FC2ブログ

ポンポン山

20171126155543cfc.jpg
埼玉県比企郡吉見町田甲の高負彦根神社(たかおひこねじんじゃ)の境内裏にあります。見晴らしのよい岩山です。この岩山の中腹で足を踏み鳴らすと、『ポンポン』とよい音がする事から、ポンポン山と呼ばれています。
201711261555455fd.jpg
ポンポン山全景 歩行距離200㍍弱 所要時間15分位
20171126155546d20.jpg
少し離れて 正面から
20171126155548f1b.jpg
13:20 登山口ってやつですか 標識通りに入って行きます
20171126155550139.jpg
登山道らしき道
2017112615555115d.jpg
13:23 3分で関東平野を望見できる絶景ポイント着 ここが山頂です
20171126163014dad.jpg
山頂に何故か?見ざる🙈聞かざる🙉言わざる🙊の石碑
201711261630168bc.jpg
13:27 高負彦根神社(ポンポン山)
脇から入って来たので正面からもう一度入ります
20171126163017a6b.jpg
本堂
2017112616301894f.jpg
ポンポン山由来
20171126163020f78.jpg
ここがポンポン鳴る所 ポンポンと跳ねてみますがペタンペタンと音が聞こえます
201711261651391b1.jpg
途中の紅葉観賞しながら下山
20171126165140dbe.jpg
いいとこどりすれば 紅葉もそれなりに綺麗です
201711261651374d3.jpg
13:35 絶景ポイントの下側に回り込むと柿の木の生えている崖は絶壁です
此処 ポンポン山の下 現在地は吉見町大字山ノ下になります 冒頭の写真を拡大すると地名が分かります。

2017年11月26日 (日) 晴れ 11月26日 1126だけど温泉入りません
ポンポン山って山が付くので山登ったりの分類にしました、以前の分県登山ガイドに紹介されていましたが 新分県登山ガイドには紹介されていません

拍手👏いただけると励みになります。
スポンサーサイト

赤城の秘境、大猿川周回尾根

20171125192736d19.jpg
赤城の秘境、銚子の伽藍を巡る周回尾根。大猿川周回尾根は不動大滝の東側にあり、大猿川を囲むつつじが峰、横引き尾根、小峰の総称である。最高峰である茶の木畑峠はササ原の平坦地で、旧新里村最北端の標識がある。(ヤマケイオンラインより)
201711251927390ca.jpg
10:06大猿公園駐車場→12:10銚子の伽藍→12:47おとぎの森→13:07茶の木畑峠→14:12駐車場
20171125215418c8b.jpg
10:06 澳比古(おくひこ)神社の赤い鳥居をくぐりスタート 冬型の気圧配置 関東地方は晴れ 青空が広がってます
先週の日曜日 黒檜山の霧氷が山レコでアップされていたので黒檜山をと思って赤城山へ向かったが赤城山は真っ黒でした 霧氷は期待できないので 11月下旬まで紅葉が楽しめる 大猿川周回尾根を登ってみる事にしました
20171125215420bf0.jpg
10:06 鳥居下に美味しそうな水が出ています
登り始めに二組 下山後に二組 ポリタンクなどに水を入れ持ち帰っていました。小心者 ○○の名水などと表示が無いので飲んでません
20171125222608d61.jpg
10:09 おおさる山の家 前橋市林間研修施設を通過 お休みのようです
20171125222609487.jpg
10:11 林道から笹が茂る西登山口を左手に入って行きます
2017112522261169d.jpg
10:21 分県登山ガイドで紅葉の見頃は11月下旬までとなっていますが 完全に落葉しています
20171125222612f4b.jpg
10:23 石碑みたいな石があるが文字は見えず標識も無いので不明
20171125222613e9b.jpg
10:30 あずま山歩の会の道標が沢山あるので迷う心配無し
20171125222615ae9.jpg
10:42 杉の木に巻かれた青テープは鹿食害防止?
20171125224852ed7.jpg
10:53 つつじが峰 歩行中です 春にはアカヤシオ、シロヤシオ、ツツジが楽しめる尾根みたいです
2017112522485396c.jpg
11:18 見上げると少し雲が出てきました
20171125224854675.jpg
11:22 右手に筑波山を確認
20171125224856a17.jpg
11:30 岩に詩が刻まれてます
20171125224857b5e.jpg
11:31 後ろにくると標識あり さねすり岩です
20171125224859515.jpg
11:39 横引き尾根分岐 行き止まりに行きます
20171125224900a39.jpg
11:42 右手に電波塔群の地蔵岳
20171125224901327.jpg
11:52 行き止まりは 富士山や
20171125224903635.jpg
関東平野が見渡せる 銚子の伽藍 東展望台でした
20171125232548076.jpg
11:57 分岐まで戻って銚子の伽藍へ
20171125232549352.jpg
12:01 電気配線でできたロープを使って下がって行きます
20171125232551b3c.jpg
12:07 銚子の伽藍
20171125232552b19.jpg
小沼から流れる沢が岩壁を削ってできた銚子の伽藍
20171125232554d48.jpg
上部より覗き込むと吸い込まれそうな銚子の伽藍
2017112523365950a.jpg
12:21 銚子の伽藍見物を終えてルート不明瞭なおとぎの森へ向かっていると思ったが間違えてます
201711252337014e2.jpg
12:29 沢まで戻ると先日の雪が少しだけ残ってます
20171125233702451.jpg
12:31 沢沿いをピンクテープ頼りに登っていきます
20171125233703f95.jpg
小さな支流の氷柱
20171125233705b54.jpg
12:35 只今 コースアウト中
ルート不明瞭な登山道が見つからず無理矢理おとぎの森目掛けて笹の中登っていきます
20171125233706562.jpg
12:47 おとぎの森着 15分程登山道から外れました
以前小沼から訪問した事があるので安心します、地図をみるともう少し先に不明瞭な登山道はあったようです
20171125235720cfb.jpg
12:49 おとぎの森からは静かなダケカンバ林の登山道201711261527053f2.jpg
13:02 茶の木畑峠分岐
2017112615270734d.jpg
分岐を直進すると林の向こうに袈裟丸山方面?
分岐まで戻って茶の木畑峠へ
2017112615270836d.jpg
13:07 茶の木畑峠 初めての登山者に会います 伊勢崎市からお越しで4日程前に荒山は4~5㌢の積雪が有ったようです
20171126152709575.jpg
13:23 追分
20171126152711b3d.jpg
13:29 岳人岩
20171126152713343.jpg
絶妙なバランスで立ってます
20171126152714b48.jpg
13:38 雨宿り 出来そうにもない 雨宿り石
201711262357564fc.jpg
14:00 まっすぐ伸びた緑の葉の若い木が見事に倒れています。まるで若者が挫折したかのように折れてます
当社にも若者が3人入社しました、挫折しないよう見守っていきたいと思います。
20171126235758e46.jpg
14:09 大猿登山口着
20171126235759741.jpg
14:10 メガネ橋のある親水公園着 大猿公園駐車場はすぐです
20171126235800c3b.jpg
14:41 下山中 乙女の滝見物できるかな?と分岐を探していたが道標が無く滝えは下りられませんでした、駐車場に戻ってから車で向かうが車両通行止めの為諦めました
それでは不動大滝へと思い前不動駐車場へ
徒歩で40分しかも不動大滝へは工事の為通行止です、素直に帰ります。
201711262358023df.jpg
15:20 前橋市みやぎふれあいの郷にて汗を流してから帰宅(天然温泉じゃ無いのが残念です)

2017年11月25日 (土) 晴れ

城峯山と冬桜咲く城峯公園

20171118205752ab7.jpg
城峯山(じょうみねさん)は、埼玉県秩父市、秩父郡皆野町と児玉郡神川町の境界にある標高1,037.7mの山である。しばしば「城峰山」とも書かれるが、国土地理院発行の地形図では城峯山と表記されている。Wikipediaより
20171118205754db1.jpg
13:24城峯山キャンプ場→13:40将門隠れ岩→14:03城峯山→14:31城峯山キャンプ場 総行動時間1時間07分 歩行距離2.2㌔
20171118205755f73.jpg
13:24 城峯山キャンプ場駐車場スタート
今週の土曜日も雨予報 自然に目が覚めるまでゆっくり寝ます、起きるとちょっと明るい曇り空
城峯山なら冬桜が見れるかな?と思い急遽城峯山に向かったので 遅いスタートになりました
201711182201237ec.jpg
13:25 キャンプ場内通過 営業はしてない様子
20171118220125a10.jpg
13:29 キャンプ場上部より 奥秩父の山並と 城塞のような両神山が目に飛び込んできます
20171118220126716.jpg
13:30 城峰神社 ここは峰の字です
201711182201286f4.jpg
13:32 迫力のある狛犬です
2017111822012979a.jpg
13:33 将門の隠れ岩(伝説)へ
20171118220131bc8.jpg
13:35 警告⚠️ 分県登山ガイドでは鎖場の難易度は妙義山並みに高いので注意となっています。
20171118220132a39.jpg
13:35 行ってみないことには分かりません、とりあえず行ってみます
201711182201341cd.jpg
13:36 鎖場スタート 慎重に登っていきます
鎖を2段登った所で脇道にそれてしまい鎖が無くなって岩と木の根を掴みながら這い上がっていくと更に難易度アップの山登りになってしまいます
鎖が有れば安心だけどいつ抜けるかも知れない木の根と崩れそうな岩では安心できません
20171118220135e9c.jpg
13:40 無理矢理這い上がって石祠のある岩峰に到着 山頂からは綺麗な両神山が見えます
将門の隠れ岩 容易く見つかりません
20171119002638dfc.jpg
13:46 電波塔のある城峯山
20171119002640c9e.jpg
13:51 登山道へ戻って城峯山へ
20171119002641171.jpg
13:52 城峯神社中宮 日本武尊が祀られているそうです
201711190026436d3.jpg
13:54 紅葉 終盤です
20171119002644536.jpg
13:57 落葉した登山道
20171119002646242.jpg
13:58 ここも関東ふれあいの道です
20171119002647469.jpg

20171119002649991.jpg
14:02 ちょっと濃い赤です
201711190026504a6.jpg
14:03 城峯山 山頂
20171119114827eda.jpg
14:04 県内の山をほぼ全域見渡せる電波塔
20171119114829332.jpg
14:08 電波塔に登ると 360度展望台になっています
20171119114830b98.jpg
ぐるっと一周パノラマ図解付き
2017111911483175e.jpg
秩父の山並と中央にスタートしたキャンプ場
20171119114833f5a.jpg
奥には雪の八ヶ岳
20171119114834f41.jpg
14:13 電波塔中央に設置された山座同定板 しばらく展望を満喫します
20171119114836fc4.jpg
14:19 冬桜の場所へ 虎ロープを掴みながら下山
20171119114838f1d.jpg
14:23 地図ではこの辺に冬桜が有るはず?
201711191148397ed.jpg
無い?しばらく気をつけながら見たけどありません
20171119121206acd.jpg
14:31 城峯キャンプ場着 有るのはソメイヨシノらしき木だけでまだ蕾もありません
冬桜見れたら皆野側へ降りて秩父華厳の滝見物
見れなかった時は神川側に降りて冬桜見物予定していたので神川側へ降ります
20171119121207c7c.jpg
15:23 車で移動する事30分位 城峯公園着
今年度は管理費に目処がたったので駐車場無料
2017111912120931c.jpg
冬に桜の花見
20171119121210a3b.jpg

20171119121211559.jpg

20171119121213a73.jpg

20171119121214a3d.jpg
15:37 城峯公園より 中央の小さな電波塔が見えるのが城峯山
20171119121216e55.jpg
白とピンク 二種類あるみたいです
20171119162926784.jpg
15:39 紅葉と桜の花のコラボ
2017111916292785c.jpg

20171119162928149.jpg
15:51 冬桜(十月桜)というそうです
2017111916293078a.jpg
15:55 城峯公園展望台より神流湖 灰色がかっています
201711191629310d3.jpg
15:59 神川の冬桜でした
20171119162933a39.jpg
16:35 汗かいてないけど山登り後の温泉入ります
神川町の おふろカフェ 白寿の湯にて ゆっくり温まってから帰ります。

2017年11月18日 (土) 曇り

高田山の紅葉は終盤でした

20171111204657868.jpg
高田山(たかだやま)
 中之条町の西北部、名湯・四万温泉と沢渡温泉の中間に位置する高田山は、全コースを通し静寂な山道を歩くことができ、登るほどに味が出てきます。
 途中の石尊山(せきそんさん)は、5月5日の山開きには地元の人々が必ず登るという信仰の山です。四万湖・高田山・嵩山・十二ヶ岳・榛名山を手に取るような、360度の素晴らしい展望です。
 石尊山から登り降りを繰り返すと、いよいよ高田山の山頂です。山頂はかなり広く、石尊山と同様に見事な眺めです。中之条町観光協会より
20171111205801af7.jpg
09:53駒岩公民館→11:13石尊山→11:41高田山→13:13駒岩公民館 総行動時間3時間20分 歩行距離5.5㌔ (CT4時間25分)
山と高原地図 範囲外 で久々に山旅ロガー使用したら記録できなかった ので グーグルの地図
20171111215607997.jpg
09:53 駒岩公民館よりスタート 先行者3台です 登山者に駐車場が開放されています、親切ですね!
201711112156099d0.jpg
09:54 岡田石材店下の登山道入口
2017111121561087d.jpg
09:55 ポストの上に岡田石材店の猫が日向ぼっこしながら お出迎えです
2017111121561141b.jpg
09:57 石材店の角に登山者記載所があります
石材店のおばちゃんが
おはようございます!
良い天気ですね おはようございます!
石尊山 登山ですか?
はい、高田山まで
記載帳に記載してから気をつけて行って来て下さいね🎵
はい、ありがとうございます ところで登山道って何処ですか?
あそこに見える柿の木の手前を道標通りに右に曲がって杉林へ向かって行くと鉄板の橋があるからそれを渡って道標通りに行けば大丈夫ですよ
今日あたりは杉林を過ぎると紅葉が綺麗ですよ 昨日は団体さんなど沢山の方が登ってられましたよ 山頂付近は細い尾根で事故が時々あるので気をつけて下さいね

気さくなおばちゃんに色々アドバイスを貰ってからのスタートです

あ‼山ヒル用に食塩水が置いて有るけど寒くなってきたので 大丈夫だから安心してね との事です 201711112242073fe.jpg
09:59 青空と真っ赤な もみじ いい感じです
週始めの予報では水 土が雨でした 金曜日の午後くらいから前線の通過が早まって土曜日は晴れ予報になったので紅葉時期の高田山に訪問できました
20171111224209da4.jpg
10:00 柿の木の手前を道標通りに
20171111224210685.jpg
10:01 有りましたよ 鉄板の橋 これを渡って行きます
20171111224211323.jpg
10:03 振り返って里山 紅葉中の山も遠くから見ると茶だけなんですよね、本当はもうちょっと綺麗なんですが、スマホです こんなもんです
20171111224213512.jpg
10:10 杉林を通過
20171111224214005.jpg
10:22 必ずお辞儀をしてしまう鳥居をお辞儀しながらくぐって 何故?必ずなのか通れば分かります
20171111224216904.jpg
10:23 高田山まで2㌔
201711112242172b9.jpg
10:23 小心者 出ないと聞くと安心です
201711112304243a7.jpg
10:24 杉林 竹林を過ぎるとそろそろです
20171111230426f8c.jpg
10:25
2017111123042769e.jpg
10:28
20171111230429d2b.jpg
10:32 紅葉ゾーンに突入
20171111230430d00.jpg
10:34 ずっと空を見上げっぱなし
2017111123043229d.jpg
10:40 木々の向こうに榛名山
201711112304339cc.jpg
10:45
201711112304357b8.jpg
10:46
20171111231716487.jpg
10:46 紅葉は青空と もみじ が最高です
20171111231718140.jpg
10:47
201711112317195ec.jpg
10:48 獅子井戸は渇水してます
201711112317216ae.jpg
10:53 中間点の獅子井戸を過ぎると紅葉ゾーンは終了 落葉で登山道が埋まってます
201711112317228c5.jpg
11:06 落葉した尾根登り
20171111231724087.jpg
11:13 石尊山 北側 三国連山は雲の中
20171112164209870.jpg
11:14 石尊山 山頂より十二ガ岳 後方に子持山その後方に赤城山
201711121642103b8.jpg
榛名山
20171112164212935.jpg
中央に登山口の駒岩
20171112164213413.jpg
山頂 祠
20171112164215d40.jpg
11:19 展望を楽しんだのち やせ尾根を高田山へ
201711121642166e3.jpg
11:23 高田山 山頂かな?
20171112164218295.jpg
11:28 やせ尾根の急坂の登降を数回繰り返しながら
201711121642192dd.jpg
11:41 誰もいない 高田山 山頂
20171112164221c9f.jpg
山頂からの榛名山
20171112164222791.jpg
三国連山から雲が押し寄せてます
20171112171053ca6.jpg
12:09 休憩中 虹が出て来ました 雲行きが怪しくなってきたので下山開始
20171112170356d2d.jpg
12:16 北側 四万温泉方面にかかる虹
2017111217035784e.jpg
12:27 南側の榛名山
201711121703585b5.jpg
12:32 浅間隠山と雲に隠された浅間山
20171112170400a44.jpg
12:32 石尊山に戻って 後方に虹
2017111217040247e.jpg
12:46 紅葉観賞しながら下山
20171112170403029.jpg

20171112170405d36.jpg

2017111217040633e.jpg
13:12 岡田石材店で無事下山完了
20171112170408cfa.jpg
13:12 初めてだと分かりにくい登山口、スロープ上がって石材店の作業場前を通って行きます
20171112233459cd9.jpg
13:13 駒岩公民館着 最後尾スタートで しんがり着です 3組5名の方とスライドしただけの静かな高田山でした

温泉には少し早いような、もうひとつの山登るのは遅い 中途半端な時間です
近くに四万温泉があるので 甌穴見物してからゆっくり温泉に入る事にします
ガイドブック参照 四万温泉には無料の公衆浴場が四ヶ所 でも駐車場が無いんですよね、それと閉店時間が15:00と早いんです
ありましたよ 21:00閉店 駐車場無し 温泉街だから駐車場はなんとかなるでしょう、さっそく向かいます
近くまで行っても不明なので 山口露天風呂ってどの辺ですか?
現在営業していませんよ!との事でした 残念です
一番奥の御夢想ノ湯に駐車場があります 決まりです御夢想ノ湯に急いで向かいます
20171113125527fce.jpg
14:02 手前に日向見薬師の足湯 奥の建物が御夢想ノ湯です
20171113125529423.jpg
御夢想ノ湯 建物の両脇に大きな駐車場があります
20171113125658a8a.jpg
無料なので営業時間じゃなくて 開放時間なんですね 9時から15時です
20171113125659518.jpg
黒御影石の浴槽に無色透明の湯が注ぎ込まれています、窓の外は紅葉中 沢の音を聞きながら至福の ひとときです
20171113182435e65.jpg
14:44 ♨️入浴後 重要文化財 日向薬師堂でお参り
201711131824379b2.jpg
15:07 四万の甌穴郡 見物
20171113182438a6d.jpg
15:09 沢まで降りて
20171113182440ec2.jpg
15:11 覗き込んでも 何も見えません
ダム放流の為 甌穴は沢の中だそうです、又の機会と言うことで帰ります。

2017年11月11日 (土) 晴れ

表妙義自然探勝路(中間道)

20171103223356e9a.jpg
おもてみょうぎ
妙義山は群馬を代表する上毛三山の一つに数えられ、大分県の耶馬渓・香川県の寒霞渓と並び日本三大奇景の一つともされています。表妙義は白雲山、金洞山、金鶏山の三峰からなり、山容は非常に険しく、少しでも気を抜くと大変危険です。石門群、大砲岩等、どれもユニークな奇岩怪石が林立しています。春は桜、秋は紅葉の名所としても多くの人が訪れます。また、日本百景にも選定されています。(日本山岳会 群馬支部より)
20171103223358204.jpg
09:18県立妙義公園駐車場→10:08第四石門広場→12:19第二見晴→12:31妙義神社→14:53県立妙義公園駐車場 総行動時間5時間35分 (CT4時間15分) 歩行距離11.5㌔
201711032334378a5.jpg
09:18 中之嶽第一駐車場より金洞山を見上げながら 久しぶりの秋晴の山登り 気持ち良くスタートです
2017110323343932a.jpg
09:19 中之嶽神社境内から轟岩へ
2017110323344023e.jpg
09:21 武尊大権現へウォーミングアップには少しきつい急勾配の石段を登っていきます
20171103233442c9e.jpg
09:24 3分程で急勾配石段を登り終え道標にしたがって轟岩へ
20171103233443947.jpg
09:40 以前轟岩へ登った時は右回りに回り込んで裏側から登ったが今回何故か登山道が不明の為轟岩はパスです 分岐まで戻って関東ふれあいの道を第四石門広場へ
2017110418011635c.jpg
09:57 見晴台着 大砲岩や周囲の奇観を見下ろす
20171104180117d59.jpg
快晴の金剛山
20171104180119143.jpg
妙義山 紅葉中
201711041801209bb.jpg
10:08 第四石門広場 第四石門越しに大砲岩
20171104180121a1e.jpg
紅葉中
20171104180123268.jpg
10:17 大砲岩へちょっと寄ってみます
2017110418012437b.jpg
10:21 鎖場は交互通行の為渋滞中
20171104180126027.jpg
10:27 大砲岩へ乗る人達
20171104180127083.jpg
金剛山 紅葉中 赤が少ないのが少し残念
20171104195249e54.jpg
10:29 白雲山
20171104195250b7f.jpg
10:32 大砲岩からの帰りの鎖場
20171104195252ea1.jpg
10:49 青空に赤が映えてます
2017110419525325a.jpg
10:55 紅葉中の中間道
20171104195255d12.jpg
10:57 岩庇下を抜ける
2017110419525616d.jpg
11:00 長い鉄階段を降下 巾が狭い為交差待ち
20171104195258ed0.jpg
鉄階段は赤と緑のトンネルの中
20171104195259550.jpg
11:55 本読みの僧
20171104210901ef6.jpg
12:08 タルワキ沢分岐にて第二見晴手前で落石の為通行止めのロープと注意書があります

今年の5月20日 表妙義山縦走 の時に中間道は東屋の先で落石の為通行不可と聞いていたので妙義紅葉ラインを歩いて帰ります
そろそろ復旧されているのではと半信半疑で来ましたが まだ通行止でした 途中交差する方に情報を聞いても通行止めでしたっと 戻られる方ばかりです
とりあえず崩壊地がどんなものか確認してみます
2017110421090215d.jpg
12:12 分岐の通行止めロープを乗越 少し進むと又通行止め看板がありました ここまできたらもう崩壊箇所を見ない訳にはいきません ここでもロープをくぐり抜け進んで行きます
20171104210904ed0.jpg
12:13 崩壊、落石地点 見る限りでは登山者の踏み跡が多数あり登山道が出来上がってます
正面の岩がずり落ちてきたらを考えると…宝くじに当たらないんだから大きな岩にも当たらないでしょう。問題無さそうなので自己責任で通過します
201711042109058b7.jpg
12:15 2分程で第二見晴分岐
201711042150411c6.jpg
12:16 第二見晴へ
20171104215042681.jpg
12:29 第二見晴にて セブンイレブンのおにぎりで金剛山見ながら お昼
2017110421504345f.jpg
13:00 大黒の滝
20171104215045fe8.jpg
13:09 第一見晴からの上信越道と妙義ふれあいプラザもみじの湯 関東平野が広がってます
201711042150478b2.jpg
13:11 大の字分岐 同行者が疲れたようなので大の字はパスします
201711042150485dd.jpg
13:21 妙義神社本殿 無事下山できたのでお参りします
201711042150492b1.jpg
13:30 妙義山歩道は初心者から上級者まで楽しめる沢山のコースがあります
201711042205030b5.jpg
13:32 妙義神社にて ふるさと祭 開催中 甘酒飲みながらちょっと見学
20171104220505a01.jpg
13:58 県道196号妙義紅葉ラインを歩いて通過
20171104220507839.jpg
14:06 金鶏山をショートカットするため金鶏橋手前で登山道へ
20171104220508901.jpg
14:06 そろそろ冬眠準備かな?
201711042205095ad.jpg
14:14 大人場分岐
2017110422051159d.jpg
14:40 一本杉(七曲峠) 杉の木が沢山あります 何故?一本杉なのでしょう 不明です
20171104222555457.jpg
14:47 名勝 石門群登山道入口前通過
20171104222557c64.jpg
14:53 県立妙義公園駐車場着 駐車場にはまだ沢山の車が駐車されてます
20171104222558313.jpg
15:35 磯部温泉 恵の湯の割引券をいただいたので迷わず恵の湯へ直行です。ゆっくり汗を流してから今日も下道で帰ります
紅葉シーズン三連休初日 高速も下道も混んでいる事でしょう NACK5聞きながらゆっくり帰ります

2017年11月03日 (金)㊗️ 秋晴

2017年11月

201711112304339cc.jpg
里も紅葉シーズンです
⑩周 11.9㌔ 1:10´33"
ハーフの予定で走り始めたが10㌔で雨 空も10㌔にしろと言ってるようです
2017.11.04 (土) 曇りのち雨

⑨周 10.71㌔ 59´56"
走り始めるまでが大変です
なかなかモチベーションがあがりません
2017.11.05 (日) 晴れ

10.3㌔ 59´30"
迷わず長袖 長タイツ 昔はね5℃までなら半袖短パンだったのでタイムも落ちてくるわけだ。
2017.11.09 (木) 夜 晴れ 57.5 13.4 13℃体感温度11℃

⑨周 10.71㌔ 1:01´58"
1周30秒 短縮 を考えると
楽しんで走れなくなってしまいます
201.11.12 (日) 晴れ

9周 10.71㌔ 1:01´24" 進歩無し
2017.11.19 (日) 晴れ
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR