FC2ブログ

ふわぁふわぁのツクモグサ 閉じていた 横岳

2019060910490186c.jpg
キンポウゲ科オキナグサ属の多年草。高山植物の中でも開花が最も早く6月上旬ごろから咲き始め、花茎の高さは5cm花は約3.5cm、上を向いた漏斗状の6枚の萼片が花弁状になり、緑色がかったクリーム色を呈する。萼片は晴れた日には開き、外側は白色の毛で覆われる。
20190609104902aec.jpg
05:58赤岳山荘駐車場→10:34地蔵の頭→14:16硫黄岳→17:58赤岳山荘駐車場 歩行時間12時間01分 歩行距離14.6㌔
201906091216120d3.jpg
05:58 マーモットの横断幕が目印の赤岳山荘駐車場よりスタート
20190609121614721.jpg
06:04 閑散とした美濃戸山荘前 八ヶ岳の美味しい水が 出っぱなしだが 誰も飲まない
2019060912161547e.jpg
06:05 今日の予定はホテイランとツクモグサ観賞 目指すピークは三叉峰 最短コースでピストン 南沢から入る
20190609121617fd6.jpg
06:12 南沢を橋で渡ると
2019060912353866b.jpg
06:15 ホテイラン自生地
2019060912353945c.jpg
横から
20190609123541de1.jpg
上から
20190609123542dbc.jpg
06:49 第一目的のホテイラン観賞を終え 霧の中を登って行く
20190609123544f97.jpg
07:12 橋で渡ったり
20190609123545601.jpg
07:13 渡渉しながら 登って行くと
20190609130747cf9.jpg
08:12 土砂で半分埋もれたヘリポート
20190609130748b82.jpg
08:26 霧?雨? の行者小屋着
201906091307503ba.jpg
09:05 誰を?
本日の同行者Yさん (ブロ友よつこ)さん
20190609130751d01.jpg
09:05 絶景が見えない ゴメンでは済まされない
Yさんと同じ山岳会所属のOさん
20190609130753eec.jpg
09:49 行者小屋で軽く食事を済ませ ⛑️を被りカッパを着て霧の中を登って行く 行者小屋で雨が降ってきた 帰ろう!っと誰が先に言い出すのかな?っと思っていたが帰る気持ちは全く無いらしい
地蔵尾根を登るのに 勘違いして文三郎尾根に向かってしまうと スマホが違うよ!そっちじゃないよ と教えてくれる 世の中便利です
201906091307543ef.jpg
10:25 なにかを見つけようだ
20190609130756e84.jpg
一生懸命説明している ガンコオヤジがどうしたって? さっぱり分からない
20190610100618103.jpg
10:34 稜線に出た 地蔵の頭 展望無し お地蔵さんだけは見える
20190610100620fab.jpg
10:45 ツクモグサ観賞目的 とりあえず三叉峰に向かう
2019061010062338d.jpg
10:54 花が咲いていなくても
20190610100624983.jpg
水滴が綺麗だ
20190610122120151.jpg
11:05 霧の中岩場を登る
20190610122121b85.jpg
11:22 三叉峰手前 ツクモグサ群生地
ガスの中麦わら帽子帽子が飛ばされる 風速10㍍〜15㍍くらいかなぁ 予想通りツクモグサは閉じている (2016年05月21日開花時のレコ)
20190610122123dd0.jpg
強風に耐えている ふわぁふわぁのツクモグサも可愛い
20190610122124417.jpg
一週間前のレコをで八分咲きくらいだった 晴れていれば咲き始めの1番綺麗な状態を見れる予定だった 何事も予定通りにはいかない
2019061012212678d.jpg
これ以上開いているのは見あたらなかった
20190610122127cb9.jpg
初ツクモグサ撮影中のOさん 開花してなくて残念
20190610122129474.jpg
Oさんも初ツクモグサ 撮影中
20190610123900dd0.jpg
11:25 こんな天気なのでしょうがないでしょう 初めてで開花してると ありがたみが薄れます 二度三度来て初めて開花したのを見ると感動も倍増します
20190610123900df4.jpg
11:30 斜面に沢山のツクモグサ
20190610123902226.jpg
11:36 風にあおられっぱなし
20190610123904428.jpg
11:45 オヤマノエンドウとハクサンイチゲかなぁ?
20190610123905312.jpg
オヤマノエンドウは寒くても閉じない
2019061012390780b.jpg
12:02
20190610125317e88.jpg
12:07 三叉峰着 展望無し ホテイラン ツクモグサ ピークの三叉峰 計画の目的は達成 そろそろ下山時刻 ピストン予定だが悪天候の為地蔵尾根の下山は避けようという事で硫黄岳への周回に変更 90分程余計にかかるが 安全のような気がする
20190610125318b22.jpg
12:14 キバナシャクナゲが見頃
20190610125319d44.jpg
12:23 梯子を登ったり 降りたりして
20190610125321e7a.jpg
12:29 横岳山頂 見える景色は一緒 山頂に居る理由が無いので即下山
2019061015574070c.jpg
12:33 急梯子を降りる Oさん
20190610155741248.jpg
急梯子を迂回するYさん
20190610155742427.jpg
12:38 鎖場を降りると南側のツクモグサ群生地 南側は遅咲きなので開花のツクモグサは無い
201906101606532ed.jpg
12:39 カニの横ばい通過 ガスの為高度感は無い 滑るので慎重に
20190610160654867.jpg
12:51 コマクサの葉が出始めている
20190610160655b8e.jpg
13:11 硫黄岳山荘 中で温かい物を食べようと言うふたり 外でも良いのではと私 即却下 注文したのは3人で味噌汁一杯(400円) あとは持ち込み 漬物やら揚げ物やら 弁当やら を広げる これでは山荘の経営が成り立ちませんよ・・・ いいのバンダナ購入したから はい 分かりました そっと二度目の食事を済ませ気持ちを下山モードへ
20190610160657eda.jpg
14:06 ケルンを頼りに硫黄岳へ
20190610160658b9e.jpg
14:16 硫黄岳山頂 も展望無し
201906101635016b6.jpg
14:20 上空に少しだけ太陽が出た 後方で 太陽出た出た と拍手喝采 ほんの少しだけで拍手喝采を受ける太陽も少ないだろう
201906101635037aa.jpg
14:29 てくてくと下山開始 あとは下るだけ
2019061016350452a.jpg
14:33 雲が薄いのか暖かくなってきた
20190610163505066.jpg
14:41 赤岩の頭 三週間前の雪は無くなっている
20190610163507ab0.jpg
14:55ウスギオウレンを見つける
20190610163508739.jpg
15:53 赤岳鉱泉とアイスキャンディーの骨組み 横岳は見えない
20190610211226512.jpg
17:28 美濃戸山荘前で無事周回完了 太陽が出ていた 朝のホテイランは薄暗い中だったので 陽が入ったホテイランをもう一度見に行くことになった
20190610203932657.jpg
17:39 早朝の陽が入らないホテイランとは 一味違う
20190610203933b19.jpg
スマホでも綺麗に撮れた
20190610203935532.jpg
二度目の観賞終了
2019061020393618b.jpg
18:00 赤岳山荘駐車場に着くと阿弥陀岳上空は快晴 そして帰り道 車から雲ひとつ無い八ヶ岳を見て 今回の目的は花観賞だから満足しているんだ っと恨めしそうに八ヶ岳を見ている
2019061020393818b.jpg
18:49 石遊の湯で地元の方と八ヶ岳の話をしながら山登りの疲れを癒して帰宅

2019年06月08日 (土) 曇り・霧・雨・下山後晴れ
去年の夏の終わり頃から ツクモグサの咲く頃八ヶ岳へ行きましょう と計画を立てていた 開花したのは見れなかったが良しとしてください。80点

続きを読む»

スポンサーサイト



プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR