FC2ブログ

氷瀑を期待して 滝沢の不動大滝

20190126184314db0.jpg
滝沢の不動大滝 粕川にかかる赤城山随一の大滝。新緑や綿織りなす秋。氷結する厳冬期など、四季折々の表情で訪れる人を迎えてくれる。
20190126184316936.jpg
09:56前不動駐車場→10:55不動大滝→11:57前不動駐車場 歩行時間2時間01分 歩行距離2.9㌔
2019012618431751b.jpg
09:56 前不動駐車場よりスタート
当初の予定では 日光雲竜渓谷の氷瀑をと思っていたが週末寒気が押し寄せ関東地方山沿いは雪 平野部も天候不順かも などと言っている 近くで氷瀑といえば不動大滝で見れるらしい CTは二時間弱 さっと登れるので ゆっくりスタートして あとは温泉の予定 今年は雪も少なく厳しい冷え込みも無いので氷瀑は無理かな? でも山肌を覆っている氷柱を見ると氷瀑が見れるかな?半信半疑で不動大滝へ向かう
20190126194632360.jpg
赤城南麓滝めぐりマップ確認
20190126194633020.jpg
10:04 延命猿水 何故猿なのか?
20190126194635924.jpg
10:10 忠治みはり岩
201901261946374cb.jpg
10:11 瀧み所 流れ落ちる滝が確認できる 氷瀑の希望は消えた あとは氷柱群に期待
2019012619463879b.jpg
10:15 恵の瀧 渇水状態
201901262033195af.jpg
10:23 立派な門をくぐると
201901262033215a7.jpg
10:25 滝沢不動尊 本堂でお参りして
20190126203322292.jpg
10:29 不動大滝へ
20190126203323fa3.jpg
10:31 コース案内図 川を渡渉するコースは不明瞭だ トレース通りに左側のコースを行く
201901262033254ac.jpg
10:51 小さな凍りついた滝や氷柱群を見ながら進むと いきなり現れた不動大滝
201901262033269c3.jpg
10:53 沢水が 氷柱や塊になっている
20190126205303833.jpg
10:55 滝の下に入って行く
20190126203328f10.jpg
11:01 アイゼンを着けようか迷いながら おそるおそる滝壺まで来た
201901262033295d0.jpg
11:02 滝壺を覗き込む 虹がでている 水飛沫が凄くて直ぐに濡れてしまった
201901262113173c3.jpg
11:03 滝の下から少しだけ避けて見上げる 氷柱は小さく溶けてきている 時々折れた氷柱も落ちてくる
201901262113180de.jpg

2019012621131972a.jpg

20190126211321282.jpg
滝の上部は快晴だ
20190126211322dba.jpg
11:18 滝見物終了 少し離れたこの辺が一番形が良いかな?
帰り際 ちょうど来た人と話す 毎年見に来ているらしい 15年ほど前に完全凍結したのを見たけど 例年は半分位ですね 今年は暖かいので氷柱も小さく少ないですね との事だった
2019012621132436b.jpg
11:34 冬季通行止めの新しい道路で下山?帰路?
20190126211325a99.jpg
11:45 日本海側より雪雲が押し寄せているみたいだ 中央の窪みの右側が銚子の伽藍の展望台かな?
20190126211327b72.jpg
11:57 前不動駐車場着
20190126211328d6b.jpg
12:37 ちょっと早いけど 一応山登ったので 温泉だ
駐車場から一番近い温泉 ぐんまの源泉パスポート使って100円引き
2019012621133039a.jpg
12:52 貸切状態 気持ち いい
20190126215111420.jpg
源泉かけ流し〈水風呂〉冷鉱泉(24.5度)
晴れているが雪雲から飛ばされた雪が舞っている 外気温7℃くらいかな なら24.5度の水風呂は温かいはずだ 入るとヒンヤリするのは何故だ ずっとは入っていられない 源泉 口に含むと炭酸泉が良く分かる
20190126215112600.jpg
14:59 入浴後 春を探しに 第二駐車場より入る
20190126215114b2f.jpg
まだだ
201901262151153a8.jpg
ロウバイは咲いている
20190126215117556.jpg
あった あった 気の早い奴
ひとつ見れたので せっかく温めた身体冷えない内に撤収

2019年01月26日 (土) 晴れ
今年は暖かいので氷瀑は見れなかった事にした
いろいろと調べても行って見なければ分からない だから行きたくなる 一度や二度で挫けるものか。
スポンサーサイト



アイスバブルと霧氷 赤城山

20190119210942bd9.jpg
氷の中に広がる神秘の世界。前橋市富士見町の赤城大沼で、大小の気泡が氷に閉じ込められる「アイスバブル」の自然現象が見られる
アイスバブルは湖底から発生するメタンガスの泡が湖面にたどり着く前に凍りついてできる現象。今年は雪が少ないため、氷が鏡のようになり、アイスバブルがよく見えるという。
2019011921094438f.jpg
09:41赤城山キャンプ場→11:05黒檜山登山口→12:13絶景スポット→12:25黒檜大神→13:42赤城山キャンプ場 歩行時間4時間01分 歩行距離5.8㌔
20190119214019407.jpg
07:56 上武国道より望む赤城山 今日も西高東低 平野部は晴れ 山沿いは雪 赤城山は今 雲がかかっている
NHKの天気予報では前橋市は一日中晴れ 昭和村は12時から晴れ予報なので 昼になれば赤城山の雲が取れるだろうと願いながら赤城山へ向かう
20190119215005abc.jpg
09:41 県立赤城公園キャンプ場より どんよりした天気の中スタート
2019011921500688f.jpg
09:42 さっそく大沼へ
20190119220736fc3.jpg
09:50 湖面に下りて まっすぐ鳥居峠方面に向かう
201901192207388fb.jpg
09:53 氷の割れ目が走る
201901192207394f4.jpg
09:53 これがアイスバブルだ
20190119220741cd4.jpg
09:54
201901192207420fd.jpg
09:56
20190119220744498.jpg
10:03
2019011922074555a.jpg
10:09 雲のかかる 黒檜山から駒ヶ岳
湖面は強風が吹き付け雪が飛ばされている うっかりストックを落としたら50㍍以上飛ばされてしまった とにかく良く滑る 10本爪アイゼン履いているので走りながら取りに行くがなかなか追いつかない
2019011922255750c.jpg
10:10 見れば見るほど 神秘的だ
20190119222558a8b.jpg
10:11 ワカサギ釣りの人と少し話をしたが 今日は釣れないようだ アイスバブル 先日テレビで放送していたな 黒檜山がバックに合ったから青木旅館の方じゃないかと 言っている
2019011922260086a.jpg
10:14 ワカサギ釣りの方はアイスバブルには興味が無いみたいだ
2019011922260173a.jpg
10:20
201901192226039ce.jpg
10:27 言われるがままに 青木旅館前に来ると雪が積もってアイスバブルは確認できない
20190119230534048.jpg
10:39 風に押されながら赤城神社に向かう
20190119230536d34.jpg
10:42 振り返ると雪が飛ばされて綺麗だ 滑る為にスケート靴の人 滑らない為にアイゼンの人 滑りたくないのに滑っている人はスニーカー 寝て写真撮る人 膝着ついて写真撮る人 さまざまだ
20190119230538850.jpg
10:45
20190119230539412.jpg
10:46 大小の泡が重なりあうのは 中央付近が多かった
20190119230540707.jpg
10:46
20190119230542e06.jpg
10:47
201901192305442e4.jpg
10:48
20190119230545641.jpg
10:51 少しだけ日があたりだした黒檜山
20190119230546952.jpg
10:53 みな同じようだが みな微妙に違う 上から見ても斜めから見ても微妙に違う
20190119233115034.jpg
10:58 たっぷりとアイスバブル観賞してから 赤城神社駐車場に出てきた
20190119233117249.jpg
11:05 黒檜山登山口 ここから山登りスタート 山頂で12時くらい 晴れてくる頃だろう
2019011923311801e.jpg
11:19 5人から10人くらいのグループが4組程 猫岩まで渋滞でゆっくり登る 猫岩手前より霧氷が広がり 皆さんよけいにスローペースになっている
201901192331198a0.jpg
11:34 アンテナ山のとなりに富士山
20190119233121f86.jpg
10:34 肉眼では確認できるがスマホでは難しいかも
20190119233123677.jpg
11:35 上空は青空に霧氷
2019012000030484e.jpg
11:37 駒ヶ岳山頂は雲がかかっているが モフモフの霧氷が綺麗だ
20190120000306563.jpg
11:41
201901200003074a8.jpg
11:41
201901200003088cc.jpg
11:42 青空が出始めている
201901200003107a2.jpg
11:42 上空は青空だが 向かう登山道はガスの中
2019012000031240e.jpg
11:46 見るのは上だけ
20190120000313d10.jpg
11:57 待望の青空に霧氷
20190120000315ae5.jpg
11:57
20190120000316eaf.jpg
12:00 雲が取れる
20190120000317b00.jpg
12:09 黒檜山 山頂 予想通り昼過ぎに晴れた そして登れた 絶景スポットへ
2019012012222924b.jpg
12:13 左側に浅間山を絶景スポットより望む
20190120122231520.jpg
草津白根山には雲がかかる 強風でスマホが飛ばされそうだ
20190120122232c74.jpg
12:14
20190120122233426.jpg
成長中の海老の尻尾
20190120122235670.jpg
12:15 武尊山は少しだけ雲の中 谷川岳は雲の中で確認できない
20190120122237dac.jpg
12:25 黒檜大神前で風を避けながら昼御飯
20190120122238a72.jpg
12:26 お馴染みの撮影スポット 小沼の上に富士山
20190120125437777.jpg
12:27 寒そうな黒檜大神の祠
201901201254384b2.jpg
どのくらい寒いかというと ペットボトルがシャーベット状になって なかなか出てこないくらいの寒さだ -7℃くらいかな? 陽が当たると一気に暖かく 陰ると風が出て一気に寒くなるの繰返し
20190120125440907.jpg
13:00 快晴の駒ヶ岳の霧氷が気になるが 黒檜山ピストンで 早めに温泉で温まる事にした
2019012012544163a.jpg
13:14 大沼と地蔵岳 下山中は溶けだした霧氷が風に飛ばされ落ちてくる 氷の固まりが当たり痛い
2019012012544395d.jpg
13:24 湖畔道路に出てきた
201901201254444a2.jpg
13:33 もう一度大沼に上がり 快晴の黒檜山と駒ヶ岳
20190120125446329.jpg
13:35 アイスバブルの見納め
201901201254471ee.jpg
13:42 快晴になった赤城山キャンプ場着
201901201254493ce.jpg
14:55 快晴の「あいのやまの湯」で冷めた身体を温める

2019年01月19日 (土) 曇り空から晴れ
元日より雪が少ないみたいだ 雪が降り積もったら見れないアイスバブル 見れる期間は短い様だ

西御荷鉾山の前に 桜山公園でロウバイ観賞

2019011219535169f.jpg
桜山は、群馬県藤岡市にある標高591mの山である。 山頂は桜山公園として整備され、桜の名所となっている。日本さくら名所100選に選定されている。
201901121953529d1.jpg
桜山公園でロウバイが見頃を向かえているらしいので 御荷鉾山登山の前にロウバイ観賞
20190112201120397.jpg
09:20 第二駐車場から徒歩一分でロウバイ園 ロウバイのトンネルをくぐって ロウバイ観賞
20190112201121b4b.jpg

201901122011234d7.jpg

20190112201124d74.jpg

20190112201126847.jpg
午後から曇り空の予定だが 青空が広がる
2019011220112785e.jpg
ロウバイの香りのなかゆっくりと散策
2019011220112902e.jpg

2019011220113061a.jpg
09:39 ロウバイ園の上に広がる秩父の山並
20190112205556dbf.jpg
09:48 桜山公園マップで確認して寒桜山へ
20190112205557e55.jpg
09:57 見頃は過ぎているので 咲き残りがある程度 桜山周辺には3000本程あるそうだ
20190112205559837.jpg
10:00見晴台より望む御荷鉾山(右側) これから向かいます(車で)
20190112205600a6a.jpg
10:09 公園マップを見ていると福寿草もあるらしい でも 少し時期が早いか? もしかしたら気の早い奴は咲いているかも? 駄目元で福寿草を探す
20190112214630609.jpg
10:18 鬼石の鬼 そういう事らしい
201901122146314de.jpg
10:19 で 桜山 山頂
福寿草はロウバイ園の車道を上がりきった銅像の隣らしい
201901122146339f4.jpg
10:28 まだ背丈は低いけど 開花しているのが数個
201901122146347a1.jpg

201901122146367d0.jpg
これだけ見れれば十分
20190112214637a1e.jpg
ロウバイ 冬桜 福寿草と 一通り観賞したので さて御荷鉾山へ
201901122158104ee.jpg
11:39西御荷鉾山南登山口→12:03西御荷鉾山→12:53投石峠→13:12 西御荷鉾山南登山口 歩行時間1時間33分 歩行距離2.4㌔
20190112214639967.jpg
11:39 南登山口よりスタート
20190112214640f14.jpg
登山口のトレイルマップを確認 30分程で山頂らしい 今日は信州キッズに負けないように 運動靴で登ってみよう
20190112222324663.jpg
11:45 神流マウンテン ラン&ウォーク の道標 ラン用に登山道は整備されているみたいだ 杉の木は食害防止でナイロンテープが巻かれている
20190112222326c05.jpg
11:55 山頂直下の斜面は大の字の刈込がなされているが 大の字は近すぎて確認できない
20190112222327647.jpg
12:03 万場を向いた不動明王像 無数の剣が祀られている
20190112222329fd0.jpg
12:03 あっという間に 西御荷鉾山 山頂着
201901122316572f5.jpg
12:04 山頂は東西に細長く伸びている 南側には二子山 両神山 秩父連山の展望が良い
20190112231659991.jpg
北側は赤城山 榛名山 妙義山 の上毛三山に浅間山 群馬県境の雪山の稜線が素晴らしい
山頂に置かれたベンチにて しばらく地図で山座同定 いつの間にか曇り空なのがちょっと残念
201901122317005cb.jpg
12:37 山頂東側の不動明王像は反対側の富岡市を向いている
2019011223170268a.jpg
12:50 東御荷鉾山 どうしようかな?
20190112231703395.jpg
12:53 投石峠
201901122317059e9.jpg
12:54 東御荷鉾山へ向かうが 辞めた 曇り空 展望もさほど大差はないと思う 高い方のピークは達成したのであとは温泉だ
201901122317068d5.jpg
13:09 尾崎喜八 文学碑 神流川紀行の一節だ
20190112233830f0d.jpg
13:12 大きな剣が祀られている登山口着 無事下山お参りして さっさと温泉に向かう
20190112233831ee2.jpg
14:36 桜山温泉 絹の里 で至福のひととき
登山口近くの みかぼ高原荘で入浴と思って調べたら天然温泉では無いようだ でも高原なので雰囲気だけでもと思い寄ってみた 道路を塞ぐ本日休館日の立て看板 土曜日に休館? じゃ何時やるの?と思いながら みかぼ高原荘を後にした

2019年01月12日 (土) 晴れから曇り空

安中のロウバイ園がオープンしたので他のロウバイ園はどうかな?と調べたら 桜山が見頃らしい ロウバイだけでは温泉に入れないのでロウバイ観賞後に登れる山 御荷鉾山で計画を立てた
花観賞後の山登り 本格的な寒さはこれからだが 春っぽさを感じた一日だった。

昼飯前に 飯盛山

20190105223259acd.jpg
八ヶ岳、南アルプス、富士、浅間山。360度パノラマの世界を歩く〜飯盛山 [ めしもりやま ]標高1,643m、ご飯を盛ったような美しい山容からこの名 [ めしもりやま ]がある。
2019010522330094d.jpg
平沢峠→11:34飯盛山→13:25宮司の滝→14:47平沢峠 歩行時間4時間20分 歩行距離9.4㌔
201901052315593b8.jpg
10:27 八ヶ岳からの強風が吹き付ける 野辺山高原 平沢峠からのスタート 八ヶ岳の展望台だが雪雲で見えない
20190105231600bee.jpg
日本の分水嶺だそうです
2019010523160205a.jpg
10:28 昼飯前に飯盛山へ
201901052316032ae.jpg
ハイキングマップ確認
20190105231605b2f.jpg
10:40 霜柱と雪混じりの登山道
201901052316061f9.jpg
11:14 最初に平沢山通過
20190105231607363.jpg
山頂から見える雪雲の八ヶ岳
20190105231609d12.jpg
雲に隠れた浅間山
2019010523161189e.jpg
西上州の山並
20190106001907011.jpg
11:24 平沢山を下りて飯盛山へ
2019010600190927e.jpg
11:34 飯盛山 山頂 雲に隠れた富士山が少しだけ見える
20190106001911778.jpg
南アルプスも雲の中 右の方に甲斐駒ヶ岳があるらしい
どこから 登って来たのだろうか? 手ぶらで腕捲りして運動靴で登ってくる信州キッズ 私はリュックの中に真冬の装備と軽アイゼン 一日くらい遭難しても大丈夫な食料が詰まっている 恐るべし信州キッズ としか思えない 信州キッズからすると このおじさん 何処に行くんだ?って感じなのかもしれない お母さんが到着すると南アルプスも八ヶ岳も見えなくて残念ですね 山頂は風があるので寒いですねっと直ぐに下山していった 信州キッズも寒さは感じるみたいだ
20190106001912171.jpg
金峰山と瑞牆山
2019010600191471d.jpg
11:54 展望を満喫したのち 清里駅方面に下山開始
201901060019154a0.jpg
12:36 徐々に雲が薄くなっていく南アルプス 左の方に地蔵岳のオベリスクらしき岩が肉眼で確認できる
20190106112916ac3.jpg
12:58 途中 道に迷いながら牧場前を通過
20190106112918fbd.jpg
13:10 宮司の滝へ
20190106112919173.jpg
13:21 宮司の滝
2019010611292007c.jpg
13:25 三段目の滝壺
20190106112922d94.jpg
13:33 滝見学を終えて少し戻って河原に下りると 天然の氷柱が綺麗だ
20190106112923c6f.jpg
13:44 倒木で塞がれた登山道を乗り越え 頼りない道標を頼りに しし岩に向かう
201901061129254b1.jpg
14:40 平沢古道 遠い昔 甲州街道から中仙道をつなぐ交通の要所でした。国道141号線が出来て今では通る人もない古道です。試しにちょっとだけ歩いてみよう
20190106112926561.jpg
14:47 左から権現岳 赤岳 横岳 硫黄岳の裾野がちょっとだけ確認できるまで 晴れてきた八ヶ岳が見える平沢峠着
20190106112928d1e.jpg
15:52 日本海からも太平洋からも程遠い山の中なのになぜ海の口なのか 近くには海尻もある そして小海もある 不思議だ サウナにいた地元の方に聞いたが 知らないっと言ってさっさとサウナから出て行ってしまった よほど早くサウナから出たかったのだろうか?謎のままだ 海の口温泉 和泉館
201901061129292e4.jpg
少し ぬるめの源泉に出たり入ったり しながら冷めた身体を温める

2019年01月05日 (土) 晴れ
元旦に赤城神社で交通安全の御守りを買ったのに 入れ換えたばかりのスタッドレス 早くもバースト 赤城おろし吹き荒れる国道17号で 通行中の車のライトを頼りにスペアタイヤと交換 飯盛山 山頂より寒く感じた
およそ42年 50万㌔ パンク経験は一度しかない タイヤ購入時パンク保証の保険を勧められたが入らなかった それが2ヶ月でパンクするとは新年早々痛い失費だ(セット割引にならないので余計高く付いた) 事故にならなかっただけ良しと思うしかないのか 思い出に残る帰り道になってしまった

2019 初日の出は地蔵岳 (赤城山)

20190101164101434.jpg
赤城山の中央火口丘である地蔵岳は、安山岩質溶岩からなる円頂丘で、山頂に林立する無線塔の凹地は、旧火口と考えられている。
2019010116410340c.jpg
06:18小沼駐車場→06:43地蔵岳展望所→07:13地蔵岳山頂→08:04小沼駐車場 歩行時間1時間46分 歩行距離2.1㌔
20190101174800f44.jpg
06:18 小沼駐車場をスタート 先行く人はヘッデン点灯している
二輪駆動の乗用車では 登山口に立てれば9割は危険箇所を通過したようなものだ 冬の赤城山ではスタートラインに立つまでが苦労する 今シーズン新調したスタッドレスでもアイスバーンでは歯がたたない 新年早々事故りたく無い とにかく慎重に運転して行く
姫百合駐車場手前の坂で 5台程立往生 いつもスリップ渋滞している所だ その後JAFのレッカー車にお世話になっている方が2台 時刻は5時30分前だ 新年早々忘れられない出来事になったに違いない
四駆を乗っている頃は 何の問題もなく登れたので二駆の弱さを痛感した
20190101174801692.jpg
06:18小沼後方より明るくなっている
2019010117480398f.jpg
地蔵岳の日の出時刻を確認して 家を4:00に出た 6:00に八丁峠を出発すれば大丈夫だろう という計画だった 早ければ車の中で待機 遅ければ背後から登る御来光を拝める という訳で地蔵岳にしたのだが 八丁峠に着くと階段下も道路スペースもいっぱいだ 小沼駐車場まで戻って さっさと出発 所要時間は40分 あと30分しかない それ急げ!
20190101191821824.jpg
06:21 八丁峠より望む 山頂が明るくなってきている いつの間にか路駐がいっぱいだ
201901011918235a1.jpg
06:27 続々と登って行く
20190101191824752.jpg
06:40 山頂手前の展望所で御来光待ちの方がたくさん見える
20190101191825c3e.jpg
06:44 御来光時刻に ギリギリ間に合った
20190101191827cb9.jpg
06:44 電波塔左側に富士山がくっきり見える
20190101191829a75.jpg
06:45 小沼の上から
20190101191830355.jpg
06:46 あと少し あと1分
201901011918326eb.jpg
06:46 御来光を待つ人たち
2019010119183369e.jpg
06:46 富士山も赤くなってきた
20190101191834eab.jpg
06:47 日の出時刻だ! 明けましておめでとうございます!
20190101210240df4.jpg
06:47 黒檜山 駒ヶ岳はガスに包まれている
20190101210242698.jpg
06:51
20190101210243819.jpg
06:51 小沼の上から
201901012102450bb.jpg
06:52
20190101210246fcd.jpg
06:52 振り返るとモルゲンロートに染まっている
御来光を静かに堪能している人たち
20190101210248d45.jpg
06:53
201901012102490aa.jpg
06:53 小沼の上に
20190101210251e3c.jpg
06:55
201901012102520ef.jpg
06:57 日の出完了
2019010121025473c.jpg
06:58 はい 撤収
20190101212345a8a.jpg
07:12 山頂へ移動 黒檜山まったく見えない 凍結していない大沼がちょっとだけ
201901012145246ff.jpg
07:15 着雪した電波塔群回りで下山
20190101214525af8.jpg
07:20 霧氷見物しながら
20190101214527ca5.jpg
07:23
20190101214528668.jpg
07:24 電波塔も雪化粧
20190101214530797.jpg
07:44
20190101214531e8d.jpg
07:44 なんとなく 黒檜山の霧氷と ちょっとだけ違う気がする
2019010121453313d.jpg
07:44 山頂のガスが抜けない黒檜山
ゆっくりと朝食を済ませてから下山開始
20190101214534c6b.jpg
08:04 小沼駐車場着
20190101214806649.jpg
08:34 車で赤城神社駐車場に移動 先ほど下りてきた地蔵岳
201901012207536ab.jpg
08:35 あとちょっとでガスが抜けそうな黒檜山 モフモフの霧氷が見える
2019010122075421a.jpg
08:37 昨年の交通安全の御守りを お焚き上げ
20190101220756950.jpg
08:38 今年も健康でいられますように と初詣です
20190101220757d6d.jpg
08:59 大沼の反対側より望むすっかりガスが抜けている 霧氷だらけの黒檜山 時間もあるし 登りて➰
20190101220759b7f.jpg
09:56 欲をかかないで大人しく 北橘温泉「ばんどうの湯」で 朝風呂済ませてから帰宅

2019年01月01日 (火) 晴れ
山登って 御来光見て 霧氷見て 初詣して 御守りをお焚き上げして 交通安全の御守りを買って 朝風呂入って 充実した一年の初日だ

2019年01月

2019010116280350c.jpg
2019年01月01日 06時54分 地蔵岳 展望所より初日の出を望む

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 2:20'くらい ストップウォッチ止まってなかった
諦めましょう ハーフ
2019.01.03 (木) 晴れ

グリアリ 10㌔ 58'
いいじゃないか 10㌔で まだ少し未練 申込み先延ばし中
2019.01.04 (金) 晴れ

このたびは第29回熊谷さくらマラソンにお申し込みいただき誠にありがとうございます。
下記大会のお申込みについて、ご入金を確認させていただきました。
大会へのエントリー手続きはすべて完了です。
【エントリー内容】
2019年03月24日 第29回熊谷さくらマラソン
10km 男子 60歳以上
悩んだ結果 10㌔に決定 2019.01.07 (月)

グリアリ10㌔ 57'40"
10㌔で良いと思うとホッとする
2019.01.11 (金) 晴れ

⑨周 10.71㌔ 1:07'59
途中サッカー パパさんコーチと話し込む
2019.01.13 (日) 晴れ

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 2:15'50"
練習で㌔一分遅くなっている このままでは二時間切れないので ハーフは辞めて正解 これが最後のハーフになるのか
2019.01.14 (月) 晴れ

旧鉄剣コース 10㌔ 58'03"
10㌔にしても速く走れる訳ではない
2019.01.20 (日) 晴れ 今日もこれから仕事だ

グリアリ 10㌔ 58'30"
10㌔以上走る気力もなくなる
2019.01.21 (月) 血液検査日

20190121213200f81.jpg
やけに月が大きいなぁ と思っていたら 今日はスーパムーン良く見えてます とラジオで言っている
2019.01.21 (月) 晴れ 57.0 11.2

旧鉄剣コース 10㌔ 1:01'17"
調子良いと思ったけど 赤城おろしに負けた
2019.01.27 (日) 晴れ 56.5 11.4
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR