FC2ブログ

西穂高岳

201608271224246b2.jpg
西穂高岳は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる標高2,909 mの飛騨山脈南部の山である。山域は中部山岳国立公園に指定され、花の百名山に選定されている。 ウィキペディアより
201608271224264c1.jpg
07:05鍋平公園無料駐車場→08:28西穂高口→11:31西穂高岳→14:46西穂高口→15:45駐車場 総行動時間8時間40分 (西穂高口からのコースタイム7時間40分、歩行時間6時間18分休憩含む)

台風10号の影響で天候不順な大平洋側、日本海側ならと天気予報を確認すると金曜日は晴れ予報の飛騨高山

2012年の夏 山登りを始めた頃テントを担いで北アルプスデビューした西穂高岳
大雨の為 西穂独標で撤退 そして大雨の中テント張る自信が無いので西穂山荘泊も検討したが明日の天候の回復も望めない為勇気ある撤退をした西穂高岳なら下調べ無しでも大丈夫だろうと急遽決定した木曜日の夜

未だにテント泊も山小屋泊も出来ないまま日帰り強行がメインになっています

今日は会社に出ても戦力に影響は無いので朝起きれなかった事にします。ごめんなさいm(__)m だってぐずぐずしてたら2016夏山シーズン終了です
2016082715104044c.jpg
07:05 鍋平公園無料駐車場
深山荘駐車場に隣接した新穂高温泉登山者用駐車場(無料)150台のスペースは朝の6時に着いても満車の為入れませんでした。係員さんが鍋平高原なら空いていると思いますとの事で鍋平へ
5~6段位の広い駐車場でまだ7割位の空きがあります、ロープウェイ駅まで少し歩きますが鍋平高原駅周辺の駐車状況がわからないので此処で良しとします。なんつたって無料が魅力です
2016082715104213e.jpg
ススキの穂が秋を感じさせる歩道を鍋平高原駅に向かっていきます
20160827151043d4c.jpg
07:10 道路脇には源泉掛け流しの温泉が側溝に流されている、手を浸けたら熱いので驚きです
2016082715104460f.jpg
07:51 きっぷうりばにて乗車券購入
中央の計りでザックの重力確認 6㌔を超えると別途荷物券購入 計りに載せると6.5㌔でしたが はい良いですよっとロープウェイ往復2800円で済みました 
駐車料金もここで自己申告して一緒に支払います

07:20頃しらかば平駅に到着しましたが始発は08:15でした 一時間弱ロープウェイ待ちになります、久々に高速道路を使って一時間短縮してきたのに ここで一時間ロスします下調べ不足でした、お盆休みだけ一時間位早まるみたいです
201608271510461bd.jpg
08:12 15分発の始発のロープウェイに乗ることが出来ました
上に50人下に70人乗車できる二階建てのロープウェイです、乗車定員は121名でした
201608272031120e0.jpg
08:17 鍋平高原駐車場は空きスペースいっぱい
20160827203114b66.jpg
08:20 すれ違う二階建てロープウェイ
先の支柱を超えると気持ち悪い揺れがあります、ロープウェイで一気に雲の上まで行ければ良いのですが
201608272031153fc.jpg
08:27 西穂高口 展望デッキはまずまずの天候です
20160827203117c8c.jpg
08:27 正面の笠ヶ岳山頂は雲の中
20160827203118acc.jpg
標高2156㍍の展望デッキに山びこポスト
右側に西穂高岳があるのですが笠ヶ岳同様山頂は雲の中ですが雲が取れるのを期待します
20160827204758c01.jpg
08:33 千石平園地を通過して登山口へ
201608272048004cd.jpg
09:21 りっぱな建物の西穂山荘
北アルプスで唯一通年営業している山荘です
201608272048014fa.jpg
09:23 前回テント泊出来なかった幕場
2016082722000276b.jpg
09:24 西穂山荘で小休止してから西穂高岳へ
20160827220004912.jpg
09:38 西穂 丸山
20160827220005cb1.jpg
09:58 すぐ雲に隠れてしまうピーク
20160827220007ded.jpg
10:09 下には上高地 梓川と大正池も見えます
20160827220008336.jpg
10:15 岩場が多くなってペイント →の指示に従って進みます
20160827221231aaf.jpg
10:16 ペイント通りに順路を間違わなければスムーズに登れます
20160827221233511.jpg
10:21 西穂高岳 独標 
家族連れや山なれしていない人は独標で引き返す事を勧められています
最終地点になるかもしれないので証拠写真
20160827221234693.jpg
西穂高岳に行く登山道
降りている人がいれば傾斜が分かるのですが岩場だけなので少し分かりづらい
前回途中まで降りて先に進むペイントが見えない程の視界不良の為撤退した場所だと思います
20160827221236e5f.jpg
10峰からの独標
20160827221237b17.jpg
少しアップで独標
20160827222635c13.jpg
独標が11峰で西穂高岳までカウントダウンしていきます
201608272226375da.jpg
10:30 それぞれのピークをこんな感じで降りたり登ったり たまには脇を通過したピークもあったようです
ごめんなさい勝手に被写体にさせて頂きました
2016082722263890e.jpg
10:31 岩場は落石を避ける為に間隔を開けたり、下山者と譲り合ったりしながら登っていきます
中央部分にいるご夫婦が降りるのを休憩がてら待っています

このご夫婦と帰りのロープウェイで一緒になりました、昨日の朝も深山荘手前の駐車場へ入れなくて私と同じ駐車場に駐車したそうです、西穂山荘泊で5時に起きて西穂高岳に登られたそうです
岩場の下山中待っててくださった方ですよね、早いですねと ロープウェイ内で声をかけてもらいました
その時私は年配の女性でも西穂高岳まで行けるのだと勇気を頂いた次第です
201608272226397a8.jpg
10:37 ひとつひとつのピークを越えて
20160827222641f05.jpg
10:48 ピラミッドピークに到着
20160827225024144.jpg
10:48 右側にはずっと上高地 梓川
20160827225025b47.jpg
10:55 岩場は沢山有るが鎖は極端に少ない
落雷防止の為だそうです
この鎖は登り易くする鎖じゃ無く岩が崩れ落ちないように張ってある鎖に感じます
20160827225026993.jpg
11:31 西穂高岳 山頂到着
20160827225028bf2.jpg
ここから先は奥穂高岳への登山道、重大事故多発の為岩稜経験者のみ、初心者の入山は控える事と地図に記載されています

西穂高岳が最終地点でこれより先に進む人は見かけませんでした、休憩していると奥穂高岳側から1人みえて9月の縦走の下調べに途中まで行って来たそうです
着たときには一名だった山頂も10名程度になっています
201608272250296de.jpg
11:43 時々雲の切れ間から見える奥穂高岳
201608272311161cc.jpg
ネットで下調べするとピラミッドピークで滑落したとか西穂高岳でヘリコプターで救助されたとか色々な事故が起きているそうです
多少の不安も有りましたが、来てみればご夫婦で登られている方や運動靴の小学生もいました
色々な情報が飛び交う中やはり自分で確かめないと解らない点が多々あります
西穂高岳までは落ち着いて三点支持を守れば大丈夫でしょう
201608272311178f8.jpg
12:03 沢山の方が休憩されている山頂を後にして
20160827231119031.jpg
12:03 下山開始 独標まで10のピークを越えて行きます
20160827231121022.jpg
12:23 下山中
20160827231122322.jpg
12:36 ピラミッドピークから振り返って西穂高岳
20160827232851e53.jpg
12:51 独標には沢山のハイカーが休憩中
20160827232852b7b.jpg
12:56 上空は晴れているけど雲に覆われている独標
20160827232854433.jpg
13:01 独標からの下山は渋滞中
20160827232855f87.jpg
12:23 見納めの西穂高岩峰 手前は丸山
2016082723285791f.jpg
登山道にて 花の百名山に選定されていますが花の時期は終了しています
20160827234601ab2.jpg
14:45 乗車手続き終了 改札口は閉まっていました14:45発のロープウェイ出発、あ~間に合わなかった 45分発に間に合うも?と最後は3分間程走ったけど見送る側になってしまいます
次は15:15発なので30分待ち
20160827234603300.jpg
14:50 走って来て暑いので何も見えない展望デッキで休憩、雲の中風が吹いて半袖で心地良い気分

展望デッキでは風が吹いているので上着を羽織って下さいとロープウェイから降りて来たお客様に店内放送しています
観光客の方が なにこれ~なんにも見えない~と残念そうです
北アルプスをバックに記念写真をとプロのカメラマンが待機していますが記念写真を頼んでる方は居ませんでした
2016082723460402a.jpg
15:20 30分待ちで載ったロープウェイとすれ違うロープウェイは雲の中に入って行きます
201608272346057fd.jpg
15:27 しらかば平駅を降りると足湯がありました
15:45 鍋平公園無料駐車場着
最近スマホで写真撮っても写ってない事が多々あるので余計に写真撮ります、なので整理が大変です。
20160827234607361.jpg
16:05 帰りの温泉は下調べ無し行き当たりばったりで探します
駐車場を出てから5分位で看板が見えたので早速寄ります
奥飛騨 新穂高温泉 「ひがくの湯」でゆっくり入浴
飛騨牛コロッケ定食 食べて片道250㌔下道で睡魔と戦いながら頑張ります(戦いに負けたら何時でも高速に乗れる態勢ETCカードはセット済み)

途中松本市内で大渋滞に巻き込まれ松本トンネル(有料)を通らなかった事を後悔します
渋滞が解消された頃ライトアップされた松本城が見えます写真を撮りに行こうと思ったけど どこで又渋滞に巻き込まれかもしれないのでパスしました

2016年08月26日 (金) 山頂概ね晴れ ほとんど風無し体感で風速2㍍程度
スポンサーサイト

白馬三山縦走 白馬大雪渓ルート(日帰り)

20160813150144b99.jpg
北アルプスの北部に位置する後立山連峰の中でも象徴的な三山、白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳。麓からも眺めることのできる2,800m以上の3つの山は白馬三山と呼ばれ、登山者の人気も高い縦走路。

白馬岳「しろうま岳」の名前の由来は春になると雪解けで岩が露出し黒い「代掻き馬」の雪形が現れることから、「代掻き馬」→「代馬」→「しろうま」となったものである。つまり本来の表記は黒い「代馬岳」であったわけである。
1956年(昭和31年)9月30日に合併で発足した白馬村は「はくばむら」と呼ばれた
20160813160147190.jpg
02:48猿倉荘→07:35白馬岳→09:22杓子岳→10:32白馬鑓ヶ岳→12:32白馬鑓温泉→16:03猿倉駐車場 総行動時間 13時間15分 (標準コースタイム15時間)
201608131710559a0.jpg
02:48 久しぶりに夜明け前にスタートする事ができました。
まず心配だったのは猿倉の駐車場、深夜に到着とは言え山の日の翌日です、人気の高い白馬岳駐車出来なかったらどうしよう? 
右側の下の駐車場に入ると二台の空きスペースなんとかギリギリセーフでした。車内で休んでいると上の駐車場に入って行く車があります、暫くしても戻って来ないのでまだ空きスペースがありそうなので上の駐車場に移動しました、ポツリポツリと空きスペースが有ったけど九割以上は埋まっていました

車内で休んでいるとヘッデン付けて出発している人も見受けられます、今日も長丁場の予定です 下山後温泉にゆっくり入浴する為出発します、目標は大雪渓での日の出 明るくなれば雪渓も登り易くなるでしょう。

深夜の猿倉荘で登山カード提出、猿倉荘脇の登山道入口から入って行きます
20160813181901279.jpg
03:00 鑓温泉分岐
予定は三山縦走して鑓温泉経由でこの分岐に戻って来る予定
白馬岳山頂で天候と時間と体調との相談で縦走かピストンか決めたいと思います。登山カードは三山縦走で提出してあります。
201608131819034fb.jpg
03:41 白馬尻小屋の出迎えの大きな岩
201608131819059d7.jpg
03:50 先程まで消灯中だった小屋の電気が点きました、これから小屋の1日が始まるようです、小屋前のテント泊の方も電気を点けて準備中でしょうか?

山の情報を確認後 少休憩してから出発します
少雪渓は秋道になり雪上通過はないそうです。
20160813225919cdc.jpg
04:07 東の空が微かに明るくなっています、大雪渓ケルンより
20160813225920d51.jpg
04:35 一昨年の8月24日 雪渓見学に来た時は先程の大雪渓ケルンのすぐ先が雪渓末端でしたが今年は随分先のようです、雪渓を見ながら秋道を登って行きます
20160813225922af1.jpg
04:35 もうすぐ日の出 だいぶオレンジ色に明るくなってきました
20160813225923507.jpg
04:58 ケルンより40分雪渓上に乗ると雪は固く締まっているので軽アイゼン装着
201608132259250b7.jpg
04:53 アイゼンで雪を踏みつけて固さの確認
20160813232349789.jpg
04:53 真夏の雪渓歩きを楽しみます、雪の上に撒いてある赤い粉のルートに沿って一歩一歩登って行きます
前方からの風が冷たいので長袖シャツにウインドブレーカーを重ね着して寒さを防ぎます
201608132338171aa.jpg
04:58 クレパス注意の看板
20160813233818fcf.jpg
04:59 振り返ると🌅日の出中
20160813233820569.jpg
05:03 朝日で赤く染まっているのは杓子岳だと思います
201608132338214ab.jpg
05:04 日の出 完了
201608132338231ef.jpg
05:05 数分で真っ赤に染まった大雪渓
きっと今頃モルゲンロートの白馬三山を八方池から撮影しているカメラマンが居ることと思います
20160814000019bba.jpg
05:08 赤く染まった大雪渓を登って来る方が見えます
20160814000020e13.jpg
05:14 赤い粉沿いに進んでいてもクレパスがあります、そこは飛び越えて通過
20160814000022c55.jpg
05:17 左前方に一人登られている方がいるので、見える範囲では前に一人後ろに一人の合計三名です
20160814000023e8d.jpg
05:24 雪渓上部まで来て雪渓歩き終了
201608140000253dd.jpg
05:28 雪渓歩きを楽しみ秋道に入ると雪渓の下は雪解け水がゴーゴーと流れ時々雪の塊がドスンと音を立てて崩れています
201608140024241d5.jpg
05:29 落石キケン 葱平まで座らない
2016081400242569e.jpg
05:33 一転して岩場の道を登っていきます
20160814002427d84.jpg
05:41 落石キケンのペイントがあちこちに書かれてます
20160814002428b6d.jpg
05:56 すっかり太陽が登って雲海が綺麗
雪渓歩きが終わって太陽が登ると暑くなってきました半袖シャツ一枚になります
20160814004445dda.jpg
登山道にて
20160814004914de6.jpg
06:19 避難小屋
2016081411130495d.jpg
06:36 お花畑通過中
20160814111306e97.jpg
06:42 お花畑を過ぎると木の階段
もうじき稜線に出るそうです、宿泊されて下山されてる方達とスライドしながら挨拶を交わします
20160814111307e16.jpg
07:03 村営白馬頂上宿舎
20160814111308725.jpg
07:06 稜線に出て白馬岳に
20160814111310058.jpg
07)18 白馬山荘
20160814112846747.jpg
07:33 快晴の白馬岳山頂 ハイカーさんでいっぱいです
20160814112848078.jpg
07:37 順番待ちで記念撮影
20160814112849fa8.jpg
07:41 山座同定版
20160814112850e49.jpg
山頂からの雲海
201608141128528ea.jpg
五竜、鹿島槍ヶ岳、槍ヶ岳、立山、劔岳 北アルプスの大パノラマが広がっています
2016081411471112d.jpg
下を覗くと右側に登って来た雪渓
2016081411471262b.jpg
07:47 天候、時間、体調良好です、三山縦走です
20160814114714c62.jpg
07:48 山頂直下のケルンには白馬山荘創始者「松沢貞逸」のレリーフがあります
201608141147165eb.jpg
08:02 分岐まで戻って唐松岳へ
20160814114717b3c.jpg
08:05 上空でヘリコプターが何度も旋回
20160814120809569.jpg
08:10 これから向かう杓子岳と白馬鑓ヶ岳
201608141208102be.jpg
08:10 振り返って白馬岳
20160814120812e53.jpg
08:32 稜線上から雪渓を覗くと蟻の行列の様にハイカーが続々と登って来るのが見えます
201608141208145b7.jpg
08:34 丸山を超えてから杓子岳へ
201608141208166c9.jpg
稜線にて
201608141220120da.jpg
08:54 丸山から杓子岳
20160814122014c7c.jpg
09:22 杓子岳山頂
201608141220159ce.jpg
乗鞍岳から白馬岳への稜線
20160814122017807.jpg
杓子岳山頂からの白馬鑓ヶ岳
ハイカーさんが写真を撮っているのは
201608141220188f1.jpg
おそらく雲海でしょう
201608141245216e9.jpg
09:33 稜線に戻るとコマクサの群生
201608141245229be.jpg
09:38 三山目の白馬鑓ヶ岳へ
2016081412452362f.jpg
10:05 白馬岳と杓子岳
杓子岳は巻き道があります、巻き道を通るハイカーもいますが ここまで来て三山を登らないのは「もったいない」気がします
20160814124525211.jpg
10:32 白馬鑓ヶ岳山頂
20160814124526b54.jpg
10:32 白馬鑓ヶ岳より杓子岳、鑓ヶ岳山頂標柱、白馬岳
201608141256473ec.jpg
10:34 白馬と杓子と雲海
20160814125648889.jpg
10:34 五竜、鹿島槍ヶ岳、槍ヶ岳、立山、劔 北アルプスの大パノラマ見納めして下山開始します
20160814125650c8a.jpg
11:07 振り返って白馬鑓ヶ岳
2016081413094399e.jpg
11:13 稜線上分岐を鑓温泉へ下山です
20160814130944e7c.jpg
11:13 下山道は雲海の中に入って行きます
201608141309462bd.jpg
下山道にて
201608141309476cf.jpg
11:43 あ!! 雷鳥です! 四羽いますが少し遠いのでスマホでは写りませんでした
20160814130949bbf.jpg
12:05 下山中 鎖場通過待ち
写真掲載許可戴いてません、後ろ姿だから大丈夫でしょう
2016081413244379f.jpg
12:28 雪渓の下を雪解け水がゴーゴーと音を立てて流れています
20160814230423a88.jpg
12:32 白馬鑓温泉 到着です
20160814230425a75.jpg
気になる温泉を覗いて見ると こんな感じ
2016081423042649e.jpg
登山道から丸見えでした。 昼間から気持ち良さそうです
20160814230427450.jpg
12:35 猿倉まで あと3時間40分 また汗をかくのでジッと我慢します
201608142304298d1.jpg
12:39 すぐ下のテント場脇に足湯がありました、足湯で寛ぎタイム
201608142314407fe.jpg
12:53 白馬鑓温泉を後にして下山開始です
201608142314418eb.jpg
12:59 山の中腹は雲の中
20160814231443acc.jpg
13:31 沢の冷たい水で顔を洗ってサッパリです
20160814231445866.jpg
下山道にて
20160814233109d75.jpg
15:50 予定通り三山縦走して鑓温泉分岐まで戻ってこれました
20160814233110b0c.jpg
16:03 猿倉駐車場着 ほぼ予定通り時間内に戻って来ました
駐車場は三割位の空きスペースでした
201608142331124df.jpg
16:47 登山口から最寄りの日帰り温泉
八方温泉 おびなたの湯
駐車場が大きくなって、飲泉コーナーや看板などがちょこちょこと変わってプチリニューアルしたみたいです
夕方なので大変混雑していました、洗い場が三カ所しか無いので並んで順番待ち状態でした

登山の疲れを癒やしてからゆっくり帰宅する事にします、
後は家まで210㌔ ETCカードをセットしていつでも高速に乗れる態勢にして下道をひたすら走りながら帰ります
軽井沢で睡魔に襲われ碓氷峠手前で一時間ほど休憩、温泉入ってご飯を食べると流石に睡魔には勝てません

2016年08月12日 (金)晴れ
先週予定を立てていた白馬岳 天候不順の為延期していました、お盆休みで混みそうだけど天候も良さそうなので実行です
「山登りした」っと実感できるコースを快晴の下 気持ち良く歩く事ができました。
ろくに寝ないで、まともなご飯も食べずに山登っています、ほとんど病気です
どうせ何時かは死ぬんです、動ける内にいっぱい動いておこうと思います。

平ヶ岳 と たまご石 

20160806131101cf8.jpg
姫ノ池からの平ヶ岳
奥利根源流の最高峰であり、今なお、秘境の趣をたたえた名峰です。登山ルートは平ヶ岳東側国道352(銀山街道)の鷹ノ巣の登山口から二本松を経て下台倉山・台倉山・池ノ岳を経由するものが唯一で、道中はキャンプ禁止なので健脚者向けの山と言えます。個性的な山頂に広がる池塘群や越後三山、燧ヶ岳、至仏山、武尊山といった名峰を一望できる抜群の眺望が魅力です
20160806132839381.jpg
05:05鷹ノ巣登山口→09:35姫ノ池→10:03たまご石→10:49平ヶ岳山頂→15:46鷹ノ巣登山口 総行動時間10時間41分 (標準コースタイム12時間10分)
20160806141124fcd.jpg
05:05 安全で楽しい登山の為に登山カード提出後スタートします
軽装で登り6時間30分下り4時間30分 たまご石 見学でプラス1時間 合計12時間を要します
05:05のスタートですがほぼ最後尾のようです、気合いを入れないと日帰り出来ない健脚者コースです。

登山口には環境保護の為緊急時以外のテント泊はご遠慮下さいと書かれてますので日帰り登山が基本のようです、標準コースタイム12時間なら多すぎず少な過ぎず 山登りしたっと実感できるコースになりそうです
201608061908000d8.jpg

20160806190801fb6.jpg
05:15 下台倉沢橋を渡って
20160806190803e66.jpg
05:16 平ヶ岳登山道へ 往復距離がハーフです 走れれば2時間
20160806190804c38.jpg
05:28 樹林帯の隙間から見える山並み、上越の山 緑いっぱいです
20160806190806b9c.jpg
05:36 ヤセ尾根に出るとトラロープの張られた岩場が幾つも現れます
2016080619200877c.jpg
05:40 左手に燧ヶ岳のパノラマが広がってきます
201608061920092ca.jpg
05:43 上空は雲一つ無い青空、熱中登山になりそう
20160806192011aa6.jpg
05:43 ヤセ尾根がずっと続いて日陰がなさそうです
20160806192012589.jpg
05:56 後方からの強い日射しでもう汗だく、とにかく暑い!
2016080619354162f.jpg
06:45 下台倉山までヤセ尾根稜線をひたすら登って来ました、此処から傾斜も緩くなり木道が現れアップダウンの繰り返しになります
201608061935429bc.jpg
07:30 台倉山 三等三角点 山頂標識は見あたりません
201608061935446cf.jpg
07:38 台倉清水 地図には渇水注意と載ってます、水は十分あるので水場まで降りてません
201608061935469ce.jpg
07:59 今年最大の一大事発生です
木道上にクネクネする生き物がじっとしているので通過出来ません!
10㍍後方から木や枝を投げつけて驚かしても微動だにしません
木が直接当たってのた打ち廻ったらどうしよう?とか悩みながら古木の塊を投げたり試行錯誤します、でも逃げてくれません
走って飛び越えようか?でも越えてる途中襲ってきたらどおしよう?
でもこれだけ脅しても逃げないのだからもしかして「ヒモ」? 恐る恐るそーと近づくと
あ”~ やっぱ ヒモじゃ無い
あきらめて後方に下がって休憩です、そして後続者を待ちます
15分程で宇都宮からお越しのソロハイカーさんが来ました、状況説明して追い払っていただきました。
ありがとうございました、これで前進できます
20160806193548344.jpg
08:30 白沢清水を覗いてみましたが水溜まりなので飲料水には適して無いようです
20160806212526324.jpg
09:19 平ヶ岳山頂が確認できるようになったけど雲が出てきてます
2016080621252757a.jpg
キオン
20160806212529cb5.jpg
09:35 姫ノ池
20160806212530ddb.jpg
いつの間にかどんよりした天気です、高層湿原は雲に包まれています 先程までの熱中登山は何だったのでしょう?
201608062125329dc.jpg
チングルマ
2016080621343720d.jpg
09:38 姫ノ池から平ヶ岳が雲の切れ間から少しだけ見えます
201608062134395f5.jpg
ハクサンオミナエシ
201608062134400ba.jpg

20160806213442dd2.jpg
緩やかな湿原内の木道を高山植物観賞しながらたまご石へ
20160806213443f76.jpg
イワショウブ
20160806214333a5c.jpg

20160806214334ede.jpg
涼しく快適な緑の湿原 花のピークは終了したようです
20160806214336fb6.jpg
09:47 たまご石まであとすこし
201608062143375c1.jpg
オヤマリンドウ
20160806215113e57.jpg

2016080621511490e.jpg
09:57 微風で快適です 整備された木道を順調に進みます
2016080621511696a.jpg
10:01
201608062214048d3.jpg
松ぼっくりに成長中
20160806221405441.jpg
10:03 大自然の中のたまご石がドーンと現れました
背景の山並みと池塘群とたまご石 見事です
20160806221407db1.jpg

20160806221409e9d.jpg
下はこんな感じになっています 不思議です
たまご石見学を終えて分岐まで戻り平ヶ岳に向かいます
20160806221410005.jpg
ハクサンフウロ
20160806222929b43.jpg
10:39 最後の木の階段を登りきると
20160806222931588.jpg
10:43 なだらかな台地です
20160806222932b02.jpg
10:47 平ヶ岳山頂 残念な事に山頂は雲に覆われて大パノラマは見れません
20160806125931465.jpg
10:49 三角点のある山頂は木々で展望ありません
誰も居ない静かな山頂でセルフタイマー使って記念撮影
2016080623122799c.jpg
11:14 頂上はなぜ広くて平らか
古い平坦な土地が隆起し浸食される以前の地形を今にとどめていると考えられ、太古の昔平ヶ岳は大平原の一部だったそうです
2016080623122982a.jpg
越後三山、燧ヶ岳、至仏山などが見える展望場所に行ってみる事にします
20160806231230974.jpg
左右どちらを見ても雲だけです
20160806231232943.jpg

20160806231233b50.jpg

20160806232315f2b.jpg
高山植物観賞しながら山頂に戻ります
20160806232317920.jpg
11:23 上空には青空が出ているのだけれど…なあ
20160806232318957.jpg
11:28 戻って来ると五名ほど山頂で休憩中です
さて下山開始します、来た道を戻ります
201608062343525e2.jpg
11:56 姫ノ池からの平ヶ岳 ずっと雲の中
2016080623435475d.jpg
11:59 これから長い尾根の下り
20160806234355058.jpg
どこも上空は青空だけど山の上は雲
20160806234357502.jpg
14:17 会津駒ケ岳
201608062343584dc.jpg
14:18 燧ヶ岳
201608062355085d2.jpg
14:49 ヤセ尾根下山中、温度計は34℃ 熱中下山中
2016080623550959c.jpg
14:57 樹林帯に入って一安心
20160806235511758.jpg
早くも秋の気配を感じさせるナナカマド
20160806235512ad6.jpg
15:36 下台倉沢にて冷たい川の水で何度も顔と手を洗ってサッパリします
後10分程で駐車場到着予定です
20160806235514f20.jpg
15:48 駐車場着 まだたくさんの車があります
健脚者コースですが意外に ご夫婦ハイカーさんが多かったと思います 5組位だったかな? 後は男性ソロハイカーさんが10名弱 トレランの方は遭遇しませんでした
201608071230428b0.jpg
速やかに下山カード提出して無事終了しました

埼玉から群馬そして新潟の登山口 帰路はグルッと回って福島、栃木、群馬そして埼玉に戻る下道ドライブになります、往復距離480㌔ 北アルプスと同じ位の距離になります
201608071231176ae.jpg
17:07 尾瀬檜枝岐温泉 燧の湯
樹海ラインを過ぎて沼田街道に入り最初にあった日帰り温泉 燧の湯
20160807123118d3b.jpg
17:25 露天風呂ではアブの襲撃を受けて早々に撤退、内湯でのんびり登山の疲れを癒やしてロングドライブに備えます

2016年08月05日 (金) 山頂だけ曇り空、後は快晴の熱中登山 下山中の温度計34℃ 持参した2㍑のポカリと水 全て飲み干しました。ゼリーは食事と水分補給を兼ねているので便利な携行食です、今回4個持参

2016年08月

20160816150414ae6.jpg
あついぞ!!熊谷
の花火大会  やっぱ8月は花火ですね
遠くから見ても綺麗です
2016.08.13 (土) 曇り

9㌔位かなあぁ? 1時間ちょうど
暑いので総合公園の林の中
2016.08.07 (日) 晴れ

⑪周 13.09㌔ 1:25’32”
山登ったり、平地走ったりの両立は難しい
2016.08.15 (月) 曇り

今日も9㌔位かなあ? 1時間ちょうど
晴れて暑いので総合公園林の中
2016.08.21 (日) 晴れ 走ってから仕事

10.3㌔ 1:05’38”
ろくに走れないまま8月が終わってしまいます
健康診断が近いので走っておきますか
2016:08.29 (月) 曇り 56.6 11:6
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR