FC2ブログ

本白根山に奉納

20200301170410b3d.jpg
本白根山(もとしらねさん)は、群馬県吾妻郡草津町と嬬恋村にまたがる標高2,171mの火山である。
20200301170411f8a.jpg
08:44本白根山探勝歩道入口→12:12草津白根山→14:16本白根山探勝歩道入口 歩行時間5時間31分 歩行距離7.2㌔
20200301170413997.jpg
08:44 本日もなかなか計画通りにはいかない 色々な諸事情で本白根山探勝歩道入口より登り始める
諸事情の詳細はヤマレコに(万座温泉よりひとりでは撤退していただろう本白根山)記載
202003021239373cc.jpg
08:45 フカフカの雪無風快晴 絶好の雪山ハイキング日和
202003021239399c1.jpg
08:55 振り返ると万座温泉
20200302123941e27.jpg
10:35 先頭ラッセルを皆さんで協力しながら進む
2020030212394216f.jpg
10:56 視界良好進行方向が分かると一安心
2020030212394355d.jpg
11:32 コマクサ畑に出て後続者を待つ 北アルプスが綺麗だ
20200302210246063.jpg
11:52 山頂標識前 知らない人達同士で最高地点に何処から攻めるのか検討中
20200302210247d0e.jpg
12:13 P1971草津白根山最高地点より望む
20200302210249497.jpg
13:08 下山中
202003022102508d3.jpg
14:16 無事下山完了
20200302210252497.jpg
15:45 最終ミッションを成し遂げる

2020年02月29日 (土) 晴れ
新型コロナウイルスの為 第30回熊谷さくらマラソン中止 また一年かけて来年のさくらマラソンの為に身体作りをしていこうと思う。来年走れる身体が保たれているのかは心配なところ
スポンサーサイト



日向山で節分草見てから丸山へ

20200224203727de4.jpg
標高960mの丸山の山頂にある展望台からの眺望は素晴らしく、奥武蔵随一の大展望 360度のパノラマが楽しめます。
202002242037280a7.jpg
09:27山の花道横瀬町駐車場→09:39日向山→11:02丸山→11:54山の花道横瀬町駐車場 歩行時間2時間29分 歩行距離6.2㌔
202002242037294ca.jpg
武甲山を見渡せる山の花道横瀬町駐車場よりスタート
20200224203731ee2.jpg
10分程で日向山 山頂広場
2020022420373329e.jpg
山の花道よりセツブンソウ自生地へ
202002242037346ac.jpg
数少ないが立派に咲いている

ヤマレコ書いて力尽きたので 続きは

ヤマレコ 日向山からの丸山 へ訪問 お待ちしています

202002242051049a8.jpg
入浴後 ふかや緑の王国にてセツブンソウ観賞

2020年02月22日 (土) 晴れ

暖冬氷瀑シーズン終了間際の雲竜渓谷

20200216161655458.jpg
雲竜渓谷(うんりゅうけいこく)は、栃木県日光市の女峰山の中腹にある渓谷。日光東照宮の東を流れる稲荷川の源流部である。
2020021616165752e.jpg
06:21瀧尾神社→10:46雲竜瀑→14:55瀧尾神社 歩行時間8時間34分 歩行距離12.8㌔
20200216164608275.jpg
06:21 帰りに今年の運勢を占うので瀧尾神社の駐車場をスタート地点にして 安全祈願を済ませてからスタート 時間的に日の出が見れるかもしれない
202002161646097b1.jpg
07:05 日の出は林道の中で済んでしまい見ることは出来なかった 登山ポストのある分岐よりハイキングコースに入る 今日の駐車場はこのゲートの駐車スペースで間に合いそうだ 瀧尾神社から歩いているのは私達だけだった
202002161646110ed.jpg
07:12 稲荷川の通行止の大堰堤を渡る
20200216164612b51.jpg
07:48 河原に出ると青空に女峰山が映え暑くなりそうだ
2020021616461430a.jpg
08:20 雲竜渓谷への数少ない道標 行きに気がついたのはここだけだった
20200216172130a0a.jpg
09:03 渡渉が始まる
20200216172132553.jpg
09:07 そして 河原の神に引きづり込まれた犠牲者がひとり 暖冬とは言え雪解け水はさぞかし冷たい事だろう
20200216172133125.jpg
09:45 休憩を済ませ 雲竜渓谷に入る 本日の同行者女峰山を見上げるWさんOさんyothukoさん 今日はオフ会ということで宜しくお願いします
2020021623142967e.jpg
10:07 雲竜渓谷氷壁ツアー開始
20200216231431165.jpg

2020021623143213a.jpg
10:09
20200216231434a0b.jpg
10:11 見守るふたり もう落ちないで 替えの靴下無いよ
20200216231435f83.jpg
10:13 チーム「のどあめ」
20200216231436b73.jpg
10:24 想像以上に少ないですね
20200216231438ca2.jpg
10:27 いつの間にか青空が消える
20200216231440d5e.jpg
10:44 どうにか雲竜氷瀑に到着
202002162314410ec.jpg
氷瀑撮影中のyothukoさん
2020021623144361d.jpg
見たかったのが この氷瀑 ちょっと規模小さいけど まずまずです 再来の理由ができた
202002162350465ba.jpg
11:03 帰りの渡渉が心配なのでさっさと下山
2020021623504801e.jpg
11:09 もう氷壁などどうでもいい 落ちないで帰りたい
202002162350491ca.jpg
11:37 無事渡渉を終え空腹だったのを思い出す 難所は過ぎたのでゆっくりとお昼ごはん
2020021623505176f.jpg
12:58 稲荷川展望台より女峰山と赤薙山が雲の中で見えない
202002162350522c5.jpg
14:29 駐車場に戻り 身軽になって瀧尾神社で参拝
20200216235054271.jpg
14:35 運試しの鳥居
20200216235055247.jpg
恐るべし強運の持ち主がいた 見事に小石を穴に通過 何かいい事ありそうだ! 翌日身体中はんぱねぇ筋肉痛に襲われたらしい
20200216235057f77.jpg
14:44 歳の歩数で無念橋を渡る これで健脚で女峰山に登頂した事になる 瀧尾神社を一回りして
14:55 駐車場に戻って 温泉探し
202002162350599b1.jpg
15:13 ゆりんにて温まってからの帰宅

2020年02月15日 (土) 晴れ~曇り~晴れ
以前より計画していた雲竜渓谷 シーズン中は大変混雑するのでツアー終了後最初の土曜日と決めていた 暖冬の為規模は小さく渡渉箇所が多数

氷瀑にはほど遠い三滝山 だった

2020020121203106e.jpg
寒さがピークに達する2月、巨大な氷柱と化す名勝三滝のひとつ「大禅の滝」、高さ30mマツカサ状に凍りついたエメラルドグリーンの氷の芸術は、まさに大自然の神秘
2020020121203299e.jpg
11:37村道深沢線に入った所→12:23三滝山→13:39村道深沢に入った所 歩行時間2時間02分 歩行距離5.2㌔
20200202002709ec5.jpg
11:37 諸事情があり こんな時間にこんなところにいる 村道に入ると三滝山にはいかれませんとなっている 山では無く滝なら大丈夫だろうと 路肩に駐車して徒歩で三滝に向かう 色々と諸事情の詳細は(ヤマレコrenten)に記載
2020020200271082c.jpg
道路が7割くらい陥没している これは車では無理だ
202002021604066c0.jpg
氷瀑にはほど遠い大禅の滝
20200202160407795.jpg
基部が7㍍程氷結
20200202160408443.jpg
滝見た後に 少しだけ遠回りして 滝見の湯にて至福のひととき 土曜日の午後なのに空いていて綺麗で広くて安くて大満足

2020年02月01日 (土) 晴れ
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR