FC2ブログ

コマクサ咲く三方ヶ峰から西篭ノ登山

201906230010382b0.jpg
コマクサはケマンソウ亜科コマクサ属の多年草の高山植物 美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれている。和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する
2019062223155115f.jpg
08:22 地蔵峠駐車場→10:12三方ヶ峰→12:12西篭ノ登山→14:22地蔵峠駐車場 歩行時間6時間01分 歩行距離10.8㌔
201906231104155b1.jpg
08:22 地蔵峠駐車場 群馬県側から入道雲のような雲が押し寄せている 長野県東御市の天気予報は12時頃晴れ間が出て曇りから16時くらいより雨予報だ 降られなければ良いがと思いながら出発
20190623110417192.jpg
湯の丸高原 つつじ祭 開催中 後で時間があったら寄ってみましょう
2019062311041857c.jpg
08:25 三方ヶ峰でコマクサ開花したらしい 最初に三方ヶ峰へ
20190623110536305.jpg
08:40 登山道を進むが 地図と勘を頼りに スキー場を横切り近道しようとしたら登山道を見失い スキー場をさ迷う事になった
201906231104203f0.jpg
08:49 勘を頼りにしないほうが良い とつくづく思う 道標に従うべきだった
20190623114253e49.jpg
09:05 つつじ祭会場に行かなくても レンゲツツジは十分咲いている
20190623114254d0b.jpg
蕾もあるので まだまだ楽しめそうだ
2019062311425605f.jpg
09:09 ツマトリソウだろう (池の平湿原の花ごよみで見比べながらレコ作成中)
20190623114257c4f.jpg
アップで
20190623125555e4a.jpg
09:43 展望が開けてきたが 八ヶ岳は雲の中
20190623114259d60.jpg
09:45 見晴岳山頂 黒斑山が見えるが微妙な天気だ 浅間山は雲で見えないのか 黒斑山で見えないのかは不明
201906231143009c6.jpg
烏帽子岳と右手前に湯ノ丸山
20190623114302d21.jpg
09:54 三方ヶ峰へ 柵沿いに見晴コマクサ園
20190623114303c2c.jpg
見晴コマクサ園のコマクサ
20190623114305edc.jpg
上半身を柵の中に入れ やっと撮れた
2019062311430693e.jpg
10:03 コマクサ観賞を終えて進むと池の平湿原が見える
20190623130546e4e.jpg
10:05 三方ヶ峰へ
201906231305487eb.jpg
10:06 カモシカ食事中
201906231305498ab.jpg
10:08 イワカガミはいっぱい
201906231305515da.jpg
10:12 三方ヶ峰山頂
201906231305526f4.jpg
三方ヶ峰コマクサ園
20190623130554510.jpg
砂礫地に咲くコマクサ
20190623130555c6c.jpg
ここも柵から上半身を乗り出して 横這いでどうにか撮れた
20190623130557238.jpg

20190623130558547.jpg

20190623130600a07.jpg
10:48 コマクサ観賞を終えて池ノ平湿原へ
20190623165129a5c.jpg
11:03 湿原に見頃な花は見あたらなかった
20190623165131f3a.jpg
11:12 池ノ平駐車場を通過して
201906231651322ca.jpg
11:13 東篭ノ登山へ
20190623165134839.jpg
ときどきイワカガミじゃなくて ずっとイワカガミ
2019062316513508b.jpg
11:43 大賑わいの東篭ノ登山
20190623165136d24.jpg
山頂
20190623165138483.jpg
11:47 沢山のハイカーが居たので西篭ノ登山へ
2019062316513982a.jpg
11:54 ツガザクラ
20190623165141d6d.jpg
11:58 東篭ノ登山を下りきると砂礫地にコマクサ グリーンロープで保護されている 数少ないけどしっかり咲いている
20190623165142a38.jpg
12:07 ときどきシャクナゲも少しだけ咲き残っている
20190623171750ba0.jpg
12:12 西篭ノ登山は静かだ 誰もいない
201906231717525ee.jpg
先程の見晴岳〜三方ヶ峰と池ノ平湿原
20190623171753ab3.jpg
山頂周辺をうろうろしていると 少し下がったところにコマクサが咲き始めている
20190623171755b84.jpg
柵もロープも無いところに ひっそり咲いているコマクサ
20190623171756186.jpg

201906231717582be.jpg
12:42 休憩後東篭ノ登山に戻る
201906231717596c0.jpg
東篭ノ登山に戻ると水ノ塔山に雲が押し寄せている
2019062317180145d.jpg
13:17 ツバメオモト だと思う
2019062317180211f.jpg
13:35 池の平口まで戻り地蔵峠を目指す
201906231718038ae.jpg
14:22 地蔵峠駐車場着 今にも雨が降りだしそうだ 後片付け中に降りだした雨 濡れずにすんだ
20190623232157e8f.jpg
14:40 ちょっと立ち寄ってみた 国指定天然記念物 湯の丸レンゲツツジ群落
20190623232158df5.jpg
レンゲツツジ 夕方近くなり雨が降っているので観光客は疎らだ 少しだけ見て温泉の前にちょっとだけ寄りたいところがある
20190623232200349.jpg
15:22 ちょっと寄りたいところに到着 浅間高原シャクナゲ園 6月2日まで美化協力費300円 シャクナゲが終わった今は無料になっている ちょっと分かりづらい園内マップを確認してから 園内に入る
20190623232201f5b.jpg
駐車場脇に咲いている沢山のコマクサ
2019062323220311e.jpg
白のコマクサも沢山咲いている
20190623232205281.jpg
園内に入るとシャクナゲだろう
201906232322063db.jpg
アップで
20190623232208cdf.jpg
園内遊歩道は木材チップが敷かれ歩きやすくなっているが 畑内ご自由にお入り下さい との事です
201906232322096b0.jpg
ヤマツツジ
20190623232211cc4.jpg
何処に行ってもレンゲツツジは見頃
201906241008461a3.jpg
15:37 展望台に上がるが雨の為展望無し
2019062410084729b.jpg
展望台を過ぎたところに コマクサ花壇
2019062410084974b.jpg
ここは撮りやすい
2019062410085338e.jpg
15:56 雨が強くなってきたのでカモシカコース途中で戻る
20190624100906a9c.jpg
尾根山頂まで行きたかったが諦めた バカ尾根ルートへの下調べなので登山口が分かれば良しとして 晴れた日にバカ尾根から前掛山に行こうと思っている
20190624100902d81.jpg
16:22 傘さして戻ってきた駐車場
20190624100906dcc.jpg
17:56 相間川温泉 せせらぎの湯
201906241009068da.jpg
独特のオレンジ色の湯が特徴の天然温泉 のんびりゆったり温泉浴を楽しんでから帰宅

2019年06月22日 (土) ほぼ曇りかなぁ

コマクサ咲き始めた三方ヶ峰だった コマクサだけなら浅間高原シャクナゲ園のほうが沢山咲いていた
スポンサーサイト



赤城山でレンゲツツジ

20190616164441ba5.jpg
レンゲツツジはツツジ科ツツジ属の落葉低木で有毒植物。つぼみの様子が蓮華に見えることから名付けられたという
2019061616444259b.jpg
08:38〜09:32小沼散策 09:46〜10:09覚満淵散策 10:20〜10:50見晴山散策 10:20〜10:50白樺牧場散策 歩行時間2時間00分 歩行距離3.6㌔ 移動は車
201906161707537de.jpg
08:17 前橋市と関東平野 スカイボルトライン パノラマ展望台より望む 低気圧通過で台風一過のような天気だ 展望台経由大胡赤城線で小沼に向かう
20190616233131776.jpg
08:38 小沼駐車場より 小沼遊歩道にシロヤシオ観賞
20190616233132883.jpg
斜面に満開のレンゲツツジ
20190616233134ae8.jpg
08:41 小沼に続く道はレンゲツツジだらけ
2019061623313531c.jpg
08:43 小沼を左回り
20190616235000a3d.jpg
08:53 あれ?ここに来る前に有ったはず お参りしてから戻る
20190616235001960.jpg
08:57 ほとんど落花しているので通り過ごしてしまった
20190616235003963.jpg
咲き残っていたシロヤシオは数輪 今年は最初で最後になるのか
20190616235004f73.jpg
09:07 数日前のレコで咲いていたので来てみたが終わりだった 小沼を周回
20190616235006f17.jpg
小沼を過ぎると こちらは もう少し残っている
2019061623500755e.jpg

20190616235009870.jpg
数少ないシロヤシオ観賞
2019061623501049e.jpg
09:19 樹木の隙間から地蔵岳
20190616235012ef7.jpg
09:26 ムラサキヤシオは終盤
201906171221188ca.jpg
09:27 ヤマツツジ
201906171221193e4.jpg
レンゲツツジ
20190617122120a7f.jpg
09:30 湖畔の周回終わり
20190617122122d69.jpg
09:31 湖畔から駐車場への斜面が1番多かったレンゲツツジ
2019061712212670b.jpg
09:41 車で鳥居峠に移動 旧赤城登山鉄道山頂駅舎
20190617122127cdd.jpg
展望台より望む桐生の山並み 穴場のアカヤシオルートは新緑が綺麗だ
20190617122128caa.jpg
09:46 車でビジターセンターに移動 正面に小地蔵岳
201906171234109f0.jpg
09:47 覚満淵を周回
20190617123411052.jpg
09:50 左回りで
20190617123413228.jpg
09:52 ここもレンゲツツジが綺麗だ
20190617123414d3e.jpg

20190617123416fa4.jpg
09:56 駒ヶ岳の奥 黒檜山は雲がかかっているようだ
201906171234177a7.jpg
10:06 湖面に映る新緑の小地蔵岳
20190617123419104.jpg
10:09 ビジターセンターの温度計は16℃ 歩くには少しだけ暑い が風が爽やかだ
観光バスで来た小学生の団体が覚満淵に入って行くほんの少しの差で こんにちは!こんにちは!の挨拶の嵐を逃れる事ができた
20190617125630837.jpg
10:20 車で見晴山駐車場に移動
20190617125632d26.jpg
展望台に登って行く
2019061712563306c.jpg
10:22 レンゲツツジが満開
20190617125634500.jpg
半分くらい青空
20190617125636f80.jpg
10:24 斜面を彩るレンゲツツジ 奥に荒山
20190617125637888.jpg
色鮮やかなヤマツツジ
201906171256392e1.jpg
10:27 見晴山 山頂
2019061712564089f.jpg
10:30 山頂から白樺牧場内遊歩道で赤城山総合観光案内所へ
2019061712564242d.jpg
10:41 牧場の柵沿いを進む
201906171256438b1.jpg
10:46 黄色い絨毯は菜の花みたいだが?
牧場を周回して駐車場に戻る
201906172032471ba.jpg
10:59 新坂平駐車場に車で移動 空模様が怪しくなってきた
20190617203248ac8.jpg
11:01 白樺牧場 奥に鈴ヶ岳
20190617203250fb0.jpg
11:04 白樺牧場
20190617203251d8e.jpg
11:07 色鮮やかなレンゲツツジ 蕾は見あたらない
201906172032535a3.jpg
11:07 観光案内所からの白樺牧場 放牧されてるのは ひつじ
20190617203255c42.jpg
ゆき なごみ ふわ アヤメ まめめ が見える
20190617203256bfc.jpg
11:59 北橘温泉 ばんどうの湯 仕事前にひと♨️

2019年06月16日 (日) 晴れから曇り
土曜日は関東甲信どこも一日中雨 日曜日に回復予報 ならば日曜日の午前中に レンゲツツジが最盛期らしい赤城山へと出かけてみた ビジターセンターと新坂平駐車場は車がいっぱいだった 帰りの姫百合駐車場もほぼ満車 昼近くなっても続々と対向車とすれ違う 観光シーズンの赤城山だった。

ふわぁふわぁのツクモグサ 閉じていた 横岳

2019060910490186c.jpg
キンポウゲ科オキナグサ属の多年草。高山植物の中でも開花が最も早く6月上旬ごろから咲き始め、花茎の高さは5cm花は約3.5cm、上を向いた漏斗状の6枚の萼片が花弁状になり、緑色がかったクリーム色を呈する。萼片は晴れた日には開き、外側は白色の毛で覆われる。
20190609104902aec.jpg
05:58赤岳山荘駐車場→10:34地蔵の頭→14:16硫黄岳→17:58赤岳山荘駐車場 歩行時間12時間01分 歩行距離14.6㌔
201906091216120d3.jpg
05:58 マーモットの横断幕が目印の赤岳山荘駐車場よりスタート
20190609121614721.jpg
06:04 閑散とした美濃戸山荘前 八ヶ岳の美味しい水が 出っぱなしだが 誰も飲まない
2019060912161547e.jpg
06:05 今日の予定はホテイランとツクモグサ観賞 目指すピークは三叉峰 最短コースでピストン 南沢から入る
20190609121617fd6.jpg
06:12 南沢を橋で渡ると
2019060912353866b.jpg
06:15 ホテイラン自生地
2019060912353945c.jpg
横から
20190609123541de1.jpg
上から
20190609123542dbc.jpg
06:49 第一目的のホテイラン観賞を終え 霧の中を登って行く
20190609123544f97.jpg
07:12 橋で渡ったり
20190609123545601.jpg
07:13 渡渉しながら 登って行くと
20190609130747cf9.jpg
08:12 土砂で半分埋もれたヘリポート
20190609130748b82.jpg
08:26 霧?雨? の行者小屋着
201906091307503ba.jpg
09:05 誰を?
本日の同行者Yさん (ブロ友よつこ)さん
20190609130751d01.jpg
09:05 絶景が見えない ゴメンでは済まされない
Yさんと同じ山岳会所属のOさん
20190609130753eec.jpg
09:49 行者小屋で軽く食事を済ませ ⛑️を被りカッパを着て霧の中を登って行く 行者小屋で雨が降ってきた 帰ろう!っと誰が先に言い出すのかな?っと思っていたが帰る気持ちは全く無いらしい
地蔵尾根を登るのに 勘違いして文三郎尾根に向かってしまうと スマホが違うよ!そっちじゃないよ と教えてくれる 世の中便利です
201906091307543ef.jpg
10:25 なにかを見つけようだ
20190609130756e84.jpg
一生懸命説明している ガンコオヤジがどうしたって? さっぱり分からない
20190610100618103.jpg
10:34 稜線に出た 地蔵の頭 展望無し お地蔵さんだけは見える
20190610100620fab.jpg
10:45 ツクモグサ観賞目的 とりあえず三叉峰に向かう
2019061010062338d.jpg
10:54 花が咲いていなくても
20190610100624983.jpg
水滴が綺麗だ
20190610122120151.jpg
11:05 霧の中岩場を登る
20190610122121b85.jpg
11:22 三叉峰手前 ツクモグサ群生地
ガスの中麦わら帽子帽子が飛ばされる 風速10㍍〜15㍍くらいかなぁ 予想通りツクモグサは閉じている (2016年05月21日開花時のレコ)
20190610122123dd0.jpg
強風に耐えている ふわぁふわぁのツクモグサも可愛い
20190610122124417.jpg
一週間前のレコをで八分咲きくらいだった 晴れていれば咲き始めの1番綺麗な状態を見れる予定だった 何事も予定通りにはいかない
2019061012212678d.jpg
これ以上開いているのは見あたらなかった
20190610122127cb9.jpg
初ツクモグサ撮影中のOさん 開花してなくて残念
20190610122129474.jpg
Oさんも初ツクモグサ 撮影中
20190610123900dd0.jpg
11:25 こんな天気なのでしょうがないでしょう 初めてで開花してると ありがたみが薄れます 二度三度来て初めて開花したのを見ると感動も倍増します
20190610123900df4.jpg
11:30 斜面に沢山のツクモグサ
20190610123902226.jpg
11:36 風にあおられっぱなし
20190610123904428.jpg
11:45 オヤマノエンドウとハクサンイチゲかなぁ?
20190610123905312.jpg
オヤマノエンドウは寒くても閉じない
2019061012390780b.jpg
12:02
20190610125317e88.jpg
12:07 三叉峰着 展望無し ホテイラン ツクモグサ ピークの三叉峰 計画の目的は達成 そろそろ下山時刻 ピストン予定だが悪天候の為地蔵尾根の下山は避けようという事で硫黄岳への周回に変更 90分程余計にかかるが 安全のような気がする
20190610125318b22.jpg
12:14 キバナシャクナゲが見頃
20190610125319d44.jpg
12:23 梯子を登ったり 降りたりして
20190610125321e7a.jpg
12:29 横岳山頂 見える景色は一緒 山頂に居る理由が無いので即下山
2019061015574070c.jpg
12:33 急梯子を降りる Oさん
20190610155741248.jpg
急梯子を迂回するYさん
20190610155742427.jpg
12:38 鎖場を降りると南側のツクモグサ群生地 南側は遅咲きなので開花のツクモグサは無い
201906101606532ed.jpg
12:39 カニの横ばい通過 ガスの為高度感は無い 滑るので慎重に
20190610160654867.jpg
12:51 コマクサの葉が出始めている
20190610160655b8e.jpg
13:11 硫黄岳山荘 中で温かい物を食べようと言うふたり 外でも良いのではと私 即却下 注文したのは3人で味噌汁一杯(400円) あとは持ち込み 漬物やら揚げ物やら 弁当やら を広げる これでは山荘の経営が成り立ちませんよ・・・ いいのバンダナ購入したから はい 分かりました そっと二度目の食事を済ませ気持ちを下山モードへ
20190610160657eda.jpg
14:06 ケルンを頼りに硫黄岳へ
20190610160658b9e.jpg
14:16 硫黄岳山頂 も展望無し
201906101635016b6.jpg
14:20 上空に少しだけ太陽が出た 後方で 太陽出た出た と拍手喝采 ほんの少しだけで拍手喝采を受ける太陽も少ないだろう
201906101635037aa.jpg
14:29 てくてくと下山開始 あとは下るだけ
2019061016350452a.jpg
14:33 雲が薄いのか暖かくなってきた
20190610163505066.jpg
14:41 赤岩の頭 三週間前の雪は無くなっている
20190610163507ab0.jpg
14:55ウスギオウレンを見つける
20190610163508739.jpg
15:53 赤岳鉱泉とアイスキャンディーの骨組み 横岳は見えない
20190610211226512.jpg
17:28 美濃戸山荘前で無事周回完了 太陽が出ていた 朝のホテイランは薄暗い中だったので 陽が入ったホテイランをもう一度見に行くことになった
20190610203932657.jpg
17:39 早朝の陽が入らないホテイランとは 一味違う
20190610203933b19.jpg
スマホでも綺麗に撮れた
20190610203935532.jpg
二度目の観賞終了
2019061020393618b.jpg
18:00 赤岳山荘駐車場に着くと阿弥陀岳上空は快晴 そして帰り道 車から雲ひとつ無い八ヶ岳を見て 今回の目的は花観賞だから満足しているんだ っと恨めしそうに八ヶ岳を見ている
2019061020393818b.jpg
18:49 石遊の湯で地元の方と八ヶ岳の話をしながら山登りの疲れを癒して帰宅

2019年06月08日 (土) 曇り・霧・雨・下山後晴れ
去年の夏の終わり頃から ツクモグサの咲く頃八ヶ岳へ行きましょう と計画を立てていた 開花したのは見れなかったが良しとしてください。80点

続きを読む»

ホソバヒナウスユキソウ見ながら中途半端な谷川連峰

馬蹄形のようにガッツリ歩く訳でもなく 主脈のようにバスと電車を気にして歩く訳でもない CT11時間20分 中途半端な谷川連峰って感じ 長すぎず短すぎず 翌日程よい筋肉痛が残る充実した山登りが堪能できた マラソンで例えるならフル(馬蹄形)と10㌔(主脈)の間のハーフって感じかな
20190602101005334.jpg
ホソバヒナウスユキソウ(細葉雛薄雪草)は、キク科ウスユキソウ属に属する高山植物である。基本種はミヤマウスユキソウ
20190602101006b1c.jpg
06:40土合駅→10:36オキノ耳→14:03蓬峠→17:13土樽駅 歩行時間10時間33分 歩行距離17.7㌔
2019060211020607e.jpg
06:40 日本一のモグラえき よりスタート
201906021102079e1.jpg
06:42 早朝の土合駅 始発電車が通過したが閑散としている
2019060211020909a.jpg
07:00 始発のロープウェイ稼働したが乗らない
201906021102116bd.jpg
07:03 谷川岳登山指導センター 谷川岳の美味しい水で喉を潤す
20190602113247b8d.jpg
07:10 通算9度目の西黒尾根
20190602113249524.jpg
07:26 快晴で暑くなりそうだ
20190602113250f45.jpg
07:41 新緑の西黒尾根 この木が頑張れ✊‼️と言っているように感じる
20190602113252241.jpg
08:30 視界が開け 天神平より少しだけ上がった
20190602115036766.jpg
08:50 ラクダの背からの両耳 少しだけ雲がかかる
201906021150385a2.jpg
09:00 岩場は雪が融け 黄ペイント通りに進む
201906021150398a4.jpg
09:07 咲き始めたホソバヒナウスユキソウ ロングの鎖付近 左側に多く見られる 咲き始めのためか個体数は少なく感じた
2019060211504190b.jpg
しばらくはホソバヒナウスユキソウ観賞しながら登る
20190602115042a8e.jpg

201906021150447e8.jpg
ハクサンイチゲも咲き始めた
20190602115045391.jpg
10:02 両耳が近くなる
20190602115047ab3.jpg
10:10 西黒尾根 最後の雪田 アイゼン使用の人もいるようだ キックしながら登って行く
2019060211504802d.jpg
10:13 肩の小屋と道標 今日は寄らない
20190602115050590.jpg
10:19 トマノ耳 山頂に雲がかかり 絶景とは言えない
20190602121628a6b.jpg
朝日岳方面が辛うじて見える程度
20190602122856c24.jpg
主脈は雲の中 方位盤が有っても山座同定できない
20190602122858704.jpg
10:32 オキノ耳に向かう途中 ハクサンイチゲが目立つ
20190602122859ca3.jpg
蕾もたくさん
20190602122901b96.jpg
10:34 オキノ耳
20190602122902e12.jpg
振り返ってトマノ耳
20190602122904f61.jpg
主脈に張りつく薄い雲 上空は晴れだ
20190602122905d70.jpg
10:36 山頂にて一枚撮ってもらう
2019060212290762f.jpg
10:41 奥の院へ ここまでくると谷川岳もだいぶ静かになる
201906021229080c3.jpg
10:48 奥の院 上部で景色を堪能しながら一休み 休憩後一ノ倉岳へ
20190602122910760.jpg
11:11 ノゾキで覗き込む
2019060213322538e.jpg
11:17 ミネ?ヤマ? 後方に一ノ倉岳
201906021332269fc.jpg
11:25 こちらはピンクの桜
2019060213322788b.jpg
11:28 シラネアオイも咲きだしている
201906021332297fb.jpg
11:31 一ノ倉岳 雲におおわれ展望なし
201906021332308e4.jpg
11:43 トレース沿いに雪田を進む この雪田は想定内
2019060213323200f.jpg
11:51 ハクサンイチゲが綺麗だ
201906021332337de.jpg

2019060213323524b.jpg
11:59 茂倉岳も展望なし
2019060213323601c.jpg
12:29 茂倉岳 武能岳間の ホソバヒナウスユキソウは開花前
2019060213323818f.jpg

20190602134106b64.jpg
12:35 ハクサンイチゲは沢山咲いている
2019060214103038f.jpg
12:46 雲が厚くなる谷川岳
2019060214103188c.jpg
12:47 シャクナゲ 後方に谷川岳
201906021410331c5.jpg
イワカガミ
20190602141034e26.jpg
12:55 シラネアオイは広範囲に咲いている
20190602141036b39.jpg
13:06 魔法の薬か?芍薬甘草湯68 脚に違和感を感じてきたので試しに飲んでみた 飲むとすぐに症状が緩和され絶好調 以前ブロ友の (よつこさん )に脚のつりを相談したら これいいですよ と勧められた 昭和のスポ根漫画で育った世代 気合いだ根性だで乗り越えてきたが良いものは素直に受け入れよう
20190602141037f70.jpg
13:06 違和感もなくなり最後の登り武能岳へ 山頂には雲がかかる
20190602141039e61.jpg
13:25 七ツ小屋山の左に 凛々しい大源太山が目立つ
201906021410413ac.jpg
13:25 ショウジョウバカマも広範囲に咲いている
20190602141042ad7.jpg
13:32 武能岳 やっぱり雲の中
20190602141043d5c.jpg
13:45 蓬ヒュッテ確認
20190602145950b40.jpg
14:03 蓬ヒュッテの鐘 中にお客様が居たので叩くのは止めた
20190602145952e04.jpg
14:15 ヒュッテ前のベンチで一休み 道標は布団干し台になっている
2019060214595391a.jpg

201906021459556ca.jpg
ヒュッテ前にて
20190602145956177.jpg
14:20 ツツジ
201906021459582a5.jpg
14:25 最後の水場 降りる人は最初の水場
201906021459593d2.jpg
14:33 雪渓横断 アイゼンも無ければストックも無い ピッケルなんてそもそも持って無い トレースは微かにある程度 雪渓の奥に赤テープが確認できるので登山道は続いている だが雪渓に乗り上げられないので雪渓の切れ目の笹を握り締めどんどん登る やっと雪渓に上がれた 前方に見える登山道に進む たどり着いたのは赤テープが有った登山道では無く崩れ落ちた斜面が登山道に見えただけだった 戻る事もできず崩れた斜面を無理矢理登り背丈以上の笹藪こぎが始まる 地図を確認しながら登山道の方向へ激下り 時間にして15分くらいだろうか 登山道にどうにか出られた 手持ちの地図には残雪期マーキングあり となっているがマーキングは無かった スマホの最新地図には1544の尾根沿いを進む と記載されているが理解できなかった 雪が無ければ普通のジグザグの登山道 雪渓を合計6回くらい渡っただろうか大変苦労した蓬新道 西黒尾根よりも手強かった せめて軽アイゼンでも有ればと思った が後の祭り
20190602170830d31.jpg
15:01 沢山咲いているタムシバ
20190602170831936.jpg
15:35 イワウチワ
20190602170833e09.jpg
15:59 東俣沢出合で待っていたのは
20190602170834102.jpg
飛び石渡渉
201906021708358b0.jpg
16:32 蓬新道 林道終点 ここまで車で入れるが一台もない
20190602170837991.jpg
16:53 茂倉新道への分岐 蓬峠方面には青空はなくなった
201906021708385d2.jpg
17:13 土樽駅到着 駅前に止めておいた車で♨️へ
20190602170840db9.jpg
土樽駅見学中の所沢ナンバーの持ち主 何故誰もいないこんなところに熊谷ナンバーがあるのだろう と思っていたらしい 帰り支度をしていると どちらへ?
20190602170841b1c.jpg
06:28の始発電車で土合駅まで10分で行き 谷川岳を10時間かけて歩いて来ました 電車の本数が少ないので電車の時間に駅に来てあとは時間を気にせず歩けるので都合良いんですよね と説明 きっと理解できない行動だと思われているに違いない
無人駅の土樽から無人駅の土合 乗車料金は車掌さんが徴収に来ます 車掌さんが間に合わなかったら降りてから車掌さんに自己申告で240円支払います
2019060217084392d.jpg
18:21 たびたび寄る 猿ヶ京温泉 いこいの湯 なに聞いても おーおーとしか言わない番台のおじさん 今日も健在だった 券売機で入湯券買って渡そうとすると その箱に入れろと指を指す ここですか?おー
内湯ひとつ石鹸とシャンプー無し 飾りっけ無し 飲み物の自販機ひとつ有ったかな あとは番台のおじさん用にテレビはいつも点いている街中の銭湯みたいな感じだ なにしろ300円は魅力なので たびたび利用する

2019年06月01日 (土) 晴れのち曇りかなぁ
2時に起きて家を出る予定だったが 目覚ましを かけそびれ4時に起床 計画は断念 とりあえず谷川岳に登ろうと家を出る 上武道路に入る前に高速を使えばどうかなとナビをセット 到着時刻が6時30分 始発が6時27分 ぎりぎり間に合うだろうと急遽高速で土樽駅に向かう 高速道路はスムーズに流れ15分前に到着 準備を済ませ 電車の待ち時間5分で始発に乗れた どうにでもなるのがソロハイカーの気楽なところだ。

2019年06月

20190611180504b1d.jpg
南蛇井駅で見た時はどこでも育ちそうに見えたが 酷暑には耐えられないだろうな きっと 海辺で捕まえた蟹を育てるくらい難しいのではないかと 思えてきた

⑨周 10.71㌔ 1:09'05"
とりあえず 走っておこうか
2019.06.09 (日) 曇り少しだけ雨

グリアリ 10.71㌔ 1:07'30"
結果はどこでも同じになってきた
2019.06.15 (土) 雨

⑨周 10.71㌔ 1:05'36"
㌔6分は・・・
2019.06.23 (日) 曇り

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 2:30'02"
これが精一杯 60日ぶりのハーフ
2019.06.29 (土) 曇り 山は天候不順

旧鉄剣コース 10.0㌔ 1:08'11"
いつまで走れる?
2019.06.30 (日) 曇り
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR