FC2ブログ

鳳凰三山

201606171749025a4.jpg
鳳凰三山 薬師岳山頂より望む白峰三山、右から北岳、間ノ岳、農鳥岳

鳳凰山は山梨県の南アルプス北東部にある3つの山の総称である。鳳凰山とはどの山を指すのか歴史的には諸説あったため、地蔵岳・観音岳・薬師岳の3山の総称として特に鳳凰三山とも呼ばれる。南アルプス国立公園内にあり、日本百名山に選定されている。 ウィキペディアより

2016061816162625e.jpg
04:29青木鉱泉→10:02地蔵岳→12:11観音岳→12:32薬師岳→15:21青木鉱泉 総行動時間10時間52分(コースタイム12時間25分)

5時に登り始めて、15時に下山予定でした、雁坂峠経由の170㌔と言うことは24時には家を出ます。
4時30分には登り始めてますので順調なスタートです 
2016061818025593e.jpg
04:29 静まり返った青木鉱泉、駐車場料金は帰ってから支払うことにします
上段宿泊者専用駐車場には車が止まっていないので休業中なのでしょうか?上段手前道路脇の駐車場に10台程駐車されているだけでした
20160618180255ff0.jpg
青木鉱泉前の広場を通ってドンドコ沢登山道に入って行きます。
ドンドコ沢登山道変わった名前です
20160618180257eb2.jpg
鳳凰山は花の百名山にも選定されていますが日本アルプスのなかでは花の種類が少ないそうです。とりあえず咲いている花は撮って行きたいと思います
あ!!何の花か解りません
201606182037254f8.jpg
ドンドコ沢登山道を登って行くと正面が鳳凰山ですが今は雲の中です、9時以降晴れの予報なので雲が取れるのを期待して登って行きます
20160618203726913.jpg
小武川第三砂防堰堤
201606182037271c3.jpg
何度かドンドコ沢に注ぎ込む支流を渡って
201606182037295cc.jpg
南精進ヵ滝
花は少ないけど滝巡りが出来るコースです、沢沿いの総ての滝を見て行きたいと思います
20160619234744952.jpg
05:54 ひとつめ南精進ヵ滝
2016061823315723f.jpg
06:15 次は鳳凰の滝に寄って行きます
2016061823315997a.jpg
06:39 鳳凰の滝 岩岩の河原で目印が無いのでどこまで行けるか分からないけど滝に近づいて行きます
想像力豊かな人には鳳凰に見えるのでしょうか?
2016061823320010f.jpg
06:54 鳳凰の滝から登山道に戻るとどっちに行っても滝です
20160618233202073.jpg
07:33 次は白糸滝
201606182332033cd.jpg
07:35 ちょっと小さめです
2016061823525147c.jpg
苺のような葉と花
20160618235252766.jpg
08:07 五色滝 滝壺まで降りれますが水しぶきが冷たいので途中で諦めました、滝は全体が見渡せる所から見るのが一番です
2016061900045507e.jpg
08:38 滝巡りが終わると地蔵岳のオベリスクが見えてきました、まだまだ遠そうです
20160619000457926.jpg
イワカガミや
201606190004590e0.jpg
スミレもあちこちで咲いてます
201606191032304ad.jpg
08:57 鳳凰小屋 休業中でした、小屋前のベンチで小休止
201606191032310d6.jpg
09:36 森林を抜け ザレた斜面にでると暑いのと登りづらいので思うように先に進めません
20160619103233ab0.jpg
09:59 麓から見える特徴的なオベリスク
201606191032345ad.jpg
岩場を登って行くと石の祠もあります
201606191032366a0.jpg
10:19 岩場を半分程登ったところオベリスクに登るのは無理そうなので断念します、裏に回り込んでまでは確認しませんでした
20160619105311784.jpg
甲斐駒ヶ岳山頂は残念なことに雲の中
201606191053120a2.jpg
次のピーク観音岳に向かいます
20160619105314ad6.jpg
10:27 岩場を降りるとお地蔵さんがいっぱい
20160619105315e39.jpg
10:30 地蔵岳の山頂標識とオベリスク
地蔵岳2764Mと表記されているのでここが山頂みたいです、ここからが一番形が良さそうです
20160619105317889.jpg
もう少し雲が取れてくれれば良いのですが梅雨時なので仕方ありません
2016061911205702c.jpg
10:45 賽の河原上部には子授かり地蔵がたくさん安置されています
20160619112059e6a.jpg
10:54 赤抜沢ノ頭
20160619112100912.jpg
どこからでも目立つオベリスク
2016061911210297f.jpg
甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳は雲の中
20160619112103d41.jpg
10:55 次のピーク観音岳も雲行きが怪しそう
20160619113222650.jpg
11:07 鳥の鳴き声がするので覗いてみると犯人は緑色のボックスです、定期的に鳥の鳴き声がしていました
それにしても標高2700㍍位なのに森林限界はまだのようですそれだけ南アルプスは穏やかなのでしょうか?
2016061911322308e.jpg
枯れた木に纏わりついて根の部分が表に出ていてなんとも不思議な木です
201606191132258dd.jpg
11:29 鳳凰小屋からの分岐
20160619113226fef.jpg
11:56 地蔵岳後方の甲斐駒ヶ岳はとうとう現れませんでした
201606191132283f6.jpg
12:11 観音岳山頂 2840㍍ 鳳凰三山で最も高いピークになります
湘南からお越しのソロハイカーさんに撮っていただきました
20160619114819e17.jpg
観音岳山頂より北岳を望む
梅雨時の平日ハイカーさんはあまりいません撮ってもらえる時に撮ってもらいます
20160619115609ca3.jpg
12:32 最終ピーク薬師岳山頂からの白峰三山
201606191156110e8.jpg
あとは見所の無い中道を四時間弱下山です
20160619115612b8e.jpg
13:08 御座石で小休止
15時までに戻れたらと思っていましたが無理のようです
20160619115614540.jpg
14:49 途中トレランの方に抜かれながら車道にでます、出会った方は写真撮っていただいた方とトレランの方だけでした
20160619115615550.jpg
15:21 途中ショートカット道がありましたが増水の為通行不可の看板がありましたので素直に正規ルートを下山です、利根川水系は雨不足の為節水制限中です こちらも河の水は多くは無いので大丈夫だろうと思ったけど小心者看板無視してショートカットする勇気はありませんでした

駐車場に着いても駐車券が有りません、今日はお休みのようです、そんな訳で青木鉱泉に入浴出来ませんでした
201606191223172fe.jpg
16:15 帰り道で一番近い日帰り温泉は北杜市にある南アルプス釜無川温泉・むかわの湯でした
サウナや露天風呂と充実した温泉施設です

ゆっくり汗を流した後は清里から佐久に抜けたほうが渋滞が少ないだろうと思い少し遠回りになるけど254経由で帰宅です、ナビは一般道優先で十石峠経由ですが内山峠経由にします、疲れたら高速道にもすぐに乗れるし距離もさほど変わりません むかわの湯からおよそ180㌔ 順調に行けば一般道でも22時には帰れるかも?
行きも帰りも山登りもおおざっぱな計画です

2016年06月17日(金)梅雨の晴れ間 山頂温度17℃

鳳凰山は南アルプスの入門コースとして有名です、特に危険な箇所はありませんが日帰り周回は健脚コースだと思います
スポンサーサイト

コウシンソウ咲く庚申山

20160611225434e0c.jpg
コウシンソウ(庚申草)は、タヌキモ科ムシトリスミレ属の食虫植物。日本固有種であり、 国の植物レッドデータブックで絶滅危惧II類に指定されている。
1890年に三好学により栃木県の庚申山で発見され、山の名前をとってコウシンソウと命名された。Wikipediaより
201606112254370fc.jpg
日光国立公園に属し、群馬県と栃木県の境、栃木県西部の足尾町にあり、日光火山群の西縁に位置する成層火山。
男体山と同じく勝道上人によって開山され、庚申信仰の山としてあがめられてきた。
また、特別天然記念物「コウシンソウ」の自生地としても知られている。ヤマケイオンラインより
201606112254367ca.jpg
06:14銀山平駐車場→08:25コウシンソウ自生地→10:19庚申山→11:38庚申山荘→12:57銀山平駐車場
総行動時間6時間43分(昨年は6月26日同じコースでコウシンソウが見つからず11時間29分)今年は下調べしてリベンジです
20160612103637eaf.jpg
06:14 車両通行止めゲート手前の20台ていどの駐車スペースへ駐車
6時には着いたけどほぼ満車です、6月9日の下野(しもつけ)新聞「soon」にてコウシンソウ見頃の記事が出た後の土曜日なので今日、明日がピークになるのでしょうか?
後から来た方はゲート脇の狭いスペースに無理矢理停めたり、かじか荘まで戻ったりと6時過ぎには駐車場探しです。
中央部分が何台か停められそうですが、まだ中央に停める人はいません、誰か一台留めれば4~5台は停められるけど、皆さん私と同じく気が小さい様です
20160612103639396.jpg
06:16 車両通行止ゲート
一の鳥居まで約4キロ林道歩きになります
20160612103640214.jpg
06:40 早朝の爽やかな澄んだ空気の中、天狗の投石や鉱夫滝を見ながら林道を進んで行きます
20160612103642595.jpg
07:02 一の鳥居、庚申山登山口
此処までは林道の為関係車両なら通行可能です
庚申七滝は帰りに見る事にして鳥居をくぐって庚申山へ
201606121036446b0.jpg
沢音を聴きながらの登山道、沢を何度か渡ります
20160612110836f06.jpg
07:22 百丁目、区切りの良い所なんですね!休憩されている方々がいます
山頂まで4時間の目標なので休憩はしません
20160612161155266.jpg
07:27 大きな鏡岩はたくさんの小さな支え棒で支えられています
20160612161156e34.jpg
07:40 仁王門 奇岩・怪石が続きます
庚申山も今回が三度目なので奇岩・怪石は軽く流して行きます
20160612161157e9a.jpg
旧猿田彦神社跡手前のヤマツツジは終盤です、落花の方が多いです
2016061216115948d.jpg

2016061216120139a.jpg
07:51 旧猿田彦神社跡からお山巡りコースを左回り尾根を登ってコウシンソウ自生地に向かいます
2016061216270582d.jpg
07:53 鉄階段や鉄梯子が連続的するスリルに富んだコースとして人気があるそうです
上級登山者向きのコースですが登山道はシッカリ整備されているので注意すれば問題ありません

コウシンソウ自生地手前ですれ違った方は右手を血に染まった包帯で固定していて、顔も血だらけ傷だらけで目を背けたくなる状態でした。後ろの方が大丈夫ですか?と声をかけると
はい…なんとか大丈夫です と 黙々と下山して行きます
ザレているので砂で滑ったり、水で滑ったりはすると思います、注意しながら登って行きます
20160612162706df3.jpg
シロヤシオも見納めです、日影にあるのが幾つか咲いている程度です
20160612162708b99.jpg

20160612162709dd9.jpg

20160612162711ca4.jpg
岩壁にでると最初にコウシンコザクラが満開です

日光市足尾町の庚申山に自生する固有種。
コウシンコザクラ詳細は不明です。

2016061223484584b.jpg
08:28 あった!!
20160612234846cc3.jpg
岩壁に張り付くコウシンソウ
20160612234848163.jpg
コウシンソウ
20160612234849727.jpg
花が小さすぎてピントが合いません
2016061223485138f.jpg
倒れかけた梯子に足掛けて背伸びして手を伸ばしてやっと撮れる位置
20160613000120656.jpg
少し離れた別の岩壁で撮るのに丁度良い高さでコウシンコザクラと一緒に咲いてます
20160613000122e5d.jpg
食虫植物です、葉の中に小さな虫が捕らえられています
2016061300012393d.jpg
花が小さすぎてスマホがマクロになりません、ピンボケです
20160613000125ea4.jpg

20160613000126287.jpg
横一列にたくさん咲いてます
20160613124638e32.jpg
09:01 亀岩、釣鐘岩、などの岩壁に咲いてます
あれ?鶴岩も有ったかな?40分間も黙々と撮っていました
20160613124642092.jpg
自生地は地図にも載ってます
20160613124645cfd.jpg
コウシンコザクラはあちこちで咲いてます
20160613124645b02.jpg
黄色のもときどき
2016061312464545a.jpg
09:16 見晴らしにて、下の方に庚申山荘の屋根が見えます
20160613142324b9c.jpg
09:20 鬼の耳こすり
20160613142326289.jpg
鉄梯子や鉄階段を登ったり、降りたりして
2016061314232745f.jpg
09:26 めがね岩の右目部分を通って
20160613142328c9b.jpg
09:37 岩戸庚申
20160613142330809.jpg
09:43 お山巡りも終了して分岐を庚申山へ
20160613154849314.jpg
10:01 ここは地図にもガイドブックにも載ってないコウシンソウの自生地、道標も標識も無いためちょっと判りづらい
登山道からちょっとわき道に入り、大きな岩壁が二段になっていてコウシンソウが自生しています、陽当たりが若干悪い為開花が少し遅いそうです

昨年庚申山荘で遅い開花のが山頂手前にもありますよっと聞いていました、その方達は一の鳥居まで車で来ていたので山の関係者だった様です
今年は終わっていますので来年の楽しみにしてください、開花近くなったら役所に問い合わせれば教えてもらえますよ~
じゃ、また来年来ます  と言う事で諦めて帰りました
20160613211121878.jpg
昨年教えていただいた所に来ると 足元付近にも咲いてます
20160613153613952.jpg
二カ所目の自生地 しゃがんで撮れるので
20160613153616522.jpg
斜め上からでも無理せず撮れます
2016061315361830f.jpg
でも花が小さいのでピントは合いません
201606131536194f2.jpg
虫が捕らえられています
20160613212110709.jpg
ひょろっとしていて 大きめのもやし程度
20160613212111a34.jpg
葉と花にピントが合いません
20160613212113406.jpg
ダンシング肉食女子 食虫植物、
201606132253465d1.jpg
10:19 庚申山 山頂
山頂は原生林に包まれていて展望は有りません、そして誰も居ない寂しい山頂です
20160613225347b7f.jpg
三分ほど先に進めば展望台に出ます、でも梅雨空の為雲に覆われています
2016061322534924b.jpg
皇海山から男体山まで群馬、栃木の山々が見渡せる展望台ですが梅雨時に咲くコウシンソウ目当てなので景色は仕方ないです、雨に降られないだけラッキーです
20160613225350ab5.jpg
山頂温度18℃ 曇り空 休憩するには良好
山頂まで目標四時間予定通りなので展望台にてゆっくり休憩します

この温度計、これで見納めでした。下山途中滑って転んで温度計が下敷きになり見事破損しました
温度計は壊れたけど怪我は無かったので良しとします
20160613225352686.jpg
11:07 お山巡り分岐まで戻って
20160613232252bb0.jpg
一ノ門を通過
201606132322531e3.jpg
コウシンコザクラどこに行っても咲いてます
もう少し数が少なければ注目されるのかなぁ?
201606132322556b6.jpg
11:12 鉄梯子を注意しながら降りて
2016061323225684a.jpg
何だか解らない白い花
20160613232258731.jpg
先日、赤城山で合った方が言ってました
一山一花 ひとつの山でひとつの花を覚える
それで良いそうです、そうです一度に覚えきれません
20160613233554228.jpg
これはクリンソウ
20160613233555d39.jpg
庚申山荘前に咲いてます
20160613233557bff.jpg
名前は去年覚えたばかり
20160613233558578.jpg
11:38 庚申山の岩壁を背にした庚申山荘、後は来た道戻ります
2016061323360038e.jpg
12:19 一の鳥居まで戻ってちょっと寄り道
20160613234449b31.jpg
庚申七滝の一部分
201606141150173ec.jpg
12:57 駐車場着 やっぱり中央部分にも駐車されていました
20160614115018003.jpg
13:13 駐車場から車で一分国民宿舎かじか荘「庚申の湯」露天風呂で昼から のんきに入浴です

食堂は14時までなので間に合いませんでした、入浴中地元の方らしき人にどこか食事できませんか?

水沼駅前に食堂が有りますよ~

帰り道たびたび寄る水沼温泉駅です、食堂の看板は目にしていたので寄ってみます
昔ながらの大衆食堂でした、メニューいっぱいボリュームもいっぱい食後にコーヒーゼリーサービスもあって大満足です
駐車場から出る時感知式信号機を赤にして誘導してくれる程の親切もいっぱいでした

2016年06月11日 (土)晴れたり曇ったり山頂温度18℃

シロヤシオ鑑賞後長七郎山そしてレンゲツツジ咲く白樺牧場から鈴ヶ岳へ

20160603223126b37.jpg 
シロヤシオは太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹である。ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となる。葉は倒卵形で、枝先に5枚の葉が輪生状に付くことから、別名としてゴヨウツツジとも呼ばれる。 ウィキペディアより
2016060412300253f.jpg
長七郎山
赤城山系の山で、火山湖である小沼の東側に位置する山。山頂からの小沼の眺望が美しい。
後方に電波塔の地蔵岳、以前訪問時には無かった新しい山頂標識
20160603225104f4d.jpg
09:28小沼駐車場→10:02おとぎの森→10:59長七郎山→11:20小沼駐車場
総行動時間1時間52分
201606032336001b2.jpg
09:28 小沼駐車場よりスタート
20160603233601a66.jpg
小沼周遊券歩道を左回りで
20160603233603310.jpg
本日の目的のシロヤシオ
小沼周遊歩道で早速現れました
20160603233604a34.jpg
今年は開花が二週間程早いらしいけど間に合いました
201606032336067c4.jpg

20160603234958273.jpg

20160603234959a57.jpg

20160603235001562.jpg
アカヤシオより高木のようです
20160603235002c2a.jpg
小沼周遊歩道ではトウゴクミツバツツジもまだ健在です
2016060323500464b.jpg

20160603235648cf1.jpg
湖畔の木陰は半袖だと少し涼しい感じ
20160603235649fb2.jpg
09:45 小沼と赤城山の最高峰黒檜山
20160603235651ebf.jpg
おとぎの森に寄って行きます
20160603235652ce5.jpg
09:51 おとぎの森を周遊できるようになってます
20160604124040b40.jpg
ヤマツツジが見事です
20160604124042718.jpg
10:02 おときの森 じゃなくて
   おとぎの森 です 濁点が色落ちしています
201606041240431c0.jpg

201606041240450fd.jpg
新緑とツツジの季節です
2016060412404616d.jpg
10:47 おとぎの森周回後 長七郎山へ
2016060412495083b.jpg
登山道に咲くトウゴクミツバツツジや
20160604124952407.jpg
ヤマツツジを見ながら 登って行くと
201606041249536a2.jpg
10:58 長七郎山 山頂
小学校の遠足グループが丁度下山開始しています
20160604133322b1c.jpg
関東平野、霞がかかって富士山までは見えません
遠足グループに追いつかないように山頂で景色を堪能したがら時間潰しです
201606041526369a3.jpg
10分程山頂で時間調整しましたが、渋滞に巻き込まれます
20160604153724233.jpg
11:18 小沼周遊道路に戻ってツツジ越しに小沼
20160604153726593.jpg
11:20 関東ふれあいの道、小沼駐車場着


20160604155048395.jpg
小沼駐車場から新坂平駐車場まで車で移動途中の見晴山下部のレンゲツツジと奥にあるのがこれから登る鈴ヶ岳


2016060416283936f.jpg
鈴ヶ岳は赤城山の外輪山の西に離れてそびえる山で、赤城火山によってできた寄生火山と言われている。大きな釣鐘を置いたような特徴のある山容で、渋川、沼田方面からよく望むことができる。山頂には鈴嶽山神社、赤城山大神、愛宕山大神の大きな石碑があり、かつての信仰の対象であった形跡が残る。ヤマケイオンラインより
201606041559382e1.jpg
11:44白樺牧場→12:26鍬柄山→12:57鈴ヶ岳→14:12白樺牧場
総行動時間 2時間28分
20160604164007270.jpg
白樺牧場は自生のレンゲツツジを守る為に牧場にしたそうです。放牧はされていませんでした
20160604164008551.jpg
白樺牧場のレンゲツツジを見てから
20160604164010dd6.jpg
11:49 鈴ヶ岳登山口
20160604164011cd0.jpg
登山道に入ると山ツツジが綺麗に咲いてます
20160604164013228.jpg

20160604232152492.jpg

20160604232153e0a.jpg

20160604232155f1d.jpg

20160604232157fc9.jpg
12:04 展望が開けてきました、白樺牧場と地蔵岳
20160604232158c09.jpg
標高を上げるとレンゲツツジは蕾状態のもあります
20160604232814cd7.jpg
12:06 鍬柄山より荒山~火~竈~鍋
20160604232815be2.jpg
黒檜山と大沼
20160604233807bfb.jpg
ミツバツツジやゴヨウツツジ葉の数で区別されるみたいです、花は終わってしまったけど新緑の季節で緑が眩しいくらいです
201606042338084c1.jpg
12:40 大ダオ
20160604233810708.jpg
岩場を登って行くともうじき山頂です
20160604154846830.jpg
12:57 鈴ヶ岳山頂
展望一部あり程度です
20160604235013762.jpg
中休憩してから下山開始 来た道を戻ります
20160604235014c4a.jpg
14:12 白樺牧場到着で下山完了です
20160604235528eaf.jpg
15:15 勢多温泉 きぼうの湯
2016060423552977b.jpg
玄関前には榛名山のパノラマが広がっています
きぼうの鐘がありますが、フロントには誰もいません?大浴場まで勝手にはいっていってもだれもいません?電話を掛けても出ないのでお休みのようです
お休みなら閉館の看板立てて玄関の鍵を掛けておいてもらいたいです
すぐ前の 長閑なパン屋さんの方が店脇に居たのでお伺いすると土、日曜は営業してるみたいですよとの事でした
20160605171323297.jpg
15:45 そんな訳でときどきお邪魔する北橘温泉 ばんどうの湯のサウナで汗をながして 帰宅です

2016年06月03日 (金) 晴れ

アカヤシオもシロヤシオもトウゴクミツバツツジもレンゲツツジもヤマツツジも みんなツツジ科のようです、ツツジ科の仲間まだまだ他にもたくさんあるみたいですので徐々に覚えていきたいと思います。

2016年06月

20160626173643335.jpg
左足人差し指(足でも人差し指?)赤城山で血豆
見た目ほど痛くはありません

⑩周+α 12㌔ 1:11′07”
時間不足の為ハーフが走れないので分割で走っておきます
2016.06.05 (日) 晴れ

⑩周+α 12.0㌔ 1:13′19”
我ながら良く走るよね、暑いのに
2016.06.12 (日) 晴れ

⑨周 10.71㌔ 1:06′38”
いいじゃん、とりあえず走っておけば
2016.06.19 (日) 小雨模様の曇り空

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 2:25'36"
4週間ぶりのハーフ、当然走り切れません
2016.06.25 (土) 曇り

⑨周 10.71㌔ 1:09'23"
筋力不足、体力不足?
2016.06.26 (日) 梅雨なのに晴れ
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR