FC2ブログ

水芭蕉咲く尾瀬ヶ原

2015052922283108b.jpg
尾瀬は、福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、阿賀野川水系最大の支流只見川の源流域となっている。中心となる尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたと考えられる湿原である。尾瀬国立公園に指定され、日本百景に選定されている。wikipediaより

05:50富士見下→08:41竜宮→09:20見晴→10:09ヨッピ吊り橋→11:57鳩待峠→15:22富士見下 総行動時間9時間32分 (尾瀬ヶ原ガイドによると14時間50分) 歩行距離35.2㌔
20150530140754fb0.jpg
出発準備をしていると
201505301407559d3.jpg
05:50 一般車通行止 6.3㌔富士見峠迄林道を行きます
20150530140758a4c.jpg
06:01 新緑の林道
20150530141847525.jpg
07:11 富士見峠
20150530141849334.jpg
小屋の前の蕗の薹
20150530140757433.jpg
八木沢通行止の為長沢で竜宮へ行く事にします
2015053014185081e.jpg
尾瀬に来たって実感です
2015053014434575a.jpg
07:19 登山道に入ると木道は総て埋もれてます
赤旗目印に進んで行きます
201505301443460c7.jpg
07:21 小さな池からの燧ヶ岳
20150530144348813.jpg
07:22 尾瀬ヶ原目指して高度を下げて行きます
20150530144349ccc.jpg
07:24 まさかこんなにも雪が有るとは…
軽アイゼンは持ってきて無いので…滑らんぞー装着
20150530144351739.jpg
07:27 頼りになる赤テープ
20150531123200cda.jpg
07:53 竜宮との中間地点
20150531123201e5f.jpg
08:08 踏み抜けして転ける
20150531123203c52.jpg
08:15 登山道不明瞭
20150531123205de4.jpg
08:18 長沢を渡って
20150531123206b35.jpg
08:25 ……
20150531124014fd7.jpg
08:32 尾瀬ヶ原に到着 奥に至仏山
20150531124016383.jpg

201505311240171a1.jpg

20150531124508bc4.jpg

20150531124510b88.jpg

20150531125017a36.jpg
08:43 竜宮からの至仏山
201505311250181f0.jpg
景鶴山
201505311250227e6.jpg
09:15 見晴に向かって正面に燧ヶ岳
20150531125020cf9.jpg
木道の傍にも沢山の水芭蕉
2015053112502369b.jpg
09:20 見晴にて 冷たくて美味しそうです♪
20150531130456dbf.jpg
09:30 リュウキンカだと思います
20150531130458c6f.jpg
09:35 何処に行っても水芭蕉
201505311305014bd.jpg
09:46 東電尾瀬橋を渡って
2015053113050286a.jpg
09:49 木道の近辺にも
201505311311339fa.jpg
09:50 林のなかも見頃
20150531131134d71.jpg
09:53 東電小屋をすぎて
201505311311364af.jpg
10:03 小川に添って咲く水芭蕉
201505311311383c8.jpg
10:04 熊よけ吊り鐘
20150531131139bf7.jpg
10:09 ここも川の中だけ咲いている
201505311325174ef.jpg
10:09 ヨッピ吊り橋 (定員10名)
20150531132519c7c.jpg
10:23 河の中を覗き込むと
20150531132521994.jpg
水中にも咲いてます 水芭蕉
2015053113252272c.jpg
10:36 牛首分岐
竜宮へ行って戻る?
鳩待峠に行くか?悩み中
2015053113252371a.jpg
10:38 天気が良いので、歩け~歩け~どんどん歩けってな感じで
至仏山見ながら鳩待峠に決定
201505311340576db.jpg
11:04 山ノ鼻 登山者でいっぱいでした
201505311341029af.jpg
11:25 山ノ鼻過ぎて鳩待峠に向かう途中
20150531134100849.jpg
木道の外に
20150531134058a25.jpg
沢山の水芭蕉
201505311351278fd.jpg
11:43 階段を登れば
201505311351298ea.jpg
11:57 鳩待峠 入山口
20150531135130f0f.jpg
12:02 建物の中にも外にも登山者でいっぱいでした
鳩待峠からの至仏山、ここから富士見下へ
20150531140041aeb.jpg
12:25 登山道ふさいで邪魔
2015053114004249b.jpg
12:46 また赤テープが頼りになります
201505311400449e5.jpg
13:17 横田代からの至仏山
20150531140045965.jpg
アヤメ平からの燧ヶ岳
201505311400479b4.jpg
13:49 本日の最高地点 アヤメ平 鳩待峠から花も人もいない静かな登山道
2015053114110747a.jpg
13:53 奥に日光白根山
20150531141504375.jpg
14:07 富士見峠→富士見下まで変化の無い林道を7㌔
201505311411108b7.jpg
赤だったり
20150531141905c1c.jpg
白だったり 見ながら下山
20150531141114d48.jpg
15:22 富士見下へ到着 こんな立派な駐車場
もしかして朝から貸し切り?
201505311424531d4.png
朝から戸倉の村営駐車場は沢山の車でした
竜宮から鳩待峠まで沢山の人と水芭蕉
山の中は思った以上に積雪あり
天気が良くていっぱい歩けた山登ったりでした
201505311419070b2.jpg
15:52 締めの日帰り入浴温泉
安くて初めてで探して尾瀬ぷらり館内の戸倉の湯
戸倉の村営駐車場に近いので混んでいるかなと思ったが入ってみるとガラガラでした。金曜日なので泊の方が多いのでしようか?

2015年05月29日 (金)晴れ


スポンサーサイト

開花したツクモグサ、リベンジ ならず!!(八ヶ岳)

でも、ふわぁふわぁのツクモグサと好天の赤岳ピークハントにホテイラン観賞もできました
201505231259044d8.jpg
キンポウゲ科のツクモグサ(Pulsatilla nipponica)は、北海道の一部を除いて八ヶ岳の横岳周辺と北アルプスの白馬岳周辺だけに生育している高山植物である。
主に高山の乾燥した草地や風衝地に生育する多年生草本植物である。花期は5月下旬から7月上旬と早く、雪解け後、ただちに生長をはじめ、葉を展開する前に淡い黄色の花を咲かせる。そのため、ツクモグサの花を見ることができる期間は短く、特に八ヶ岳では個体数も少ないため、なかなか花を見ることはできない。(高山極域環境研究会より)

04:27美濃戸山荘前の登山口→05:53赤岳鉱泉→07:38硫黄岳→09:10横岳→11:34赤岳山頂→12:37行者小屋→14:55駐車場 総行動時間 10時間28分 およそ15.8㌔

20150523141136de9.jpg
04:27 この時期の定番コース、硫黄岳→ツクモグサ観賞→赤岳→ホテイラン観賞の為北沢からです
20150523181746c91.jpg
05:30 ゴーゴーと流れる沢の音を聞きながら登って行きます
奥に横岳の稜線
20150523181748bef.jpg
05:51 アイスキャンディーの残骸
20150523181749bbb.jpg
05:53 赤岳鉱泉からの赤岳
20150523181750461.jpg
07:18 赤岩の頭より硫黄岳
20150523181752535.jpg
07:38 硫黄岳山頂からの赤岳
20150523182532e4d.jpg
反対側の天狗岳
20150523182534055.jpg
中央アルプスから北アルプス大パノラマが広がります
201505231830151e8.jpg
硫黄岳の
20150523183016074.jpg
爆裂火口
20150523183017774.jpg
08:05 まずは横岳へ
20150523183019c4e.jpg
08:50 富士山が見えてきました
201505231849430ad.jpg
08:50 振り返るとなだらかな硫黄岳
20150523184945e7f.jpg
08:50 ツクモグサです!! 閉じてます
早咲きの場所は三叉峰以降にあるそうなのでそちらに期待です
20150523184946e4c.jpg
09:01 鎖場のこんな所を通って
20150523184948f2f.jpg
09:09 横岳山頂に到着です
20150523184949b78.jpg
09:11 赤岳方面へ
奥が南アルプスだと思います
20150523190525092.jpg
09:15 横岳を過ぎて開きかけたツクモグサの群生です、強風で花弁が揺れて上手く撮れません、まだまだです次の場所に期待です
2015052319052741c.jpg
09:28 三叉峰を過ぎると
20150523190528bce.jpg
09:40 斜面に
201505231905308fa.jpg
咲いてます…いや つぼんでいます
なかなか写真で観るような開花したものはありません
20150523191516157.jpg
09:42…
201505231915177c3.jpg
09:48 こんな所を通って
20150523192319e17.jpg
09:54 最後の群生地も
20150523192321d1d.jpg
09:54 こんな感じでした
20150523192322423.jpg

2015052319232486b.jpg
数日前に開花し始めたそうですが、21日未明の雪でつぼんでしまった様です
今日は晴れていますが稜線上は西からの非常に冷たい風の為開花するまでにはいたらないようです
日にち的にも来週末が開花のピークでしょうか?

硫黄岳を過ぎて稜線に出ると風が冷たいので重ね着です、長袖シャツ+半袖シャツ+ヨットパーカー+ヤッケ+昔のスキーウエア 合計5枚で丁度良い暖かさです、ツクモグサもこの風にさらされたのでは開花しないんでしょう

そんな訳で開花したツクモグサ、リベンジならずでした
2014.06.13ツクモグサ ←昨年の様子
20150523194130096.jpg
10:21 地蔵の頭
20150523194131b54.jpg
10:26 赤岳展望荘と赤岳
2015052319413352b.jpg
10:26 中岳と阿弥陀岳
20150523194135e46.jpg
11:34 快晴の赤岳山頂
だいぶ傷んできた山頂標識と右に赤岳頂上山荘

標高:2,899m
八ヶ岳は、四季折々に自然の様々な表情を見せてくれる日本の代表的なアルペンスポットです。八ヶ岳は広義では長野、山梨両県にまたがり南北約25km、東西約15kmにも及ぶ広がりを持つ連峰です。展望の素晴らしさと、高山植物の宝庫として知られ、登山ルートもハイキング感覚の山歩きや本格派登山まで、多彩なルートで人々を魅了します。(tenki.jpより)

201505232131379ee.jpg
北アルプス
20150523214123f5f.jpg
中央アルプス
20150523214307b16.jpg
南アルプス
20150523214309d5c.jpg
富士山
360度 大パノラマが広がります
絶景を堪能しました、天気も良くて名残惜しいけど最後の目的ホテイラン観賞の為下山開始
20150523214731687.jpg
11:45 中岳方面に下山
2015052321473226a.jpg
11:53 文三郎尾根経由
2015052321473433d.jpg
11:56 下から見た赤岳
20150523214735d41.jpg
12:00 硫黄岳への稜線
20150523214737b5a.jpg
12:02 マーモットの
20150523215744200.jpg
階段を降りて
20150523215745e13.jpg
12:37 行者小屋に到着 夏には大にぎわいの行者小屋もお休みでした
20150523215747185.jpg
12:50 赤岳見ながらコープの美味しいカレーうどん
20150523215749ae5.jpg
13:09 ヘリポートを過ぎても
20150523215750665.jpg
13:14 樹林帯の中の倒木だらけの雪道を過ぎても
行者小屋との中間地点を過ぎてもホテイランが見あたりません
登って来た方にホテイランありました?っと聞いても「さあ?」わかりませんでした、との返答
え!やば!見過し?戻っても何処だかわからないし…

半分諦めモードで歩いている時後ろから来た方にお伺いすると「まだこの先ですよ」っと心強いお言葉を頂き一安心です
自生地まで一緒にと言うことで会話しながら歩いて行くと 都会と田舎の差はあるけど同じ埼玉県人でした、そして登山したりマラソンしたりと同じような趣味の方でしたのですが 山の経験が豊富そうでフルマラソンも走られる健脚者ですので私の山登ったり平地走ったりとはレベルが違うようです
ちなみにヤマレコユーザー「garnet」さんでした
そんなこんな尽きない話をしていると
20150523223850bf2.jpg
14:27 ありましたホテイランです

ホテイランの草丈は10㎝ほどで、花茎の先に1輪だけピンク色の花が咲く 亜高山帯の林内のやや暗い所に生える 葉は楕円型でやや縁に鋸歯があるのと根元に1葉だけ葉が出る   絶滅危惧種1A類 (高山極域環境研究会より抜群)
20150523224114119.jpg
横から
20150523224116084.jpg
後ろから
20150523224117de7.jpg
登山道の反対側にも咲いてます
20150523224457f7b.jpg
背丈が低く少し下を向いているので正面から上手く撮れません

あ!インカメラなら覗きこむように撮れたかな?
ピントを合わせるのに夢中で後の祭りです。ま、実物が観れたので満足です
20150523230552719.jpg
14:55 赤岳山荘の駐車場に到着です
20150523230556e7e.png
この時期の定番コース、ツクモグサ、好天の赤岳山頂、そしてホテイランと満足の山登ったりでした
201505232305544ed.jpg
15:47 締めは風呂です
帰り道で安くて食事ができて初めてを探すと河原の湯が近そうなので決まりです
400円でサウナもあります文句無しです
入浴後きのこ蕎麦食べて今日もこれから下道で170㌔のドライブです

2015年05月22日 (金)晴れ

那須岳

20150515225957180.jpg
標高:1,915m
那須岳とは日光国立公園に属する那須火山群の総称で、登山としては茶臼岳と、那須五峰の最高峰の三本槍岳が登られることが多くなっています。三本槍岳というと鋭峰を思い浮かべますが、実際は重量感のあるゆったりとした山容です。頂上からは会津や日光、尾瀬周辺の山並みを一望できます (tenki.jpより)

05:49 峠の茶屋前の県営駐車場→06:32峰の茶屋→07:10茶臼岳→08:25朝日岳→09:25三本槍岳→10:27熊見曽根→11:41三斗小屋温泉→13:25峰の茶屋→13:56駐車場 歩行距離およそ16㌔ 総行動時間 8時間07分

201505161540420d0.jpg
05:49 朝日岳を正面に見ながら県営駐車場を出発
噴煙みたいですが茶臼岳以外火山活動は終わっていますので朝日岳に掛かるのは雲です
20150516154044404.jpg
05:57 登山指導所で登山カード提出
20150516154046997.jpg
06:05 登山道に入るとさっそくミネザクラが見頃でした
奥にはロープウェイ山頂駅が見えますが始発が08:30なのでまだ動いていません
20150516160025be1.jpg
06:13 左手に茶臼岳 快晴です。今日も暑くなりそうです、樹林帯が無いため真夏の登山は避けたほうが良いそうです。
201505161600271f2.jpg
右手に朝日岳を見ながら硫黄臭漂う登山道を登って行きます
ここで頭の良すぎる人は硫黄は無臭だと言うみたいですね
でもふつうの人には硫黄は臭いと言った方が伝わり易いと思います、学校でも教わったような気がします
20150516160028722.jpg
06:29 残雪を少し渡って
201505161600302a6.jpg
ジェット機ような音は?
2015051616003120f.jpg
06:32 峰の茶屋
今は避難小屋として使用されている様です
20150516163227af8.jpg
06:32 茶臼岳に向かいます
20150516163228caf.jpg
06:39 確かにジェット機のような音がしています
斜面から噴煙が上がっています
20150516163230c75.jpg
06:58お釜口
201505161632317df.jpg
思っていた程大きくないお釜
20150516163233572.jpg
07:03 これから行く朝日岳と左奥に三本槍岳
20150516164359142.jpg
07:09 茶臼岳山頂より
絶景が広がります
201505161644018ce.jpg
07:10 茶臼岳山頂 今日初めてお逢いした人に撮っていただきました
2015051616440243a.jpg
積雪が見えるのは越後駒ヶ岳方面だと思います
20150516164404e58.jpg
07:19 岩影から水蒸気が出ています…
後悔先に立たず…(;´д`)熱い、手は入れるべきじゃ無いです
20150516164405018.jpg
噴煙が上がっています
20150516165623f9c.jpg
07:40 振りかえって茶臼岳
2015051616562554f.jpg
07:46 残雪を少し渡って朝日岳へ
201505161656286ce.jpg
07:55 登って行きます
20150516170539cb8.jpg
08:24 朝日岳からの茶臼岳
2015051617054099b.jpg
三斗小屋温泉へ降りる尾根
201505161705421f4.jpg
08:25 朝日岳山頂
20150516170544fb9.jpg
08:59 清水平から三本槍岳へ
20150516170545299.jpg
09:25 那須岳最高峰の三本槍岳
イメージと違い山頂は広くなだらかでした
三本槍岳の地名の由来は、昔、この山頂の領地がはっきりしないため、会津藩、那須藩、黒羽藩の3藩が領地を確認するため定期的に集まって槍を立てた故事によるものだそうです

写真を撮っていただいた方は県の防災センターでヘリに搭乗して日々救助活動をされている方でし た。自分の脚でどんな地形なのか地上からの確認の為休日山登りをしている様です
友達にはなりたいけどお世話にはなりたく無い方でした、お世話にならないよう気をつけて山登りを続けたいと思います、写真有り難うございました
20150516173522332.jpg
09:58 先程の三本槍岳 山頂はなだらかです
201505161735235e0.jpg
10:49 熊見曽根を過ぎて三斗小屋温泉に向かう稜線よりミネザクラ越しに茶臼岳
20150516173525b7d.jpg
11:01 バリバリっとヘリの音が
先程の方の同僚でしょうか?一回りして帰って行ったので遭難者の救助では無い様です
20150516174224329.jpg
11:17 噴煙が上がり
2015051617422676e.jpg
11:17 温泉が湧いています
那須では多くの温泉が茶臼岳の東側に分布していますが三斗小屋温泉だけは西側にあるそうです
20150516174227d07.jpg
11:27イワカガミみたいな…でもまだ早いような…
20150516174228a6a.jpg
11:29 建物の中に三斗小屋温泉神社本殿が祀られています
20150516174230a47.jpg
11:36 徒歩でしか来れない山奥にある秘境温泉、三斗小屋温泉立派な建物です
三斗小屋温泉は日帰り入浴不可でした
20150516180253098.jpg
11:59 煙草屋旅館さん別館の前で昼食はいつものコープの美味しいカレーうどん
201505161802551b3.jpg
12:37 硫黄を採取して精錬所まで牛で運んでいた「牛が歩いた道」
20150516180256866.jpg
12:42 少しは寿命が伸びたかな?
2015051618025889c.jpg

20150516180259ce3.jpg
12:57…
201505161813332bd.jpg
12:58 無間谷の立派な橋を渡ってダケカンバの林の中を進んで行くと
201505161813349f3.jpg
13:08 避難小屋からの茶臼岳
小屋の温度計は28℃ 汗をかいたので早く温泉に入りたい気分です
201505161813354db.jpg
13:53 峰の茶屋で中学校の遠足らしい団体さんと一緒になり賑やかだったので一気に登山口手前の山の神まで来ました。無事下山出来た事をお礼参りします
20150516181337d7a.jpg
13:56 駐車場着です、ロープウェイが動いています
201505162215326ce.png
登山道は総て整備され明確で標識も多数あり危険箇所も無く快適な山登ったりでした
20150516184200939.jpg
14:20 帰りに殺生石に寄ってみました
殺生石に行く途中沢山の小さなお地蔵さん何故か手が大きなお地蔵さん
20150516184201df0.jpg
14:27硫黄臭漂う殺生石
2015051618420245d.jpg
硫化水素ガスのほうが危険そうです
20150516184204907.jpg
14:31那須温泉神社
山登ったりのあとはいつも温泉なので温泉神社でお参り
20150516184205a95.jpg
14:46 大望の温泉です
2015051619000771e.jpg
情緒たっぷりです\(^-^)/
20150516190008228.jpg
高温みたいです
2015051619001030b.jpg
湯槽は6個41℃42℃43℃44℃46℃48℃
48℃の浴槽にいきなり肩まで浸かると汗が出る前に身体全体の皮膚が痺れるような感覚になったので湯槽から出ると、入浴の心得があっていきなりは身体に悪いそうです

42℃の浴槽が汗がジワジワと出てきて快適でした
Ph値2.6 強い酸性です、シャンプー、石鹸は使用禁止でした
昔ながらの湯治場そのままの建物が現在も使われている様です
20150516211917ca4.jpg
入浴も済ませドライブ前に食事です、那須IC手前に有る玉梨豆腐茶屋さんで蕎麦処の看板が出ていたので寄ってみました
奥会津の青ばと豆腐で有名な玉梨豆腐茶屋の姉妹店でした
物腰の低い気さくなマスターと暫くお話しをしてから帰宅です
雪花菜ドーナツ、グリルでチンしてから美味しくいただきました。有り難うございました

2015年05月15日 (金)晴れ

第12回ふかや花フェスタ

201505060036315cb.jpg
深谷城址公園で開催中の花フェスタに散歩気分で行って来ました
2015050613273049c.jpg
深谷市の春の風物詩となる花と植木のイベント。花で装飾された花フェスタ会場ではガーデニングコンテスト作品・モデルガーデンの展示や、花苗・植木・ガーデニング用品、郷土料理などの出店がある。また、各種ガーデニング教室やステージイベントが開催されるほか、最終日には会場を飾った花苗などを売る「せり市」が開催される。同時開催の「オープンガーデンフェスタ」は毎年70軒程の個人の庭を一挙に公開。るるぶ.comより
2015050600524298d.jpg
ハンギングバスケットコンテスト作品
こちらに、ぽぷりんさんとたまごさんの作品が展示されているそうです
20150506005738c3b.jpg
ありました…たまごさん
最優秀賞…おめでとうございます
イベント事カラフルにまとめるのが素人の思うところでしょうか?
おとなしくシックにまとめて最優秀賞お見事です
20150506011030cbd.jpg

20150506011031bfc.jpg

2015050601103384e.jpg
素晴らしい作品が沢山あって目移りです
20150506011034a89.jpg
先日たにくどんを作っていただきました、ぽぷりんさんの作品です
特別賞おめでとうございます\(^-^)/
201505061337391fd.jpg
お子様に大人気のふっかちゃん 大忙しです

20150506134604f4e.jpg
オリジナル箱庭コンテスト作品です

201505061346096dc.jpg

2015050613460746e.jpg

201505061346069c6.jpg
力作揃いです

20150506135305373.jpg
会場内に出店されたお店もお客様で大にぎわいです
20150506135308ace.jpg
花の寄せ植えやガーデン雑貨等々
20150506135307e9f.jpg
もちろん花も販売されています
201505061402426bc.jpg
軽トラックの荷台を使っての
20150506140243826.jpg
軽トラガーデン

あ!! ぽぷりんさんやたまごさん達で出店していたgarden friendsさんの写真が無い
話しに夢中で撮るのを忘れたm(__)mごめんなさい
20150506140531569.jpg
ふっかちゃんの隣に誰だ?
もしかしてチキンラーメンのひよこちゃん??
何故深谷に?でも良く見ると少し違うような?
鴻巣市のひなちゃんだそうです、花の街鴻巣市から応援にきたそうです
20150506142143818.jpg

20150506142144348.jpg

20150506142146c70.jpg
コンテナガーデンコンテスト作品
20150506142147f1b.jpg
花フェスタにあわせて開花
201505061430342e6.jpg

201505061430327a7.jpg
ミニガーデンも沢山あって
20150506143457e82.jpg
各部門の表彰式も無事終わりです
ぽぷりんさんたまごさん受賞おめでとうございました
手に持ちきれない程の賞品を頂いたみたいです
2015050614345925f.jpg
ふっカーゴステージの裏には花のせり市の商品がいっぱい♪

201505061444282e2.jpg
オープンガーデンを一軒だけ見に
201505061444301f3.jpg
洋館にまとわりつくモッコウバラ
20150506144431460.jpg
タイツリソウ
20150506144921b72.jpg
ニリンソウ
個人的な感想ですが7割位自然のままに大事に育てているって感じでした
麦茶と御菓子でおもてなししていただき有り難うございました

2015年05月03日 (日) 晴れ

他人の褌 その15

20150505232643ba9.jpg
たまごがさんこで たまごさんのブログ ←ポチっと
ぽぷりんさんたまごさんと一緒にイベント参加してきました

2015年05月

2015050300063883f.jpg
新緑の季節です

⑱周 21.42㌔ 2:13'43"
ただ走っているだけのようです
2015.05.02 (土)晴れ

⑱周 21.42㌔ 2:01'24" 55.9 11.9
乳酸が溜まる迄追い込めない
まだ右足痺れているし…
2015.05.05 (火)晴れ

201505091908196ce.jpg
植えてからおそらく15年位で初めて開花した芍薬
⑱周 21.42㌔ 2:07'54"
ダイエット?ぼけ防止?山登り?の為?わからん
2015.05.09 (土)曇り

⑩周 11.9㌔ 1:12'08"
暑いです!!おととい那須岳程々に
2015.05.17 (日)晴れ

⑩周 11.9㌔ 1:08'28"
健康ランナーです、おとといツクモグサ程々に
2015.05.24 (日)晴れ
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR