FC2ブログ

鹿の湯に入りたくて那須岳へ

201909282305268ff.jpg
元湯 鹿の湯は那須湯本温泉のシンボル的存在の共同浴場。現在の佇まいは明治まで遡り、程よく鄙びた情景は抜群の温泉情緒を物語る。周辺の宿泊客をはじめ、多くの利用客で賑わいをみせている
20190928230528ada.jpg
10:29大丸温泉バス停→12:08茶臼岳→13:02朝日岳→14:07三本槍岳→16:23大丸園地 歩行時間5時間54分 歩行距離13.3㌔
201909291145099ef.jpg
10:29 大丸温泉バス停よりスタート
20190929114510443.jpg
金曜日の予報で群馬県の山沿い 長野 新潟 山梨 どこも天候不順 行き先に悩んだまま睡魔に襲われ寝てしまった とりあえず5時半に 起きて天気予報確認 太平洋側なら比較的天気が良さそうだ 那須岳なら短時間で登れて 紅葉も始まる頃だろう ついでに鹿の湯に入りたい ということで6時半に行き先が決まり家を出れた
10時にロープウェイ山麓駅に着いたが満車の為入れない 係員にこの先の峠の茶屋県営駐車場も満車の為大丸温泉まで戻るよう指示された 家のスタートが遅いため何もかも遅くなっていく
2019092911451240e.jpg
10:59 ロープウェイ山麓駅前や峠の茶屋を通過して登山口に立てたのは11時 茶臼と朝日なら4時間もあれば大丈夫だろう
201909291145133fb.jpg
11:00 山の神で安全祈願
20190929122541461.jpg
11:14 紅葉シーズン到来を感じさせる
20190929122543323.jpg
11:16 枯れススキの奥に朝日岳
201909291225445f8.jpg
11:20 左側に茶臼岳が迫る
20190929122546429.jpg
エゾリンドウが多いらしい
20190929122547990.jpg
11:34 峰の茶屋避難小屋 大勢のハイカーで賑わっている
20190929122549811.jpg
茶臼岳へ
20190929122550833.jpg
11:56 お釜口を左回り
201909291225526df.jpg
12:08 茶臼岳
20190929122553f00.jpg
山頂那須岳神社の祠
20190929122555135.jpg
全体的に雲 下に雲海 上にも雲
201909291251116a7.jpg
12:27 峰の茶屋まで戻って朝日岳へ
2019092912511335f.jpg
13:02 朝日岳山頂
201909291251146f3.jpg
茶臼岳
20190929125116547.jpg
山頂景色は雲が多いのであまり変わらない
201909291251180f4.jpg
13:04 順調なペースだが予定変更 三本槍岳へ
20190929125119c19.jpg
13:12 太陽が出ていればもう少し映えるのだが スマホでは紅葉が良く撮れない
20190929125120390.jpg
13:25 朝日岳と茶臼岳
20190929125122eda.jpg
13:35 清水平を三本槍岳へ
20190929125123837.jpg
13:59 いいとこ撮りすればスマホでも綺麗に撮れそうだ
2019092912512590b.jpg
14:07 三本槍岳
2019092913272946c.jpg
三本槍岳の由来
20190929132730d4d.jpg
展望盤で山座同定 雲が多いがまずまずの展望
201909291327317ec.jpg
雲海
20190929132733b12.jpg
紅葉
20190929132734da6.jpg
茶臼岳
20190929132736783.jpg
14:43 来た道戻って下山開始
2019092913273728f.jpg

2019092913273945d.jpg

2019092913274070c.jpg
16:06 閑散としているロープウェイ山麓駅 最終ロープウェイ時刻のアナウンスが流れている
201909291327429b7.jpg
16:23 大丸園地着 朝はほぼ満車だったが閑散としている駐車場 閉店時間が18時の為急いで鹿の湯へ
20190929134647719.jpg
16:56〜17:45 ひなびた木造の建物は遥か昔にタイムスリップしたかのような錯覚を起こさせる 元湯 鹿の湯の建物
昔ながらの湯治場の雰囲気が残り 入湯の心得がある 特に半身浴を怠ると注意を受ける
地元の常連客と観光客との間には大きな壁があるようだ 46度の浴槽の前で休んでいる方に熱いですか?と聞いた観光客らしい人物 熱いかどうかは自分で入って確かめろ!と言われている なるほどクチコミ通りだ コミュニケーションなんかとる気はない
以前48度の浴槽にいきなり 肩まで浸かったら注意された経験があるので 今回は浴槽内で30秒立ち 胸まで入って15秒 肩まで入って15秒 それ以上は無理 即効ギブアップ 42度の浴槽が汗をかくには適温だった
打たせ湯 かぶり湯 41度42度43度44度46度48度の浴槽があるが洗い場は無い 強い酸性の泉質によって湯上がりは肌がスベスベする
開店待ちの客もできるほど人気があるようだ 閉店間際でも混んでいた


2019年09月28日 (土) 曇り空
スポンサーサイト



草紅葉のアヤメ平

20190923181805176.jpg
草が色づき、草原が赤や黄金色に輝く。 湿原や高山を彩る景色を草紅葉(もみじ)と呼ぶ。 ... 樹木の紅葉より一足早く、秋の訪れを知らせる「草紅葉(くさもみじ)」
20190923183102a63.jpg
09:08富士見下→11:07アヤメ平→11:18中原山→13:17富士見下 歩行時間4時間09分 歩行距離12.4㌔
20190923215929b54.jpg
09:08 富士見下巡視小屋より 登山道に入る
20190923215931243.jpg
10:12 徐々に
2019092321593285d.jpg
紅葉も始まっている
20190923215933d3b.jpg
10:23 家を出た時は どんよりした曇り空 赤城山の北面 根利地区で雨に変わり 片品村に入ったら晴れて 良い感じだったが富士見下では曇り空だった そして予報どうりガスの中に入って行く
201909232159357ff.jpg
10:43 富士見峠 富士見小屋は現在営業されていない 昨年までは 田代原や馬洗渕など道標が有ったが 全て撤去されて途中の道標がないので余計に単調な車道歩きだった 道路脇の笹狩りが行われて道路は荒れていないので歩行し易かった
20190923224442ea0.jpg
10:43 富士見峠入山口
20190923224443d8b.jpg
10:49 富士見田代分岐 晴れていれば池塘越しに燧ヶ岳が見える
20190923224445795.jpg
10:50 アヤメ平へ
20190923224446d83.jpg
10:57 富士見田代を過ぎると草紅葉が始まっている
登山指数Cを承知できたが 風が強い 木道を歩くのが困難な程の横風が吹き付ける 風速20㍍は越えるだろう木道から飛ばされそうな雰囲気だ 立ち止まり弱くなるのを待つ そして寒い温度計は15℃だが10℃くらいに感じる 指先が痺れてきた まだ寒さに身体が慣れていないので辛い
20190923224447367.jpg
11:07 アヤメ平に入った ガスで展望無し 風は強し
20190923224449a4d.jpg
道標を撮らないとアヤメ平なのか分からない
20190923233616a05.jpg
11:09 展望は無いが
2019092323361794c.jpg
池塘沿いを歩く
20190923233619157.jpg
11:18 中原山
20190923233620d1d.jpg
ここの手作り山頂標識も「すかいさん」作
20190923233622784.jpg
11:27 中原山で折り返し 来た道戻る
201909232336246d6.jpg
花かと良くみたら実だった
20190923233625bac.jpg
11:34 晴れていれば草紅葉も綺麗なのだろう
20190923233626c4a.jpg
13:17 富士見下駐車場着
201909232336283e1.jpg
13:58 尾瀬戸倉関所(尾瀬ぷらり館)で ゆっくり♨️に浸かってから帰宅

2019年09月23日 (月) 曇り~強風

アケボノソウとジイとバア

20190907225109910.jpg
アケボノソウは、リンドウ科センブリ属に分類される2年草の1種。和名は花冠の斑点を夜明けの星空に見立てたことに由来する。別名が、キツネノササゲ
201909072316319d9.jpg
11:02 🐝よりも少し小さい花 スマホではピントが合わない
2019090723163373f.jpg
トリミングして
20190907231634fe5.jpg
マクロレンズで
20190907231636a60.jpg
初のアケボノソウ観賞 無事終える
20190907231637ffe.jpg
タンポポに似ているが
201909072316393f5.jpg
カセンソウ らしい
20190907231640b93.jpg
11:56 車で移動して ジイソブ探し 場所は去年教えてもらっていた が素直にはたどり着けなかった
20190907231642567.jpg

2019090723164361d.jpg
蕾もたくさん
20190907235239d1a.jpg
12:15 ジイソブ観賞無事終了して ゆうすげの道を周回 マツムシソウが いっぱい
20190907235241b5e.jpg

20190907235242106.jpg
秋の気配 ススキが元気
20190907235244133.jpg
12:43 場所を移動してバアソブ探し 場所をピンポイントで教えてもらっていたが すぐに見つかるものでもなかった 最初に見つけた人は 大した者だとつくづく感心
20190907235245aa9.jpg
バアはジイより小さい
20190907235247d69.jpg
無事にバアソブ観賞終了
20190907235248242.jpg
青空にトンボ
20190908113808418.jpg
♨️には少し早い時間なので サッと登れる 三ツ峰山へ
201909081138099e5.jpg
13:28 松の沢グランドよりスタート
20190908113810c35.jpg
13:36 関東ふれあいの道を天神峠バス停に
20190908113812a5b.jpg
13:41 三ツ峰山だろう 右側から巻いて登る
20190908113813841.jpg
13:48 長➰い階段を登って
201909081138151b4.jpg
13:51 三ツ峰山分岐
20190908113816713.jpg
14:08 三ツ峰山 山頂 祠ひとつで展望無し
20190908113818873.jpg
山頂標識は 「すかいさん」作
20190908113819961.jpg
14:25 時々榛名湖を眺めながら下山 後方に掃部ヶ岳
201909081138212db.jpg
14:48 松の沢グランド着 沼の原のゆうすげは ほぼ終わり 最後の蕾の花も散りかけている
20190908115153559.jpg
15:34 梅林で有名な箕郷町まで下りて 箕郷温泉 まねきの湯 入浴後梅干購入して帰宅

2019年09月07日 (土) 晴れ
アケボノソウの場所は登山道ではないため 皆さん公表していません 地元の方も あまり教えたがらないようです ジイソブ バアソブは登山道脇ですので 注意して観察していれば見つかるも 怪しげな踏み跡が目印
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR