FC2ブログ

大源太山〜三国山

201810132051457f1.jpg
大源太山(だいげんたさん)は、山の名前。群馬県と新潟県の境界付近の三国山脈にある。標高1,764m。
201810132056399df.jpg
07:17浅貝三角山登山口→09:53大源太山→11:39三国山→12:51新潟県側三国トンネル駐車場 歩行時間5時間34分 歩行距離9.3㌔
20181013220959b95.jpg
07:04 三国トンネル新潟県側駐車場に車を置いて スピードが出過ぎると壊れそうな折り畳み式自転車で一度も漕ぐことなく朝貝に到着 国道沿いの電光温度計は4℃ 朝の苗場の風は気持ちよさを通り越し冷たかった
20181013221001d4b.jpg
07:17 朝貝スキー場 三角山登山口より入山
20181013221002ae5.jpg
07:28 国道の反対側 苗場スキー場とホテルが良く見える だが苗場山はまだ見えない
201810132210042b6.jpg
07:36 途中登山道は消え 朝露でびしょ濡れになり 撤退したい気分 草藪の中スマホを頼りに どうにか進む事が出来た
20181013221005336.jpg
07:41 そして やっと登山道に合流
20181014113138254.jpg
08:00 KWV追悼碑
201810141131398f8.jpg
08:11 中腹に来ると徐々に紅葉
201810141131413ac.jpg
08:21 毛無山 展望無し
20181014113142938.jpg
08:23 送電線鉄塔下通過
20181014113144284.jpg
鉄塔下から山頂に雲がかかる苗場山が見え始める
201810141131458db.jpg

20181014113147fee.jpg
08:48 紅葉
2018101411442701c.jpg
09:27 三角山 山頂
201810141144286c5.jpg
山頂からの 苗場山
20181014114430cf1.jpg
南魚沼市に隣接する大源太山と山名は同じだが みなかみ町に隣接する大源太山は どっしりして穏やかな山容だ
20181014115713554.jpg
09:38 平標山 大源太山 分岐 山頂や稜線はすでに紅葉は終わり落葉していた
20181014120433222.jpg
09:53 大源太山 山頂
20181014120434d86.jpg
山頂は 平標山 仙ノ倉山 万太郎山 谷川岳 と谷川主脈が一望できる 素晴らしい展望台だ
20181014120436906.jpg
10:01 山頂での景色を堪能してから 三角山まで戻って三国山へ
201810141219275af.jpg
10:32 中腹の紅葉が綺麗だが スマホでは ただ 茶色いだけ綺麗に撮れない
20181014121928bad.jpg
11:03 午後より曇り予報 徐々に雲がでてきた
20181014122914595.jpg
11:15 奥に平標山 明るければもっと綺麗だ
2018101412265789a.jpg
11:39 三国山 山頂
2018101412333911d.jpg
山頂は南側の展望良好 子持山 小野子山 榛名山が
良く見える 残念ながら赤城山は雲の中
20181014123822d6b.jpg
12:01 ながーい階段を下山
20181014123824e37.jpg
12:03 苗場山と苗場スキー場
20181014171631ea1.jpg
12:26 上杉謙信公ゆかりの地 三国峠
201810141716298ce.jpg
三国峠の 三国大権現
20181014171632209.jpg
12:28 初めて目にしたロゴマーク ぐんま県境稜線トレイル
20181014233020a7b.jpg
12:51 登山口 着
201810142330229e2.jpg
12:51 新三国トンネル工事中の為 駐車場は縮小されている
201810142330230fe.jpg
13:06 お地蔵さまにデポした自転車回収
2018101423302415c.jpg
13:35 今日の温泉は 猿ヶ京温泉 いこいの湯
20181014233026feb.jpg
券は券売機で購入 300円
20181014233027e32.jpg
従業員もお客さんも いない(居なかった) 静かな共同浴場

2018年10月13日 (土) 晴れ 朝は4℃ 昼は15℃ 暑くなく寒くなく 山登り日和
スポンサーサイト

霊山 八海山

20181006223800456.jpg
八海山(はっかいさん)は、新潟県南魚沼市にある岩峰群である。最高峰は標高1,778mの入道岳であり、古くから霊山として崇められてきた。越後駒ヶ岳、中ノ岳とともに越後三山(魚沼三山)の1峰で、日本200名山のひとつ。
20181006223801577.jpg
05:05二合目駐車場→08:42千本檜小屋→10:01大日岳→10:50入道岳→13:53二合目駐車場 歩行距離9.1㌔ 総行動時間8時間48分
20181007071333709.jpg
05:05 二合目駐車場 日の出が遅くなり05:05でも真っ暗 駐車場では この先渡渉があるので明るくなるまで待機している人がいる
2018100707133435e.jpg
05:10 標識 よーく見ると 渡渉する と書かれている
暗闇でも 水量が少ないので難なく渡渉
2018100707552980c.jpg
05:37 屏風道 三合目 祠
201810070755312f0.jpg
05:53 上空は明るくなり稜線が見えてきた
2018100707553215c.jpg
06:03 四合目付近 中央に大滝が見える 分岐を直進すると清滝と使用不能の清滝小屋が有るらしいがパスして進む
20181007075534cc5.jpg
06:32 標高が上がり 魚沼丘陵や八海山スキー場の駐車場が見える
20181007082145a27.jpg
06:43 鎖の連続 端末には様々なプレートが付いている 大正時代の物や劣化して不明瞭の物など様々 個人名や団体 市議会委員のも有った このプレートは八海山救助隊だった 鎖も大きな輪や捻れている輪など年代を感じる様々な鎖が取り付けられている
20181007082146d79.jpg
07:06 7合目 ノゾキの松 巻機山の眺望地だが山頂は雲に覆われていた
201810070821478fb.jpg
07:30 8合目石像と鐘
20181007082149972.jpg
07:33 ナナカマドの紅葉が始まっている
20181007082150bdd.jpg
08:00 黄葉 八海山稜線と青空 始発のロープウェイが稼働する時間だ 千本檜小屋着が同時刻くらいだと思う
20181007082152f53.jpg
08:26 稜線上に千本檜小屋
2018100709121754e.jpg
08:40 八海山千本檜小屋 周辺に檜は一本も見あたらない 小屋前で小休憩
201810070912183ce.jpg
避難小屋という感じは無し 礼拝を済ます
20181007091220b73.jpg
八海山 八ツ峰コース確認して
2018100709122184b.jpg
08:45 千本檜小屋を後に最初の峰 地蔵岳へ
201810070912237f3.jpg
要は 転落すれば助かりません❗ との事
20181007091224a14.jpg
09:08 地蔵岳山頂
201810070912265ae.jpg
山頂からの薬師岳と千本檜小屋
2018100709261078b.jpg
紅葉中のナナカマドと越後駒ヶ岳
20181007094440a55.jpg
09:13 不動岳 山頂
201810070944419ad.jpg
09:17 こんな感じで不動岳を降りてくる 後ろ姿の撮影許可済み
2018100709444338d.jpg
09:28 薬師岳後方はおそらく日本海だと思う 雲なのか海なのか少し微妙
20181007095143230.jpg
七曜岳より降りてくる若者 屏風道で一緒になった若者に暫く被写体になってもらう ソロだとこういう場面が撮れないのが辛いところ
201810071011398a1.jpg
09:35 白川岳 巻機山の雲が取れ上越の山並が綺麗だ
201810071011410d9.jpg
09:36 古志郡 小畑亀次郎 三十三才 昭和弐拾三年八月 このプレートはまだ読めるほうだ
2018100710385868c.jpg
09:38 分岐を直進 大日岳へ
2018100710385995b.jpg
09:44 振り返るとロープウェイ山頂駅からの尾根沿いの紅葉が綺麗だ
20181007103901d3b.jpg
09:53 降りる
2018100710512532f.jpg

09:55 登る の繰り返し
20181007104527482.jpg
10:00 八ツ峰 最終峰 大日岳 山頂
20181007110106233.jpg
10:01 大日岳山頂より 越後駒ヶ岳と中ノ岳を望む(東京から来た若者に撮ってもらう)
20181007110107b52.jpg
百名山 巻機山
2018100711190124e.jpg
10:05 紅葉はまだ山頂上部だけだ
2018100711190365e.jpg
10:06 大日岳で休憩後八海山の最高峰入道岳に向かう 東京から来た若者は八ツ峰制覇したので下山するそうだ 被写体になっていただきありがとうございました 気をつけて帰って下さい
201810071208269b7.jpg
10:50 八海山 最高峰 入道岳
20181007120827f92.jpg
越後駒ヶ岳から中ノ岳が間近だ
20181007121631a7a.jpg
10:55 八ツ峰まで戻って下山開始
20181007123035844.jpg
11:12 八ツ峰
2018100712303789e.jpg
11:22 ナナカマドと大日岳
20181007123449df6.jpg
11:30 大日岳で休憩中の方が沢山見える
20181007124210a20.jpg
11:32 下山中 紅葉と魚沼丘陵
20181007170734b9d.jpg
11:46 八ツ峰下部の紅葉と青空
20181007170735095.jpg
11:58 急坂を下がっても、下がっても なかなか八ツ峰が遠くならない それにしても土曜日久々の快晴だ
20181007170737076.jpg
12:57 ブナ林をぬけて
2018100717073872a.jpg
13:53 二合目駐車場着
20181007230709f57.jpg
15:17 南魚沼市 さくり温泉 萠木園
20181007230710333.jpg
長閑な田園風景と越後の山並を見ながら ゆっくり入浴

2018年10月6日 (土) 晴れ 上越市では10月では観測史上最も高い気温になったそうだ そんな訳で夏山かと思うほど 暑かった。
鎖場で名高い八海山 表妙義山程ではなかった 両神山の八丁峠くらいかな(個人的な感想です)

仕事前に前掛山

2018092400143098e.jpg
浅間山本峰が立ち入り禁止の為、こちらを山頂としている。
レベル1時に登頂可能となる。
20180924002118f97.jpg
4:00車坂峠→7:00前掛山→08:31Jバンド→11:03高峰高原ホテル 総行動時間7時間03分 歩行距離12,3㌔
2018092412230482d.jpg
04:02 車坂峠 黒斑山(中コース)
20180924122305ed9.jpg
04:56 夜明け前のトーミの頭
20180924122306fbc.jpg
雲海に浮かぶ八ヶ岳
20180924122308283.jpg
04:58 雲海からもう少しで日の出
20180924122309723.jpg
05:01 湯の平へ草スベリを下りて行く
先行者一名草スベリ降下中 後方には表コースから来た二名がトーミの頭に着いたようだ こんな朝早くから物好きは私一人ではないようだ
20180924165712205.jpg
05:01 夜明け直前の浅間山 噴煙は無い
20180924165714648.jpg
05:30 湯の平口から賽の河原へ
20180924165715cfd.jpg
05:44 噴火警戒レベル2の時はここから先立ち入り禁止
20180924165717a58.jpg
06:09 第二外輪山に朝日が当たる
20180924165718784.jpg
06:15 立ち入り禁止区域着 ここを右折
20180924165720a50.jpg
06:38 シェルター越しに前掛山
20180924165721c78.jpg
06:42 浅間山本峰より朝日が登る ダイヤモンド浅間?
20180924165723d4c.jpg
06:47 前掛山斜面からも噴煙が出ていない
20180923235251091.jpg
07:00 前掛山 山頂着 晴天だが風が強くて寒い 半袖Tシャツ 長袖シャツ ヤッケに カッパ 下はロングタイツ ランパン カッパでちょうど良い 体感温度6℃位 先ほどまで上はTシャツ一枚で登ってきたのが嘘のようだ 森林限界を越えると一気に寒くなった
20180924194752479.jpg
雲海に浮かぶ八ヶ岳 北アルプスも良く見える
201809241947538aa.jpg
朝日が当たる雲海が綺麗だ
20180924194755c2a.jpg
07:08 第一外輪山から 四阿山を正面に下山開始
2018092419475689d.jpg
07:36 8時下山開始予定で 余裕があるので第二外輪山 蛇骨岳に向かう事に
201809241947584f9.jpg
07:47 分岐をJバンドへ
20180924194800fa1.jpg
07:47 この辺のナナカマド赤く紅葉しないで茶色で落葉するのは何故?
20180924194801a80.jpg
08:03 賽の河原より望む仙人岳
20180924205558475.jpg
08:31 Jバンド分岐
20180924205559b98.jpg
08:55 仙人岳より四阿山
20180924205600aee.jpg
09:39 蛇骨岳と黒斑山中間点 遮るものなく形の良い浅間山 前掛山と登山道には沢山の登山者が見える
20180924205602ef3.jpg
10:00 撮影スポット 黒斑山からの浅間山
20180924205604edb.jpg
10:12 トーミの頭は大混雑
2018092421320707d.jpg
10:44 時間短縮の為帰りも中コース 朝は見えなかった篭ノ登山が良く見える
201809242132095e1.jpg
11:03 ほぼ予定通りに高峰高原ホテル
20180924213210870.jpg
11:12 こまくさの湯で雲海に浮かぶ八ヶ岳見ながら リラックス

2018年09月23日 (日) 晴れ
帰路120㌔ 深夜なら3時間 昼なので余裕を持って4時間 駄目なら高速道路の予定 が 国道18号線軽井沢バイパスにて工事の為全面通行止め 迂回路が大渋滞で軽井沢を抜けるのに一時間弱費やしてしまう 結果家に16時50分さっさと着替えて17時15分には家を出て仕事に向かう 明日は秋分の日 線香あげに行ってゆっくり休むことにした

草紅葉が始まった アヤメ平

2018091522150291e.jpg
アヤメ平とは、群馬県利根郡片品村にある高層湿原。尾瀬国立公園の要所の一つ。
さえぎるものが何もない湿原。尾瀬のなかでも屈指の眺望がアヤメ平の魅力だ。燧ヶ岳・至仏山・日光連山・谷川岳などが美しい。訪れる人も少なく、静かな山旅を味わえる。
20180915222814adb.jpg
11:17富士見下駐車場→13:23アヤメ平→13:44中原山→15:50富士見下駐車場 総行動時間4時間33分 歩行距離11.3㌔
201809152258407d7.jpg
11:17 9月の中旬より大江湿原やアヤメ平が最も早く草紅葉が始まるらしい
ここのところ 毎週土曜日が雨で1ヶ月振りの山登りだが今日も雨 午後より曇り予報なので カッパ着て傘さして長靴で 遅めに富士見下駐車場を出発
10時過ぎ戸倉の駐車場は沢山の車が有ったが富士見下駐車場は1台もなかった
201809152258422c9.jpg
11:34 トゲトゲの花ハリセンボンの様だ
20180916105758916.jpg

2018091522584476f.jpg
11:52 田代原 富士見下へ2.4㌔富士見峠へ3.9㌔ 十二曲から始まって田代原を通過 馬洗淵 元休憩所 アヤメ平下と富士見小屋迄続く道標 距離表示があり目安になる
20180916105759103.jpg
キノコ三兄弟
20180916094229d29.jpg
12:35 アヤメ平下
201809160942318da.jpg
12:36 アヤメ平下を過ぎると ガスの中に入って行く
20180916094232ac8.jpg

20180916094234722.jpg
12:42 紅葉にはまだ早いナナカマド
201809160942354e8.jpg
12:51 富士見小屋下の水場 以前はこんな表示は無かった
20180916094236863.jpg
12:56 2015年で営業終了した富士見小屋
20180916094238eb7.jpg
12:56 富士見峠より尾瀬へ これから東電小屋に向かう人と今日初めて会う
201809160942397d2.jpg
13:00 富士見田代に入ると草紅葉が始まっている
20180916094241531.jpg
13:04 尾瀬ヶ原分岐の池塘 晴れていれば池塘越しに燧ヶ岳が良く見えるが今日は何も見えない
20180916110949ba7.jpg
13:06 アヤメ平へ
20180916110950588.jpg
13:08 ジャンプ台の様になっている木道 倒木の根を見ると以外と根は浅い様だ
20180916110952ab5.jpg
13:19 そろそろアヤメ平だ
2018091611095354a.jpg
13:23 アヤメ平 視界は50㍍〜100㍍位 展望は無し 雨が降っていないだけ良しとします
20180916110955c60.jpg
13:25 アヤメ平の池塘群
20180916110956444.jpg
13:26 中原山へ向かう 14:00には下山開始したい
20180916110958405.jpg
13:33 湿原の花は全て終わっていたが何か小さな花が?
20180916110959b96.jpg
花が終わって実だった
20180916111001ae1.jpg
13:44 本日の最高地点中原山 1968㍍ 三角点があるが展望は無し
20180916113515c7b.jpg
13:54 下山開始 後は来た道戻るだけ
2018091611351793a.jpg
13:56 草紅葉の一部分
20180916113518299.jpg
14:04 晴れていれば正面左側に燧ヶ岳を見ながらのアヤメ平
アヤメ平では15人程とすれ違う
20180916113520dfb.jpg
15:50 富士見下駐車場着 林道で会ったのはリス×1シカ×1だけだった
20180916113521235.jpg
16:29 片品温泉 湯元 千代田館
20180916113523197.jpg
「展望美肌の湯」ツルスベのローションのような浴感の露天風呂だった

2018年09月15日 (土) 雨~ガス
台風や秋雨前線の影響で思うように山登りが出来ないまま紅葉シーズンに入って行くみたいだ

2018年09月

20180911100840a30.jpg
総合公園西広場 秋らしく トンボが いっぱい飛んでいる

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 2:32'54" 55.7 12.8
リュック一回 ペットボトル三回目
運動公園内 周回コース内の木に掛けておいて盗難に会った回数 20㌔走って来て やっと給水 と思ったらペットボトルが無い・・・😵⤵️ ペットボトルホルダーとハンドタオル セットで結んで枝に吊るしてあるのだから忘れ物じゃないでしょ?
2018.09.01 (土) 曇り 30℃

⑤周 5.95㌔ 34'55 雨で中断
これだけでも満足
2018.09.02 (日) 曇りから雨

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 2:43'43"
走っていても苦しいだけ
2018.09.08 (土) 曇り 今週も山は雨

7㌔位 1:00'
右太腿 火傷 が理由じゃないけど5㌔位でダウン 後は歩き
2010.09.09 (日) 晴れ

12㌔ 1:15'21"
年々 徐々に徐々に・・・徐々に落ちて行く
仕事と同じ 辞めどきが分からない
2018.09.16 (日) 曇ったり晴れたり

旧鉄剣コース 21.0975㌔ 3:08'07"
一言は 愚痴しか思いあたらない
2018.09.22 (土) 埼玉は晴れ

グリアリ 12.0㌔ 1:10'
㌔6分かぁ 健康の為と考えるのなら継続すべきなのか?
2018.09.30 (土) 雨 土曜日雨ばっかり
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR