FC2ブログ

皇海山クラシックルート ついでにコウシンソウ観賞

20170617233916dd3.jpg
皇海山は、栃木県日光市と群馬県沼田市との境界にある山である。足尾山地に属する。標高2,144m。日本百名山の一つ。約160万~90万年前に活動した古い成層火山だが、侵食が進み、また樹林に覆われ、今日では火山らしい面影はない。 ウィキペディアより
20170617233917cd5.jpg
皇海山登山と言えば…群馬県側から短時間で登るのが人気かと思います……が車を酷使しての悪路林道を経てから登山口に向かわなければならない
もうひとつのルートが 身体を酷使しての銀山平からのクラシックルート、深田久弥さんもこのルートで登られたようです
04:17銀山平公園→07:26庚申山→10:15皇海山→12:24六林班峠→16:35銀山平公園 総行動時間12時間18分 歩行距離およそ26.7㌔
201706181301282fc.jpg
04:17 銀山平公園駐車場からのスタート
2017061813012901d.jpg
04:21 かじか荘 皇海山登山口
201706181301310e2.jpg
04:23 登山口駐車場はかじか荘改修工事の為資材置き場になっています
2017061813013284c.jpg
04:25 車両通行止めゲート 短調な林道歩きになります、自転車をと思ったが登りの事を考えると、往復たった8㌔歩く事にします
20170618133219c0b.jpg
04:44 いつもどこから見ても 音は聞こえますが見えません
20170618140003b79.jpg
05:02 不思議な光景です
20170618140005cb3.jpg
05:13 一の鳥居 ウォーミングアップ終了 登山道に入ります
201706181400062be.jpg
05:15 庚申七滝はパス
20170618140008b71.jpg
何度か沢を渡って
20170618140009024.jpg
05:31 百丁目
20170618140011fc8.jpg
05:37 鏡岩
2017061814203367b.jpg
悲話があるそうです
2017061814203588d.jpg
06:03 ツツジがあると すぐに
20170618142036a22.jpg
06:03 旧猿田彦神社跡 今回皇海山ピークハントなのでお山巡りはパスします
2017061814203872a.jpg
06:11 庚申荘 今日も天気良好 今年の梅雨はどうしたのでしょうか?梅雨入り宣言したけど降りませんね~
201706181420391e1.jpg

201706181420414f0.jpg
庚申荘裏のクリンソウも見頃です
20170618144306efb.jpg
06:40 赤い梯子を登って
2017061814540483b.jpg
花観賞しながら
20170618144308a73.jpg
06:50 一の門通過
20170618145406e30.jpg
06:51 お山巡り分岐を庚申山へ
20170618145407012.jpg
コウシンコザクラ
201706181454083fc.jpg

20170618145410ba3.jpg
たくさん咲いてます
201706181507293d5.jpg
コウシンソウ群生地ではコウシンソウが見頃がです
20170618150730c67.jpg
スマホでは花にピントが合いません
20170618150731d1d.jpg
どうしても地面にピントが合ってしまいます
2017061815073348f.jpg
食虫植物なんです
2017061815073478f.jpg
マクロレンズで花のアップ
20170618151847e24.jpg
07:26 コウシンソウ観賞を終えて庚申山 山頂は木々に囲まれ展望なし
20170618151848796.jpg
07:28 2分程で展望台からの日光白根山
20170618151849976.jpg
本日の最終目的地 皇海山
2017061900131983e.jpg
07:31 鋸山へ行くのに高度をさげます
2017061900132077c.jpg
07:40 爽やかな風が吹きつけ気持ち良い稜線歩き
201706190013222c4.jpg
シロヤシオや
201706190013231d6.jpg
シャクナゲ 稜線にもいっぱい咲いてます
20170619001325adb.jpg
08:26 時々見える青空と皇海山 徐々に大きくなってきました
20170619101032523.jpg
少しだけ雪のある日光白根山
20170619101034238.jpg
08:33 白山
20170619101035319.jpg
白山からの皇海山 ちょっとだけ雲がでてきた
20170619101036c4c.jpg
08:42 ちょっとしたアスレチックフィールド、鎖場もあります
20170619101038a3a.jpg
08:45 カニの横ばい らしいです
20170619122806f0a.jpg
08:47 鎖場を登っている彼女 健脚者です
駐車場が隣同士だったようです 麦わら帽子のおじさんが出発したのを車の中から見ていて それから準備をして出発したそうです、追いつかれ追い越されました 同行者はもっと早いので迷惑かけないようにと先にスタートしたそうです

いつも着ている熊谷さくらマラソンのTシャツを見て
 私も今年熊谷さくらマラソン出ました
どこから来たのですか?
 足立区です そちらは?
熊谷の隣の行田です
 あ~ 鉄…なんとかマラソンてありますよね、そこも行った事あります
はい 鉄剣マラソンです 
 昨年の埼玉国際マラソンに出てボロボロでした

フルを走りきる体力のある方には敵いません、抜かれて当然です 納得です

クラシックルートにて合計二名の方に抜かれました、二名共女性です 恐るべし女性パワーって感じです
2017061912280886d.jpg
イワカガミ沢山咲いてます
2017061912281194a.jpg
08:56 アルミ梯子で降りて
201706191228116a6.jpg

20170619122815e3e.jpg
あ! 高山植物らしい花 岩肌に二株だけ咲いてました 花名は不明  後日判明 ハクサンイチゲと言う花みたいです
20170619151250f40.jpg
09:05 鋸山 山頂
201706191512518c8.jpg
鋸山からの
201706191512536dd.jpg
パノラマ
2017061920332487a.jpg
ミツバオウレンもいっぱい咲いてます
20170619203325854.jpg
09:23 鎖場降下待ち
20170619203327111.jpg
待機中に望む皇海山徐々に雲がでてきた様子
2017061920332810d.jpg
振り返って先程の鋸山 岩場通過中の方が見えます
20170619203329b5a.jpg
オオカメノキ
20170619203331669.jpg
09:40 不動沢のコル 横わたっている道標
20170619203332e0d.jpg
コルからの鋸山 ギザギザしてます
20170619203334f7a.jpg
コルにて警告版 警告守れない人沢山いるんですよね
20170619204620242.jpg
10:04 最後の急登のロープ
2017061920462284e.jpg
10:13 山頂手前の大きな剣
201706192046233cd.jpg
10:15 皇海山 山頂 ちょうど六時間で到着
山頂は木々に覆われていて展望なしです
20170619210151976.jpg
山頂ではたくさんの方が休憩中 おおよそ20名以上
写真を撮って戴き即下山開始
20170619210153bc0.jpg
11:26 展望の良い鋸山まで戻ってお昼ご飯
皇海山山頂雲に包まれてきました
20170619210154ac1.jpg
タカネザクラも咲いてます
20170619210155377.jpg
11:33 ヤブコギコース選択の為六林班峠へ
20170619210157077.jpg
11:34 雲行き怪しい梅雨空です
20170619210158f50.jpg
どんどん高度を下げていきます
20170619210200e3a.jpg
11:57 これから始まるヤブコギに備えて長袖着用
笹の高さは目線程あり進むのに困難です、また足元には倒木が隠れて難儀します
20170619211917993.jpg
12:24 笹をかき分けてどうにか六林班峠 分岐を庚申山荘へ
20170619211918139.jpg
12:32 まだまだ続くヤブコギ 葉っぱが無くなった笹 これが滑る引っ掛かるで思うように進めません
2017061921192009b.jpg
12:40 合計一時間位のヤブコギ 疲れました 登山道が不明瞭なので雪山を歩いているような感じ 登山道を探しながらの下山です
20170619211921e0c.jpg
12:55 何度か沢を渡って
20170619211922800.jpg
沢沿いに咲いているのはニリンソウ?
20170619211924ba8.jpg
不明
20170619211925cda.jpg
これも不明
201706192119272ec.jpg
14:09 後半は笹も少なくなって一安心ブナ林やカラマツの樹林帯を抜けていきます
201706192146232cb.jpg
14:34 天下見晴分岐 天下見晴パスします
201706192146248dc.jpg
14:43 曇り空の庚申荘前で一休み
庚申山から皇海山への稜線歩きでは多くの方とお会いしましたが、鋸山からの庚申荘までのヤブコギコースでは誰とも合わない静かすぎるコースでした(あ!猿と遭遇してました)
ここから朝来た道を戻ります
20170619214625da7.jpg
16:32 改装中のかじか荘 温泉に入れないので残念です
201706192146275b9.jpg
16:35 銀山平公園駐車場着 何故か下山時間の方多くかかりました
20170619214628923.jpg
17:35 いつもの駅にある温泉にて ゆっくり入浴してから帰宅します

2017年06月17日 (土) 快晴から曇り空へ
皇海山クラシックルートの感想 ロングを歩きたいなと思った時にはちょうど良いコースかなと思います。短すぎず長すぎず変化に富んだコース(ヤブコギ含む)でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

不明のピンクの花はサラサドウダンツツジですね。
それにしてもロングコースで行ってきましたね!
しかも藪漕ぎですか(^^;)
とてもマネ出来ません(^^;)

なんだか梅雨入りしてしまって、今週末の天気は良くなさそうで・・・
庚申山行けるかどうか・・・(><)

よつこ さんへ

  コメントありがとうございます

ドウダンツツジとは葉も花も全然違うんですね~ ひとつ賢くなりました

私なんて馬蹄形 17時間と46分でしたよ 8時間……?アホじゃないんって感じです 幼稚園児と高校生が100㍍競争する位差がありますね 弟さんから見たら私なんて屁みたいなもんですね

ゆっくり治して下さい、コウシンソウは来年も咲きますよ

クマ

あれ、
どこかでクマが出たような!

レンテンさんが一大事、と、も一回探したら
分からなくなってしまいました。

お山、どうかお気をつけて、そして頑張って!

otuu さんへ

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます

もう少しで 「白砂山登山道にて身元不明の単独男性 熊に襲われ死亡」 とニュースで取り上げられるところでした 頑張りすぎると危険がいっぱいですね…頑張り過ぎないように気をつけます。

武蔵さんともども早起きですよね 早起きの秘訣は何なのでしょうか?

No title

この日の早起きはたまたま。

武蔵さんは、独居なもんで
早い日には、夕方7時頃には寝てしまいます。
なもんで、2時とか3時とかに
必然的に起きてしまうわけ。

だから、私が行っていても
夕食が済んだら、眠りの体制へ。
行った日には、
私は、ゴミを作ったり、掃除片づけをして
夜9時、10時に車をすっ飛ばして帰姫しますの。

レンテンさん、命あってよかったぁ。  ホッ!

No title

来年までは待ちきれず
やはり庚申山へ行ってきました!
そしてコウシンソウもコウシンコザクラも
クリンソウもみんな見てきました!
めちゃくちゃ感動しました!
で、実際行ってみて思ったのですが、
レンテンの行ったクラシックルートは
私には無理です(^^;)
お山巡りをしない庚申山ピストンだけで
足が筋肉痛です(><)
あっ、膝はなんとか治ったんですけどね^^

26.7kmを日帰りですか・・・
凄いです。

草津白根山もかなりロングで行ってますよね~
いつも凄いな~と思って拝見しています^^

庚申山については色々アドバイスを頂きまして
ありがとうございました^^

よつこ さんへ

コウシンソウ観賞 達成おめでとうございます!

ブログ楽しみにしてます

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR