アカヤシオ鑑賞 栗生山

2017042221030133b.jpg
今週は栗生山へアカヤシオ鑑賞
20170422223047247.jpg
10:58栗生神社→11:41鞍部からのアカヤシオ群生地→12:10栗生山→12:15祠脇のアカヤシオ群生地→13:03栗生神社 総行動時間2時間07分
201704222239475b5.jpg
10:58 栗生神社下の石鳥居から石段を登って
20170422223948fda.jpg
11:02 栗生神社本殿と県指定天然記念物 樹齢1200年の大杉
20170422223950cd6.jpg
神社本殿の左方の登山口から杉林を急登
201704222239518ae.jpg
11:26 杉林の中の標識に従って
201704222239534b5.jpg
11:27 岩稜帯が現れると奥にアカヤシオ
2017042222395521d.jpg
11:34 支尾根鞍部にでると冷たい風があたり気持ちよい
20170422230101932.jpg
11:35 カタクリがひっそりと咲いてます
今までカタクリの咲く山に行って無いのか見ても気づかなかったのか分からないが最近カタクリの花を良く目にします
20170422230102872.jpg
11:57 支尾根を山頂方向の反対側に降りて行くとアカヤシオ群生地
20170422230104a6f.jpg

20170422230105243.jpg

20170422230107b58.jpg
まだまだ蕾もあるけど十分咲いてます
20170422230108be9.jpg
山頂から下山されて来た方が山頂はまだ蕾でしたよ~と 教えて下さいましたのでここでゆっくりアカヤシオ鑑賞
20170422230110173.jpg
アカヤシオ越しに赤城山
20170422232115077.jpg

201704222321172b7.jpg
11:50 下の方までずーっと続くアカヤシオ
坂も急になって踏跡も薄くなってきたしどこまで下がってもきりがないので程々にして戻ります
201704222321184a8.jpg
12:03 鞍部まで戻って山頂へ
20170422232119251.jpg
12:07 展望台から赤城山 だいぶ雪が残っています
2017042223212020b.jpg
12:10 栗生山 山頂
木々に覆われ展望はあまり良くありません
2017042223212259e.jpg
山頂のアカヤシオはまだ蕾
20170422232124a52.jpg
石宮まで行ってみます そちらにもアカヤシオ群生地があるそうです
201704222321259a4.jpg
踏跡を石宮に向かって
20170422234358f19.jpg
12:15 新しく祀られた祠まで来ると
20170422234359d37.jpg
アカヤシオ群生地
20170422234401ae8.jpg

201704222344021e1.jpg
蕾もあるのでまだまだ楽しめそうです
2017042223440335b.jpg
北方面にアカヤシオで有名な袈裟丸山
20170422234405589.jpg
12:47 山頂まで戻って下山開始
往路と一緒なのでチャッチャカと下山
20170422234407bdc.jpg
13:03 大杉のある栗生神社着
スタートが遅かったけどまだまだ時間に余裕があるので医光寺の七不思議といわれる亀石が近くにあるそうなのでネットで探して見に行く事にしました
201704222344087cd.jpg
14:25 よ~くみると 対岸で亀が大岩を登ってます
医光寺まで行ったり色々捜す事50分余り やっと見つけたと思ったら朝通って来た道沿いでした
確かに亀の甲羅に頭と手足が見える!
20170422234409cd7.jpg
14:47 水沼温泉センター
駅舎の中に温泉があるのか、温泉の中に駅舎が有るのか分からないが 日帰り温泉施設です
あまり汗をかいてないけど山登り後の温泉は堪能してから帰ります

2017年04月22日 (土) 曇り時々晴れ
スポンサーサイト

有間山からアカヤシオ鑑賞 蕨山へ

20170415213938147.jpg
アカヤシオ 四月の中旬なのでそろそろかな?と思い
(埼玉 アカヤシオ)でググると蕨山のアカヤシオのレコが多かったので分県登山ガイド埼玉県の山を参考に奥武蔵で人気のいにしえの峠道 有間山・蕨山のコースを歩いて来ました 歩行時間6時間50分 ややハードなコースとなっています
2017041521394190f.jpg
09:49砕鉱場→12:10有間山(タタラノ頭)→13:01蕨山展望台→15:16砕鉱場
20170415224252de2.jpg
09:49 砕鉱場入口に無断駐車してから出発します
鉱業所内立ち入り禁止のゲートがあるけど駐車禁止にはなって無いのでたぶん大丈夫でしょう?
20170415224254abe.jpg
砕鉱場手前の鳥首峠入口のハイカーの皆さまへの注意書きを読んでから登山口へ入っていきます
20170415224255b5c.jpg
登山口に咲くサクラソウ
2017041523061789b.jpg
10:04 白岩の廃村を通る
20170415230618221.jpg
10:06 植林帯を登る
今朝ラジオで言ってました、杉の花粉が終わって桧の花粉が始まるそうです
世間が花粉症と騒ぐ以前からの花粉症の重症患者でした。ウコンだのホルモン注射だの色々やって苦労しましたが 何故かここ数年点鼻薬と点眼薬だけで苦無く過ごせます、昔お医者様が 年を取れば感じなくなるよとか言ってました その通りになったようです
だから杉林もさほど怖くありません
201704152306197f1.jpg
10:08 まずは鳥首峠へ
20170415230621a1d.jpg
10:08 あ!
20170415230622bf0.jpg
カタクリが一輪咲いてます 看板やロープも無いので保護されなくても自然に咲いています
20170415230624d08.jpg
10:19 最初の目的地有間山へ
20170415234944f37.jpg
10:29 沢を渉るので覗き込むと
20170415234946e3b.jpg
ハナネコノメです
20170415234947393.jpg
100均のマクロレンズ大活躍
20170415235625bba.jpg
マッチ棒の先端のような赤いのが無いのはもしかして終盤だから?良くわかりません
201704152356279c7.jpg
近くにはこんなのも咲いてました 
20170416000430dd6.jpg
10:41 鳥首峠 稜線にでると冷たい風が気持ち良く吹いています
20170416000432245.jpg
10:44 送電線鉄塔下からの秩父の山並み
2017041600043341a.jpg
10:44 鉄塔下や稜線にもカタクリの花が見られました 広範囲にカタクリが見られました
2017041623420069e.jpg
稜線にでるとアセビの花が多く咲いてます
20170416234201f9c.jpg
マクロレンズ大活躍
201704162342031f3.jpg
11.03 秩父の山並み 右奥に両神山
20170416234204ab2.jpg
11:13 滝入ノ頭 OOOノ頭という山名が多いですね
20170417000057d9c.jpg
11:21 稜線の先が有間山 タタラノ頭
20170417000059939.jpg
11:45 有間山(橋小屋ノ頭) 展望は良くありません
有間山の立派な道標があるのでここを山頂として蕨山にしようか迷ったけど最高地点タタラノ頭に行ってみます
201704171237308c9.jpg
尾根上の五つのピークを越えて
20170417123731aba.jpg
12:10 疎林に囲まれた小平地 六つ目のピークがタタラノ頭有間山山頂 三角点があります
20170417123734588.jpg
標識が無ければ通り過ぎてしまうほどの静寂境です、ここも展望は良くありません
201704172113086e4.jpg
12:31 橋小屋ノ頭に戻ってから蕨山へ
いままでアカヤシオの気配なし
休憩されている方に聞いてみると今年は遅いのですかね? 去年の今頃西上州では見頃でしたよね~自然の物だからこればっかりはどうにもならないですね~と おっしゃっていました
標高が下がる蕨山に期待しながら下山開始
20170417211310a1e.jpg
12:54 本当の蕨山 と書かれています
20170417211311dbd.jpg
本当の蕨山も展望無し
20170417211313013.jpg
12:56 展望を期待して分岐を蕨山へ
201704172126034e9.jpg
13:01 蕨山展望台
奥武蔵の展望図版には榛名山や赤城山が書かれてますが今日は見えません
奥武蔵の山並みが見れただけでも良しとします
2017041721260576d.jpg
休憩していた方にお願いして一枚
2017041721260602f.jpg
12:39 分岐に戻ると 

  ここが本当の蕨山原点  1033㍍
右へ300㍍で蕨山展望台  約1030㍍
左へ200㍍で蕨山最高峰  1044㍍

だそうです   
20170417221306156.jpg
13:10 アカヤシオ探しながら下山開始
20170417221308dee.jpg
13:16 アカヤシオらしき枝先をみるとまだ蕾
ミツバツツジなのかアカヤシオなのか不明
20170417221309937.jpg
13:20 下の方にアカヤシオ発見
20170417221310924.jpg
13:23 アカヤシオの蕾 少し時期が早すぎました マクロレンズがあって良かった!
20170417221312535.jpg
13:38 ちらほら しか咲いてません  
20170417222422b6f.jpg
まだほとんど蕾状態
20170417222423377.jpg

201704172224255fe.jpg
幾つか咲いている程度
20170417222426d58.jpg

20170417222428940.jpg
下に来るほど数は増えてきたが咲きそろってはいません
201704172233159c6.jpg
13:57 アカヤシオの木がなくなった頃岩場を急下降
201704172233169f3.jpg
13:59 岩場に咲いていた
2017041722331842a.jpg
イワウチワ
2017041722331934a.jpg
14:08 支稜下降点を名郷へ
20170417223321da5.jpg
14:18 沢を渉るので覗いてみると
2017041722332256c.jpg
ここにもハナネコノメ あれ!マクロレンズが無い!数回使用で紛失です残念
20170417223324048.jpg
ワラビ?ゼンマイ?
201704172250141cc.jpg
14:30 林道下山
201704172250150ec.jpg
14:39 民家の前に来ると
201704172250173c0.jpg
アカヤシオが見頃
2017041722501869a.jpg
ミツバツツジも見頃
逆周りだったら最初にこれがみれたのですね
20170417225020c99.jpg
黄色
20170417225021769.jpg

2017041722502373f.jpg
ピンクのサクラも満開
201704172250241c7.jpg
14:43 名郷バス停 バス待ちの方が15名ほど待機中
2017041723050414c.jpg
15:16 鳥首峠方面登り口着で周回完了
2017041723050625b.jpg
16:05 さわらびの湯で汗を流してから帰宅
入館時には大変混雑していましたが退出する時はだいぶ空いてきました。18:00までの営業時間なので少し早めの終了時間です

2017年04月15日 (土) 晴れ~曇り 途中少しだけ小雨

ガスガスの四阿山

20170408195700cea.jpg
四阿山(あづまやま)はどこから見ても山の形が屋根の棟に似ているのでこの名がつけられたという。古事記によれば、日本武尊が東征から戻って、信濃に入る峠に立たれたとき、「あずまはや」と叫んで弟橘(おとたちばな)姫をしのばれたといい、嬬恋村(つまごいむら)の名もこの伝説による。
標高2,354m。日本百名山の一つに数えられている。吾妻山・吾嬬山(あがつまやま)などとも呼ばれ、嬬恋村では吾妻山が用いられている。
20170408195827b83.jpg
07:25あずまや温泉登山者用駐車場→11:25四阿山頂→13:34駐車場 総行動時間6時間09分
20170408202419c1d.jpg
07:25 あずまや温泉登山者、一般駐車場出発
先行者女性の方一名、駐車場はガラガラです
20170408202420c2e.jpg
07:26 あずまや高原ホテルの前を通って
20170408202422d07.jpg
07:28 ホテルの駐車場の先が登山口
登山ポストあります
201704082024233e6.jpg
07:30 今日は根子岳は行きません 四阿山ピストン予定
201704082024251da.jpg
07:42 駐車場を抜けるとさっそく雪道、踏み抜きに注意しながら歩いているとストックを忘れたのに気づく そのまま行ってしまおうかと思ったけど 安全を考え 戻ってストック持ってアイゼンを10本爪から6本爪に取り替えて再スタートします
201704082347437eb.jpg
07:48 別荘地内を通過
2017040823474434d.jpg
07:51 車止め?
20170408234745011.jpg
08:06 先行者の方がスノーシュウ取付中
山頂方面天候不順 先行き不安です
20170408234746fbc.jpg
08:23 周辺に柵があるので牧場かな?
20170408234748375.jpg
奥に菅平スキー場
20170409130029feb.jpg
08:26 山頂方面は雲がかかってるので とりあえず行けるところまで行ってみようと思います
20170409130031ab5.jpg
踏み抜きが多発するので我慢できずワカン取付
20170409130032819.jpg
08:34 あれ!!前方をカモシカが
2017040913003475f.jpg
のんびり通過
20170409130035a51.jpg
09:14 辺り一面白樺林に
201704091314513f5.jpg
09:58 ガスが出てきて気温も低下してきたので上着着用
20170409131452a84.jpg
10:06 ワカン着用でも踏み抜きは太股もスッポリ入ってしまう事もしばしば 悪戦苦闘中 コースアウトすると状況は更に悪化
20170409131454f94.jpg
10:41 山頂まで行っても景色は期待できないので撤退しようか悩み中 山頂11時が目標なのでもう少し行ってみる事に
2017040913145586a.jpg
11:00 根子岳分岐 ちょうど11時なので下山してゆっくり温泉かな?ここでもまた悩み中
山頂まで後20分位なので頑張る事にします
20170409131457faa.jpg
11:22 予定より20分遅れでどうにか山頂到着、誰もいない静かな山頂です
2017040913351096f.jpg
山頂からの景色は思った通り360°何も見えません 予定通りです
石垣で風を除けながら休憩後下山開始します
2017040913351143c.jpg
11:47 本日会社をお休みして山登りに来たスーパーレディ到着です
途中お会いした時に 二週間前にも訪問したが悪天候の為山頂は断念しました、今日リベンジで行ける所まで行ってみますとの事でしたが悪天候にもかかわらずリベンジ達成でした (写真掲載許可いただいてます)
20170409133513360.jpg
11:56 休憩無しで下山するという事なので 下山はコースアウトし易いのでお互い安全の為に一緒に下山する事にしました
2017040913351501f.jpg
12:42 白樺林まで来るとガスも抜けてきたので先に行って下さいと言う事なので別行動になります

下に来ると気温が上がった為か踏み抜きが多くなり 足が上がりきらずにワカンの先が引っかかって前のめりに転倒する事数回
踏み抜いた時は階段を一段飛ばしで上がっている感じで普段使わない筋肉をフル活用しながらの下山 温泉が楽しみです
20170409133516439.jpg
12:57 牧場まで来るとやっと山に来た感じの景色
20170409143154e25.jpg
13:07 曇り空とガスの中だったけど雨に降られる事無く無事春山登山終了です
20170409143156761.jpg
13:36 駐車場着
車が二台増えていましたが四阿山でお会いしたのは新潟からお越しのスーパーレディ 一名でしたので根子岳に行ったのかな?
20170409143157096.jpg
13:50 帰りの温泉は登山口にある「あずまや高原ホテル」車移動する事30秒位
20170409143158d4b.jpg
内湯も
20170409143200886.jpg
露天風呂も終始貸切状態
山の景色を堪能しながらのんびり入浴する事ができました

2017年04月08日 (土) 曇り
帰りも下道で帰宅 吉岡バイパスと上武国道が繋がったので便利になった沼田市経由で帰ります、軽井沢経由よりも少し距離が長いけどスムーズに帰れるかな?距離片道135キロ朝3時間弱 夕3時間30分位でした土曜日での渋滞無しは助かります

2017年04月

グリアリ 11㌔ 60’
周一の完全休み、雨では山歩きできないので走るしかない
2017.04.01(土) 雨 明日は地元の鉄剣マラソン大会 出ませんきっと目が覚めた頃大会は終わっている事でしょう。

⑨周+α 11.01㌔ 1:00’14”
一走りしてから日曜日夜の仕事です、いつまでこの仕事やるのやら?辞めたい気持ち八割
2017.04.02 (日) 晴れ

20170409162405ce7.jpg
総合公園の桜が満開です
2017.04.09 (日) 雨のち曇り
休みが周一の為走れません

10.3㌔ 1:00’26”
土日走れないのでとりあえず走っておこう
もう一時間切れなくなった
2017.04.13(木)晴れ 夜

20170416232253ed9.jpg
久しぶりに実家に帰ったら立派なアケビの棚が出来てました、兄に感謝です
2017041623225557b.jpg
実を付けてます
2017041623225636f.jpg
スタッドレスタイヤ交換してから 筍
20170416232257759.jpg
掘って来ました 今年は一週間ほど早いかな?
そんな訳で今週も走れません。
2017.04.16(日)晴れ

10.3㌔ 57’45” 56.9 12.5
週一 10㌔だと月40㌔  少なすぎ 100㌔”位は走っておかないと大会に向けて身体作りするとき大変そう
2017.04.20 (木)晴れ 夜

⑨周 10.71㌔ 1:02’44”
昔は㌔5分今は㌔6分 ま こんなもんでしょう
2017.04.23 (日) 晴れ

10.3㌔ 58’21”
今日は走りたくない気分
2017.04.27 (木) 夜 曇り

ハナネコノメ鑑賞 鳴神山

20170325182323ddd.jpg
ハナネコノメは,萼裂片が白いので,ネコノメソウの仲間のうちでは最も花らしい花のひとつだろう。ほかの野草に先駆けて渓流沿いの苔むした岩の上などに花を咲かせる。
20170325185223a1d.jpg
鳴神山 山頂は双耳峰で2つの峰があります。桐生岳と仁田山岳との2つに分かれている。桐生岳からは360度の大パノラマ。東京スカイツリー、筑波山、日光白根山、上州武尊山などを望める。山レコより
201703251856369b5.jpg
09:48駒形登山口駐車スペース→10:05ハナネコノメ群生地→11:45鳴神山→12:37駐車スペース 総行動時間2時間49分
20170325194042cb1.jpg
09:48 駒形登山口駐車スペースより出発
ハナネコノメ開花時期の為かほぼ満車状態
20170325194044286.jpg
09:51 ハナネコノメ鑑賞の為赤柴登山口へ
20170325194045123.jpg
09:59 沢沿いの林道を進んで行きます
20170325194047f4b.jpg
10:08 林道から沢を覗くと白い小さな花が見えます、沢まで降りた踏跡があるので沢まで降りると
2017032520212350d.jpg
ハナネコノメ発見
20170325202124a64.jpg
とても小さな花です
20170325202126f93.jpg
しばらくはハナネコノメ鑑賞
20170325202127ba0.jpg

20170325202129d0d.jpg

20170325202130000.jpg

20170325204132eff.jpg
スマホなのでマクロ撮影が思うようにいきません
20170325204610780.jpg
ひととおり見終わって林道に戻るとこんな感じ
探さないと通り過ぎてしまいます
2017032520413418d.jpg
また群生地が見えるので覗き込みます
2017032520413515d.jpg

20170325204137725.jpg
もう終盤かと思ったがまだ蕾もありました
20170325204612a28.jpg
10:54 ハナネコノメ鑑賞も無事終了して鳴神山へ
2017032521142447e.jpg
11:08 小紫陽花の群落地(シバアジサイ)6月中旬~下旬が見頃です
201703252114259bf.jpg
11:10 棚田峠
201703252114268f0.jpg
11:12 4月末~5月上旬にかけて咲くカッコソウ復元地へちょっと寄り道
20170325211428e7e.jpg
カッコソウを見守っています
20170325211430e51.jpg
まだ葉もどれか分からない状態
201703252114318f7.jpg
11:33 棚田峠まで戻って鳴神山へ
途中アカヤシオの群生地です
鹿の食害を防ぐ為テープが巻かれています
開花時期にはアカヤシオのトンネルになります
20170325211432c1a.jpg
11:35 第二展望台の上の第一展望台
20170325230429cff.jpg
展望台からの赤城山 いつも見る赤城山の裏側から
2017032523103144d.jpg
11:36 鳴神山 鳴神神社
20170325231033b06.jpg
鳴神山双耳峰の片方 仁田山岳 山頂は樹林に囲まれていて展望無し
201703252310344a5.jpg
11:40 鳴神山 山頂(桐生獄)
20170325231035111.jpg
白根山~男体山
2017032523103723d.jpg
360°の展望が楽しめます
今日は見えないけどスカイツリーも見えるようです
20170325231039e1b.jpg
11:51 雷神岳神社広場
20170325231040131.jpg
広場前の温度計は2℃ え?12℃ やっぱり2℃です
そんなに寒くないでしょ!壊れているのかな?
20170325231042460.jpg
11:53 駒形登山口へ下山開始
2017032523313009a.jpg
11:56 日陰では残雪が
先程の温度計2℃は正常かな?風がなく陽がさしているので暖かく感じます
20170325233132032.jpg
11:59 なんの保護柵?
20170325233133417.jpg
レンゲショウマの保護柵だそうです
20170325233135970.jpg
12:11 今度は二輪草育成中 まだ葉も出ていない様子
20170325233136ab3.jpg
12:18 ガイドブックによると そろそろカタクリの群生地 ロープで保護されています
20170325233138fea.jpg
まだ葉だけです 少し早かったようです
20170325233139b44.jpg
あ!蕾が一輪
201703252331415b0.jpg
12:22 第一石門通過
201703261055007c2.jpg
12:25 鳴神山登山道 上から3500歩下から1000歩
201703261055020c6.jpg
12:35 駒形登山口着 良い天気でした 
季節ごとに色々な花鑑賞ができる鳴神山でした
20170326105503055.jpg
12:37 駐車スペースは道路脇にもいっぱいでした

無事ハナネコノメ鑑賞もできたので帰り道ちょっと寄り道して「岩宿のカタクリの里」へカタクリ鑑賞
201703261055048a3.jpg
稲荷山北面に群生するカタクリは、ユリ科の多年草で落葉樹林のやや地下水の多いところに生えます。
早春に地下茎から楕円形の双葉を地面近くに広げ、3月下旬から4月のはじめにかけて美しい紫紅色の花を咲かせます。
開花時期に実物を見るのは初めてでした
20170326112301b0d.jpg
岩宿のカタクリの里 稲荷山
201703261152547c4.jpg
13:41 稲荷山周辺地図
201703261152563ff.jpg
稲荷山散策路
20170326115257f8f.jpg
斜面一面にカタクリ
20170326115258b69.jpg

201703261153000d0.jpg

20170326120143fac.jpg
蕾もあるのでまだまだたのしめそうです
本日3月25日土曜日より カタクリ さくら祭り開催だそうです
20170326122713aaf.jpg
カタクリと一緒にアズマイチゲ
20170326122715b55.jpg

201703261227161f1.jpg

20170326123246ac2.jpg
稲荷山南面のスミレ
201703261232489b3.jpg
13:52 みどり市温泉施設 かたくりの湯で汗を流してから帰宅します
車で移動すること3分 カタクリの里の隣でした

2017年03月25日(土)晴れ
ハナネコノメは小さいので初めてだと下調べが必要だと思います。『かずの山歩き』さんのブログを参考にさせていただきました。
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR