FC2ブログ

古代蓮(行田蓮)

2014062800432130e.jpg
花弁の数が少ない原始的な形態を持つ行田蓮は、約1400~3000年前の蓮であると言われています。
古代蓮の里にほど近い公共施設の建設工事の際、出土した種子が自然発芽(1973年)したものです。
蓮の開花時期は6月下旬から8月上旬、蓮の花は、早朝からゆっくり開きはじめて、午前8時頃いっぱいに開き、昼頃には閉じてしまいます。
20140627233925e05.jpg
20140627233926fd5.jpg
開花一日目
開花初日は午前6時頃から花弁が開きはじめ、3~4㌢ほど開いたのち午前8時ごろには閉じはじめつぼみの状態に戻ります。
20140627235221f5f.jpg
201406272352204b5.jpg
開花二日目
早朝より咲きはじめ、午前7時~9時頃には満開になります、花は最も美しい時を迎え優しい香りが漂います。そしてまたつぼみの状態に戻ります。
201406280002468d9.jpg
20140628000246f04.jpg
開花三日目
二日目と同じ経過をたどり、最大に開きます、受粉しためしべは黒っぽく変化し、花の色が光退色します。昼頃には閉じ始めますが閉じかけたまま夜を迎えます。
20140628001232b9c.jpg
20140628001232660.jpg
開花四日目
午前7時頃には完全に開きます。早いものでは午前8時頃から散り始め昼には全ての花弁が散っています。
20140628002414dad.jpg
20140628002412aa2.jpg
2014062800241654e.jpg
まだつぼみが沢山あります、これからが見頃を迎えます
20140628002951ffe.jpg
20140628002952814.jpg
20140628002954c21.jpg
只今の時刻6時28分 開花途中?
201406280043246f0.jpg
20140628004322734.jpg
2014062723050097b.jpg
この辺で古代蓮は終わりにして
(帰って気がついた事ですが行田蓮と甲斐姫が同じ蓮池にあり写真が混合しているかも?)

つぎは世界の蓮園へ
201406281235586fb.jpg
20140628123557f35.jpg
201406281235540dd.jpg
20140628123555e74.jpg
201406281235550e4.jpg
20140628124026315.jpg
2014062812402700c.jpg
20140628124028c4f.jpg
20140628124030449.jpg
201406281244567f3.jpg
20140628124454920.jpg
20140628124454896.jpg
園内には古代蓮(行田蓮)をはじめとする、甲斐姫、ミセス・スローカム、酔妃蓮、………42種類12万株の花蓮が植えられています。

早起きは苦手です。でも今年は気合を入れて売店も食堂も古代蓮会館もまだ営業していない午前6時10分に訪れてみました。早朝にもかかわらず、三脚を使ったカメラマンの方がたくさんいます。みなさま早起きなんですね。 これから帰って一眠りしようっと

2014年06月27日 (金)曇り
スポンサーサイト



他人の褌 その9

20140627223619aa8.jpg
20140627223616697.jpg
201406272236176a8.jpg
夏のハンギングバスケット講習
ニチニチソウとコリウスで夏を彩っています
水やりは忘れないで下さい。

他人の褌 その8

20140623124038f54.jpg
アスパラガス ではありません
季節外れのジャンボ土筆 でもありません

正解は
happyegg.blog.ocn.ne.jp/_egg/
たまごさんのブログ2014年06月23日午後の部でご確認を!!
アドレス、一文字抜けていました訂正済ですm(__)m

燕岳 (合戦尾根)

20140620232013cdb.jpg
幻想的山頂の岩塔郡で代表的な自然美のひとつ「イルカ岩」

燕岳は北アルプスにある標高2763㍍の山
中房温泉が登山口であり大天井岳を経て槍ヶ岳へ向かう表銀座コースの始点でもある
北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登りきった稜線上にある火崗岩でできた独特の山体と高山植物の女王と言われるコマクサの群生で良く知られている,周辺のハイマツ帯にはライチョウが生息している
山名は春の雪形がツバメに似ている為つけられた
日本二百名山及び新日本百名山に選定されている

北アルプスの女王燕岳,そして燕山荘、人気の名山です、夏山シーズン中は 大変混雑が予想されます
前日、山の天気を見ると穂高や白馬は曇りか傘マーク、北アルプスでは燕岳だけ午前中晴れマーク午後から傘マークの予報がでていたので展望は期待しないで混雑のなさそうな梅雨時期の燕岳にイルカ岩を見に行く事にした。

04:34第一無料駐車場→04:41中房温泉登山口→05:59第三ベンチ→06:55合戦小屋→08:04燕山荘→08:29イルカ岩→08:57燕岳山頂→10:45合戦小屋→12:10中房温泉登山口→12:18第一駐車場 全所要時間7時間45分 歩行距離12.9㌔
20140621204011a41.jpg
04:34 第一無料駐車場出発 前泊の方の車だと思いますが15台程で、駐車場はガラガラでした
201406212040121f8.jpg
04:41 中房温泉登山口、岳君がお出迎え、立派な登山口です左側の階段を登っていざ出発です。
20140621204014d96.jpg
04:47 登山道へ入るとすぐに急登が始まります
2014062120401584e.jpg
05:39 沢山咲いていますがなんだか知りません
20140621204017db2.jpg
05:59 第三ベンチ 等間隔に休憩所がありペース配分が組みやすい様です
第一ベンチから始まり次は第四ベンチかと思いましたが富士見ベンチでした、残念ながら富士山は見えませんでした
20140621211135767.jpg
20140621211136921.jpg
2014062121113823a.jpg
06:50 休みがてら足を止めて花の写真を撮って行くと
樹林帯の隙間から常念岳へ向かう稜線みたいです
201406212118042f3.jpg
06:55 スイカでお馴染みの合戦小屋です
小屋は閉まっていてスタッフも登山者もいません、下山時に期待です
2014062121180502d.jpg
07:18 燕山荘まで1.3㌔
2014062121180630d.jpg
07:35 稜線の奥に燕山荘が見えて来ました
合戦小屋を過ぎると残雪が急に多くなりアイゼンを着けようか迷います、溶けぎみの雪なので多分登りは大丈夫でしょう、下山時に又悩みましょう
201406212118088e8.jpg
07:58 合戦尾根最後の登りのハイマツ帯 この一帯にライチョウが生息している様です
201406212118099eb.jpg
08:04 北アルプス三大急登のひとつ合戦尾根を登りきると女性に人気の燕山荘です
201406212145388b3.jpg
08:04 奥に燕岳
2014062121453984d.jpg
08:04 大天井岳から常念岳への稜線
201406212145402c0.jpg
08:04 槍ヶ岳は雲で見えません
20140621214542b78.jpg
08:06 山荘前を通って燕岳に向かいます
2014062121454406c.jpg
稜線上に小さな花が…
20140621215732198.jpg
08:29 ありました!!イルカ岩
槍ヶ岳をバックに!!とはなりませんでした
20140621215732cc7.jpg
08:37 登山道は花崗岩のモニュメント郡を抜けて行きます
2014062121573239e.jpg
08:38 振り返って燕山荘 暗くて分かりません
20140621215732267.jpg
08:44 メガネ岩
崩れ落ちる危険があるため登ってはいけませんの注意書きがあります。
20140621215732004.jpg
09:01 燕岳山頂からの大天井岳から常念岳への稜線
20140621221650cb9.jpg
燕岳山頂 右横に山頂標識
烏帽子岳~鷲羽岳そしてなんとなく白馬岳方面は見えますが
「春を背負って」の立山は確認出来ませんでした
いつも雲の中に入っている槍の穂先も見えません
しばらく大展望を満喫したので下山開始です
20140621221651b0f.jpg
09:44 岩の上にライチョウが朝からずっといます
雨混じりの天候だと登山道まで降りてくる様ですが今日は行動してません
昨日ライチョウを観た方が登山道で休憩しているとすぐ目の前を歩いて通過したそうです、昨日の写真まで見せていだだきました
201406212216533cc.jpg
20140621221654133.jpg
09:53 燕山荘まで戻って来たので合戦尾根での下山開始です
201406212246198d8.jpg
10:29 さて下山の雪道です、アイゼン着用か悩みます
登りから着用している人もいます、下山は皆さん着用している様です、でも小屋の方は長靴です
出すのが面倒なので二回、転んだら着用しようとアイゼン無しでの下山です
201406212246207f1.jpg
10:45 結局一回、転んだだけなのでノーアイゼンで無事?合戦小屋まで到着です
小屋前のベンチで数名の方が寛いでいました。
残念ながらスイカはまだ販売してない様です
下山後の日帰り温泉を尋ねると燕山荘のスタッフが有明荘の露天風呂が大きくて気持ち良いですよと薦めてくれたそうです
20140621224621945.jpg
12:10 中房温泉登山口に到着
中房温泉 いまなら空いているとの事でしたが一度駐車場まで行って又車で上がってくる様なので今回は有明温泉にします
20140621224622eac.jpg
12:43 駐車場から帰り道途中、車で3分ほどで有明荘に到着です
20140621235803a03.jpg
内風呂も
201406212359490ff.jpg
露天風呂も貸し切り状態です
ゆっくり入浴していると雨です、午後から崩れる予報は大当りです
きっと今頃あの岩の上のライチョウも登山者を楽しませている頃でしょう…
ゆっくり入浴も済ませ食事も済ませたので後は睡魔と戦いながらの210㌔下道ドライブです。

燕山荘から燕岳山頂の稜線が寒かった位で、梅雨時期でも雨にも降られず、そこそこのパノラマは見れたし人気の名山だけど空いていた燕岳に登れた満足の一日でした

2014年06月20日 (金)曇り

ツクモグサを求めて(桜平より)

20140614092603705.jpg
過酷な条件の場所に穏やかに咲いているツクモグサ
本州では白馬岳と八ヶ岳の横岳にしか生息しない稀少種といわれています。

オキナグサ属の多年草で咲き始めの茎や葉に軟毛が目立ち
厳しい冬に耐えて生き抜くしたたかな知恵が隠されているみたいです

名前の由来は明治時代の後半、城数馬氏が八ヶ岳でこの花を発見し、尊敬する父の名 九十九を花名にしたみたいです

そんなツクモグサが以前より気になっていたので今日はツクモグサを求めての山登ったりです
20140614094626958.jpg
八ヶ岳は長野県の佐久地域、諏訪地域と山梨県の一部にまたがる山々の総称です
主峰の赤岳を始めとした人気のアルペンスポットです
白山、白馬とともに高山植物の3大宝庫の一つである八ヶ岳連峰は珍しい花々 の楽園として幅広い層の人気を集めています

04:57桜平→05:25夏沢鉱泉→06:08オーレン小屋→06:35夏沢峠→07:38硫黄岳→08:33横岳→08:50三叉峰→08:58ツクモグサ群生地→09:27三叉峰→09:42横岳→10:30硫黄岳山荘→11:24硫黄岳山頂→12:21オーレン小屋→13:24桜平 総行動時間8時間27分 歩行距離15.1㌔㍍
20140614103929f01.jpg
ここを右折して桜平へ向かいます、ここからはダートになります
私のナビゲーションには道が表示されていません
以前は本格4WD位しか通行出来なかったけれど近年道が整備され乗用車でも桜平まで行くことが出来ます
20140614103930863.jpg
桜平駐車場、先行車2台でした
登山口は少し戻って左側にあります
20140614103932833.jpg
05:00ゲート横を通ってツクモグサ群生地へそして時間があれば赤岳まで考えています
20140614103933156.jpg
05:25 夏沢鉱泉 小屋の前には当社の社長が欲しそうな薪が沢山用意されていました
20140614103935dd7.jpg
05:41 八ヶ岳中腹以上に雲がかかっていてその中に入ったようです、どんよりしています
20140614114638c58.jpg
05:47 木のアーチを通過して
201406141221103ed.jpg
06:04 オーレン小屋に到着したようです
201406141221120ba.jpg
天下の名水 オーレン強清水
20140614122113ce8.jpg
ふ~ん 先住民は良いんだ…
201406141221142e7.jpg
06:33 ヒュッテ夏沢 モモンガが住んでるみたいです
201406141221165e9.jpg
07:21 視界不良の中ケルンを頼りに登って行きます
201406141239033e3.jpg
07:37 硫黄岳山頂
ガスに覆われて展望は無しです
ツクモグサを求めての山登りなので絶景が見られ無くても楽しみは他にあります
でも風があり寒いです、体感温度5℃位かなあ?
スマホにあ!っというまに水滴が付いて曇ってしまいます
長野県からお越しの山レコ ユーザー hmntさん
寒いのに手袋を外してスマホで撮っていただきました。有り難うございました。m(__)m
ツクモグサ観賞と言う事なので同行させて頂きました
20140614123903672.jpg
07:55 硫黄岳山荘と山荘の屋根と同色ウエアのhmntさん
2014061412390676d.jpg
08:25 ガスの為下が見えないので高度感がありません
足場に鎖もしっかりしているので安心です
2014061412390880b.jpg
08:29 こんな梯子も有りました。
20140614130811e76.jpg
08:33 横岳山頂 以前訪問した時は横岳標識が斜めになっていましたが今日は真っ直ぐ立っています
2014061413081129e.jpg
………?
20140614171117c6a.jpg
08:47待望のツクモグサです
今日は天候不良の為花は閉じたままです
20140614171118119.jpg
キバナシャクナゲあちこちに見られます
今日の目的はツクモグサなので先に進みます
201406141711195e6.jpg
08:50 三叉峰を通過して
201406141711203ae.jpg
08:53 こんな所を降りて
20140614171122d17.jpg
08:54 梯子も降りて
20140614172341613.jpg
2014061417234206f.jpg
08:58 有りましたツクモグサ
20140614172343f3f.jpg
オヤマノエンドウだと思います
20140614182201a38.jpg
09:03 この辺が群生地の様です
崖っぷちに沢山確認出来ます
201406141822020fb.jpg
西の谷底からの冷たい強風の為花は閉じられたままで、ずっと揺れているので、これだ!!と言う1枚がなかなか撮れません
201406141822035a8.jpg
オヤマノエンドウの先に強風に耐えているツクモグサ
20140614182205a8f.jpg
20140614182206cdd.jpg
強風で折れそうです、でもツクモグサはこの悪環境が好きなのでしょう
天候は悪いしスマホだし期待通りの1枚が撮れません
hmntさんが素晴らしい一眼レフで撮っています
腕と道具の差が はっきり分かると思いますので
山レコhmnt さんで御覧下さい
群生まで来たのでここで戻ります
赤岳ピークハントしてもこの天候ではなにも見えないでしょう
4度目のピークハントは断念です。
hmntさんは赤岳方面から美濃戸へ下山ですのでここで別れます

開花したツクモグサの写真しか観たことが無かったので
ひとりで黙々と歩いていたらツクモグサに気がつかず(思っていたより小さかった)赤岳山頂まで行ってたかもしれませんでした
色々と教えて頂き有り難うございました。気をつけて帰って下さいm(__)m
2014061418350108d.jpg
09:27 三叉峰まで戻って来ました。昨年杣添尾根から登って来た所です
相変わらずの天気でなにも見えない
20140614183502081.jpg
09:39 今度は梯子を登って
20140614183504b05.jpg
09:42 横岳山頂です
20140614183505bb5.jpg
こんな所も通って
20140614193450d0d.jpg
20140614193451d4b.jpg
20140614193453dcd.jpg
10:05 横岳通過後 ツクモグサの群生が有りました
来た時には分からなかった様な気がします
20140614194032d61.jpg
10:30 硫黄岳山荘 山荘内で休憩です
明日お祭りの為今夜は満室だそうです
お祭り名は難しくて忘れました、外国の方が沢山いらっしゃるみたいです
20140614194033544.jpg
山荘前の絶景(晴れていれば)
20140614194732a85.jpg
11:24硫黄岳山頂雨です
後は下山だけなのでレインウエアは出さずにウィンドブレーカーのままで下山です
20140614194733fdc.jpg
11:50 みやまざくら。これから開花みたいです、まだつぼみでした
11:58 夏沢峠
20140614194735505.jpg
12:24 オーレン小屋前で
昼時ですけど、こんなに飲めません!!
20140614194736806.jpg
12:59 夏沢鉱泉前で
各地の今朝の天気
硫黄岳山荘7:00 気温4℃風速19㍍ なるほど寒かった訳だ
2014061419473889c.jpg
13:17 シロバナヘビイチゴ
駐車場手前で沢山咲いていました
13:24 桜平駐車場着
20140614230659c2d.jpg
14:23 日帰り温泉を調べてみると
安価で近くで帰り道の食事ができる尖石温泉、縄文の湯に決まりです
サウナも有ってゆっくり入浴出来ました。

2014年06月13日 (金)山はずっとガス 平野部は晴れていたみたいです。

他人の褌 その7

20140610215602a00.jpg

Le jardin secret
~秘密の花園~
毎年シーズン終了後、アーチや建物に張り詰められたツルを全て下ろし
翌年に庭のイメージを決めてから花の植え込みやツルの位置決めをしているので毎年、別物の花園になっています。
5月中旬~6月中旬の期間限定オーブンガーデンです
2014061021560349a.jpg
オールドローズ・イングリッシュローズetc.約570種600本のバラが次々と咲き続けます
2014061021560413c.jpg
バラをひきたてている花
201406102206471a5.jpg
ホワイトガーデン
20140610220649517.jpg
バラの香り漂う休憩スペースで
コーヒーとクッキーをいただき至福の時間を過ごしました。 byぽぷりん
入園料1000円 お茶+小菓子付きです
訪問日 2014年05月27日 (火)

他人の褌 その6

2014060723314819f.jpg
201406072331492fe.jpg
爽やかな初夏のハンギングバスケット 講習会

2014年06月

20140607210114acf.jpg
梅雨入りです、山登れず、平地走れず…
元気なのは庭の紫陽花くらいです


10.0㌔ 1:00 140階 35分 56.5 12.1
ラボード1時間 ステアマスター35分
2014.06.06 (金)雨

⑨周10.71㌔ 1:11'32"
ハーフのハーフ
2014.06.15 (日) 晴れ。 梅雨だけど暑い

⑨周10.71㌔1:01'53"
昨日燕岳
2014.06.21 (土)曇り

左膝痛の為走れない

プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR