707091330203d7.jpg
見事に枯れていました、枯れたホテイランが見れただけでも良しとします
咲いていた時の様子→(ホテイラン)
201707091309193eb.jpg
15:38 美濃戸山荘前の登山口着
20170709130918a32.jpg
美濃戸山荘
20170709130916bef.jpg
山荘前の冷たい水で水分補給
20170709130915c12.jpg
15:43 マーモットの横断幕が掛かる赤岳山荘駐車場 ここから美濃戸口まで砂利道の車道を50分 アブと闘いながら下山
201707091309132f5.jpg
16:17 美濃戸口八ヶ岳山荘駐車場着 目標の12時間以内でどうにか下山完了
八ヶ岳山荘で駐車券を提示するとコーヒー1杯いただけます コーヒーを飲んで一休みしてから本日の温泉に向かいます
2017070912322208c.jpg
17:21 蓼科温泉 石遊の湯
尖石温泉 縄文の湯に寄ったところ駐車場がほぼ満車、ちょうど出てきた方がいたので混んでいます? はい‥混んでいますね‥との事でした
急遽予定変更 こちらは駐車場に車が三台 空いていました
20170709123221616.jpg
男湯の棟
20170709123219487.jpg
露天風呂でゆっくり入浴してから帰りは一般道です

2017年07月08日 (土) 晴れから曇り 登り始めは14℃位かな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2年前に行ったので懐かしく拝見させて頂きました。ウルップソウにツクモグサ、いいですね~
あっ、私も八ヶ岳でサルガオセみましたよ。
クリンソウ、私も1.2.3.・・・あれ?と思っていました(^^;)そういう由来だったんですね、勉強になりました^^
「ここからの硫黄岳 馬蹄形と比べたら大したことないなって感じ」
うんうん、ってまだ私は馬蹄形やった事ないのですが、先日「白毛門」ピストンしただけで足が筋肉痛です・・・山頂からの展望で馬蹄形を想像しましたがまだ実行する気になれません(^^;)
確かにあれよりは阿弥陀岳から見た硫黄岳は遠くないかも^^

よつこ さんへ

   コメントありがとうございます。

梅雨時期の八ヶ岳良かったですよ、きっとよつこさんだと写真撮りまくりの為なかなか前に進めないと思いますよ 

馬蹄形は やるぞ!!!って気合いを入れてから登るようですよね
今は半馬蹄形位がちょうど良いかな 
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR