FC2ブログ

オンマ谷でイワタバコ

2018081820415383c.jpg
イワタバコは、イワタバコ科イワタバコ属に分類される多年草1種。葉がタバコに似るのでこの名がある。また若葉が食用にできることから別名イワヂシャともいう。 ウィキペディアより
201808182041558b0.jpg
08:29オンマ谷駐車場→10:59相馬山→14:00県営グランド駐車場 総行動時間5時間31分 歩行距離6.2㌔
201808182205163c9.jpg
08:29 オンマ谷駐車場より出発
201808182205182c1.jpg
08:33 すぐにオンマ谷風穴
20180818220519373.jpg
風穴に顔を近付けると 気持ち良い風が ふんわりと出ている
毎朝起きたときには30℃を越えて 殺されそうな暑さの毎日だったが 久し振りに今朝は風穴のような涼しい風が吹いていた朝だった
201808182205216ea.jpg
08:29 まゆみの原
20180818220522998.jpg
(キオン)
20180818220524cbf.jpg
08:41 正面の大きな岩にへばりついている イワタバコを観賞中の方々が本日の同行者だ 花の名前のお師匠さん達だ 花が咲いていないのに葉を見てこれが〇〇そしてこれが〇〇 ▪️▪️▪️覚えきれません ひとつ入ると ふたつくらい 出て行ってしまいそうです
2018081822475714a.jpg
イワタバコ 花は終盤でギリギリ間に合った感じらしい

2018081822475827a.jpg
マクロレンズで
20180818224800c16.jpg
小さくてスマホではピントが合わない
ひとりで歩いていたのでは 恐らく気付かないだろう 初めて見る花だ
20180818224801f1a.jpg
(タマガワホトトギス)
20180818224803472.jpg

20180818224804d70.jpg
08:58 オンマ谷 諸説あるらしい
20180819120117028.jpg
09:02 教えてもらうが 身に付かない (シュロソウ)
20180819120119a70.jpg

20180819120120898.jpg

2018081912012251f.jpg
09:33 むし湯跡分岐を過ぎて相馬山登山口へ
201808191201235ea.jpg
09:34 相馬山への登山は禁止されている 相馬山の麓にレンゲショウマの群生地があるのでレンゲショウマ観賞に向かう
20180819120125b79.jpg
09:39 木々の隙間から見える雄岳のアンテナ塔
20180819121200a91.jpg
09:48 閉鎖されている登山道の道標は不明瞭 分岐だがどちらも踏み跡は少ない 文字は見えないが道標は右を向いている
201808191212017fd.jpg
09:56 レンゲショウマ群生地にてレンゲショウマ観賞
20180819121203247.jpg

201808191212044f7.jpg
森の妖精 花あり蕾あり ちょうど良いタイミング
2018081912120681c.jpg
10:02 石碑にて レンゲショウマ観賞を終えて数名は二ツ岳に向かう
201808191223120cb.jpg
10:32 残ったメンバーは そのまま相馬山へ
20180819122313abd.jpg
10:37 木々に囲まれ高度感は無いが閉鎖されてる登山道の鎖あまり信用できない 三点支持で気を付けながら登って行く
20180819142910856.jpg
10:40 山頂手間で雄岳 後方に小野子山かな?
201808191429122a1.jpg
10:59 相馬山 山頂
20180819143427770.jpg
東側の眺望は素晴らしい 関東平野の奥に富士山
201808191434286bc.jpg
少し左を見ると水沢山の奥に赤城山
20180819144333306.jpg
12:00 山頂木陰で昼食休憩後 急坂の鉄梯子で相馬山を下山
20180819144334c61.jpg
12:08 相馬山入口の赤鳥居
20180819144336edc.jpg
鳥居付近のレンゲショウマ
20180819144337ef3.jpg

20180819144339cb4.jpg
まだまだ蕾も沢山
20180819144340511.jpg
12:16 アザミとの違いを教えてもらう 攻撃的なのがアザミ これは攻撃的で無いのでタムラソウ
20180819144342061.jpg
12:18 (ママコナ)
20180819155857739.jpg
12:24 (クサボタン)
201808191558583ab.jpg
12:33 右京のムダ堀へ
201808191559004bb.jpg
12:43 右京のムダ堀を覗き込む「ブロ友のYさん」 本日の山行計画リーダーです
右京のムダ堀 何故下流から掘っていったのか謎のままだ
20180819161217c98.jpg
13:05 ジョーズ岩へと思ったが踏み跡少ない急坂なので見送る
201808191612187b1.jpg
13:16 関東ふれあいの道 松之沢峠分岐より沼ノ原へ
知らぬ間に途中別れた方々と合流して沼ノ原散策開始
2018081923393078f.jpg
13:21 沼ノ原には マツムシソウがいっぱい
201808192339319c6.jpg
13:22 そして第三の目的 ユウスゲ
20180819233933918.jpg
13:26 これはコオニユリ クルマは知っていたがオニなのかコオニなのか先ほど教えてもらう
2018081923393410b.jpg
13:36 レモンイエローに輝くユウスゲ 夕方に花を開き翌日の午前中に萎むそうです
20180819233936692.jpg
しばらくユウスゲ観賞
201808192339378db.jpg
榛名富士とユウスゲ
201808192339396f7.jpg
13:45 榛名富士を見ながら ユウスゲの道を周回
20180820081523c1a.jpg
13:55 知っている と思われ教えてもらえない(ワレモコウ)
20180820081524e1a.jpg
13:57 五回くらい聞いたが忘れてしまった 花びらが下がった状態が満開だそうだ(コウリンカ)
20180820081526f11.jpg
13:59 秋空のような爽やかな一日
201808200835171ef.jpg
13:59 ユウスゲの道周回も終わりに近づきそろそろ見納め
20180820083518b39.jpg
14:00 県営グランド着 お疲れさまでした
デポした車でオンマ谷駐車場へと向かう
20180820083520d00.jpg
14:32 車で移動 10分くらい レークサイドゆうすげ
20180820083521a38.jpg
15:42 榛名湖を眺めながらの入浴で至福のひとときを過ごす

2018年08月18日 (土) 晴れ
スポンサーサイト

レンゲショウマ観賞 浅間隠山

20180811193436b9c.jpg
レンゲショウマは日本特産の1属1種の花。キンポウゲ科、レンゲショウマ属の多年草。 ウィキペディアより
20180811193437021.jpg
09:56登山口→11:09浅間隠山→12:30駐車場 総行動時間2時間34分 歩行距離3.8㌔
201808111934390f8.jpg
09:56 長野原倉渕線 登山口より
20180811200803ed8.jpg
09:57
2018081120080537e.jpg
09:58
20180811200806b2a.jpg
09:58
20180811200808c96.jpg
10:02 木に書かれた道標
20180811200809ac6.jpg
10:07 森の妖精といわれる レンゲショウマ
2018081120081112a.jpg
10分程で群生地
20180811200812310.jpg
しばらくはレンゲショウマ観賞
201808112008140e3.jpg

2018081120081523e.jpg
まだ蕾のほうが沢山ある
群生から離れて なん株か見られたが登山道から見える範囲では小さな群生地だった
20180811201934518.jpg

201808112019362cb.jpg
10:17 レンゲショウマ観賞を終えて浅間隠山へ
20180811201937571.jpg
10:20 そういえば今日は熊谷の花火大会だ
20180811201939b1e.jpg
10:28
20180811201940e64.jpg
11:05 鼻曲山 今日は混んでいるのかなあ?
2018081120331848d.jpg
11:09 浅間隠山 山頂 生憎の天気だが涼しくてちょうど良い
2018081120331906f.jpg
榛名山も隠れている
20180811203321d06.jpg
山頂ではベテランハイカーさんが自慢話をしているので隅っこで 浅間山見ながら 🍙食べて即下山 短時間に同じ事を何回も聞くのは苦手だ(歳よりは過去に拘って同じ事を何回も言う そうならないよう気をつけたい)
20180811203322426.jpg

2018081120332404e.jpg
12:30 駐車場着
20180811205747282.jpg
13:34 相間川温泉 ふれあい館
20180811205749f22.jpg
黄金色の高濃度強塩温泉でゆっくり午後の ひとときを過ごす

2018年08月11日 (土) ほぼ曇り
今日8月11日は山の日だ 大きな山は混んでいると思うし 高速道路は朝から渋滞のニュース 手軽な山で温泉を堪能しに遅いスタート早めの帰宅にて済ます

少し時間に余裕があるので榛名山へと思ったが来週予定しているので我慢

針ノ木雪渓で針ノ木岳

2018080513053187d.jpg
日本三大雪渓のひとつ、針ノ木大雪渓は夏の季節でも吹く風は冷たく、雪渓登攀の醍醐味を充分に楽しむ事が出来る

毎日 毎日 殺人的な暑さの今夏 すこしでも涼しい所へと金曜日の仕事後二時間程度の睡眠で扇沢へ向かう
20180805130532b7d.jpg
04:27扇沢→09:21蓮華岳→11:17針ノ木岳→15:12扇沢 総行動時間10時間45分 歩行距離14.6㌔
20180805135537849.jpg
04:27 準備を終えると明るくなってきたので扇沢第四駐車場をスタート
3:30に扇沢に着いたが 大町市市営無料駐車場(230台)は満車 かなり手前の少スペースも満車の為仕方なく有料駐車場(450台)へ 第四駐車場は九割程埋まっていたが第一から第三は沢山空きスペースあり
20180805135539218.jpg
04:29 扇沢駅で針ノ木岳への登山口を探す
20180805135540ef8.jpg
04:31 駅左側のゲート付近に近づくと「関係者以外の立ち入り禁止」の放送が流れる
20180805135542b0f.jpg
04:33 駅右側まで行って覗き込むが登山口らしきものはない
閑散とした駅構内で待機していた方にお伺いすると左奥にあるらしい もう一度「立ち入り禁止」の放送があるゲートへ
20180805150117a42.jpg
04:37「関係者以外の立ち入り禁止します」の放送が流れるゲート前を通過して左奥にある登山口より入る
20180805150119f88.jpg
04:51 岩岩や車道を何度か横切る
20180805150120736.jpg
04:59 針ノ木自然遊歩道に入る
20180805150121974.jpg
05:09 木々の隙間から見える雪渓 針ノ木雪渓なのかは不明
20180805150122877.jpg
05:12 遊歩道の植物
2018080515012400a.jpg

20180805150125f42.jpg
05:22 ブナ林でも日本海側と太平洋側では環境が違うらしい
20180805150127b50.jpg
05:29 大量に湧き出ている冷たい湧水で一息
20180805150128c10.jpg
05:44 大沢小屋 玄関にはレンタル アイゼンがある
20180805155242da1.jpg
06:04 前方に見えてきた針ノ木雪渓
2018080515524414d.jpg

20180805155245a7f.jpg

20180805155246693.jpg

20180805155248288.jpg
06:16 雪渓取りつきで準備中の方々
201808051552495c1.jpg
06:18 軽アイゼン装着
20180805155251bd6.jpg
06:23 赤い粉が撒かれた上を登って行く
20180805155252cd0.jpg
06:24
201808051552548be.jpg
06:27 雪渓を吹き抜ける風が冷たくて気持ちいい
20180805155255294.jpg
06:49 振り返って針ノ木雪渓
20180805160308ff8.jpg
07:03 まだ雪渓は続くがこれより上部は危険らしいので夏道に上がる
20180805160309cc6.jpg
07:12 雪渓脇のお花畑
2018080523135046c.jpg
07:31 針ノ木岳
201808052313525ad.jpg
07:58 チングルマの綿毛
201808052313530f3.jpg
08:00 針ノ木峠着
20180805231355e68.jpg
08:02 針ノ木小屋
2018080523255874d.jpg
08:03 針ノ木小屋前からの絶景 奥の槍ヶ岳が目を引く 小屋の部屋から見える景色だ
20180805233139bdf.jpg
08:23 針ノ木岳
20180805233141814.jpg
08:44 時間に少し余裕があるので蓮華岳に向かう 蓮華岳手前のコマクサ群生地 まだまだたくさん咲いている
20180805233142da7.jpg
08:44 コマクサの奥に劔岳
20180805233144276.jpg
08:56 奥に小さく槍ヶ岳
201808061018468e5.jpg
08:58
20180806101847d17.jpg
08:59 綿毛と蓮華岳
20180806101849f5b.jpg
09:08
20180806101850633.jpg
09:17
20180806102227cb6.jpg
09:19 若一王子神社奥宮 後方に立山
2018080610222878d.jpg
09:21 蓮華岳 山頂
20180806102950a05.jpg
山頂から360度の大パノラマ 鹿島槍ヶ岳から白馬三山
201808061029514f6.jpg
奥に槍ヶ岳 手前に三週間前に登った烏帽子岳が小さく見える
20180806103707abd.jpg
10:03 蓮華岳を下りてもう一度針ノ木小屋へ よくこんなところに建てたなぁと感心
20180806103708e8f.jpg
10:33 針ノ木小屋の裏から針ノ木岳へ向かう
201808061106480e7.jpg
11:17 針ノ木岳 山頂 烏帽子岳への登山口のある高瀬ダムが見える
2018080612120034e.jpg
山頂からの展望 後方に白馬三山
201808061221033e0.jpg
立山と黒部湖
20180806122104631.jpg
劔岳
20180806122105b4c.jpg
12:11 寝不足の為昼寝をしたい気分だが 一時間ほどゆっくり景色を堪能したので 下山開始
20180806122107bb7.jpg
12:41 針ノ木小屋に荷降ろしホバリング中のヘリ
2018080612210881f.jpg
12:41 あっという間に荷降ろし完了
20180806123020726.jpg
12:44 針ノ木峠のテント場 一度も経験した事のないテント泊 憧れている (山小屋泊経験も無し)
20180806123021a20.jpg
12:48 残り少ない 咲いているチングルマ
201808061230225ba.jpg
イワカガミ
20180806123024de3.jpg
12:49
2018080612302594d.jpg
13:30 雪渓を快適に下山 シャーベット状の雪渓は下山しやすかった
20180806124533dfa.jpg
13:48 雪渓の終わり アイゼンと顔を沢の雪融け水で洗ってさっぱり 五秒程手を浸けていると冷たさで痺れるほど冷たい
201808061245345f2.jpg
15:10 以外と静かな扇沢駅
201808061245355ad.jpg
15:12 第四駐車場着 24時間以内1000円を支払ってから スマホで天然温泉を探して向かう
第一 第二は12時間以内1000円だった 第四で12時間以内なので500円なら良いが そういう訳にもいかない
20180806124536cde.jpg
15:56 心笑館で汗を流してから帰宅 露天風呂は気持ち良かったがアブが少し五月蝿かった

2018年08月04日 (土) 晴れ
針ノ木雪渓から針ノ木岳ピストンを予定していたが 針ノ木峠で8時ちょうどなので針ノ木岳ピストンでは少し早いので急遽蓮華岳も追加 最近CTを確認しないので登る事が多くなった
連日の暑さと寝不足の為か登りは少し苦労した

2018年08月

20180826174433f4e.jpg
殺されそうだ 今年の暑い夏

⑨周 10.7㌔ 1:18'43"
還暦過ぎるとハーフの人口が減るのが分かる(実感)
2018.08.12 (日) 曇り 毎日殺人的な暑さが続く

⑩周 11.9㌔ 1:22'40" 56.3 11.5
走らなくても体重増えない
2018.08.14 (火) 暑いので涼しくなってから

7.0㌔位 1:00'ちょうど
歩いていても汗だく 暑くて走りきれない
2018.08.15 (水) ほぼ曇り 36℃位
ハーフか10㌔ 悩み中

8㌔位 1:00ちょうど
とりあえず仕事前に一汗かいておこう
2018.05.19 (日) 晴れ

10.0㌔ 1:00' グリアリ
昨年より1割ダウン 追い込めない
2018.08.25 (日) 外は36℃ 暑くて走れない

12.0㌔位 1:40'
ゆっくりでも走っていられない暑さとの戦い
2018.08.26 (日) 晴れ 36℃?

10.3㌔ 1:03'57" 56.8 12.5
汗いっぱい出して健康維持感覚
2018.08.28 (火) 夜 曇り空
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR