FC2ブログ

アイスバブルと小滝の氷瀑IN赤城

20200125223617985.jpg
「アイスバブル」とはメタンガスが湖面に浮かび上がる途中で凍り、様々な形の気泡が凍ってできたものです。その様子は幻想的でわざわざ足を運ぶ人も大勢います。
20200125223620b3d.jpg
09:28赤城山キャンプ場→10:37覚満淵→11:17小沼→11:48小滝→13:07地蔵岳→14:25キャンプ場 4時間57分 歩行距離9.5㌔
202001252257223b8.jpg
09:28 赤城山キャンプ場よりスタート
202001252257247f3.jpg
09:38 大沼横断中
20200125225725ce3.jpg
09:44 氷上ワカサギ釣り解禁後初の土曜日 カラフルなテントがいっぱい並んでいる
20200125225727a54.jpg
09:48 アイスバブル
20200125225728e77.jpg
09:52 どうですか?釣れますか? 駄目です 移動しようか考え中とのこと では頑張ってください(写真掲載許可済みです)
20200125231204507.jpg
10:11 霧氷が無さそうな黒檜山
202001252312067b7.jpg
暫くはアイスバブル観賞
20200125231207e6c.jpg

2020012523120968e.jpg

20200125231210fb8.jpg
10:25 ボート乗り場に着いて大沼横断終了
20200125231212063.jpg
覚満淵横断中
20200125231213c41.jpg
10:51 鳥居峠
20200125231215485.jpg
11:11 小沼の手前にて 快晴の武尊山が良く見える
202001252312160d0.jpg
11:17 小沼横断
202001252312184f3.jpg
小沼のアイスバブル 氷の透明度が無いので泡がはっきり見えない
2020012523281997c.jpg
11:27 小沼横断終了
20200125232821b51.jpg
11:30 オトギの森 500㍍へ
20200125232822a82.jpg
11:48 小滝の氷瀑 暖冬なのでこんなもんだろう
20200125232824e38.jpg

20200125232825641.jpg
プチ氷瀑って感じ 寒波に期待
2020012523282792c.jpg
12:22 小沼まで戻って八丁峠より地蔵岳へ
202001252328287c9.jpg
先程の小沼
202001252328306da.jpg
13:00 地蔵岳山頂電波搭群
20200125232833932.jpg
地蔵岳山頂
20200125232834b65.jpg
黒檜山と大沼
20200125234832eee.jpg
谷川主脈 武尊山 至仏山 気持ちいい快晴
2020012523483314a.jpg
13:39 山頂より大洞に下山したが途中でトレースを見失い 無理矢理大沼目指して下山 句碑めぐり遊歩道どうにか出れた
20200125234835418.jpg
13:57 青木旅館前より大沼に入る
20200125234836073.jpg
14:18 朝9時くらいから釣っているがまだボウズとのこと 帰りにスーパーでワカサギとは どういう魚なのか見てから帰ろうぜと話していた 偶然隣の市の方(ほぼ群馬だっぺよと言われている県北)だった
20200125234838d94.jpg
お二方の初ヒット 偶然にも遭遇できた これで話のネタができた! 二人で大喜びでした おめでとうございます だが晩飯のオカズには足りない(._.)
2020012523483904d.jpg
14:23 なにやら立看板がある なんだろう? 近寄って見ると立入禁止だった 何処が立入禁止なのか不明なまま入ってしまった
14:25 キャンプ場着

いつものばんどうの湯で温まってからの帰宅

2020年01月25日 (土) 晴れ
暖冬の為大沼の全面凍結も遅く 小沼の氷瀑も規模が小さかった
スポンサーサイト



戸神山で今年の干支探し

202001122319571f0.jpg
戸神山(とかみやま)標高771.6mぐんま百名山
形のよい三角形が特徴の戸神山は地元では「三角山」とも言われています。頂上からは360度のパノラマが楽しめ、武尊山や赤城山、子持山などの山並みが眺められます
202001122319596d3.jpg
14:05墓地駐車場→14:50戸神山→15:23墓地駐車場 歩行時間1時間18分
20200112232000f27.jpg
14:05 戸神山で今年の干支探しに向かう
20200112233201e46.jpg
豆助からのスタート
202001122332030f3.jpg
おっと 小さくて見逃しそうだった 今年の干支 栗を収穫してご機嫌だ
20200112233204576.jpg
母親の尻を追う 瓜坊
202001122332061b7.jpg
初めて来たのは酉年
20200112233209cff.jpg
14:21 鉱山跡経由で山頂へ
20200112233207a9d.jpg
前向きの人は見落としがち
20200112233947069.jpg
御供えの鏡餅二ヶかと思ったら 右側は白蛇だった
202001122339482a5.jpg
ここは鉱山跡 何やら熊手で掘っている人がいる 何が取れるんですか? 金の鉱山跡でもう金は出てこないが水晶らしい物が取れるかもしれないらしい
20200112235949994.jpg
14:38 ちょっとした岩場を登って
202001122359509cd.jpg
14:51 戸神山頂 子持山や小野子三山の山並み 霞で浅間山は見えなかった
2020011223595290e.jpg
赤城山
20200112235953f96.jpg
武尊山
20200112235954193.jpg
三峰山 谷川の雲はとれたのかなぁ? ちょっと気になる
20200112235956d84.jpg
15:14 林道コースで下山すると逃げるリス発見
15:23 墓地駐車場着
20200112235957050.jpg
帰り道で近くて安そうな温泉を探して 昭和の湯で汗を流してからの帰宅 HP画面提示で100円引きです
20200112235959387.jpg
これは便利なグッズ ペットボトルキャップ二ヶ合わせてテープ止め これを扉に挟むことで扉を保持できる 中に重りを入れると落とした時に転がり難い 生卵が回転しにくい感じになる

2020年01月11日 晴れ 午後の部

氷筍 大幽洞窟 2020

20200113140423f64.jpg
神秘の大洞窟「大幽」「大幽」は、その昔「ヤツカハギ(神獣)」の住処だったという神話が残る洞窟。そんな伝説を信じてしまう程の神秘的な光景(下から伸びる氷柱・天井の雪の結晶など)を見ることが出来ます。
2020011314042993c.jpg
09:49 最終民家前駐車スペース→10:58大幽洞窟→12:17駐車スペース 歩行時間2時間27分

09:49 最終民家前まで路面に雪はない 駐車スペースに5㌢程の積雪 先の武尊山登山口まで200㍍くらいは20㌢くらいの積雪あり 駐車スペースが空いていたので駐車スペースよりスタート
2020011318424318e.jpg
09:55 武尊山登山口駐車場 登山ポストあり 進行方向の武尊山は天気が良さそうだ 2020㍍の剣ヶ峰は沢山の方が登られていることだろう
20200113184244155.jpg
10:08 道路標識がほとんど出ていて 雪が少ないのが分かる
20200113184247f4c.jpg
10:16 散歩中の御夫婦と賢そうな犬 雪の中靴下履いてはしゃぎ回っていた(掲載許可済み)
20200113184245d7e.jpg
10:16 大幽洞窟分岐
2020011318424863e.jpg
10:21 スノーシューのトレースがしっかり付いている
20200113184250cc1.jpg
10:27 霧氷ではなく 着雪みたいだ 暖かい気温でボタボタと落ちてくる
20200113184253bf6.jpg
10:37 突如トレースが消える 夏道は沢を渡るがトレースがない 良くみると手前で左に巻いて登っている トレースを信じて跡を追う
20200113184251c1d.jpg
10:58 最後の急登をジグザグに登って大幽洞窟到着
20200113191429cdd.jpg
奥の氷旬は数が少なく小さい
20200113191430423.jpg
入口付近が大きく育っていた
20200113191432177.jpg
こんな感じで徐々に育っていく
20200113191433bca.jpg

2020011319143547c.jpg

20200113191436a7a.jpg

20200113191438a56.jpg
入口の氷柱は立派に育っている
202001131914405f2.jpg
暖かいので氷柱も融け出している
20200113191441c14.jpg

20200113192558c46.jpg
恒例雪達磨で訪問の爪痕残す
20200113192559feb.jpg
最後に岩壁に奉納
20200113192601075.jpg
11:45 下山開始
20200113192602664.jpg
12:11 良い天気だ 谷川岳が気になる
12:17 最終民家駐車スペース着

2020年01月11日 (土) 晴れ
時間があるので戸神山へ今年の干支探しに向かう

赤久縄山 群百63座目は何もなかった

20200105123655bc9.jpg
赤久縄山は、群馬県神流町、藤岡市にある山で 御荷鉾山系の最高峰。山頂に一等三角点がある。好天の時は、山頂より南方に富士山を望むことができる。
202001051236574df.jpg
10:14栗木平駐車場→12:24赤久縄山→13:14栗木平駐車場 歩行時間3時間31分 歩行距離6.7㌔
20200105123658f5a.jpg
塩沢ダムを過ぎた辺りで 富岡神流線道路崩壊の為全面通行止めになっている 何処まで行けるのか分からないが とりあえず駐車場に向かう
20200105123700285.jpg
10:14 多少の落石は有ったが栗木平までは入れた 登山者駐車場よりスタート
20200105130432e15.jpg
10:29 分岐を早滝に 1~2月は氷結するらしい
202001051304330b4.jpg
10:44 滝壺が少しだけ凍りつく
20200105130435759.jpg
10:47 落差40㍍の早滝 氷瀑にはほど遠かった
20200105130436fa5.jpg
10:41 赤久縄山が見えてきた
20200105130438661.jpg
11:58 鉄塔下通過
20200105224615e33.jpg
12:20 山頂北面は5㌢程の積雪 これは想定外
20200105224616e62.jpg
12:24 赤久縄山頂 北側に木々の隙間から浅間山や鼻曲山が見える
2020010522461734f.jpg
南東に見えるのは御荷鉾山かなぁ
202001052246192fc.jpg
12:30 西登山口に下がりかけたところで二子山と両神山 奥に富士山
20200105224620c25.jpg
ここに富士山
20200105224622012.jpg
12:38 西登山口から作業道に入る
20200105224623da1.jpg
13:38 作業道から駐車場のある栗木平に向けて登山道に入る
13:45 河原で何度か登山道を見失うが赤テープ頼りに進み栗木平の駐車場着
20200105224625cae.jpg
新緑 紅葉 氷瀑 花 昼飯も食べなかった赤久縄山 ヤマレコの代表写真が無いので 恐竜センターでヤマレコ用に一枚撮る
20200105224626eb5.jpg
15:13 温泉の前に ロウバイが咲いている頃だろう桜山公園にちょっと寄り道
20200105224628856.jpg
冬桜 見頃は過ぎたがまだまだ咲いている
20200105230638fdf.jpg
甘い香りのロウバイ園
2020010523063960c.jpg
三分咲きくらいだろうか?福寿草はまだ蕾も見あたらなかった ロウバイと福寿草は第二駐車場が便利です
2020010523064145f.jpg
16:39 桜山温泉 絹の里別邸にて温まってからの帰宅

2020年01月04日 (土) 晴れ

2020🆕🌄は駒ヶ岳(赤城山)

20200101233718622.jpg
2020年初日の出 駒ヶ岳より(赤城山)
202001012337202c1.jpg
05:59おのこ駐車場→06:47駒ヶ岳→07:50黒檜山登山口→09:07黒檜山→10:54鳥居峠→11:20おのこ駐車場 歩行時間5時間21分 歩行距離8.1㌔
20200101233720485.jpg
05:59 おのこ駐車場ヘッデン点けてスタート 日の出時刻に微妙なので急ぐ 白樺牧場-9℃だったので おそらく-8℃くらいだろう
202001022004563cb.jpg
06:37 尾根に出る 地平線からの日の出には間に合う
202001022004580fd.jpg
06:42 駒ヶ岳に急ぐがガスがかかり微妙な感じ 先行者の方は尾根で三脚をセットして日の出を待っている
20200102200500340.jpg
06:47 計算上の時刻になんとか山頂にたどり着く 逆行で文字が見えないのが残念
20200102202831e18.jpg
06:49 地平線がオレンジ色に焼ける
202001022028331e7.jpg
06:54 刻々と
2020010220283438d.jpg
徐々に
20200102202836f21.jpg
06:55 赤城山出の日の出時刻 同時にガスもでてきた 駒ヶ岳はガスで日の出が見れない確率が高い 日の出時刻に駒ヶ岳に登る人は少ない 私含めて二名です きっと鍋割山 地蔵岳 長七郎山は沢山の方が登られている事だろう
20200102202837674.jpg
06:55 駒ヶ岳(赤城山)からの2020初日の出
202001022028398fc.jpg
06:56 朝日を浴びて霧氷もオレンジに輝く
20200102202840d89.jpg
06:57 初日の出完了
20200102202842382.jpg
霧氷ごしに大沼 黒檜山に向かう
202001022028449e5.jpg
07:12 大ダルミより黒檜山 ガスに包まれる
20200102202845bd7.jpg
振り返ると駒ヶ岳もガス
202001022054113db.jpg
07:14 黒檜山に向かっても展望が望めそうに無いので大ダルミより激下りコース 赤テープより入る
20200102205412a46.jpg
07:20 大沼目指して激下り中
20200102205414793.jpg
07:38 啄木鳥橋手前に着地
07:50 なんとなく黒檜山のガスが抜けていそうなので黒檜山登山口から再び黒檜山を目指す
20200102205415d04.jpg
08:04 猫岩より望む大沼と地蔵岳
202001022054176e5.jpg
08:26 いつ見ても綺麗な青空と霧氷
20200102205418250.jpg
08:37 霧氷と地蔵岳
20200102205420871.jpg
09:07 黒檜山山頂
2020010220542127b.jpg
山頂の霧氷も綺麗
20200102205422928.jpg
09:11 絶景スポットで御嶽山や北アルプスも確認できた展望が広がる 谷川や武尊は山頂は雲の中だった
20200102205424473.jpg
2020初の雪達磨作ってひと休み 水分補給をしようとしたらペットボトルが凍り飲めない おむすびも半分くらい凍っている そのまま達磨ケースを収納して下山開始
2020010221520321f.jpg
09:36 黒檜大神 雪が少ないですね
20200102215205f5d.jpg
霧氷の中を下山
20200102215206f44.jpg
快晴
2020010221520723c.jpg
10:00 大ダルミより望む黒檜山
20200102215209880.jpg
10:11 本日二度目の駒ヶ岳
202001022152105e1.jpg
10:36 大洞に下りないで鳥居峠へ 利平茶屋からのアカヤシオが綺麗な尾根分岐を右折 落葉した木々の隙間から袈裟丸山や皇海山が見えている
202001022152125c7.jpg
11:04 覚満渕を半周
202001022152131dd.jpg
11:10 良い1日でした
11:20 おのこ駐車場着
20200102215215ed0.jpg
12:01 赤城神社に車で移動 昨年の御守り等々 お焚き上げしていただきます
20200102215216c9a.jpg
霧氷の綺麗な黒檜山の見える本堂にて参拝をすます
202001022205355bd.jpg
12:15 車に交通安全御守り 大きなリュックに登山御守り 小さなリュックに足・腰の御守り(写真) 運も実力も無いので全て神頼みです
13:14 あいのやまの湯でゆっくり温まってからの帰宅

2020年01月01日 (水)晴れ 一年の始まり 良いスタートが切れた
プロフィール

prunner

Author:prunner
FC2ブログへようこそ!
山……登ったり
平地……走ったり
ときどき……日記書いたり
つまらない自己満足写真日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR