FC2ブログ

シラネアオイ観賞 白砂山

20170610232644bc0.jpg
白砂山は、長野県・新潟県・群馬県の3県の境に位置する山である。標高は2,139.7m。日本二百名山およびぐんま百名山に選定されている。 ウィキペディアより
20170610232646326.jpg
07:48富士見峠→11:32白砂山→14:28白砂山登山口→15:24富士見峠 総行動時間7時間36分 移動距離20.0㌔(徒歩15.6㌔ 自転車4.4㌔)
201706102326470fc.jpg
シラネアオイは、キンポウゲ科シラネアオイ属の多年草の1種。深山の植物。日本固有種の1属1種である。 ウィキペディアより
201706111052151ac.jpg
07:48 富士見峠第一駐車場からスタート
20170611105217e7e.jpg
07:50 快晴の野反湖畔で観光マップをみてから
20170611105218a5c.jpg
07:51 八間山登山口よりシラネアオイ群生地へ向かいます
20170611105220240.jpg
登山道にはたくさんのイワカガミ
20170611110400325.jpg
07:56 5分程で分岐 シラネアオイ群生地とコマクサ同じ方向のようです
201706111104022ea.jpg
まずはコマクサの群生地
20170611110403852.jpg

20170611110405709.jpg
まだ花芽がでてきたところで開花はしていません。少し早いようです
20170611110406933.jpg
ピンクのツツジ アカヤシオに似てますが時期が遅いような?
2017061111361205c.jpg
08:01 写真を撮りながらでも登山口より10分程でシラネアオイ群生地
20170611113614b68.jpg

20170611113615b7f.jpg
6月5日に満開の記事があり週末はどうかな?と思っていたが 散ったのもあって終盤ですが開花時に間に合いました
201706111136173c9.jpg

20170611113618578.jpg
8万株以上の大群落 見事でした
20170611164601aac.jpg
08:16 コマクサ群生地まで戻ってきて快晴の野反湖
20170611164603f2a.jpg
08:26 登山道に戻ってウラジオヨウラク
201706111646049ec.jpg
08:32 ツツジ越しに榛名山
20170611164605cdf.jpg
08:44 尾根にはシャクナゲも
20170611164607560.jpg
08:47 なだらかな尾根を八間山へ
20170611164608fa6.jpg
オオカメノキ
20170611164610af0.jpg
09:07 八間山 山頂
20170611165648871.jpg
残雪があるのは鳥甲山?
20170611165650b8f.jpg
奥に見えるのが白砂山 
201706111656512d7.jpg
09:11 白砂山へ一度高度をさげます
20170611165652a07.jpg
09:17 風が冷たく気持ちよい稜線歩き
201706111656541c9.jpg
09:29 稜線にも時々シラネアオイが咲いてます
20170611165656819.jpg
09:32 黒渋の頭
201706111656572e7.jpg
09:40 いっぱい咲いてるミツバオウレン
20170611170451019.jpg
10:11 だいぶ近くなった白砂山
20170611170453f15.jpg
10:24 稜線でショウジョウバカマ
20170611170454a85.jpg
10:31 分岐を白砂山へ
20170611231027563.jpg
10:32 ? 勉強不足です知りません
20170611231029150.jpg
ガイドブックによるとハクシャンシャクナゲ
2017061123103063e.jpg
10:44 猟師の頭
20170611231032636.jpg
10:48 シャクナゲの咲く快適な稜線歩きが続く
20170611231033c12.jpg
10:52 残雪
201706112310358dd.jpg
登山道にも残雪
201706112310363e2.jpg

20170611231038520.jpg
タカネザクラ
201706112324390cd.jpg
黄色い小さいのもいっぱい咲いてます、名前は知りません
201706112324407fd.jpg
山頂手前の稜線にも
201706112324412de.jpg
シラネアオイの群生地があります
高度が高いので開花が遅いかな?と思ったが日当たり良好の為下と同じくらいです
201706112324439d5.jpg
11:32 白砂山 山頂 
山頂で休憩中の方に撮って戴きました、ありがとうございます
20170611233531de2.jpg
360°の展望です
苗場山 鳥甲山 白根山 浅間山など上信越の山並みが見えますが
20170611233533802.jpg
天候が思わしくないので即下山開始
午後から崩れる予報 当たりそうです
20170611233534877.jpg
12:16 振り返って白砂山
まだ山頂目指している方がたくさんおります
201706112335358a0.jpg
12:33 分岐を地蔵峠へ
20170611233537846.jpg
12:40 堂岩山 この辺より樹林帯になり残雪が増えていきます
20170611233538a72.jpg
12:48 樹林帯の雪渓歩きに苦労します
20170611234939248.jpg
13:53 地蔵峠 切明分岐
20170611234940b6a.jpg
地蔵峠の名前の由来になったお地蔵さん
201706112349418e5.jpg
お地蔵さんの前に一輪咲いてます
20170611234943ef0.jpg
14:01 緊張感 興奮度 恐怖感 最大です

進行方向 左前方の笹藪内でガサガサ音
えっ 風? 猿? 猿なら遭遇するときはほとんど木の上 猿のほうが先に人間に気づくはず
早足で通過してもガサガサ音は止まらず音の主は左後方へ移動 怖くなったので音の方を見ながら後ろ向きで進んで行くと
いきなり 2㍍もありそうな真っ黒い熊が登山道反対側の笹藪の中へ駆け込んで行きます
熊との距離 およそ15㍍位 恐怖感は二週間前の鷹戻しより恐怖を感じた 山登り始めて最大の恐怖 近くの木に登ろうとかリュックを持ち上げて身体を大きく見せようとか もうパニック状態
反対側に移動してからガサガサ音は次第に小さくなって熊は去ったようす、一安心 でもまだ心臓バクバクしています 写真撮る余裕はありません
最近流行りの人喰い熊じゃなくて良かった

でも熊からすれば俺の領域に入って来やがってサッサと出ていけ!って 感じなんでしょうね…お互い様に何もなくて良かったです
20170612181225153.jpg
14:09 少し怪しげな穴を横目に崩れて沢に落ちそうな登山道を通過
20170612181226a4b.jpg
スミレは種類が沢山あるので覚えられません
20170612181228098.jpg
14:27 野反湖畔、白砂山登山口着 五分程前から雨が降りだしたので前方の小屋へ急いで入ります
20170612182747725.jpg
朝 案内板左下に折りたたみ自転車をデポ 無事です
201706121827484f3.jpg
14:53 小屋にて30分程雨宿り 折りたたみ自転車を組み立ててレインウェアを着て快適サイクリングの始まり
20170612182749220.jpg
15:03 快適サイクリング?
いいえ…登り坂はゼエゼエ言いながら登り、下り坂は速すぎて 雨で濡れて滑りそうだし 快適には程遠いサイクリング中
20170612182751ac8.jpg
15:09 雨の野反湖を見ながら
20170612182752e91.jpg
15:24 雨降る富士見峠着
20170612182754542.jpg
16:39 本日の温泉は沢渡温泉共同浴場
浴槽2ヶと脱衣所だけ 石鹸も無ければ自販機も有りません
受付のおじさんに入浴料300円を支払うと 
初めてかい?
はい!
じゃあ ここの温泉は身体に良いからいっぱい飲んでいきな来週末にはNHKが取材に来るんだぜ~と 愛想の良い看板おじさんでした

2017年06月10日 (土) 晴れから曇りそして雨
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

熊の恐怖

レンテンさん行動早いですね~
今度は白砂山ですかあ~
私も今年は白砂山狙ってたんですけど
いつにしようか決めかねていたところです。
自宅から見えるので、レンテンの記事を見て
雪の状態も更に詳しくわかったので
参考になりました。
シラネアオイやコマクサがバッチリ見頃だったんですね~
いいなあ~
でも、熊は驚きましたね(><)
「鷹戻しより恐怖を感じた」その気持ちわかります。実際に熊に遭遇した事はまだありませんが、
妙義山の大の字に行った時に、「ウ~」と言う声が聞こえて、もの凄い恐怖を感じた事がありました。
人間様だったんですけどね(笑)
白砂山は熊よけに主人を連れて行った方が良さそうですね・・・

よつこ さんへ

地震・雷・火事・親父
  最近の親父は怖くありません
熊・地震・雷・火事
  ですね

今週末どの山にしようか? いつも悩んでいます
たまには熊鈴代わりに群馬の山登り誘っていただけませんか?

No title

私もどの山にしようか、毎週にように悩んでいます(^^;)
これからの季節はどうしても熊・スズメバチ・ヘビ
の危険があるので、昨年は人の多い山を選んでは登っていました。
今は足を負傷中で、レンテンさんのペースについていけないと思うので、完治したらどこか行きましょうかね^^
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR