FC2ブログ

瑞牆山(富士見平小屋より)

20140416215236324.jpg

瑞牆山は山梨県北杜市にある標高2230㍍の山で奥秩父山域の主脈の1つ
奇岩巨石がヨーロッパアルプス的な雰囲気をかもし出している日本百名山の1つです
「瑞牆」とは神社の周囲の垣根(玉垣)の事
山頂は大きな岩の上といった感じの所あまり広くはなく平らな箇所は無いが展望はとても良い

11:15 富士見平小屋→11:36 天鳥川→11:38桃太郎岩→12:27大ヤスリ岩→12:50瑞牆山 山頂(昼食)→13:47大ヤスリ岩→14:19桃太郎岩→14:43富士見平小屋→15:13駐車場着 行動時間3時間58分 金峰山+瑞牆山の全行程時間10時間12分

11:15 谷川岳馬蹄形の為の体力作りに瑞牆山目指して富士見平出発
20140416215239450.jpg

富士見平小屋から10分位で雪道に変わります
20140416215238ac8.jpg

11:38 桃太郎岩
岩の右下に階段があります。
階段と比較すると岩の大きさが想像出来ます。
201404162152418f5.jpg

12:20 雪の無い岩場はアイゼン着用のままだと
登りづらい
20140416215242a88.jpg

12:27 大ヤスリ岩
下から見上げるととても大きい事が実感出来ます。
2014041622082056d.jpg

12:36 凍っているので慎重に
20140416220821a77.jpg

12:46 たぶん後少しで山頂だと思う
201404162208221d7.jpg

12:53 瑞牆山山頂
20140416220824488.jpg

上からの大ヤスリ岩
2014041622140487c.jpg

南アルプス
20140416221405799.jpg

八ヶ岳後ろに北アルプス
20140416221406d01.jpg

13:08 八ヶ岳を見ながら昼食
201404162214076cb.jpg

富士山
20140416221409fa1.jpg

中央アルプス
20140416222043a53.jpg

13:28 昼食も済んで大パノラマ堪能したので下山開始
20140416222044524.jpg

14:56 林からの瑞牆山
20140416223350e01.png

15:13 駐車場着
20140416222046e91.jpg

16:34 八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯
少し高めの税込800円 消費税はまだ5㌫表示でした
露天風呂にちょっと((((;゚Д゚))))びっくり
サウナの後の水風呂に丁度良い位の露天風呂でした

2014.04.12 (土)晴れ。 午後の部終了
スポンサーサイト



テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

金峰山(瑞牆山荘より)

20140416005142e38.jpg
金峰山は山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村の境界にある標高2599㍍の山
秩父多摩甲斐国立公園に指定されている日本百名山です。
山梨県側では「きんぷさん」長野県側では「きんぽうさん」と呼ぶ
山頂部は開けていて360度の展望があり五丈岩という大きな岩がある。
瑞牆山からの金峰山
20140416005144420.jpg
天気も良さそうだし、トレースも付いたみたいなので
異常透明の確認に金峰山へ向かいます。

05:01駐車場→05:35富士見平→06:10鷹見岩分岐→06:20大日小屋→07:47砂払の頭→08:26五丈岩→08:30金峰山山頂→10:34大日小屋→11:07富士見平 全行程時間6時間06分
2014041600514520a.jpg
05:01 瑞牆山荘近くの駐車場出発
R141 海尻の道路の温度計-6℃
少し不安感を抱きながら
今日もスキーウェアを入れて
そして暑くなった時の為に
半袖シャツも入れて出発
201404160100378aa.jpg
05:05 ライトは必用無い位の薄明かりのなか
白樺林の登山道を登って行きます。
20140416010038245.jpg
05:26 尾根に出ると林の向こう側に瑞牆山が見えてきた。
時間と体力に余裕が有ったら午後の部で楽しませて戴きましょう
20140416010040c66.jpg
05:35 富士見平
ここまでの雪は今年4月からの消費税と同じ位の割合かなぁ?
20140416010041784.jpg
富士見平からの富士山
林の中央開けていて富士山が良く見える
20140416010043444.jpg
05:56 完全に雪道になってきました
トレースはしっかり付いているので今日は安心です
201404160129402dd.jpg
06:20 大日小屋
20140416012941538.jpg

06:35 雪がだいぶ深くなって来たけど
固まっているので踏み抜く心配は無さそうです。
20140416012942912.jpg

06:42 巨大な氷柱
たぶん今寒いんでしょう
2014041601294302f.jpg

06:45 瑞牆山と八ヶ岳
20140416124342399.jpg

07:47 砂払いの頭
2014041612434392e.jpg

07:49 砂払いの頭から富士山
20140416124345e4d.jpg

08:26 五丈岩
20140416125245265.jpg

08:30 金峰山 山頂
八ヶ岳の後方に北アルプスの大パノラマ
貸し切り状態です。

今日始めてストックを使用しました
30年位前のスキー用のストック
もしかして子供が使うかな?と
捨てずに取っておいたストックを
まさか自分が使うとは思わなかった。
ストックは持たない主義でしたが
先日の雪山の時木の枝の杖が歩き易かったので
試しにスキー用のストックを引っ張り出して使ってみた
歩き易さを実感しました。もう手放せないかも?
201404161252454f1.jpg

五丈岩と南アルプス
201404161252453a2.jpg
富士山
念願の異常透明確認
201404161310026ef.jpg
瑞牆山の後ろに八ヶ岳
20140416131003060.jpg
08:46 今日始めての人が来ました。
写真を撮って戴きます
八ヶ岳後ろに北アルプス
その左に御嶽山 中央アルプス
さらに左に南アルプス、富士山
大パノラマを満喫します
山座同定盤が無いですねと聞くと
すぐ下で雪に埋まった状態です との事でした。
1時間も大休止したので下山開始
201404161753081b2.jpg
もう一度富士山
20140416131443c84.jpg
09:44 あ!!飛行機雲!!
20140416131444b98.jpg
11:07 富士見平着 少休止
瑞牆山に行こうか?帰って風呂か?
谷川岳馬蹄形の体力作りの為に
瑞牆山へ向かう事に
2014041622335091a.png

2014.04.12 (土)晴れ。 午前の部終了

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

他人の褌 その3

201404131225063d4.jpg
クリスマスローズ 八重咲きコレクション
by. ぽぷりん
20140413122508f25.jpg
20140413122430bc5.jpg
20140413122428db2.jpg
20140413122427a1d.jpg
20140413122426fc0.jpg
20140413122425f1f.jpg

他人の褌 その2

20140408232853b8e.png
ガーデニング講習でミニバラを使って、小さな小さな寄せ植えを作りました♪
201404082328541e1.png
by.ぽぷりん

2014年04月

20140408222931a6f.jpg
4月といえば桜だろうと
いつものジョギングコースで
走る前に撮ってみた。
2014040822293123e.jpg
桜を撮るのって難しい
絵心が無いと言うかセンスがないと言うか
表現力が乏しい自分が(/。\)残念です
201404082229321c2.jpg
4月、家の花壇ではこいつが一番元気です。
20140408222934c4b.jpg
紫も元気です。

⑫周 14.28㌔ 1:20'54"
左足親指の付け根が痛い
かばって走るので右膝が痛くなる…
明日は山登りでも 行こ っと
2014.04.04 (金) 晴れ。

⑱周 21.420㌔ 2:04'56" 56.1 11.4
ただ走っているだけ?
2014.04.11 (金) 晴れ。

⑱周21.420㌔ 2:24'53" 57.1 11.6
走れない(´д`|||)
2014.04.25 (金) 晴れ。
20140426001704d75.jpg
赤のハナミズキ
去年枝切りしたら切った所は花が着かない
20140426001705a26.jpg
こっちの白は全体的に切ったら所々しか咲かない
20140426001706636.jpg
躍り葉牡丹挑戦中
⑩周+α 12.0㌔ 1:16'41"
健康の為のランナーそのもの
2014.04.27 (日) 晴れ。
20140428003307e34.jpg
GWが始まると咲き始めるクレマチス
20140428005605f6d.jpg
枝を全部切り落とされ幹だけになった藤



曇取山 三峰コース

201404052233482cd.jpg
曇取山は秩父多摩甲斐国立公園のほぼ中央にあり
東京都の最高峰(2017㍍)で日本百名山です。

心配なのは積雪情報
4・5日前の山レコ拝見すると
三峰神社から積雪があり
曇取山、山頂は1㍍前後
日中溶けた雪が夜、氷になっているので
最低限軽アイゼン必用との事だった。

いつもの装備プラス、スキーウェアを持って
埼玉県三峰神社からの「三峰コース」の
往復(21.4㌔㍍)あ!ちょうどハーフじゃん
と思いながら歩いてみた。

04:58三峰神社第2駐車場→06:20秩父宮御夫妻レリーフ→07:32前白岩山→08:24芋ノ木ドッケ→09:52曇取山荘→10:30曇取山頂→11:21曇取山荘前で昼食→12:42芋ノ木ドッケ→13:09白岩小屋→14:26お清平→15:15炭窯跡→15:53第2駐車場 全所要時間10時間55分

初めの5㌔㍍位は雪がたまにあったり霜柱が立っている位だった
5㌔を過ぎると殆ど雪でたまに土の道
残り3㌔は完全に雪か氷
なのでコースの半分位は雪か氷
下山時、曇取山荘の前で持参していたペットボトル
の水がシャーベット状になっている位寒かった
201404060047035ef.jpg
04:58 三峰神社第2駐車場出発
雪道が心配なので早めに出発
第1駐車場はロープで閉鎖され
料金表の所に夜間ご利用の方は
第2駐車場をご利用下さい との事でした
201404061612535a1.jpg
05:07 登山口で曇取山往復のカウンターを押してスタート
20140406161254f58.jpg
05:15薄明かりのなかライトを点けて
樹林帯を登る、まだ雪は無し
20140406161254d5c.jpg
距離標識が定期的にあるので目安になります
201404061612543f2.jpg
06:08 地蔵峠
2014040616125478a.jpg
アセビ 道中唯一咲いて花
20140406162732d15.jpg
06:20 秩父宮御夫妻レリーフ
20140406162732f39.jpg
06:21 霧藻ヶ峰 昭和8年両殿下が奥秩父登山の折り
殿下が霧藻ヶ峰と命名された様です
霧の中に揺れるサルオガセから得た発想で
いかにも奥秩父的な地名です。
201404061701310f0.jpg
霧藻ヶ峰からの素晴らしい展望です
両神山を始め秩父の山並が綺麗です
20140406170132664.jpg
両神山の後ろに雪に覆われた裾野が綺麗な
富士山かと思いきや浅間山でした。
位置的に両神山の後ろに富士山は無い!!
20140406170134c05.jpg
06:37 お清平
悲恋に泣いた炭焼の娘お清の物語と
お経平のもう1つの言い伝えがある場所
2014040617013791d.jpg
07:16 前白岩の肩
20140406232621605.jpg
20140406232624ffe.jpg
08:09 全面雪道になって来ました
トレースが不鮮明な箇所もあります
2014040623262778e.jpg
08:34 芋ノ木ドッケ
芋ノ木とは落葉高木のコシアブラの事
ドッケとは「突起」がなまった言葉
コシアブラの多い尖った峰の地名
20140406233958851.jpg
09:27 大ダワ
山と山の間の鞍部をタルミあるいはダワと呼ぶ
日原方面からの合流地点
男坂、女坂の分岐
女坂にはトレース無しです
迷わず男坂へ
女坂にトレースがあっても多分男坂
2014040623395737a.jpg
09:52 立派な山荘です。曇取山荘
営業中みたいですが、誰もいません
20140406233958305.jpg
10:30 山頂到着
山頂貸し切り状態です
山頂手前で鴨沢から登って三峰に降りるシングルハイカーに会っただけでとても静かな山登りです
まだ熊は出そうに無いけどおもいっきり熊鈴(人鈴)を鳴らしながらの山登りです。
20140406233958db3.jpg
大菩薩山~甲武信ヶ岳~奥秩父
南アルプス、富士山 大パノラマを満喫します
2014040623395881a.jpg
本日ふたり目の方が鴨沢から登って来られました
写真有り難うございました。綺麗に撮れてます
証拠写真が撮れたので下山開始です
20140407001418ba3.jpg
11:21 曇取山荘前のベンチで昼食タイム
山荘が風避けになって日が当たり
絶好の休憩場所でした
持っていたペットボトルはシャーベット状態なので
気温は低い様です
201404070014196f0.jpg
11:42 廃墟になった曇取ヒュッテ完全崩壊
201404070014206f7.jpg
山頂までの登りは雪が固まっていたので(凍結箇所あり)アイゼン無し
下山は滑るので軽アイゼン装着
20140407001422a0e.jpg
13:09 廃墟になった白岩小屋でアイゼンを外す
アイゼンを外すのが早すぎ?たのか
体力が無くなってきたのか?
気が緩んできたのか?
3回程滑って転ぶ
201404070014239c3.jpg
13:26 曇取山上空は雲が出てきた
2014040700372769b.jpg
15:14 炭窯跡
木炭は焼き方の違いにより
黒炭と白炭(備長炭など)に分けられる
密閉度の高い黒炭窯を築くことは
条件的に難しかった為
白炭作りが行われていた様です
201404070037280c8.jpg
15:50 第2駐車場より 中央が曇取山みたいです
駐車料金の請求カードが無いのでこのまま帰ってしまおうかと思ったが
500円で神様にバチを当てられてもつまらないので
料金所へ支払いに行く
入場時に支払う為出口の車には気がついてくれません
温泉情報が聞きたいので駐車料金510円支払います
今道路が崩壊中の為4.5トン以上の車の通行が出来ない為下の大滝温泉から温泉を運ぶ事が出来ないので沸かし湯ですよ!
大きな声じゃ言えないけど 下の大滝温泉をお勧めします との事でした
大きな声じゃ言えないけど、でも小さな声じゃ聞こえません!
素直に大滝温泉に向かいます
201404070037295da.jpg
14:26 二瀬ダム 真夜中のダムの上の通過は不気味でしたが
日中は景色を眺めながら気持ち良く通行出来ました。
ダムを過ぎて少し走ると、道路崩壊の犠牲者がここにもいました
朝、最初に山頂手前で会ったシングルハイカーの方が歩いています
途中の駅で良ければと乗せて行く事に
八王子から来ていて鴨沢~三峰神社まで降りて
バスで三峰口駅まで行って秩父線に乗る予定でしたが
バスが運行されてない為三峰口駅まで歩く事になったそうです
いつも交通機関利用で登山されている健脚者でした
少し情報収集不足みたいですね。
20140407003731006.jpg
17:24 横瀬町の武甲温泉で入浴タイム
整形の帝王武甲山を見ながらの入浴です。
201404071610348b0.png


2014年04月05日 (土)晴れ。


プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR