FC2ブログ

烏帽子岳~天狗岩

20170429214713645.jpg
群馬県の地図を見ると、詳細な山名の載っていない地図でも、西上州の一角に、烏帽子岳の名はある。低いとはいえ、地元の名山たる証であろう。 
 南牧村にあり、南牧川の支流大仁田川の奥にそびえる。烏帽子と名のつく山は多いが、この山ほど烏帽子に似ている山もないのではないか。ヤマケイオンラインより
20170429214715afd.jpg
09:04シボツ沢烏帽子岳登山口→10:09烏帽子岳山頂→11:40天狗岩→11:53ニリンソウ群生地→13:42登山口駐車場 総行動時間4時間38分 歩行距離7.2㌔
20170429224353414.jpg
09:04 御荷鉾林道 シボツ沢烏帽子岳登山口より登り始めます、駐車場は登山口手前の林道を挟んだ反対側20台位停められる大きな駐車場です
大仁田ダム下に三ッ岩岳登山口の大きな駐車場があるがほぼ満車です ざっと見て一台止められたかな?って程度です
今日の予定は三ッ岩岳と烏帽子岳の2山か烏帽子岳~シラケ岩の岩稜コースで迷っていたが 駐車場に素直に入れた烏帽子岳~シラケ岩の岩稜コースにしました
2017042922435534c.jpg
09:10 まずは烏帽子岳へ
20170429224356fbe.jpg
09:12 シボツ沢を何度か渡って 
2017042922435877d.jpg
09:24 ロープを頼りに登ると
201704292243590d8.jpg
09:49 郡界尾根に到着 奥のとんがり山烏帽子岳
途中奥の二俣で烏帽子のコルに登る道に気づかず直進してしまい郡界尾根に出てします、前を歩いていた二人もコルに出るつもりが郡界尾根に登ってしまったそうです
20170430122721760.jpg
09:57 郡界尾根にでると
20170430122723a95.jpg
ヒトツバナが咲いてます
この地方ではアカヤシオを 枝の先にひとつだけ花を咲かせるのでヒトツバナと呼んでいるようです

今の時期山登りをセットで考えるとアカヤシオ観賞です、そんな訳で3週連続のアカヤシオ観賞です
ピンク色のアカヤシオ癒されます
201704301227240ab.jpg
10:03 マルから烏帽子へ
ヒトツバナで染まる烏帽子岳、ガイドブックに載っているようには撮れません
201704301227261de.jpg
10:07 滑る斜面をロープを使って登と
20170430122727fe4.jpg
10:09 烏帽子岳山頂
20170430124411ba3.jpg
山頂からの展望は良好です
ヒトツバナ越しにギザギザの妙義山
20170430124413788.jpg
霞で少ししか見えない浅間山
20170430124415003.jpg
これから行くシラケ山
20170430124416761.jpg
山頂のヒトツバナ
葉が出る前に花が咲くヒトツバナ、色 形共に柔らかみがあって良い感じ
201704301244184fc.jpg
蕾もたくさん まだまだ見頃は続きそうです
201704301244199e3.jpg
大仁田の集落と遠く鹿岳が望まれる
201704301332428dd.jpg
10:34 烏帽子岳を下山コルをもう一度登り返して痩せ尾根を行くと
20170430133243bab.jpg

20170430133245247.jpg
痩せ尾根にもヒトツバナがたくさん咲いてます
20170430133246d3c.jpg
10:37 横道コースは帰路予定
2017043013324856a.jpg
岩稜コースに入って行く
20170430133249965.jpg
振り返って先ほどの烏帽子岳
20170430133251f8b.jpg

201704301332525c9.jpg
ヒトツバナ観賞しながら
20170430133254a05.jpg
10:58 岩稜ルート所要時間は横道コースの4倍程の所要時間
高原地図では破線になっているので通る人は少ないかなと思ったが大勢の方が岩稜ルートを登っているようです、西上州の登山道はこの位は普通なのかも?
201704301332557d1.jpg
11:14 シラケ山 山頂到着
201704302339392cc.jpg
山頂から望む烏帽子岳に続く尾根の奥に浅間山
2017043023394145e.jpg
11:17 山の中になんか気になる橋が見えます
201704302339425bb.jpg
11:40 天狗岩山頂 祠があります
20170430233943c18.jpg
先ほど気になった橋は展望台に渡る鉄橋でした
20170430233945d2f.jpg
展望台からの西上州の山並み
2017043023394715e.jpg
天狗岩のヒトツバナ
天狗岩は登山道が良く整備されていてニリンソウ群生地のルートも加わり初級者向けのコースとして最適だそうです
201704302339483db.jpg
11:46 ニリンソウ群生地を経て周回
20170501125549e75.jpg
11:58 この辺がニリンソウ群生地みたいです、二子山股峠手前のニリンソウ群生地に雰囲気が似ています
20170501125550474.jpg
高原地図にて確認
20170501125551d0b.jpg
まだ早いのか?数は少ない
20170501125553b36.jpg
片方は蕾状態
20170501125554c37.jpg
100均で再度購入してきたマクロレンズでニリンソウの蕾
201705011255560a2.jpg
咲いているほうのニリンソウ
2017050112555782c.jpg
こんなのも咲いてました
201705011255593f7.jpg
ネコノメソウはあちこちで咲いてます
20170501182613f7d.jpg
12:10 廃小屋のある二俣を天狗岩方面へ
201705011826150af.jpg
これも登山道のあちこちで咲いてます
20170501182616fe8.jpg
12:24 おこもり岩分岐 おこもり岩ってなんなんだろう?往復10分程度なので見学して来ます
201705012056538eb.jpg
12:27 岩洞ですね 中に祠があります
20170501205654ea7.jpg
岩洞前のミツバツツジ
2017050120565583a.jpg
12:39 帰路は横道コースへ
20170501205657d79.jpg
12:54 横道コースはヒトツバナを見上げながらになります
20170501205658cdc.jpg
13:05 烏帽子のコルから大仁田へ
20170501210300706.jpg
13:10 長いロープに掴まりながらかなりの急坂を下山
20170501210301996.jpg
13:42 烏帽子岳登山口駐車場着
201705012103034af.jpg
14:28 ちょっとだけ大仁田ダム見学
帰りがてら日帰り温泉探し この近辺意外と温泉施設がないんです。
下仁田温泉 清流荘の看板があったので電話で日帰り入浴可能かお伺いすると14:30で終了でした、下山後すぐに来れば間に合ったのですがグズグズしていたので入浴できません。残念ですまたの機会にします

それでは明るい内に是非寄ってみたい所があります
20170501214240d07.jpg
15:28 「なんじゃい」 ここです
201705012142413c0.jpg
駅です 実にユニークな駅名です 無人駅で誰もいません 問いかけてくる人がいません
20170501214952b70.jpg
16:26 甘楽温泉 かんらの湯で入浴 タイミング良く入浴中に夕立でひと雨降りました
20170501230738c99.jpg
17:49 帰りはもうこの見事な青空
標識を良く見て下さい。あそこ1日中山道ですって大変ですね~と言ったアナウンサーがいたとか

1日中山道を歩いていても大丈夫な山道好きとしてはそう見えなくもないかな?

2017年04月29日 (土) ⛅
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

南蛇井、駅ねえ、
何か言いたい気分、これ何じゃい、とかね、 へへ。

otuu さんへ

電車に乗ってアナウンス聴いてみたいところですね

「おおぼけ」「こぼけ」よりもインパクト小さいかも

いつも最後まで読んでくださりありがとうございます。
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR