FC2ブログ

白毛門、笠ヶ岳

20160422235100241.jpg
笠ヶ岳 (谷川) - 群馬県利根郡みなかみ町にある標高1852mの山。ぐんま百名山の一つ。
土合駅の北にそびえる、白毛門から朝日岳へと続く稜線のうち、特に白毛門から笠ヶ岳(1852m)にかけては、日本の代表的岩場であるマチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢など谷川岳東面の岩壁群を見渡す格好の展望台である。
201604231239261e6.jpg
07:12白毛門駐車場→10:27白毛門山頂→11:33笠ヶ岳山頂→12:50白毛門山頂→15:42白毛門駐車場 総行動時間8時間30分
20160423183611481.jpg
07:12 さくら咲く白毛門駐車場出発
20160423183612506.jpg
沢の手前にかかる谷川連峰馬蹄形概念図
20160423183614ff6.jpg
ハナゲ沢に架かる赤い手すりの橋を渡って
20160423183615022.jpg
朝日岳 白毛門へ
20160423183617d16.jpg
イワウチワ
2016042318435490f.jpg
たくさん咲いてます
201604231843556a4.jpg
07:42 ハナゲ沢のハナゲノ滝だと思います
沢音を聴きながら高度を上げて行きます
201604231843579c5.jpg
根っこを掴みながら白毛門への急登登りです
20160423185321c1f.jpg
08:07 標高1100㍍
20160423185322a93.jpg
08:18 谷川岳生憎の天気です
20160423185324247.jpg
09:05 一本目の鎖をよじ登ると
201604231853251e8.jpg
積雪もだいぶ増えてきました
20160423185327bf8.jpg
09:10 松ノ木沢の頭
201604231900131c2.jpg
山頂はガスの為眺望無しです
2016042319001426f.jpg
09:12 白毛門に向かいます
標高を上げるにつれて雲の中に入って行くようです
201604231953342c4.jpg
09:47 この辺でジジ岩ババ岩が見えるはず
201604231900175d7.jpg
高原地図で確認するとここです!でも霧の中で見えません
20160423200453ce4.jpg
夏道が少なくなってきたので
20160423200455491.jpg
アイゼン着用します
軽アイゼンと10本爪アイゼン持ってきました。履き慣れていない10本爪で登る事にします
20160423200456f72.jpg
10:16 目の前で ドドドドーっと音を立てて雪庇が崩れ落ちて行きます
20160423200458b0e.jpg
幅10㍍以上を越える雪庇が50㍍以上崩れ落ちています
雪庇の上を歩くと危険です、いつ落ちても不思議じゃ無い感じです
20160423202658f2d.jpg
でも雪庇に近づかないように雪面の端を歩いていると踏み抜きます、端っこも注意が必要です
20160423200459a5e.jpg
二本目の鎖を登ると
20160423213823498.jpg
10:27 白毛門山頂
2016042321382472b.jpg
絶景ポイントですが何も見えません
20160423213826a3d.jpg
小休止後笠ヶ岳に向かいます
20160423215323e88.jpg
すっかり雲の中状態です、高度を下げます
2016042321532428b.jpg
11:37 何の景色も見えないまま笠ヶ岳山頂です
20160423215326134.jpg
山頂での絶景見れません
20160423215327c14.jpg
背負ってきた温度計8℃
201604232153296ca.jpg
山頂から少し下がった所に笠ヶ岳避難小屋
201604232202165af.jpg
青学ハイキング部かやと会
20160423220217782.jpg
小屋内で雨風しのいで昼食です
20160423220219244.jpg
昼食済ませて来た道戻ります
2016042322022016f.jpg
13:01 斜面の為一歩一歩蹴り込んで下って行きます
体制を崩して滑り落ちます、運良く5㍍程で雪がなくなり藪で止まります

滑り落ちてから10分程で今日初めての人に会います
雪渓を直登りしていてコースアウトして藪に囲まれて上に行けないみたいです
少し戻れば夏道に入れる事を伝えると下に戻ったようです、5分後に合流して挨拶を交わして別れると
ドサッという音と共に雪面を滑り落ちてます、15㍍程滑り落ちてから雪が無くなった岩の上で停止します、大丈夫ですか?と声をかけると
ザックから岩に落ちたようで怪我も無くそのまま登っていきます、今日はストックじゃなくピッケルにすべきでしたと反省していました
おそらく打ち身位はしていると思います緊張感でまだ痛みを感じてないようです

滑り出したら止まらない事を実体験したばかりなので、倒れたらすぐに止められるピッケルが必要なんですね!ピッケル持って無いので来年あたり購入考えます
20160423225006b23.jpg
13:21 ジジ岩ババ岩の横に来るとうっすらと見えてきます
20160423225007126.jpg
13:36 徐々に霧が抜けて行くのが解ります
白毛門は2つの岩塔に雪が積もって頭が白く見えるジジ岩ババ岩がちょうど門のように見えるのが山名の起こりと言われてます
2016042322500931f.jpg
13:59 上空には雲がかかってますが中腹の天神平スキー場が見えてきます
201604232250115ec.jpg
マチガ沢、一ノ倉は見えますが谷川連峰山頂は雲の中
2016042323083296f.jpg
武尊山も山頂は雲の中、赤城山は天気が良さそうです
2016042323083495e.jpg
14:54 天神平スキー場昔はゴールデンウイークいっぱい営業していましたが今年の雪は見るからに少なそうです、今年のスキー場はどうなんでしょう?
ゴンドラは稼働しているのが見えます
201604232308353cf.jpg
これからはシャクナゲの季節になります
201604232308365b6.jpg
高度下げると一本だけ気の早い奴が咲いてます
201604232308381df.jpg
タムシバ
20160423232643061.jpg
朝より午後の方が良く開いてます
20160423232644342.jpg
赤い手すりの架かるハナゲ沢でアイゼンと登山靴の泥を落として、雪溶け水で汗かいた顔も洗ってサッパリします
20160423232646e6b.jpg
15:42 さくら咲く白毛門駐車場に到着します
谷川岳は終始雲の中でした
201604232326470c4.jpg
16:22 上牧駅付近より谷川岳を望む
下に降りて来ると晴れてます谷川連峰だけ雲の中です
20160423232649e8f.jpg
17:21 谷川からの帰り道、温泉大国群馬県数々の温泉があるけど吉岡まで戻って来ました(まだ群馬県です)
渋川バイパスを走っていると大きな風力発電機が目立つので一度寄ってみたかった よしおか温泉です

2016.04.22 (金) 雲り→霧→小雨→下界は晴れ
  出会った人、滑り落ちてきた人ひとりです
スポンサーサイト



筍 掘ってきました

20160421223813184.jpg
今年は出てくるのが10日程早いようです
20160424130106f16.jpg
雑草の中 筍の穂先を探して
20160424130107cd1.jpg
掘り出し易いように周りの土をどけて
20160424130108497.jpg
根っこを目掛けて一撃
20160424130110966.jpg
取れました
20160424130111102.jpg
午後から雨予報なので急いで二時間程格闘しました
食べるのは簡単、採るのは大変なんです
201604241314592cc.jpg
大きくなって食べれないのは
20160424131500b96.jpg
倒しておきます

何故かと言うとここ 竹林じゃないんです
畑や裏庭の為邪魔になるので総て採るか倒さないと後で処理が大変です
201604241315023d8.jpg
いつも収穫だけ来ていたアケビの木、こんな花が咲くんですね初めて見ます

雨が降らないうちにとっとと帰ります

2016年04月21日 (木) 雲り→午後から雨予報

四ツ又山~鹿岳(かなだけ)周回

20160416204552328.jpg
 鹿岳はラクダの2つのコブのような形で、遠くからも目立ち、四季を通じて変化に富み、人気の高い山である。
 下仁田町と南牧村の境にあるが、南牧村下高原(しもたかはら)から登られている。昔、岩峰の上から鹿を追い落として狩猟をしたので鹿(か)ノ岳(たけ)と呼んだという。ヤマケイオンラインより
201604162108126b2.jpg
08:53鹿岳無料駐車場→10:01四ツ又山山頂→11:31鹿岳山頂→13:21駐車場 総行動時間4時間28分
20160416234636d80.jpg
08:53 鹿岳無料駐車場出発
駐車場は二段になっていて8台程止まっていました
2016041623463875c.jpg
08:57 周回予定なので川沿いを下って行きます
201604162346392f6.jpg
09:03 集会所があるT字路をハイキングマップを確認しながら左折
20160416234641734.jpg
09:06 四ツ又山登山口
手作りの愉快なモニュメントを横目に通過、登山ポストがモニュメントの隣りにあります
20160417000330df4.jpg
09:08 四ツ又山登山口駐車場(私有地の資材置き場)上に三台下に二台で満車でした。
資材置き場の駐車場に置かしてもらおうと車で入って来たけど手前の民家の旦那さんに資材置き場は満車ですよ!川の上流にも駐車場ありますよっと教えていただきました
そんな訳で登山口から遠い駐車場ですが周回予定の為問題無しです
それにしても皆さんスタート早いですね
20160417000331c88.jpg
09:14 小さな三段の滝
20160417000333def.jpg
09:15 最近覚えたマムシ草
201604170027269d2.jpg
蕨?薇? 良く解りません
20160417002727fe3.jpg
09:17 まずは四ツ又山へ
20160417002729b2a.jpg
09:38 大天狗を過ぎると
20160417003409ab4.jpg
トウゴクミツバツツジが見頃
20160417003411979.jpg
アカヤシオに似ているけど
花びらと色が微妙に違います
201604170034121e9.jpg
花の名前、花観賞している方に教えていただきました
201604170042270a1.jpg
鮮やかな色です
2016041700422837e.jpg
尾根沿いがトウゴクミツバツツジロードになっています
2016041711385493b.jpg
10:01 四ツ又山 山頂 逆光で見えない!
20160417113855429.jpg
山頂より鹿岳を望む
20160417113857107.jpg
10:08 鹿岳に向かいます
20160417113858b43.jpg
確かに🐫ラクダのコブのようです
20160417120000a25.jpg
10:10 四ツ又山から稜線にでると「ひとつばな」が咲きそろっています
この地方ではアカヤシオの花を「ひとつばな」と呼ばれているそうです
20160417120001ae3.jpg

20160417120003319.jpg

20160417120004a44.jpg
しっかり咲いていますがここも裏年らしいです
2016041712303921c.jpg
10:20 ひとつばな越しに鹿岳
2016041712304070d.jpg
ツツジらしき花も咲いてます
20160417123042758.jpg
10:31 マメガタ峠
沢山の方々が休憩中です
20160417123043b49.jpg
スミレ?
20160417124425797.jpg
10:49 稜線上はひとつばなが多いです
20160417124426089.jpg
11:00 鹿岳基部
201604171244287e4.jpg
ロープを頼りに急登していくと
201604171244303a2.jpg
11:04 鹿岳コル
2016041712502711c.jpg
まずは一ノ岳へ
20160417125029f3a.jpg
11:12 静かな一ノ岳山頂
20160417125030807.jpg
コルまで戻って二ノ岳へ向かいます
2016041712591642a.jpg
11:31 鹿岳山頂
手強い妙義山が左手に見えます
20160417125917806.jpg
雪の少なくなった浅間山
20160417125918fa1.jpg
ギザギザ妙義山
201604171259209e7.jpg
11:42 暖かくなってきたのでカレーヌードルは辞めて、私が生まれた翌年に誕生したチキン🍜ラーメンを妙義山見ながらいただきます
20160417125921f52.jpg
奥に山頂が平らな荒船山
20160417133132614.jpg
12:16 昼食を済ませてからロープの連なる急斜面を下山
20160417133133bf3.jpg
12:33 いつの間にかロープも赤テープも見失ってコースアウトしています、そう迷子です
20160417134250aa3.jpg
12:33 赤テープの有る所まで戻って一安心
10~15分位の迷子ですが少し焦ります
高原地図の点線部分見所も少なく登山者も少ないので欲をかいて遠回りしないほうが良いかもしれません
20160417135616e04.jpg
12:51 伐採された荒れ地 時々赤テープあり
20160417135617da2.jpg
13:11 川面に浮かんでいるのは
20160417135619c23.jpg
さくらの花びらでした
201604171401246e9.jpg
13:18 民家の間を通っていく鹿岳登山口
素直にここから帰って来ていれば迷わずに済んだのに
201604171401254d0.jpg
13:21 駐車場着
朝駐車してあった8台中7台と私が出てからの2台で合計9台駐車中、皆さんゆっくり登山のようです
20160417140127b0c.jpg
14:58 かんらの湯
下山後近隣に日帰り温泉施設が無いため甘楽町まで戻ってゆっくり入浴します、土曜の午後なのに何故?か空いていました

2016年04月15日 (土) 晴れ~曇り

アカヤシオ咲く仙人ヶ岳

20160409123042e74.jpg
アカヤシオ(赤八汐)は4~5月に咲くツツジ科の花。山地に生息する樹木。花言葉は「 柔らかな視線」。葉の展開に先立って花が咲きそろうのでとにかく目立つ
20160408172117074.jpg
 足利市内で一番高い山、仙人ヶ岳(せんにんがたけ、662.9メートル)を登る、全長9.4キロメートル、所要時間5時間40分のほぼ1日かがりのコースです。
 コース内には、難所として知られる高さ10メートルほどの崖「犬帰り」があり、健脚の方に向いています
 足に自信のない方は、巻道へまわるほうが安全です
 また、松田川ダムを一望できるビューポイントもあります。「足利市ホームページより」
20160408221805965.jpg
09:38岩切駐車場→11:14犬帰り→12:09仙人ヶ岳→13:06生不動→13:40岩切登山口 総行動時間4時間02分
2016040900370063a.jpg
09:38 岩切駐車場、大きなさくらの木がある駐車場です、帰ったら車が花びらまみれになっていそうで心配です
20160409003702bfe.jpg
09:47 行きにアカヤシオ帰りにニリンソウの周回予定なので猪子峠に向かいます
20160409003703b7a.jpg
09:52 ハイキングマップによると右折して猪子峠経由ですが登山道標識が見つからない為 猪子トンネルまで来てしまいました
駐車場を探してうろうろしながら二度車で猪子トンネルを通過しています、猪子トンネルの向こう側にも登山口が在るのを確認しているので今度は徒歩で三度目の通過になります
201604090037056db.jpg
09:59 ここから仙人ヶ岳に行けるそうです、車で来た時先行者の方に教えていただきました
20160409120219e6a.jpg
10:06 分岐に出たけど標識倒れています、たぶん右でしょう
20160409120221f08.jpg
10:09 正解です
20160409120222519.jpg
10:10 山の神宮、無事下山できますようにお祈りして行きます
20160409120223e77.jpg
10:15 ツツジだと思います
201604091202251a0.jpg
10:21 ツツジの蕾、これから見頃を迎えそうです、じゃぁ さっきのは??
2016040912155892a.jpg
10:30 アカヤシオです
20160409121559408.jpg

2016040912160199c.jpg
今年のアカヤシオは裏年らしいです
20160409121602fd1.jpg
でも尾根に出ると咲きそろっていました
20160409123038f7c.jpg
10:39 松田川ダム沿いの桜が満開みたいです
20160409123040e6e.jpg
11:03 またアカヤシオの群落があります
201604091230413e5.jpg
下に松田川ダムが見えます
20160409123044a46.jpg
この辺アカヤシオのトンネルになるそうです
登山口を教えていただいた方に教えていただきました
20160409125107a0b.jpg
11:11 ○○○スミレ、詳細不明、よく解りません
20160409125109b43.jpg
また群落です、下の方にも
20160409125110e92.jpg
沢山咲いているのでついつい撮ってしまいます
20160409130644897.jpg
11:14 犬帰りです、巻き道があるそうですが見つからなかった事にして鎖場を登って行きます
ハイキングコースだと思うと難易度高いけど登山道だと思えば初中級者コースの鎖場だと思います
20160409130645232.jpg
11:26 犬帰り過ぎてもまだまだ咲いてます
201604091306478da.jpg
11:31 宗ノ岳山頂、展望あまり良くないです
20160409130648516.jpg
11:40 左手に松田川ダム右手にアカヤシオ咲く尾根
20160409130650e86.jpg
文字は掘ってあるのではなくて文字に沿って穴開いてます
20160409134223969.jpg
11:42 山登ってる感満載です
20160409134225d47.jpg
11:43 知ノ岳山頂
201604091342262a3.jpg
11:51 熊の分岐
2016040913422885d.jpg
11:56 少なくなったけど山頂手前でもまだまだ咲いてます
201604091454252ac.jpg
12:22 貸切状態の頂上で力もちカレーうどん
20160409145426d89.jpg
仙人ヶ岳は足利百名山らしいです
20160409145428d92.jpg
13:32 頂上にて誰か来ないか食事しながら待つこと25分、カップルさんに撮っていただきました
20160409150220af3.jpg
12:39 山頂での写真も無事撮れたので下山します
男体山と前回登った日光白根山です、白根山は所々まだ雪が残っています
2016040915022121e.jpg
12:50 なんとか?スミレ スミレも色々あるらしく詳細不明
20160409150223606.jpg
12:52 熊の分岐へきつい難所を降りて来ました
2016040915022457a.jpg
これからは新緑の季節ですかね
201604092041184b3.jpg
13:00 沢沿いの時々不鮮明な登山道を下山
20160409204120eac.jpg
13:04 名前の解らない小さな滝
20160409205731ed4.jpg
13:06 生不動
201604092057322c2.jpg
13:11 沢沿いにニリンソウが現れ始めます
2016040920573481c.jpg

20160409205735f06.jpg
スミレも一緒に
20160409205737211.jpg
一輪しか咲いてないけど、もしかしてイチリンソウ?
20160409210801a10.jpg
よ~く見ると二輪目の蕾が出てきています、少し早かった?
20160409210803aab.jpg
13:20 なんだか解らないけどとりあえず撮っておきます
201604092108048b8.jpg
13:30 沢沿いにずっと○○○スミレと
20160409210806797.jpg
ニリンソウの群生地が続きます
今の時期尾根のアカヤシオ沢沿いのニリンソウ目当ての周回コースが一般的のようです
20160409211649319.jpg
13:31 かたくり群生地
もう今年は終わり?花見ても解らないのだから葉だけではもっと解りません、明らかに時期はずれです
20160409211650925.jpg
13:40 岩切登山口着
201604092116525f6.jpg
14:40 少しだけ遠回りしてみどり市温泉施設「かたくりの湯」サッパリしてから帰宅です
かたくりの花は見れなかったけどかたくりの湯でゆっくりできました

2016年04月08日 (金) 晴れたり曇ったり、22℃くらいまで上がったようで暑い1日の為昼休憩以外ずっと半袖
下調べではヒトリシズカの開花情報がありましたが見つかりませんでした。

2016年04月

20160402225328e64.jpg
4月2日総合公園 さくら 満開です

旧鉄剣コース+③周 24.66㌔ 2:30′34”
ハーフは2:05′38”
ただ走っているだけって感じいつまで続くことやら?
2016.04.02 (土) 曇り

20160402225330261.jpg
天気悪そうなので山行かないで枇杷の木三本断捨離したので結構サッパリしました
2016.04.01 (金)

⑨周 10.71㌔ 1:01′20”
本日行田鉄剣マラソン大会、参加していません
2016.04.03 (日) 晴れ 17℃

⑨周 10.71㌔ 58′16”
走りやすい季節です、
右足にマメ
2016.04.09 (土) 晴れ 22℃

⑨周 10.71㌔ 58′24”
昨日のマメがいたい
2016.04.10 (日) 曇り空 21℃

20160415175146571.jpg
暖かくなったら多肉も元気になってきました
2016.04.14 (木) 晴れ

⑱周 21.42㌔ 1:58′20”
可もなければ不可もなし
2016.04.15 (金) 晴れ 19℃

20160415181017a03.jpg
2013年12月に植えた物の種か「ぽぷりん」家からのこぼれ種かわかりませんがノースポール咲きました
2016.04.15 (金) 晴れ

⑨周 10.71㌔ 1:00′38
せめて60分は切りたい感じ
2016.04.24 (日) 晴れ

10.3㌔ 59′25”
久しぶりの夜、暑くも無く寒くも無く汗かくにはちょうど良い季節
2016.04.26 (月) 雲り20℃ 56.3 11.2
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR