FC2ブログ

登り納めは両神山 尾ノ内沢道

2018123012040443f.jpg
地元の氏子による山開きが今でも続く、宗教登山の難コース
201812292340522ec.jpg
07:34尾ノ内自然ふれあい館駐車場→12:25両神山→16:43尾ノ内自然ふれあい館駐車場 歩行時間9時間09分 歩行距離10.1㌔
201812301232408eb.jpg
07:34 尾ノ内自然ふれあい館の駐車場よりスタート
谷奥に目指す八丁尾根の稜線が見える 稜線まで直線距離にして3㌔くらいかなぁ? 予定は両神山山頂まで登り5時間20分下り3時間40分 ランチタイムは登り時間の余った時間 そんな感じの予定
時期が早いのか時間が早いのか 氷柱見学者も登山者いない 昨年末日向大谷の駐車場はほぼ満車だった それほど尾ノ内沢道は人気が無いのか?
20181230123241263.jpg
07:41 沢水が かけられ氷柱作成中
20181230123243dfd.jpg
07:42 吊り橋の温度計は-10℃ 風が無いので体感温度は-5℃くらい
201812301232441f0.jpg
まずは吊り橋を渡って油滝へ
20181230123246172.jpg
07:43 見頃は1月からだが見事な氷柱が出来上がっている
20181230123247adb.jpg
08:04 山の神
20181230123249aed.jpg
山の神 祠 にて 安全祈願
201812301232508d6.jpg
08:08 沢を何度か渡渉するが登山道は落葉に埋もれ不明瞭 赤テープを頼りに登って行く っていうか赤テープがなければ絶対進めない
20181230150426d6a.jpg
09:21 油滝
20181230150427c27.jpg
滝壺まで行く 水量が少ないので名前の通り油が流れている様だ 一枚岩の滝壺には綺麗な水が溜まっている
20181230150429f04.jpg
10:00 八日見山道と書かれた 比較的新しい道標 八日見山とは両神山の別称らしい 「ようかみやま」「りょうかみやま」似てないこともないか
油滝を過ぎると地獄穴が有ったが わざわざ地獄に入ることもないかと思い入らなかった
2018123015043080b.jpg
10:46 積雪は5㌢程度だが 道が不明瞭 本にはヒンマワシ付近で道不詳と書かれているが どこがヒンマワシなのか不明 ヒンマワされている感じ とにかく赤テープだけが頼り 軽アイゼンを車の中に置いてきた事を後悔 雪と落葉で悪戦苦闘
20181230150432d1a.jpg
10:46 地図にはハリガネ クサリ と書かれているがハリガネで出来たクサリかな?と思ったが 何の事はない ハリガネだ
2018123015043361c.jpg
11:08 錆びて凍ったクサリを握りしめて急登中
20181230152932e17.jpg
11:13 龍頭神社奥社 八丁尾根稜線に無事登りきれた 一般的な登山道では無い事を実感する この急登を下山しなくてはならないかと思うと少し不安が残る 自転車を八丁峠に置いて自転車で下る事も考えたが寒空自転車では耐えられないと思い諦めた ここを下山するしかない
帰ってから調べたら八丁尾根を下りて周回コースの方が多い事が分かった 分県登山ガイドでも周回コースを紹介していた 良く読んでおくべきだった
2018123015293340c.jpg
11:44 八丁尾根でナイフエッジを通って東岳着
20181230152934016.jpg
東岳の展望は良好
2018123015293638d.jpg
だが西側から雪雲が押し寄せている
201812301529379d4.jpg
11:48 今年の登り納め 予定通り 山頂へ
20181230152939b12.jpg
11:52 稜線にて 陽が当たらないと寒い ペットボトルがシャーベット状で出てこない -5℃くらいかな
20181230152940841.jpg
12:25 登り納めの山頂着
20181230152942c61.jpg
両神山 山頂標柱 山頂にて初めて人に会う 八丁峠からなら登る人がいるかなと思ったがトレースはなかった 皆さん日向大谷からだった
20181231003100aa0.jpg
12:43 ランチタイムで20分程休憩していたが 雪雲が押し寄せて視界が悪くなるばかりだ
201812310031023c2.jpg
12:45 八丁峠コースで さっさと下山開始
201812310031035d6.jpg
13:20 赤岩尾根に雲がかかり始め幻想的な風景だ
20181231003105f3b.jpg
14:00 尾ノ内沢道を登るとき良く見えていた二子山にも雲が出てきた
20181231003106de3.jpg
16:36 氷柱会場の吊り橋に到着
2018123100310860b.jpg
大きな温度計は-5℃ 小さな温度計は0℃ どっちが正しいのだろう? 感覚的には小さな温度計0℃が正しそう となると朝の出発時は-10℃ではなく-5℃だったのだろうか
20181231003110ca4.jpg
16:43無事 尾ノ内自然ふれあい館駐車場着 あと20分遅かったらヘッデンが必要になっただろう ギリギリの帰着だ
201812301553565f9.jpg
前日に立てた計画 おおざっぱだが ほぼ予定通りに行動できた
2018123100311149a.jpg
17:53 さっさと後片付けして 秩父温泉 満願の湯に入浴 年末の温泉は 大変混んでいた

2018年12月29日 (土) ほぼ晴れ のち曇り 時々雪が舞っていた
今年の登り納めも無事終了 久し振りに上半身の筋肉痛が残る山登りだった。
スポンサーサイト

霧氷を期待して!赤城山

20171209221803821.jpg
霧氷は着氷現象の一種で、氷点下の環境で樹木に付着して発達する、白色や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称。
こんなのを期待して登った黒檜山だったが・・・
2018122220545766a.jpg
09:21黒檜山登山口→10:27黒檜山→12:54地蔵岳→14:15黒檜山登山口 歩行時間4時間54分 歩行距離9.7㌔
201812222123390ce.jpg
08:54 青木旅館前より黒檜山を望む 山頂付近に霧氷が残っているのを期待して登山口へ車で向かう 天候は良好
20181222212340728.jpg
09:21 黒檜山登山口 先週より雪がだいぶ少ない 岩が出ていそうなのでアイゼン無しで登って行く
20181222212342299.jpg
09:54 アンテナ山の左隣に富士山が見える日もある
2018122221234314f.jpg
10:02 いつもの霧氷ゾーン 青空は少しあるが 霧氷は 欠片も無し
20181222212345753.jpg
10:27 黒檜山に到着してしまった 霧氷が駄目なら絶景だ 絶景スポットに向かう
201812222123467c2.jpg
10:30 絶景スポット・・・・・
20181222212348973.jpg
この岩の上から 武尊山や谷川岳が見える時もある・・・
20181222220520e6a.jpg
10:35 白樺牧場の温度計は4℃だった ここも同じくらいだろう 枝に付いた雪がどんどん溶けていく
201812222205219b2.jpg
10:42 黒檜大神前で小休憩 しながら悩む
霧氷も絶景も見れない 満足すればピストンを考えていたので登山口に車を止めた 時間はあるのでとりあえず駒ヶ岳に向かう
20181222220523b81.jpg
11:13 駒ヶ岳山頂 関東平野の先に筑波山が見える時もある
20181222220525459.jpg
11:24 鉄階段で降りて帰る?天気も良いし歩き足りないので 長七郎山に行こうと思い ここは直進して鳥居峠へ
20181222220526cb8.jpg
11:43 以前道標が有ったが外されている ここを直進してしまい岩 岩の中で登山道を見失い四苦八苦したのを思い出す 良く見れば右に立派な登山道が有る
201812222308075a2.jpg
11:50 難なく鳥居峠着
20181222230809efc.jpg
11:52 注意 熊 出没中 の看板の先には
201812222308105d2.jpg
桐生方面の山並が広がる
20181222230812781.jpg
61年前に開業した赤城登山鉄道 山頂駅
201812222308135e2.jpg
注意 熊 出没中の裏側は 熊からすると人間出没中 どちらが危険なのだろう?
20181222230815e72.jpg
11:56 覚満淵は先週見たのでパス
20181222230816ea0.jpg
12:23 ツツジの道を小沼に
20181222230818973.jpg
12:16 黒檜山の雲が取れている
20181222230819fae.jpg
12:23 長七郎山へと思っていたが 地蔵岳のアンテナ群が良く見えるので八丁峠経由で地蔵岳へ
20181223000355d9e.jpg
12:48 小沼の後方に長七郎山
20181223000357351.jpg
12:54 地蔵岳山頂 電波塔群
201812230003597c5.jpg
12:57 大沼と黒檜山
山頂に雲が かかる武尊山が見えてきた 谷川岳は相変わらず雲の中で確認できない
20181223101743557.jpg
13:50 見晴山駐車場に出てから大沼湖畔を歩く
「赤城大沼用水頭首工」の解説 榛名湖の右京の無駄堀と同じ考えみたいだ
完成したのが1957年 先程の赤城登山鉄道と同じく私と一緒になる
20181223101745d01.jpg
13:59 黒檜山や地蔵岳を見ながら湖畔を約半周
20181223101746ccf.jpg
14:15 黒檜山登山口着 ♨️に向かうには丁度良い時間だ 黒檜山ピストンも考えていたが大沼を周回してしまった その日その時の状況で変わってしまうので登山計画が立てられない で登山届も出してない(赤城山では届けを出してない方がほとんどだと思う)
20181223101748e6a.jpg
13:54 あいのやまの湯 サウナあり 露天あり 休憩所あり ゆっくり 休んでから帰宅 今日は冬至だが柚子湯ではなかった

2018年12月22日 (土) ほぼ曇り時々晴れ 一部雲の中 4℃くらい

群馬県は例年より暖かいみたいだ どこに行っても雪が少ないらしい 埼玉県北部で赤城おろしが吹き荒れないので実感する そんな訳で霧氷が見れなかった。休みに合わせて登るのだから 仕方ないか

十二ヶ岳でシモバシラ 氷の花

20181214211212a8d.jpg
ふたつとして同じ形がない 氷の花(氷柱)
枯れた茎に霜柱(氷柱)ができるのは、茎は枯れているように見えても根は土中の水分を吸い上げていて、 外気温が氷点下になると茎の中(道管内)の水分が凍り茎を突き破って外へ飛び出す。寒さが増すごとに氷層が重なり、 茎を覆うように根元に氷柱ができるという、寒いこの時期にしか見られない現象
20181214211213c6a.jpg
10:22登山口→10:51カタクリ群生地→11:44十二ヶ岳→12:48登山口 歩行時間2時間26分 歩行距離3㌔
20181214211215df4.jpg
08:46 上武国道より見る赤城山
黒檜山の霧氷目的で家を出たが赤城山に雲がかかっている ならば 午後なら雲が取れるかな?っと期待して 午前中はこの時期にしか見れない シモバシラの氷の花を見に十二ヶ岳に向かう
2018121422333412c.jpg
10:22 登山口 三回目の十二ヶ岳だが ここの登山口からしか登った事がない 目的のシモバシラの氷の花が一番近いからだ
20181214223335931.jpg
10:32 杉林を登って行く 新しいかなこの標識
20181214223337b6a.jpg
10:51 カタクリ群生地 さてこの雪で見つかるかな?
20181214223338e32.jpg

20181214223340488.jpg

20181214223341aa1.jpg

20181214223343a39.jpg

201812142233447d2.jpg
とりあえず 目的達成 今年も無事見れました
20181214223346085.jpg
11:20 男坂 女坂 分岐 今回は女坂で
2018121422473434f.jpg
11:44 少し雪が ちらつく 十二ヶ岳山頂 谷川 武尊方面は吹雪いているのだろう 風に飛ばされて雪が舞っている
20181214224735840.jpg
中岳 小野子山の後方に子持山 その後方の赤城山は雲で見えない
20181214224737caa.jpg
榛名山
201812142247385ac.jpg
浅間隠山と浅間山(浅間山も雲で見えない)
20181214224740bb6.jpg
視界良好なら 県庁の後方にスカイツリーやサンシャインビルが見えるらしい
2018121422474177e.jpg
12:12 景色を堪能してから男坂で下山 来た道戻る
201812142319273d3.jpg
12:48 登山口着
201812142319289a0.jpg
14:10 温泉前に 雲の中の赤城山が気になる 姫百合駐車場を過ぎてから 地蔵岳の霧氷が見える
20181214231929b07.jpg
14:14 青木旅館前より黒檜山を望むが 見えない
20181214231931ab8.jpg
14:23 黒檜山登山口 トレースは雪で埋っている 登山口の駐車場は駐車された形跡無し
20181214231932272.jpg
14:35 覚満淵へ
20181214231934879.jpg
雪降る覚満淵を周回
2018121423193537c.jpg
14:40 全面凍結の覚満淵 奥に鳥居峠 もちろん 誰もいない
20181214231937504.jpg
14:43 地蔵岳も駒ヶ岳も見えない 強風でとにかく寒い
201812142319393d9.jpg
14:58 ビジターセンター駐車場の温度計は-6℃ 寒い訳だ 30分弱だが一気に身体が冷えた
20181214231940ff7.jpg
15:49 北橘温泉 ばんどうの湯 で 冷めきった身体を温める サウナと水風呂 露天風呂も有って300円 さすが温泉天国群馬県 安い❗

2018年12月14日 (金) 西高東低 典型的な冬の気圧配置 関東北部は晴れ 山沿いは雪

体調不良で休んでも 山登りしていると思っている奴がいる なら 思われているように 休んで 山登ってやる(体調不良じゃないんけど)

高ジョッキ・丸岩

20181208200829a6e.jpg
「高ジョッキ」とは尾根筋から高く突き出した突起を意味し、その名のとおり尾根から突き出した山容だ 丸岩と共に、よく目立つ
20181208200831d0e.jpg
11:08須賀尾峠→11:46高ジョッキ→12:59丸岩→13:39須賀尾峠 歩行時間2時間31分 歩行距離約5㌔
20181208203409c51.jpg
11:08 須賀尾峠 高ジョッキ登山口
登山口を車のナビにセットした 勝手な思い込みで20㌔も手前の別の山で登山口をセットしていた 現地にて登山口を探したが見つからず 間違いに気づく そんな訳で予定より一時間遅いスタート
20181208203411182.jpg
11:09 高ジョッキ登山口の子育て地蔵
20181208203412e53.jpg
11:16 コナラの落葉した急登
20181208203414497.jpg
11:22 早くも 山頂❔
20181208203415768.jpg
四等三角点のある分岐だった 三角点マニアでないので四等がどういう物なのか不明 三角点は大事にしようくらいしか知らない
20181208215003b27.jpg
11:35 細尾根の稜線歩き
201812082150052d8.jpg
11:46 5㍍程の岩場を登りきると 山頂標識の見あたらない 高ジョッキ山頂
2018120821500697d.jpg
地図で現在地確認
2018120821500731d.jpg
左側に浅間隠山 右側に浅間山
20181208215009e3d.jpg
手前に榛名山 左後方に赤城山
201812082150112c2.jpg
建設中の八ッ場ダム
2018120821501237a.jpg
12:08 群馬県境稜線が一望
20181208220126f4b.jpg
12:11 展望を楽しんだのち 高ジョッキを下りて正面に見える丸岩へ
201812082201272b2.jpg
12:40 須賀尾峠駐車スペースを一度通過して丸岩登山口
20181208220129a4e.jpg
12:44 丸岩へ
20181208220130598.jpg
12:58 丸岩 山頂 三方が岩壁に囲まれ山城を築くのにうってつけの場所であった事がわかる
長野原の町並みが木々の隙間から見える 春から夏は展望が利かなそうだ
20181208220132113.jpg
13:05 山頂を東へ高ジョッキを見に行くが木々で見えそうにない 解読不明の石碑と木々の隙間から高ジョッキを見て下山開始 来た道を戻る
20181208221817fcb.jpg
13:19 下山中に見えた高ジョッキ
20181208221819729.jpg
これでもキノコ❔かと思うような丈夫すぎる 猿の腰かけ
20181208221820b87.jpg
13:39 須賀尾峠駐車スペース着
20181208221822b03.jpg
14:27 帰り道沿いの倉渕温泉 長寿の湯
2018120822182385a.jpg
人魚像の横たわる露天風呂は休業中
201812082218254f2.jpg
貸切状態の内湯で まったり 寛いでから帰宅

2018年12月08日 (土) 晴れ
なんと不思議な名前の山だ 高ジョッキをググるとビールのジョッキがでてくる
山頂標識の無い高ジョッキと展望の無い丸岩だった

新町経由の18号 毎度の渋滞に嵌まる その度に少し遠回りでも上武国道か254号を利用した方が素直に帰れる と思ったのは何回目だろう?

戦国の山城の遺構を残す 金山

今夏の酷暑の疲れか 還暦を過ぎた老体の体力低下か 毎週末の山登りの疲れが取れない だがブログ更新が途絶えると とうとう滑落🙌 遭難🙌 っと喜ぶ奴がいるかもしれないので とりあえず生きている証を残そうと サッと登れる山を探した
20181201183917913.jpg
標高239mの金山山頂の実城(みじょう)を中心に、四方に延びる尾根上を造成、曲輪とし、これを堀切・土塁などで固く守った戦国時代の山城
2018120118391983b.jpg
10:30市営駐車場→12:07新田神社→13:18ぐんまこどもの国→14:15市営駐車場 歩行時間3時間45分 歩行距離6.1㌔
201812012052349d5.jpg
10:30 子育て呑龍様で有名な大光院の先の市営駐車場よりスタート
201812012052368bd.jpg
10:36 紅葉の名所 金龍寺に入って行く
201812012052379ab.jpg
もみじが境内を彩る
20181201205239a36.jpg

201812012052403cc.jpg

201812012052428ea.jpg
紅葉狩りのハイキングの方も沢山いて賑やかだ
20181201205243117.jpg
10:43 七福神 集結
20181201205245a9d.jpg
10:44 本堂前は改修工事中
2018120120524629a.jpg
10:47 紅葉観賞を済ませ 本堂脇から目的地 金山へ
本堂裏に 新田義貞公の供養塔が有るが重機が入って改修工事中だった
2018120122054274c.jpg
11:11 西尾根分岐 あずまや にてイラストマップを確認していると地元の方が親切丁寧にコースを教えてくれる
201812012205442c2.jpg
11:21 モータープールに出てきた 展望台からは太田市内が見渡せる
20181201220545c2f.jpg
11:22 金山 山頂は新田神社らしい
201812012205476bc.jpg

20181201220548952.jpg
11:24 尾根沿いもカエデが綺麗だ 紅葉中
201812012205502d9.jpg
11:32 史跡金山城跡の説明を親切丁寧に解説してくれパンフレットを手渡してくれた ボランティアガイドのおじさん 山城の事色々勉強になりました そういえば岩櫃山城跡の観光案内所ではサッとパンフレットを手渡してくれた だけだった
20181201230642330.jpg
11:41 親切な説明を聞き終わると スーパーでお昼ごはんを買って来て山頂で食べるのだ と言う方と一緒に山頂へ向かう
西堀切を通過して 物見台下虎口で こちらから攻めてきた兵に先を見せない工夫がなされている などと説明をしてくれている 天気が良ければ毎日散歩に来ているそうだ
201812012306434da.jpg
11:43 敵の動きを見張る 物見台 今は展望台が建っている
201812012306459f2.jpg
展望台から見渡す 赤城山や足尾山地 晴れた日にな浅間山や男体山も見渡せるみたいだ
20181201230646e8c.jpg
11:55 大堀切 月ノ池と通過して日ノ池
201812012306488c4.jpg
12:00 日本百名城 金山城
丁度お昼ごはんの時間だと言って休憩所に向かったので ここで別れる 色々と解説ありがとうございました
20181201230649532.jpg
休憩所前からは関東平野が一望できる 晴れていればスカイツリーや富士山が見える らしいけど 関東平野がボンヤリと見える程度だ
20181201230651242.jpg
中島飛行機の創業者 中島知久平銅像 記念公園になっている
201812021143136e9.jpg
12:04 新田神社へ
20181202114315f5a.jpg
12:05 樹齢800年以上の大ケヤキ もう自力では立っていられない
201812021143168f3.jpg
12:07 本丸址に建つ新田神社 新田義貞公が祀られている
201812021143188f5.jpg
12:20 本丸残存石垣から雑木林の中へ 行くと ぐんまこどもの国への道標 さらに進んだ道標の左側を根本山へ
20181202114319b5b.jpg
12:23 根本山 山頂 祠とケルンような石積
201812021143219f8.jpg
12:31 ぐんまこどもの国 パノラマチェア上部に出た パノラマチェアで登って サマーボブスレーで下る 20数年前と少しも変わってない光景だ 一気にサマーボブスレーで下山?と思ったが ゆっくり歩いて下りる
20181202120754938.jpg
12:45 野鳥かんさつ窓からは
201812021207556a1.jpg
寛いでいる野鳥が見えた
20181202120756bb2.jpg
13:18 ぐんまこどもの国広場では 元気いっぱいの上州っ子達
2018120212075895e.jpg
13:17 こどもの国の中心部を抜けて再び史跡に向かう
201812021207592fc.jpg
14:02 1613年徳川家康、大光院を創建
開山堂前にて 祝七五三無事成長の垂れ幕バックに年賀状用の記念撮影をしていた家族
201812021246323f7.jpg
14:10 旧中島飛行機(株)呑龍工場 後の富士重工業(株)群馬製作所の発祥の地
20181202124633594.jpg
外部からの自然光を採り入れる ギザギザ屋根が特徴的だ
20181202124635db1.jpg
14:40 太田天然温泉 源泉湯の庵にて 山登りで汗かかなかった分 サウナにて おもいっきり汗出してから帰宅

2018年12月01日 (土) 晴れ
紅葉あり 史跡あり 公園あり 子供から高齢者まで誰でも気軽に楽しめるハイキングコース 金山でした

2018年12月

201811301005538de.jpg
とうとう申込み開始 ハーフ?10㌔? 少し泳がしておこう

⑨周 10.71㌔ 1:02'24"
㌔6分 走ってないのだから こんなもんでしょ
2018.12.02 (日) 曇り

⑨周 10.71㌔ 1:01'43
徐々に
2018.12.09 (日) 晴れ

グリアリ 10.0㌔ 57'
外寒い グリアリでいいや
2018.12.15 (土) 晴れ

9周 10.71㌔ 1:00'56"
5分短縮するには一周30秒 (ヾノ・∀・`)だ

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 02:18'37"
ハーフは無理でしょ
2018.12.24 (月) 赤城おろし吹き荒れても12℃
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR