FC2ブログ

歩き足りなかったので午後の部は 迦葉山

201607232241224a0.jpg
沼田市の北方にある山で、登山口には日本一の天狗面がある弥勅寺中峰堂、中腹には中峰和尚の伝説がある和尚台がある。岩の割れ目を登る胎内潜りはスリルがある。春は新緑、秋は紅葉が全山見事で楽しめる。ヤマケイオンラインより
20160723231950470.jpg
12:27弥勒寺駐車場→12:54和尚台→13:28迦葉山山頂→14:34弥勒寺駐車場 
総行動時間 2時間07分 山と高原地図のコースタイム3時間10分 新・分県登山ガイドでは1時間45分 とだいぶ差があります
20160724124630eb1.jpg
12:27 迦葉山弥勒寺駐車場をスタートします
登山口を探して車道をウロウロ、新・分県登山ガイドを見ると弥勒寺内を通過との事なので弥勒寺に向かいます
立派な聖観音菩薩像です
20160724124632834.jpg
中峰堂にて参拝してから
20160724124633759.jpg
中峰堂と本堂間の渡り廊下の下を潜って登山口に向かいますが またここが解りづらい
201607241246359e1.jpg
なんとか登山口にたどり着けました
人食い熊に遭遇しないように熊鈴思いっきり鳴らして行きます
20160724124636585.jpg
霧雨の寂しい登山道を黙々と登って行きます
20160724130948edf.jpg
12:54 和尚台
2016072413094916e.jpg
胎内潜り チムニー状の岩場を登って行きます
2016072413095065c.jpg
胎内潜り岩の中間層の御堂
20160724130951d4a.jpg
胎内潜りを通過
20160724134740b92.jpg
13:03 胎内潜り通過後梯子を降りると不鮮明な登山道らしき跡だけしかありません、少し下がると完全に登山道は無くなり梯子まで戻る事にしました
巻き道が左側だったので和尚台を右側に回り込むと三分程で登山道に出ました
20160724134741c3e.jpg
和尚台の裏から入る道標はありませんでした
後で解ったのですが胎内潜り通過後梯子を降りなければ和尚台最上部に登るスリリングな鎖が在るとの事でした、小雨の為滑るし展望も無かったので良しとします 又来る機会があったら挑戦してみたいと思います
20160724134743ba6.jpg
13:22 御嶽山大神
20160724134744c4f.jpg
13:38 迦葉山山頂 濃霧の為展望ありません
誰も居ない山頂で初めてのセルフタイマー撮影 なんとか撮れました
201607241347464fc.jpg
14:05 下山は和尚台を巻き道で通過
201607241421176ca.jpg
唯一咲いていた山紫陽花
登山適期はブナが芽吹く6月までと紅葉シーズンの9月からでした
20160724142118ac3.jpg
登山道を塞いでいる大きな倒木
2016072414211942c.jpg
大木の中は空洞
201607241421211e1.jpg
14:22 弥勒寺登山口
2016072414212273b.jpg
14:24 中峰堂内には日本一大きな天狗のお面が奉納されています
右下のお返し面とは、天狗のお面を借りて帰り願いが成就したら そのお面ともう一つ新しい天狗のお面を奉納し また別のお面を借りるという慣わしがあるそうです
20160724143957422.jpg
14:34 弥勒寺駐車場に無事到着
2016072414395908a.jpg
15:42 帰り道に近くで初めての温泉を探します
桜川温泉 玄関先に紫陽花が咲いている ふじやまの湯 民宿でした
201607241440006ec.jpg
土曜日の夕方 今日も終始貸切状態でした

2016年07月23日 (土) 午後の部 濃霧
山で出会った人0 弥勒寺で10人程と 藪の中でごそごそ音を立てていた獣1
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR