FC2ブログ

コウシンソウに出会えなかった庚申山

20150627024800c51.png

コウシンソウ(庚申草)は、タヌキモ科ムシトリスミレ属の食虫植物。日本固有種であり、国の植物レッドデータブックで絶滅危惧II類に指定されている。

1890年に三好学により栃木県の庚申山で発見され、山の名前をとってコウシンソウと命名された。
庚申山の自生地は国の特別天然記念物である。生育地は山の標高1200〜2200m付近の垂直な崖であり、 いくばくかの群落を形成するのは庚申山の数箇所のみであるが、群落自体が目立たない、垂壁や崖等の危険な場所にある上、特に目印などはないため、観察のためには、群落の位置を知る者の案内が必要である。以上wikipediaより

ガイドブックではコウシンソウの開花時期6月下旬から7月上旬
ここのところ梅雨前線の影響で週末は雨続き、今週の北関東は金曜日の15時位まで曇り予報
どうせ展望が望めないなら花でもと思い一度登った事のある庚申山なら晴れてなくても大丈夫だろうと
コウシンソウが咲いているはずの庚申山へ向かいます

04:56駐車場→06:51庚申山荘→08:06庚申山頂→10:59二度目の庚申山荘→14:24三度目の庚申山荘→16:25駐車場 総行動時間 11時間29分 歩行距離19.3㌔

20150627133242cfc.jpg
04:56 曇り空の中を出発です、肌寒いけど歩けばすぐ温かくなるでしょう
201506271339487a1.jpg
林道はすぐに一般車通行止になります
201506271332450b9.jpg
05:07 庚申川に添って林道を登って行きます、丸石澤の滝を見ながら♪
20150627183859ed6.jpg

20150627183901c96.jpg
05:51 天狗の投石
2015062718390406b.jpg
一の鳥居をくぐらず少し進むと庚申七滝
滝の下段まで行くと立派な滝が見れます
20150627183902c50.jpg
05:48 一の鳥居
201506271839057ca.jpg
06:12 百丁目
もう下山者が来ます 早いですね
「コウシンソウ咲いていました?」と尋ねると
「はい」
「どの辺でした?」
「左側です、看板がでていますよ」
随分素っ気ない感じでしたのでそれ以上聞けませんでした
前回登った時には気づかなかったので、ふ~ん最近親切に看板着けてくれたんだ♪なら間違いなく視られるな、ひと安心です
201506271903514c8.jpg
06:16 猟師と野猿の物語を伝える鏡岩
20150627190200c49.jpg
06:25 正面から見た夫婦蛙岩
20150627190201e9b.jpg
横からです、なるほどね
20150627190353dfe.jpg
06:33 看板付きで分かりやすいです
20150627191517b28.jpg
06:45 旧猿田彦神社跡
お山巡りの注意事項
201506271915193f3.jpg
奇岩・怪石がたくさんあります
201506271915200dd.jpg
06:51 庚申山荘、誰もいません
20150627191521bf7.jpg
06:56 クリンソウが一面に鮮やかです
20150627191523d36.jpg
07:08 関東ふれあいの道
「南総里見八犬伝」の中に庚申山が登場し奇岩・怪石の絶景を余す事なく描写してあるそうです
20150627193244e47.jpg
07:23 しっかりしているけど登りづらい梯子を登って
20150627193245d7e.jpg
07:29 コウシンコザクラ
20150627193247ad7.jpg
07:30 蛙の番人を通過して
201506271932486fb.jpg
07:36 …
20150627193250045.jpg
07:39 コウシンコザクラならたくさん咲いています、固有種みたいです
20150627194239372.jpg
08:06 庚申山頂
「日光国立公園に属し、群馬県と栃木県の境、栃木県西部の足尾町にあり、日光火山群の西縁に位置する成層火山。
男体山と同じく勝道上人によって開山され、庚申信仰の山としてあがめられてきた」ヤマケイ、オンラインより

山頂は原生林に囲まれ展望無し
山頂手前にもコウシンソウが咲いているとブログで見たけどありません
朝一のひとは看板が出ていると言ってたけど見落し?お山巡りで探す事にします
20150627194240cea.jpg
08:11山頂から3分ほどで展望台です
右から男体山、太郎山、日光白根山
201506271942427a6.jpg
日光白根山~至仏山
20150627200015f83.jpg
皇海山、鋸山
あの距離なら皇海山クラシックコースも日帰り射程距離圏内だな
景色を見ながら休憩も済んだので下山しながらコウシンソウを探します
20150627200017f80.jpg
09:11 お山巡りコースに入って
201506272000202b5.jpg
昔はこういう看板にビビってました
20150627200018dfb.jpg
09:16 天気が崩れてきたかな?
20150627215030cce.jpg
09:18 ヤマオダマキ
20150627215029e59.jpg
下からインカメラで
20150627215032d0f.jpg
09:21 庚申の岩戸
20150627215034c67.jpg
09:36 めがね岩 左の穴が登山道
光りの関係で通過後のほうが良かったみたいです
20150627215035bff.jpg
09:38 梯子と鎖で登って行くと
2015062722043238d.jpg
09:43 鬼の耳擦り
20150627220433e9a.jpg
亀岩、吊り鐘岩
20150627220434736.jpg
09:45 雲が随分でてきました
20150627220436bb0.jpg
10:26 嶺峰山荘
20150627220438a35.jpg
10:59 お山巡りをして2度目の庚申山荘
結局コウシンソウが見られません
山荘には誰もいないので情報収集できず

(; ̄Д ̄)?何故
朝一でお会いした方は確かに「はい」と言ってたけど
もしかして?
「コウシンソウ咲いてました?」が
「庚申荘開いてました?」に聞こえた?

地図ロイドでコウシンソウ自生地にピンポイントで向かう事にしました
20150627223154479.jpg
11:31 2度目のお山巡りに突入です
20150627223157adf.png
地図ロイドを頼りに
20150627223155fd2.jpg
13:13個々が自生地です
でも見あたりません
登山道を外れて踏み後が有るところに行ってもコウシンソウありません
20150627224234b6c.jpg
馬の背を通って
20150627224235834.jpg
13:27 尾根道まで来てしまいます
とうとう雨が降って来ました
納得がいきません、諦めの悪い男です
2度目のお山巡りも7割位通過しましたが納得がいかないのでまたコースを逆戻りして探します
201506272242374ff.jpg
14:24 3度目の庚申山荘に到着
お山巡りを2周半以上したけど見れませんでした残念です

山荘の関係者みたいな方が見えたのでコウシンソウについてお伺いすると
亀岩と吊り鐘岩の左側に鶴岩があるので登山道を外れて鶴岩の下まで行くとあります、それと山頂の手前の平坦になる前の右側の石(黄色いペイントがあります)の裏手に2本程咲いていますよと写真を見せてくれました
探し回ったけど無かった事を伝えると
今年は平年より2週間程開花が早いので先週末位で見頃は過ぎましたのでまた来年来てください。との事でした
確かに先程見せていただいた写真もあまり色がついてません
日影でも終盤ですので色が落ちてしまってるそうです
諦めの悪い男ですが諦めて帰ります…
20150627232203c48.jpg
15:26 食事中です
20150627232205dfa.jpg
15:26 上空は雨
201506272322064e9.jpg
新緑の中をチャッチャカと下山
20150627232208991.jpg
16:26 広い駐車場に無事到着
201506272322092aa.jpg
16:40 国民宿舎かじか荘「庚申の湯」でゆっくり入浴
入浴していた地元の方にお話しを聞くと先週末来ていた人がコウシンソウも終盤だねと温泉に浸かりながら話していたそうです
かじか荘は立派な食堂が有りますが宿泊者専用でした
20150627233702b6a.jpg
18:23 渡瀬渓谷鐵道 水沼駅(駅構内に温泉施設がある珍しい駅)
201506272337043f3.jpg
で桐生名物ソースカツ丼と桐生うどんのセットを美味しくいただいてから帰宅です
桐生のソースカツ丼はキャベツが入っていませんでした
20150627233705c4f.png
11時間半もコウシンソウ求めての山登ったりでしたが結局見れませんでした
まあ、仕事をしていても一日中上手くいかない事もあります
たまにはこういう事もあっても仕方無いでしょう
岩から滑り落ちなかっただけでも良しとします

2015年06月26日 (金)曇りのち雨

最後まで読んで頂き有り難うございました

スポンサーサイト

2015年06月

2015061321205230a.jpg
⑨周 10.71㌔ 1:05'50"
一昨日巻機山だし今日は夜から仕事だし
だから少しだけ…
2015.06.07 (日)晴れ

20150613212054a7a.jpg
関東他方も梅雨に突入 2015.06.08

20150613212645711.jpg
通勤、山、愚図ら無いで良く走ってくれる愛車
ディスクパットの残量少だったのでパット交換 2015.06.12

20150613213507712.jpg
⑲周 22.61㌔ 3:18'08" 33℃
暑い、走ったり、歩 ったり、 歩ったり
2015.06.13(土) 晴れたり曇ったり

⑨周 10.71㌔ 1:10'30"
空梅雨 暑い、走ってもとても健康にいいとは思えない
2015.06.14 (日) 曇り

2015061923323303a.jpg
ひさしぶりにグリアリ ランニングコース 2:00時間 20㌔位
梅雨時、関東甲信越雨の為山はお休み総合公園も雨
金曜日の午後一体育館もランニングコースも貸し切り状態
2015.06.19 (金)梅雨

⑩周 11.9㌔ 1:07'30"
左右対象に体が動かないので着地がバラバラ
2015.06.21 (日) 曇り

総合公園 林の中を10㌔位1:00'00"ちょうど
歳をとってからの骨折って骨折した所以外に影響が出るので大変なんだと実感しました
骨折は完治してますが元通りには走れません
2015.06.28 (日)晴れ

巻機山

201506052115599d2.jpg
巻機山(百名山) 標高:1,967m
新潟県と群馬県の境界稜線上に位置する山で、山名は絶世の美女が山中で機織りをしていたことによります。「機織りの神」として地元の人々に信仰されている山です。登頂には井戸尾根コースが人気で、最後の登り手前には池塘群とお花畑が広がっており、登山者の目を楽しませています(tenki.jpより)

05:30桜坂駐車場→08:19ニセ巻機→08:53巻機山頂→09:31牛ケ岳10:12巻機山頂→10:55ニセ巻機→13:10桜坂駐車場 総行動時間7時間34分

201506061828373a5.jpg
05:36 桜坂駐車場出発
201506061828387ac.jpg
諸注意事項があります
20150606182840800.jpg
クマにも注意です、おもいっきり熊鈴鳴らして行こっと
20150606182841016.jpg
05:42 ヌクビ沢や天狗尾根コースは雪渓の状況が不安定な為入山禁止です、迷わず井戸尾根コースへ
20150606182843848.jpg
06:10 四合五勺
201506061846428ee.jpg
06:33 イワカガミ
2015060618464420e.jpg
06:45 樹林帯は残雪だらけ
20150606184645583.jpg
06:50 花の名前って難しいです、覚えられません
イワウチワという名前みたいです
2015060618464730b.jpg
06:51 六合目 展望台から左側に見えるのは割引岳だと思います
201506061846482fc.jpg
07:16 これは葉っぱが石楠花だ、何石楠花だかまでは…
201506061855287db.jpg
07:22 苗場山
今日は午後から天気が崩れる予報、雲が広がってどんよりしています
201506061855306d1.jpg
08:08 木段に苦しめられながら
もうじき山頂かなと登って行くと
20150606185531dae.jpg
08:17 割引岳と巻機山
20150606185533cbb.jpg
08:18 山頂でなくニセ巻機山(九号目)でした
2015060618553478a.jpg
08:24 ニセ巻機山から一度高度を下げて
20150606191208602.jpg
08:27 避難小屋
20150606191209e0c.jpg
08:38 池塘が点在していて水芭蕉が見頃です
2015060619121098a.jpg
織姫の池が有るそうですが池塘が沢山でどれが織姫の池なのか?わかりません
ついでに花の名前もわかりません…
20150606191212f65.jpg
8:53 巻機山頂 貸し切り状態です
山頂標識がありますが最高点は牛ケ岳に行く途中に有るみたいです
20150606191213265.jpg
山頂は天気がいまいちですがなかなかの眺望です
20150606203623820.jpg
09:10 巻機山最高点にて
立ち止まると風が冷たいのでウインドブレーカー着用
石が積まれて棒が立っているだけ
標識も看板もありません
富山からの先行者の方がGPSにて個々が最高地点ですよと教えてくれました
誰もいなかったらただの通過点でした
深田久弥百名山も27座目ですがこんなさっぱりした百名山の山頂は初めてです
201506062036247cf.jpg
写真を撮っていただいたので眺望の良い牛ケ岳へ向かいます
20150606203626259.jpg
09:16 朝日岳方面縦走路
201506062036278e5.jpg
朝日岳ジャンクションピークへ続く縦走路
谷川連邦半馬蹄形10:42
朝日岳ジャンクションピークからの標識は巻機山→難路、道無しの標識でした
2015060621162146a.jpg
09:24 池塘越しに割引岳
20150606211623987.jpg
09:26 中央に奥利根湖?
越後の山々は行った事がないのでさっぱりわかりません
20150606211625849.jpg
09:31 牛ケ岳
裏巻機山登山道は…
20150606211627ab8.jpg
越後の山々を見納めして
2015060621262278d.jpg

201506062126245d3.jpg
さて戻ります
20150606211626ab3.jpg
戻って割引岳へ行ってみたいと思います
20150606212626f58.jpg
10:14 山頂分岐をすぎて割引岳に
真新しいトレースは見あたりません
20150606213544332.jpg
10:14 踏み抜き、膝上までスッポリ入ってしまいます
端を通ると踏み抜きの為進めない
2015060621354563d.jpg
中央を通ると滑り落ちたら登って来れそうに無い
そんな訳で割引岳は断念
201506062135476ab.jpg
10:20 三回目の山頂を通りすぎて苗場山見ながら下山
20150606213549964.jpg
10:20 帰る頃になってようやく谷川連邦や主脈や苗場山などが解るようになってきた
20150606215757ea9.jpg
10:32 避難小屋迄戻って来たので中を覗いて観ると綺麗!!です
二階も有りますが靴を脱ぐのが面倒なのでやめました
20150606215759f39.jpg
10:35 踏み抜きに注意しながら登って行きます
20150606215801d5d.jpg
10:56 谷川連邦見ながら
2015060621580052f.jpg
ニセ巻機山で昼食 今日はどっさり野菜チャンポンです
2015060622082605f.jpg
11:11 いつか通ってみたい谷川主脈
201506062208287a0.jpg
良く見かける花、オオカメノキだそうです
201506062208300a3.jpg
白い花 何なんでしょうか?
タムシバのようです
201506062208314ef.jpg
13:09 桜坂駐車場着
どうにか雨には降られず戻って来ました
20150606221602141.png
どんよりした1日だけど暑すぎず寒すぎもしないで雨にも降られず眺望もそこそこあったのでまずまずの巻機山でした
2015060622155972c.jpg
14:16 日帰り温泉は
川端康成も浸かったという越後湯沢の共同浴場「山の湯」さんへ寄ってみました
内湯ひとつですが入浴料400円は魅力です、平日の昼過ぎの割には混んでいました
20150606221600678.jpg
15:33 これから下道150㌔のドライブにそなえて
越後湯沢駅前でゆっくり、けんちん蕎麦食べて腹ごしらえです

2015年06月05日 (金)曇り

最後まで読んで頂き有り難うございました
ランキングには参加していませんがポチィと拍手していただけたら幸いです♪
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR