FC2ブログ

ウルップソウ観賞 後 赤岳へ

20190713223837b23.jpg
ウルップソウ(得撫草)は、オオバコ科ウルップソウ属に分類される多年や草の1種。北の浜に生育することから別名がハマレンゲ(浜蓮華)
寒冷地や高山の斜面などの湿った砂礫地に生える。花茎は高さ15–25 cm。青紫色の花を穂状に多数付け、雄しべは花弁よりも短い。開花時期は6–8月 和名の由来は千島列島の得撫島で最初に発見されたことによる
20190713223839725.jpg
05:28杣添尾根登山口→08:33三叉峰→10:50赤岳→12:35三叉峰→14:40登山口駐車場 歩行時間9時間12分 歩行距離11.9㌔
20190713232745c62.jpg
05:28 杣添尾根登山口よりスタート 太平洋側の高気圧と日本海側の高気圧が押合い 関東甲信越全体的に不安定 八ヶ岳近辺雲は出るが雨にはならないようだ ウルップソウが見頃であろうと思い 杣添尾根から赤岳ピストンを計画 今年三度目の八ヶ岳になる
2019071323274605c.jpg
05:39 6月22日(土)硫黄岳山頂で熊を目撃 爆裂火口跡に転落したらしい 周りに人が居ない時は熊鈴チリンチリン鳴らしながら行く
20190713232748646.jpg
05:57 北沢を渡る頃 中腹より上部はガスに包まれている 今回も赤岳は見えないのか?
201907140929460f6.jpg
07:00 万歩計による中間点
20190714092947090.jpg
07:33 樹木の間から雲海に浮かぶ一粒の富士山 どうしてだろう富士山が見えるとテンションが上がる
20190714092949c9c.jpg
07:33 イワカガミ ミツバオウレン 沢山咲いている
2019071409295022b.jpg
08:19 ハイマツ帯に出ると視界良好 雲海に浮かぶ富士山
20190714092952b9a.jpg
08:33 三叉峰分岐 好天 赤岳へ
201907140958473e4.jpg
08:35 目的のウルップソウ 終盤だ 遅かったのか?
20190714095848401.jpg
08:37 絶景の赤岳と雲海に浮かぶ富士山
20190714095850ec1.jpg
08:40
201907140958513a1.jpg
08:41 ハクサンイチゲ
20190714095852293.jpg

20190714095854940.jpg
高山植物の代表的な花 色 大きさ 形 スマホでも良く撮れるので好きだ
20190714095856120.jpg
08:42
201907140958579d8.jpg
08:44 咲き始めのウルップソウとハクサンイチゲ
20190714095859cd3.jpg
みずみずしいウルップソウ
20190714095900240.jpg
登ってきた甲斐があった 見頃だ
20190714100935643.jpg
新鮮な咲き始めのウルップソウ 下から咲き始める
20190714111626eaa.jpg
08:49 チョウノスケソウ
2019071411162721c.jpg
08:49 オヤマノエンドウ
20190714111629585.jpg
08:50 振り返って横岳 奥に硫黄岳
20190714111630c6c.jpg
チョウノスケソウもいっぱい
20190714111632543.jpg
08:55 チョウノスケソウの下 崖にはウルップソウがいっぱい
20190714111633a0c.jpg
08:56 イワベンケイ
201907141116359bb.jpg
08:57 赤岳も横岳も視界良好 お花畑が気になりなかなか前に進めない
2019071411163687d.jpg
09:03 まだまだウルップソウ
201907141116384f2.jpg
09:05 ミヤマシオガマ
20190714111639e48.jpg
09:14 ミヤマダイコウソウ
20190714112503ef3.jpg
09:15 ハクサンイチゲはずっと続く
2019071411250584b.jpg
09:17 開花前のミヤマダイコウソウ
20190714112506977.jpg
09:19 なんだこれは? 宇宙人襲来か
探査機「ハヤブサ」が小惑星「イトカワ」より試料を持ち帰る時代 宇宙人が地球に現れても不思議ではないと思う
2019071411250773b.jpg
葉はニンジンのようだ
20190714112509369.jpg
葉の形 大きさ 場所 数からしてツクモグサの花後かなぁ?帰宅後ググる 宇宙人ではなかった ツクモグサの花後だった
20190714122809c23.jpg
09:33
2019071412281044b.jpg
09:35 ぐずぐずしていると赤岳にガスが押し寄せる 赤岳展望荘はまだ見える
20190714122812bd4.jpg
09:44 地蔵の頭 今日もガスの中だ
20190714122813ab7.jpg
09:50 赤岳展望荘 赤岳はガスで見えない
20190714122815386.jpg
展望荘周辺に咲くコマクサ 後方に阿弥陀岳
201907141228162b7.jpg
展望荘周辺にも沢山咲いているウルップソウ 花観賞を終え赤岳ピークハントの前に展望荘脇でちょっと一休み
20190714122818712.jpg
チョウノスケソウもあちこちに咲く
201907141228198ca.jpg
10:42 赤岳北峰
201907141228214cf.jpg
北峰に建つ赤岳頂上山荘 こんなところにいつかは泊まってみたいと思う 今は中に入る事も出来ない 若い頃のプリンスホテルのような感覚だ
201907141228229ec.jpg
10:44 混んでいる赤岳山頂
201907141256393db.jpg
10:50 山頂にて 一枚撮っていただく
20190714125640752.jpg
山頂からの展望はまずまずだ テンション上がる富士山も見える
20190716081411a1a.jpg
赤岳山頂 赤嶽神社
20190714125641f25.jpg
下には赤岳鉱泉と行者小屋
20190714125643cbc.jpg
遠くには槍の穂先らしいのも雲海に浮かぶ
20190714125645e34.jpg
11:04 赤岳展望荘への稜線は混んでいるので県界尾根で少しだけ下山
20190714125646684.jpg
11:38 秋の主役のナナカマド
2019071412564845a.jpg
11:45 登山道にひっそり咲いているコマクサ
20190714125649245.jpg
12:03 ハクサンチドリだろう一株だけ登山道に咲いている その後赤岳展望荘より来た道戻る
20190714125651f95.jpg
12:11 勝手に知らない方を被写体に 手を使ったほうが登りやすい急坂を三叉峰に登り返す
20190714132831c0a.jpg
12:35 三叉峰分岐 横岳方面に行けば岩影に咲き残りのツクモグサが見れるのでは?と思ったがゆっくり温泉に浸かろうと下山開始
20190714132833407.jpg
14:40 路駐いっぱいの登山口に無事着地 路駐の車にはなにやら貼り紙がワイパーに挟まれている
20190714132834e2a.jpg
15:18 海ノ口温泉 和泉館 三連休初日 予約が沢山入ってるみたいだ
20190714132836c46.jpg
15:22 宿泊者が来る前の静かな温泉で疲れを癒してから帰宅

2019年07月13日 (土) ほぼ曇りかなぁ
山登り始めた頃6年前(2013.07.12のレコ)に偶然にも同じ時期に同じコースを歩いている その時はウルップソウを知らない 山登りの目的がだいぶ変化してきた
スポンサーサイト
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR