FC2ブログ

谷川連邦馬蹄形縦走日帰り時計回り

201407161313035ca.jpg
谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、中央分水嶺のために天候の変化も激しい。気象の厳しさから標高1,500m付近が森林限界となるために、比較的低い標高でも高山植物が観察できます。
日本百名山の谷川岳を含め群馬百名山の名峰6峰が含まれる9峰縦走コースが健脚向けの谷川連峰馬蹄形縦走コースです
膝の傷みもありランニング禁止中の為走れないので
昨年来計画中だった馬蹄形に挑戦です
昨年の初夏に西黒尾根~蓬ヒュッテの半馬蹄形そして秋に土合~白毛門~蓬ヒュッテの半馬蹄形 を実施しているので時間に余裕を持てば大丈夫だろうと一泊でもハードな縦走を日帰りで挑戦です
(誰かが言ってました谷川連邦馬蹄形日帰りは拷問登山だ!!)百聞は一見にしかずです…拷問登山…納得しました。

01:26 土合駐車場→01:54 西黒尾根登山口→05:25 トマノ耳→06:01 オキノ耳→06:59 一ノ倉岳→07:19 茂倉岳→08:56 武能岳→09:42 蓬ヒュッテ→10:40 七ツ小屋山→11:22 清水峠→13:58 朝日岳→15:23 笠ヶ岳→16:21 白毛門→19:12土合駐車場
総行動時間17時間46分(標準コースタイム17:00時間)歩行距離約26㌔
当初の予想では14~15時間位でなんとかなると思っていたが膝の傷みを抱えた老体には拷問登山は甘くなかった (多少健脚者かな?と思っていたがやはり凡人だったようだ)
20140716141942a19.jpg
01:26 ほぼ満月の月明かりの中、土合駐車場を出発(光っている点が月)
20140716141943cd6.jpg
01:40 谷川岳ロープウェイ乗り場付近
こんな時間に山登り始めるのは富士山以外初めてです
昨年 北岳山頂でお会いした「山レコkchan」さんの山レコを拝見させてもらっていると2時3時はあたり前の様に歩いてるのを見て夜中でも歩けるんだ!!と思った
早くから歩き始めて下山後ゆっくり入浴しようと思い真夜中の出発です。
20140716141944f74.jpg
01:45 登山指導センター 誰もいません…あたりまえか
これからの長丁場に備えセンター前の水場でコップ半分位冷たい水をいただいてから行きます
コース上に水場が無い為、水3㍑ポカリ2㍑ゼリー飲料×4 おむすび ×3 菓子パン×2 ソイジョイ×5 他 お菓子を持って、そして今回はジェットボイルとカップ麺は荷物になるので置いて行きます20140716145628583.jpg
01:51 西黒尾根登山口
日本名急登で一本目の西黒尾根です
やっぱ 谷川岳登るならここでしょう!! ってな感じです
201407161456295f2.jpg
02:28 樹林帯に入ると月明かりも入らないので真っ暗闇です
オブジェの様に直角に曲がった木 頑張るぞ!!ってな感じです
2014071614563143c.jpg
03:42 最初の鎖 真っ暗なので慎重に
20140716145632e26.jpg
04:00 ラクダのコルを過ぎた辺りで徐々に白毛門の右側から太陽が上がって来ました
20140716145634a95.jpg
04:13 氷河の跡位だと思います
20140716233547ebf.jpg
04:20 最終鎖に来た頃はすっかり明るくなっています
2014071623354858d.jpg
04:40 日の出 完了しました、台風一過で暑くなりそうです
201407162335505b2.jpg

201407162335526bb.jpg

20140716233553332.jpg
05:15 今日も天気が良さそうです
2014071623443276f.jpg

20140716234432d16.jpg
05:16 雪渓を少しだけ渡って
20140716234433c24.jpg
05:19 天神尾根と合流
20140716234434228.jpg
05:25 トマノ耳
天神尾根と合流した所で後から来た方に追いつかれました
トマノ耳で一緒になったので写真を撮っていただきます
馬蹄形ですか?と聞かれたので、はい!と答えて
馬蹄形ですか?と問いかけたら谷川岳主脈縦走です、帰りはバスと電車で土合駅まで戻って来ますとの事でした
お互いに無事に戻れる様に挨拶して主脈と馬蹄形に別れます
2014071623443657a.jpg
05:26 トマノ耳からのオキノ耳
20140717000623b75.jpg

201407170006223d0.jpg
上空は晴れていますが遠方はガスがかかっています
20140717000624c82.jpg
06:01 オキノ耳からのトマノ耳
稜線に出ると寒いのでウインドブレーカーを着用
20140717000626fd1.jpg
06:05 富士浅間神社、奥の院
201407170014434bd.jpg

201407170014441b3.jpg

201407170014466f1.jpg
稜線にて
20140717001447d39.jpg
06:27 ですって
201407170014494e4.jpg
06:28 ノゾキ見しました
断崖絶壁です、田部井淳子さんが若い頃へばり付いていた岩壁だと思います
20140717002534214.jpg

20140717002534367.jpg
06:59 一ノ倉岳
20140717002536c48.jpg
一ノ倉岳から茂倉岳へ向かいます
20140717002537bce.jpg
07:02 ニッコウキスゲがあちこちで咲いてます
20140717002539a64.jpg
07:02 反対側の笠ヶ岳……遠いな~
2014071700343821a.jpg

20140717132433468.jpg
07:19 茂倉岳 ガスがかかりはじめます
20140717132435add.jpg
08:03 武能岳は晴れていそうです
20140717132436596.jpg

201407171324380cb.jpg
08:48 これから向かう朝日岳は少しガスがかかっています
201407171324396a3.jpg
08:56 武能岳
201407171336486a1.jpg

201407171336489d6.jpg
09:42 今回で四度目の蓬ヒュッテ今日も休業中です
営業していない時は避難小屋として利用しても良いみたいです
稜線歩きは露草で靴下までびっしょりです、足がふやけてきたので靴下まで脱いで乾かしがてら休憩です
エスケープするならここしかありません
膝の傷み、残り時間まだ大丈夫でしょう、馬蹄形続行です
って言うかここまできて辞める勇気はありません
20140717133649f90.jpg
蓬ヒュッテを過ぎるとまたあちこちにニッコウキスゲが咲いていて元気が出ます
20140717133650e86.jpg
10:38 上越のマッターホルン 大源太山 魅力的な山容です
2014071713365211f.jpg
10:38 今まで歩いて来た稜線 随分歩いて来たなぁ
20140717141728555.jpg
10:38 これから向かう稜線 遠いな~
20140717141730ebf.jpg
10:40 七ツ小屋山 山頂
おそらくここが中間地点でしょうか?
今までの所要時間9時間14分これから下りのほうが多くなるのでなんとかなるでしょう
20140717141731804.jpg
10:45 トンボの大群です、でもスマホじゃ写っていませんでした
まだトンボごときで写真を撮っている余裕が有るみたいです
201407171417338e3.jpg
11:22 清水峠
白崩避難小屋を直進してしまい、送電線の下を通過して、アレ!たしか鉄塔の下を通過したような?もう少し行くと鉄塔に出るのかな?でもどんどん鉄塔から遠ざかって行きます
あ!やっぱり道が違う!!
地図を確認すると避難小屋前で分岐しています、一度通っている安心感と注意力散漫の為か分岐に気ずかず直進してしまいました
白崩避難小屋まで戻り正規のルートに戻ります
20140717141734557.jpg
13:49 朝日岳手前 雪が溶けて池塘が点在しています
高山植物の宝庫みたいですが、植物がないのか、気持ちに余裕がないのか?高山植物にはきずきません
2014071716504670b.jpg
13:58 朝日岳山頂
東京都からお越しのソロハイカーさんに撮っていただきました、休憩中有り難うございます
谷川岳主脈縦走予定で来たが予定より早く西黒尾根が上がれたので急遽馬蹄形に変更したそうです
201407171650472e8.jpg
14:00 暫く展望を満喫したので下山開始です
201407171650498de.jpg
14:14向こう側の山からの縦走です
随分歩いた感じがします
20140717165050966.jpg
15:23 笠ヶ岳山頂
20140717165052654.jpg
15:24 笠ヶ岳山頂からの谷川岳
朝日岳で写真を撮っていただいた方と笠ヶ岳山頂までほとんど一緒でしたが膝の具合が悪いとの事でペースダウンみたいです
この時点では人の心配する余裕は無くなっています、明るいうちに下山したいので自分の事で精一杯です、ごめんなさいm(__)m 先に行かせてもらいます
(今、こんな拷問登山二度とやるもんか!!って気持ちです)
20140717233030830.jpg
16:21 白毛門
20140717233031a26.jpg
16:21正面の 稜線を通って来ました
このあたりから新道経由の半馬蹄形中の群馬からお越しの粋なハイカーさんと一緒に下山になります、清水峠で見かけてからほぼ同じ位になりました
残り後500㍍(標高差)です、頑張りましょう後300㍍ですっと度々励まされます
下りが不得意だとおっしゃっていましたがサッサと下山していく姿は不得意には見えません
膝の傷みを抱えた老体には付いていけません、先に行ってもらいます
日本名急登100の73番、土合橋~白毛門の下りは膝に応えます 、拷問登山に拍車がかかります
20140717235552741.jpg
17:23 鎖場を降りて
19:05 群馬のハイカーさんが登山道入口が見えますよ!!っと待っていてくれました
随分励まされました(*^^*)ありがとうございます
橋の手前に靴が揃えて置いてあります
群馬のハイカーさんが投身自殺じゃない?
いや川原で遊んでいるんじゃないですか?
一応川原をざっと見渡しましたが正直他人の心配してる余裕はありません、死体でも浮かんでいれば騒ぎますが、早く登山靴から解放されたい気分です
201407172355525e1.jpg
19:12 土合駐車場になんとか明るいうちに到着です、17時間46分長かった…
2014071813431446c.png
ゆっくり温泉に浸かりたい気分です
土曜日の湯テルメは混んでいると思いますので金曜定休日の温泉センター諏訪の湯へ向かいます(いつも金曜日で入れないので気になっていた)
201407172355532b7.jpg
19:50 閉店時間20:30 最終受付20:00でした
ゆっくり入浴してる時間はありません、大急ぎで入浴です
温泉は石鹸が分離するため置いてありません、持参です。内湯一つですが300円は魅力です
風呂場にも脱衣場にも時計はありません、時間を気にしながら入浴し終わったのは20時25分フロントでアイスクリーム買って今日も下道(時間はあるけでお金はないので)で帰宅です

このブログを書き終わる頃は、今度は身体を万全の状態にして半時計回りで挑戦しようと考えている………きっとMだな

2014年07月12日 (土)晴れ 蓬ヒュッテの温度計は17℃

最後まで訪問していただきありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR